愛知県の三河山間地域という開拓の可能性にあふれた地域において
起業に挑戦する人を募集します。
優れたビジネスプランを持ち、本気で起業を考える人を
愛知県・地元市町村・経済団体などと連携してサポート。
シェアオフィスの提供や専門家による指導、資金面での支援などにより
ビジネスプランの実現とローカルベンチャーとしての飛躍を支えます。

募集概要

  1. POINT1. 募る人:起業実践者
  2. POINT2. 事業拠点:三河の山里
  3. POINT3. 支援期間:2016年9月から2017年3月までの7ヶ月間
    ※支援開始は9月から可能ですが、起業実践者の状況に合わせ柔軟に対応します
  4. POINT4. 支援金:月額30万円(各種手当、通勤交通費等すべて含む)
  5. POINT5. 支援体制:愛知県、地元市町村など
POINT
1

どんな人が応募できる?

次の分野のいずれかで起業・新事業創出を目指す、個人や法人・団体。

クリエイティブ分野

クリエイティブ、IT関連、建築分野での起業を目指す人

サービス分野

飲食業、観光サービス、雑貨の製造販売などでの起業を目指す人

農林業分野

農林水産業の6次産業化を見据えた第一次産業での起業を目指す人

その他

業種・業態を問わず地域資源や観光資源を利用した起業を考えている人

<起業実践者の条件>
●三河の山里シェアオフィス(愛知県新城市:JR飯田線湯谷温泉駅すぐ)を拠点に活動すること。
●事業の内容について、「三河山間地域と事業との親和性」または「事業が三河山間地域に与える効果」が認められること。
●事業者が実施・運営する「三河の山里サポートデスク」の補助業務を行う。
POINT
2

事業拠点の三河の山里って?

起業の舞台は、愛知県岡崎市(額田地区)、豊田市(旭、足助、稲武、小原、下山、藤岡の各地区)、新城市、設楽町、東栄町、豊根村。豊かな自然や温泉、伝統の神事「花祭」で知られる地域ですが、年々、過疎化が進みつつあります。しかし、目を凝らせば魅力的な資源が眠り、新たな事業創出の可能性にあふれた地域です。

POINT
3

支援期間内に何をすればいい?

三河の山里を拠点に、新規事業を起ち上げていただきます。斬新さや独自性のほか、地域の魅力や資源を活かした事業プランで起業し、地域の未来の成長につなげていくことが目標です。

POINT
4

どんな支援が受けられる?

事業のスタートアップから地域での暮らしまで、さまざまな支援を行います。
起業支援費の提供 月額:30万円(各種手当、通勤交通費等すべて含む)
シェアオフィス(湯谷温泉)の提供 ※有料
各種セミナー、ワークショップなどを通じた実践トレーニング
起業に関する受入集落の発掘やマッチング
地域の事業者、住民との交流・関係づくり
住宅・暮らし情報の提供
事業のフォローアップ、制度活用の案内 など
POINT
5

支援体制はどうなっている?

運営事務局である「三河の山里サポートデスク」を中心に、愛知県や地元市町村、経済団体、地元アントレプレナーなどがタッグを組んで、起業実践者を応援します。

起業実践者をサポート! 運営事務局「三河の山里サポートデスク」とは

三河の山里で頑張る起業実践者に対して多様なサポートを行うのが、本事業の運営事務局「三河の山里サポートデスク」です。場所は新城市の湯谷温泉。温泉付きのシェアオフィスとして起業実践者に提供されるほか、地域住民との交流サロンとしても機能します。

本事業に関するお問い合わせ先

〒460-0007 名古屋市中区新栄一丁目2番8号CBC会館6F
株式会社CBCクリエイション 営業戦略センター
TEL:052-251-1181(平日9:00~17:00) FAX:052-252-0070
MAIL:三河の山里サポートデスクinfo@spdesk.mikawayamazato.jp
担当者:やま・ひと・しごと広域連携推進事業 出口・松本