お金や時間に
縛られない
ストレスフリーな
生活を

参加費
無料

今すぐ申し込む

こんなお悩み
ありませんか?

収入をもっと増やしたい
好きなことをして稼ぎたい
自由な時間が欲しい
仕事を辞めたい
好きなときに旅行に行きたい
毎日同じことの
繰り返しで
つまらない

そのお悩みを
解決します!

あなたは今



職場に行き毎日淡々と仕事して
「明日も仕事かー。」
なんて思いながら家に帰る。



唯一の楽しみは
休み前日の仕事終わりに飲むお酒…



こんな生活送っていませんか?



もし、上の項目に
どれか1つでも当てはまるとしたら
私の話を5分だけでいいので
聞いてください。


こんな方が対象です

    • とりあえず話を聞いてみたい
    • やりたい事はないけど今の自分を変えたい
    • もっと自分の可能性を広げたい
    • 自分の夢を叶えたい

知識・スキル
 そんなもの一切
必要ありません!

ただの
飲食業の店員をしていた私が
今の自由な

「お金」と「時間」を

手に入れられることができた

 
 

毎月20〜30万円
安定した収入が入ってくる


今までになかった
全く新しい働き方


今回無料でお教えいたします!


自由な日々を目指して

この新しい働き方を知ることで
今までの「就職」という




雇われている働き方の時には
考えられなかったような




自由な時間とお金
手に入れることができます!

  

 

シフトだったり、
次の日の仕事を気にせずに
好きな時に好きな期間
ふらっと旅行に行ったり




ネイルもエステも美容室も
自分を綺麗にするために
いくらでも投資できるようになったり




自分が欲しいと思うものは
商品の値段も見ずに
買いあさることができます!

多くの人が
「雇われる」
という働き方しか知らずに

 


理想の自由な生活や
昔からやりたいと思っていた夢
諦めてしまっている人が多くいます。

 


 

今までは私もそのうちの1人でした。

  

 

夢はあっても
叶えるための方法がわからなかったり、

 


今の仕事を続けることが偉いという
考え方に囚われてしまい

 


どんどん今の職場を辞めずらくなり
終いにはその夢や目標を奪われてしまいます。

  

 

それは仕方がないことなのです。
なぜならば会社・社会全体が
そう考えるようにさせているから
です。

 

 

責任感の強い日本人だからこそ
仕事を辞めようとする人に対して
責任を問い辞めにくくなっているのも事実です。

 

 

でもよく考えてください。

 

あなたは一生
会社の奴隷のままでいいんですか?

あなたの人生

あなたの自由に
していいんです!


「自分の人生、
 自分の思うように生きたい!」

 

「今の生活を変えたい!」

 

 

少しでもこう思うあなたには
直接私が会ってお話させていただきます。



 

お教えする際は
直接お会いして
レクチャーさせていただきます!

 

 

ですので
関西にお住まいの方10名
限らせていただきます

 

*もしくは関西に来れる方

 

 

もちろんお話するために
お金がかかることは一切ありません。

 

(カフェで行いますので
ご自身のカフェ代だけはお持ちください…

〜教え子たちの紹介〜

宮崎佑くん
元・上場企業社員 21歳
森千沙さん
同志社大学2回生
森千沙さん
同志社大学2回生

たくさんいる中で
彼は特に周りよりも
スピード感を持って取り組んでいます。

 


Y君は
この前脱サラしました。


 

ビジネスを勉強し始めて

約2ヶ月で
152,000円

売上を出すことが出来ました。

 


そこから今現在も
安定して売上を上げています。


 

今までは会社員生活を送っていても
なんのために働いているのか分からず



みんなと同じように
ただただ言われたことを
毎日こなすだけの生活に
不安を感じていたそうです。


 

今では私のパートナーとして
これから頑張っていきたい人たちを
教える側になってくれています。



こんな仲間たちに囲まれて
今私は仕事を
楽しんでできています!


当たり前のように
『就職・バイト』
という道しか選ばない
最大の理由とは


今なぜ、日本人が教育課程を終わらせた後
当たり前のように就職やバイトという
選択肢しかとらないのかわかりますか?

