面倒な民泊許可届出を
行政書士がらくらく代行

民泊新法で義務付けられた民泊届出が驚くほど簡単に


住宅で民泊事業が合法に

2018年6月15日に施行される民泊新法(住宅宿泊事業法)により事業者として届出を行うことにより「住宅」を宿泊施設として運営することが可能となります。
(自治体により制限がかかる可能性あり)

民泊新法に基づく届出が必要

言い換えると事業者としての届出を行わなければ違法民泊となってしまいます。合法的に安心して民泊事業を行うには住宅宿泊事業法に基づく届出が必要となります。
また、Airbnbも6月15日以降、民泊新法に基づく届出がない民泊を掲載しないと発表しました。
実質、届出をしないまま民泊をすることはできなくなります。

民泊届出代行サービスとは?

民泊事業者に義務付けられた民泊新法に基づく届出を、専門行政書士が代行するサービスです。
少ない手間・時間で面倒・複雑な届出を完了することができます。

3つのメリット

電話一本で簡単

まずは電話するだけ。行政書士がヒアリングさせていただくので、入力フォームにたくさんの項目を入力する手間もかかりません!

専門行政書士がサポート

民泊に強い行政書士法人が調査の上複雑な民泊届出を適法に代行します。
だから手間が省けて、しかも合法で安心。

あんしん価格

全国トップクラスの法人組織だから、効率化により、特別価格49,800円〜でご提供できます。

管理業者の紹介

家主不在型での申請では管理業者が管理に入ることが必須です。当サービスでは管理業者の紹介も可能。ご自身で管理業者を探す手間が省けます。 

消防設備業者の紹介

セコムと提携しているため、民泊運営に必要な消防設備の導入サポートもワンストップ!セコムは良心的な料金で、全国対応も可能です。

旅館業許可の対応も

年間180日以上営業したい場合は旅館業の許可が必要です。
行政書士法人GOALではご要望に併せて旅館業許可取得のサポートも可能。

サービスと料金

スタンダードプラン

書類作成と届出を専門行政書士が行い、添付書類の収集をご案内するリストに沿ってご自身で行って頂くプランです。

1届出 80,000円(税別)

申込フォームへ

フルサポートプラン

書類作成〜添付書類収集〜届出まで、すべて専門行政書士が代行するフルパッケージのプランです。

1届出 160,000円(税別)

申込フォームへ

同じ建物内に複数部屋をお持ちの場合、複数部屋割引をご提案させていただきます。

サービスの流れ

以下はフルサポートプランの流れのご案内です。
スタンダートプランの方は、書類の収集をご自身で行って頂きます。

STEP

1

電話またはメール

お電話またはメールにてご連絡ください。

STEP

2

ヒアリング

担当行政書士よりヒアリングをさせて頂き、民泊事業が可能かチェックの上、次の流れをご案内します。

STEP

3

お振込

ご利用頂くサービスが確定しましたらご請求書をお送りしますので料金のお振り込みをお願いします。

STEP

4

書類作成/添付書類の収集

行政書士が届出書類の作成と添付書類の収集を行います。

STEP

5

届出完了

行政書士が最終チェックの上、届出を完了します。

アフターフォロー

部屋の追加、旅館業法(簡易宿所)の許可取得会社設立融資サポートなど、民泊事業の拡大に伴う諸手続きもサポート可能です!

STEP

1

電話またはメール

お電話またはメールにてご連絡ください。

民泊届出あんしんダイヤル

03-5948-7116

電話受付時間 平日9:00~19:00 (ヒアリングのご予約は上記時間外も可能です)

運営会社

運営会社 行政書士法人GOAL
代表 行政書士 石下 貴大
登録 東京都行政書士会所属 (登録番号 第08080849号)
所在地 〒104-0061
東京都中央区銀座1丁目15-7
マック銀座ビル402
電話 03-5948-7116
FAX 03-5579-9906
コーポレートサイト http://go-al.co.jp/
オウンドメディア http://magazine.go-al.co.jp/
代表 行政書士 石下 貴大

民泊届出あんしんダイヤル

03-5948-7116

電話受付時間 平日9:00~19:00 (ヒアリングのご予約は上記時間外も可能です)

お申し込み

メールでのお申し込みをご希望の方は、下記フォームよりご連絡ください。
確認後3営業日以内に担当よりお電話にてご連絡いたします。

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信