あなたの経験やストーリーを言葉にしよう!
コーチングセッション!

コーチングを通じて自分のこれまでの経験を振り返って、次に自分が何をしたら良いのか考えよう!

大学生活をどうしたい?
どうやって働きたい?
何かもやもやしていませんか?

大学に入って1年経って、もっと何かしたいけど自分は何に興味があるんだっけ...「就活」でやたらめったら「会社を選べ!」と言われても正直な所わからないよ...もっと自分を知りたいけど自己分析ツールってなんだかぱっとしないよ...

そんなあなたに!学生が運営する株式会社Migidonariが、コーチングの機会を提供します!(一応書いておくと無料です!笑)

あなたのもやもやを引き出す!

コーチングとは、質問を通じて経験の振り返りを促したり、もやもやしている考えを言語化したりする手法です。
コーチが質問を通じて、あなたの中のこれまでの経験やもやもやを深掘りするお手伝いをします!

タテマエを気にせず相談できる!

就活のあり方に問題意識を感じた学生起業家が運営しています。
「この話って裏で人事に伝えられるんでしょ?だから良い話をしないとなぁ」みたいな心配は不要です!「正直何がやりたいかわからないんだー!!」でOKです!

次に何をしたらよいか考えられる!

コーチは「これをして下さい!」といった答えを出せませんが、次のアクションに移るためのサポートをすることはできます!お話したうえで最善のアクションを考えましょう!

コーチ紹介

コーチ:
徳山儀亮(株式会社Migidonari 代表 /
立教大学経営学部4年[休学中])

所属大学にてリーダーシップ教育プログラム(BLP)の運営やコーチング開発などに関わる。その傍らスタンフォード大学でデザイン思考を扱った留学プログラムの運営や監査法人での起業家支援を経て、日本の教育の良いところ・悪いところの双方を痛感。
大学4年生になり、友人が就活中に入社先だけを決めれば良いという圧力にさいなまれていたことに社会への憤りを感じ、起業を決意。昔はドラムセットを叩いていました。