 

 

それは…

 

 

小・中・高・大、どの教育機関でも
卒業後の進路先を

就職させるように教育しているからです。

 

 

小学校6年間が終わると
そのまま中学校に進学させられ

 

 

中学校3年間が終わると
高校進学を選択させられ

 

高校3年間が終わると
大学か専門、就職を選択させられ

 

大学に進学すると
いいところに就職しろと
選択させられる…

  

 

気がつきましたか?


 

進学するか、就職するかの
選択肢しか
与えられないのです。

 

 

選択肢を出して
あたかも自分で決定させたかのように…

 

 

でもその選択肢はあくまで
教育機関が与えた選択肢でしかありません。


 

大人が作ったレールの上を
走らされてるだけなのです。

  

本来であれば選択肢は数多くあります。

 

 

自分でサービスを提供して
お金を生み出すこともできるし
いい学校に出ていなくたって
事業展開をしたり会社経営だってできます。

 

 

親も教師もまわりにいる大人も
学校に通って就職することが偉いこと
っていう教育をさせるんです。




親やまわりの大人に
悪意は一切ありません。
本当にそれがいいと思っているのです。

 

 

なぜならば
自分たちがそういう教育を受けてきて
就職して今の生活があるからです。

 

 

自分の子どもが周りと違う道へ進み
自分の知らない世界へ行ってしまうのを
恐れているからです。



でも果たしてそれが
あなたにとって一番の幸せですか?

 

 

その選択肢しかなく
その道を選ぶしかなかったあなたは
なにも悪くありません!

 

 

そういう選択肢しかみせず
他の道に進もうとすることが悪だという
教育をしている
教育自体が間違っているのです!

 

  

だから自分が決めた道のはずなのに
今の生活に不満があるのは
当たり前なんです。

 


こんなこと言っている私も
元々は就職するしか道がなかった一人です。

 

いろいろ苦しい思いをたくさんしてきました。


なんで無料で教えてくれるの…?

あなたは今きっと
こう思っているのではないですか?

 

 

その理由は簡単です。

 

「自分のやりたいことを
 全て叶えるため」

 

です。

 

 

今はやりたいと思ったことを
ある程度できるようになってきました。



 

ただそれは
一人でもできる規模のこと。

 

 

自分が色々やりたい事業が見つかった時
信頼できる仲間と一緒に
協力しあってその事業をしたいと思っています。

 

 

やりたいことが多くて
やりたいと思ったことは
全て叶えたい人間なので…

 

 

正直
大企業のように有名ではまだないので、
人材募集をネットでやっても
優秀な人はきてくれません。

 

 

なので私がビジネスを教えて
力をつけてもらって、
一緒にパートナーとして
事業に協力してくれる
仲間が欲しいのです。

働き方を変えて
やりたい放題の
自由な生活を
送りませんか?

ところで、
「お前はいったい誰だよ。」
なんて声が聞こえてきそうなので


この辺で、
まずは私の自己紹介をさせていただきます。

〜プロフィール〜

田中美帆
(Tanaka Miho)

香川県出身、香川県育ち
高校卒業後
某アイスクリームショップに就職
1年ほど前にビジネスを始め
アイスクリームショップを退社。



現在

・webマーケティング
・集客代行
・コンテンツ販売
・ビジネスコンサルティング
・ライフスタイルアドバイザー
・イベント事業

を主に展開している。



販売員として働いていた時は
朝から晩まで働き



休みは一ヶ月間で片手で数えられるくらい…
ひどい時は32連勤とか…

 


接客が好きで、
好きなことを仕事にできていると
初めは思っていました。



毎日決められた時間に起きて
重い足を引きずりながら駅に向かい

 


満員電車の人の多さに
ため息をつきながら電車に乗り
毎日同じ業務をして帰る…

 

 

月の休みは片手で数えられる日にち分だけ。

 


10連勤以上続くことは
当たり前にあったので
勤務日数を数えてしまうと
次の休みまでが長く



メンタルが持たないので
数えないようにして… 


 

休みの日が唯一の楽しみで

休みの日のために働く…

 

でも接客業だからこそ
みんなが休みの日に出勤は当たり前。

 


