貴女の理想を明確にし
「外面」「内面」の両面から
理想を確立する方法を
メール講座で
お伝えしていきます。


理想がはっきりしない
 
美しくありたい
 
すぐに迷いがでる
 
色々な情報に惑わされる
 
変わりたいけど
何から手を付ければいいか
今の「私」には分からない
自己肯定感を明確にし
ブレても戻れる
貴女だけの生き方を
手に入れてください。

  • 貴女は自分の魅力をご存じですか?
  • 自分の生き方・人生に妥協はありませんか?
  • 他人の意見を軸に生きていませんか?
  • 物事全てにおいて、完璧でなければいけないと思っていませんか?
  • 頭で考え過ぎて行動が億劫になっていませんか?
  • モチベーションが長く続かなくて自暴自棄になっていませんか?
  • 周囲の皆が全然私を分かってくれない!!
  • 自分が活きるスタイルやファッションが分からない!
  • 無農薬・無添加の食べ物や口にするものにこだわり過ぎて逆に食が怖くなった。
  • どんなに頑張ってもダイエットが続かない。
  • 夫やパートナーに対して不満や不安ばかり募ってしまう。
  • 自分の気持ちを上手く他人に表現できない。
  • 何で私ばっかりこんな風になってしまうんだろう…と負のループに陥ってしまう。
  • アナタはご自身の魅力をご存じですか?
  • 貴女は自分の魅力をご存じですか?

今すぐ自信が手に入る
つのスイッチオン♡

Day

1

「あなたらしさ」を
自覚する方法

あなたにとって賢い女とは?

「賢い」定義は人それぞれ・・・

Day

2

私のトリセツを作る為の準備

案外知らない、自分のこと。

客観的に観ることが出来るなら・・・

Day

3

オシャレを最大限に楽しむ方法

お洒落をする上で
自分の黄金バランスはご存知ですか。

全身のバランスを知る・サイズを知ること。

Day

4

「まぁいっかと・・・」と生きない

貴女の〝諦め〟って何でしょう?

進路?結婚後の生活?出産・育児??

Day

5

ホンモノの美しさに
健康は不可欠

「美しさ」とは…

みぎょんの捉える「美しさ」は
「健康」がポイントです。

Day

6

愛されるしかない私
になる方法

人は自分の鏡

自分の笑顔をみた事ありますか?

Day

7

「変わりたい」のに
「変われない」理由

何をやっても過去の私のまま・・・

過去に引きずられない為にどうすればいい?

ここからが
本当のスタート

7日間の購読が終わり自信に満ち溢れた貴女がいる筈です。

ここからもっと貴女を広げていきましょう。

Day

1

「あなたらしさ」を
自覚する方法

あなたにとって賢い女とは?

「賢い」定義は人それぞれ・・・

 一人で抱え込む必要は
ないの 

 

上記のように悩んでいたのは
かつての私です。

自分を変えよう・向上しよう
と思っても
なかなか一人では
上手く行かない。

どこでボタンを掛け違えたの?

どのように未来ビジョンを
捉えれば良いの?

過去も未来も自分が主役。

あなたがどう考えどう動くかで
過去も未来も変わっていく。

その手を引くのが私の役目です。
 

講師プロフィール

韓 美慶(みぎょん)

1980年生まれ

◆アフェクティブバストセラピー協会認定セラピスト・マスターコース修了

◆某大手ミュージック会社予約受付述べ3万人の電話対応経験から、クレーム対応において上司や周囲からの高評価を得る。

【プロフィール詳細】

 在日韓国人の父と結婚を機に来日した母の長女(第一子)として誕生。

幼少期、長男長女の初孫としてチヤホヤとワガママに育てられたのが
両親の離婚を機に手のひら返したように冷たく扱われる。

親戚から両極端な扱いをされ、大人の顔色を見て育ったことから
人(主に家族)に心を開いたり、会話をして理解し合う・歩み寄るという
人間関係の距離の取り方をわからないまま育った経緯あり。

結婚し子供を産んで 女として、妻として、母として、という自分の選択も志半ばで手放し
長年自分で自分の人生の舵を取るという未来を諦めていた。

が、32歳で【もう雇われない】と決めてから、
次男の妊娠→母の急死→次男出産と自分の想像を越えた経験をする。
いつ死んでも後悔のない人生を歩みたいと思い 自分から掴みに行くことを自分に許可。



 

 【私の今まで】

母が美大卒で美術教師をしていたこともあり、
小さい頃から美術やファッションに興味を持ち

日常において
美術論議や外出時のファッションチェックを習慣とする。


10代の頃は
90年代ファッションコレクション、ファッション誌を中心に

さらに、
50~80年代のファッションや有名メゾンの歴史を独学。

 

幼少期の遺産相続・離婚騒動のトラウマや母親との不仲から
人とのコミュニケーションを取るのが苦手で心理学にのめり込む。

短大では心理学を専攻。アメリカへ留学。

母から早く離れたい一心で
21歳で婚約
22歳結婚
23歳出産。


育児していく中で、
夫婦生活では夫との溝が深まるばかりでノイローゼに


27歳、うつ状態から過度のストレスで原因不明の急性肝炎になり入院。
          その後、子供を置いて別居。

保育園から
長男がADHDではないか?
と心療内科への受診を勧められ
発達障害を調べていくうちに、自分自身がアスペルガーでは?という結果に・・・。

 

29歳、小学校入学にあたり長男をひきとる。
          国内大手の金融会社に入社


32歳、退社を決意、
    これからは自分で稼ぐと決めた矢先に次男の妊娠が発覚。

33歳、母が急死、離婚、次男誕生 絶望と希望を体験し
    SNSから色んなセミナーや勉強会、スピリチュアルや宗教学、世界情勢、女性のカラダなど、
          次男を連れて学びに足を運ぶ。

 

苫米地式認定コーチ・TICEコーチの高嶋芳幸氏に師事。

 

自身の半生から得た美的賢女に生きるための具体的なメソッド(方法)を

悩める女性の方々に一人でも多く伝えたいと活動を続け現在に至る。