カレンダー通りに休みの子とは
なかなか日程が合わずに
遊ぶ頻度もどんどん少なくなってきて…

 

 

なんのために働いているのかが
わからなくなっていって
生きていくお金を稼ぐためだけの
仕事になっていました。




本当に自分のやりたいことを仕事にしたい。

 

 

そう思って何か行動しようと思っても
何をしたらいいのかわからず。

 
 

本屋で本を買ってみたり

大学が経済学部だったので

経営の本を見返してみたり

 


いろんなビジネスに手を出してみたり…

 

 
自分なりに行動してみたけど
どれも結果にはならずに
ただ時間とお金を消費しただけでした。

  

 

「自分には向いてないのかもしれない…

 諦めた方がいいのかな」

 

 

そう思い諦めようとした時もあります。

 

 

そんな時に今でもお世話になっている
ある男性に出会うことができました。

 

  

その方に今までのことを相談したら

 

「まずは小さくてもいいから
 自分で1つの事業をやってみよう!」

 

いろいろアドバイスをいただいたおかげで
まずは一歩進めることができました。

 

 

その一歩として私がやったビジネスが
インターネット上で行う事業でした。



インターネットで
稼ぐのって
なんか怪しそう…

「インターネットで稼ぐなんて
 想像できないし怪しい…
 自分にはできないんじゃないかな…」


 

私も始める前まではそう思っていました。

 

 

そんなにパソコンに詳しいわけではないし
アイスクリームの販売しか
やってこなかった自分には
ビジネスの考え方とかわからないし…




そんなんで稼げるならみんなやってるはず。

 

 

なんて思っていました。

 

 

でも実際にインターネットビジネスを始めて
実際に月10〜20万円が安定して
入ってくるようになって気づいたんです。

 

 

人って自分が知らないことに対して
恐怖や不安を感じるんだと。

 

 

あなたはインターネット上で
何か買ったことはありませんか?

 

 

買い物に行く時間がないからという人や
ネット上でしか販売していないものなど
ネットで買う理由は様々だと思います。

 

 

ここで考えて見てください。

 

 

「ネット上で買い物する人がいる」

 ということは

「ネット上で販売してる人がいる」

 ということなんです。

 

 

インターネット上で
ビジネスを行うということは
決して怪しいことではないのです。

 

 

あなたが不安に思うかどうかは
「知ってる」か「知らないか」
これだけです。

 

 

わかりやすい例を出しますね。 

 

 

大学に通っていて、
”九九”が言えない人は

まず いませんよね?

 

 

小学校低学年でも
出来てしまう程度の難易度の事です。

 

 

でもアフリカに住んでいて、
わたしたちと同じ20代前半で、




”九九”を今まで
習った事がない(知らない)人が
もしも、いたとしたならば

 


当たり前ですが、
その人は1x1だって答えられないわけです。

 

 

「1x1は?」
なんて聞いた時には

「なんだそれ、
 お前頭おかしくなったのか?(笑)」
などと、逆に笑われるかもしれないですね。

 

 

それは、言ってしまえば
「出来る」「出来ない」
という話ではなく




「知っているか」「知らないか」
という事でしかないのです。



もし、あなたが
インターネットビジネスについて、


 

「なんだそれ(笑)」

「怪しい…」


 

と感じたなら

まさに九九を習っていないアフリカの人と
同じような状態なのです。


じゃあ、具体的には
どういう方法なの?

「情報を求めている人に

 求めている情報を提供する」

 

 

わたしがやっていることは
まさにこれです。

 

 

この時代には
様々な情報があふれています。

 

 

そのため情報がありすぎて
どれが自分にとっていい情報なのか
わからなくなってしまっています。

 

 

だからこそわたしは
情報を必要としている人に
求めている情報を提供しています。

 

 

それは自分の得意なことや
すきなことでいいのです。

 

 

例えば…

 

  

過去に
いろいろなダイエットに
挑戦した人なら
ダイエットをしたことが
ない人よりもたくさんの情報を
持っているはずです

 

 

学生時代に本気で部活を
してきた人なら
そのスポーツの分野では
初心者よりも先輩になります

 

 

料理が好きで
いろいろな料理が出来る人なら
料理初心者の人に情報を
提供出来ます

 

 
などなど
今まであなたが頑張ってきたもの
熱中したもの・時間をかけたもの

 


それらの情報を
インターネットを通じて
情報を必要としている人に発信していく

 


そしてそのお礼として
代金を頂戴している
という流れになっています。

 

 

側から見れば

「怪しい…」

「そんなうまい話があるわけない」

そう思われるかもしれません。

 

 

でも実際に私はこの方法で
生活しているのです。

 

 

毎日決められた時間に起きて
重い足を引きずりながら
満員電車の人の多さに
ため息をつきながら電車に乗り
毎日同じ業務をして帰る…

 

 

そんな毎日を送っていた
アイスクリーム販売員時代よりも
自分の力で働いていて




誰よりも自分の仕事に
誇りを持って働いている

自信を持って言えます。

 

 

私は一歩踏み出して教わることで
今の生活を手に入れることができました。


 

やりたいことを夢物語で終わらさずに
本当にやりたいことを
仕事にすることができました。

 

 

やり方を教えてくれた恩人のように
私もあなたを救いたいのです。



どうやって
申し込むの?

  • 【ステップ1】


    このページに数カ所ある
    申し込みフォームに


    ・お名前
    ・LINEのID
    ・申し込み理由


    を記入してください。
  • 【ステップ2】


    記入したら各フォームの下にある
    「送信」ボタンを押してください。

    以上で申し込みは完了になります。

     


    登録いただいたメールアドレス(or LINE)に
    24時間以内に私から
    ご連絡をさせていただきます。



    私の方で責任を持って個人情報を
    管理させていただきますので
    個人情報が漏洩することは
    絶対にありませんのでご安心ください。

     

     

    「とりあえず話を聞いてみたい!」

    「やりたいことはないけど
     今の自分を変えたい!」

    「もっと自分の可能性を広げたい!」

     



    その気持ちが「本気」であれば
    申し込む理由はなんでも大丈夫です。

     

     

    「本気」であれば
    特別なスキルもセンスもいりません。

     

     

    必要なのは行動する勇気だけです。

     

     

    申し込みをするだけであなたは
    大きく自分の夢に近づきます。

  • 【ステップ1】


    このページに数カ所ある
    申し込みフォームに


    ・お名前
    ・LINEのID
    ・申し込み理由


    を記入してください。

自分がワクワクする
好きなことだけを


自分が好きな時間に仕事して
なおかつおしゃれも自由に


女の子としての自分も
楽しめるとしたら…

あなたもこの方法を
今すぐ
知りたいですよね?

「働く」=
「雇われて決められた仕事をこなすもの」

 

「残業なんて当たり前。会社のために…」

 


この考え方はかつての日本が
刷り込みした考え方です。

 

 

根強く植え付けられた、
間違った思い込みなのです。

 

 

人間は自分の知っている常識以外の
ものに出会うと
その与えられた情報に対して
否定的に思うようになっているのです。

 

 

でも安心してください。
これからは自分の好きなことをやって
楽しんで仕事していいんですよ!

 

 

男だけが独立して
自分のすきなことを
仕事にできるなんて
ずるくないですか?

 

 

女の子だって自分の好きなことを
仕事にしていいんです!

 

 

自分の好きなことを
好きな時間にできるようになれば
それは一生の仕事になります。

 

 

そのためにあなたに必要なのは

・成功を信じること
・楽しむこと
・そのために正しい行動をとること

これだけです。

 

 

ただ目標を決めてがむしゃらに
一人で頑張っても
手に入れることはできません。

 

 

トレンダーズやColoesの
経沢香保子さんは
成功している女性のことを
こう話しています。

 

 

「成功している女性は

 いろんなこととちゃんと向き合って、

 乗り越えて

 自分をコントロールする術を持っている。

 自分以上に相手を思いやれて、

 精神的にも自立している女性」


 

こういう女の子が増えて
一緒に仕事ができることが
私の今の一番の幸せです。

 

 

そのために今私が持っている知識を
全てあなたにお教えします。

 

 

皆さんにお会いできること
楽しみにしています!





田中美帆