20161127
四谷勉強会

■プレゼン

 ・あいさん 
 ・モンさん
 ・松さん
 ・Oさん

■風太郎式 カメラ販売スタイル

■オークファンの相場の読み方の注意点

■激安仕入れの方法 

■コンディションが悪い商品を仕入れる心配・・・  

  評価戦略
 
■レンズは毎日リサーチ

■同業者仕入れの落とし穴

■リアルタイム入札かスナイプ入札か?

■NikonとCanonの違いを理解する。 及び他メーカー

■カメラとレンズのマッチング
 
■目的別出品方法&再出品戦略

■土日月の販売戦略

■再出品をする時の判断基準

■注目のオークション設定 

■NGコンディションの書き方と
コンディションによるクレーム対応の最善の方法

■バッテリー別途販売

■Kitレンズの売り方
POINT

1

風太郎式 カメラ販売スタイル

激安仕入れ  

相場下で速攻で売り切る

回転を上げて月収とする
POINT
2

オークファンの相場の読み方の注意点


何日で売れているのかは不明!

よって、高値で売れている価格はあてにならない
POINT
3

激安仕入れの方法 


激安仕入れの判断基準

①写真

②コンディション記載 曖昧

③スタート価格が中途半端

ポイント

自分が客の立場なら絶対に買わないと感じるものを仕入対象にする。


なぜ激安が可能なのか? 

→コンディションが悪いものを仕入れるから


なぜライバルに仕入が勝てるのか? 

→レンズを横流しにするから
POINT
4

状態が悪い商品を仕入れる心配・・・
評価戦略


苦 情

お客様からの苦情をもらいたくない

経年機種はお客様はコンディションの悪さを覚悟している。

現行機種はお客様はコンディションの良さを期待している


よって、経年機種だから苦情が多いとは限らない


悪い評価をつけられた時の対応

評価コメントで事実を記載して印象を良くする


よって、コンディションが悪い商品をガンガン攻められる!

よって激安仕入が可能であり、

それによる収入の増加は大きい


 
苦情をもらわない小ネタ 

→ 神経質な人を排除


 ・コンディション的な質問には回答しない  

 ・ページの記載方法は細かく記載しない
POINT
5

毎日短時間リサーチがコツ

サンデー仕入れ 

25日前仕入れ 

大型連休仕入れ
POINT
6

同業者仕入れの落とし穴


特に同業者で、安い価格で出品されているものは要注意!NG!!

他の出品商品を見てみると一目瞭然!!

激安価格には理由がある!!
POINT
7

リアルタイム入札かスナイプ入札か?


安心健全なスナイプ入札

激安仕入が可能なリアルタイム入札


ライバルとの闘い方。

リアルタイム入札時の追っかけ方


激安仕入ができるパターン・できないパターン

ライバルはどのような人物か?

単品販売者 

利益を撮りたいので、相場価格から3千円安以上は札を入れてこない


Wセット販売者 

相場価格まで札を入れてくるので、相場価格から3千円安以降も

札を入れてくるライバルがいたら、Wセット販売者と判断できるので、激安仕入れはできないと考えた方が良い
POINT
7

NikonとCanonの違い 及び他メーカー


日本人はcanonがお好き

canonの方がレンズが揃えやすい



同じ中級機種のNikonとCanonの違い

Nikonの中級機種の方が、wにして売りづらい。
Nikonの中級者の方が、
本格的なユーザーが多いので、
wなんかは目もくれない。


各メーカー

各機種のターゲットを決めて販売している
メーカーの戦略として、
初級者、中級者、上級者向けと決めている。
我々はこれを基本に、
wセットの販売戦略を立てる
要はビギナーが好むように販売する

sonyもオススメ!

POINT
8

カメラとレンズのマッチング


組み合わせが悪いと高く売れないし早く売り切れない

そのカメラ
ビギナー好みのカメラ?
中級者好みのカメラ?

ビギナー好みのカメラにはビギナー好みのレンズをセット!

・AF効く
・レンズ綺麗

中級者好みのカメラにはビギな好みのレンズでなくても良い!

・AF不良OK !!
・レンズカビあり汚れありOK !!

POINT
9

目的別出品方法&再出品戦略


相場価格定額出品

①初回出品時、自分の商品を気にしてくれる人が何人いるかのリーサチ目的


②寝かせておく目的

相場高値定額出品

③コンディションが良い場合の高利益狙い


 同時に勝負をかける時のために見せる目的

1円スタート出品

④勝負をかける時


 1円スタート・最低価格設定 タイトルに明記・即決価格設定


例えば・・・  

火曜日① 水① 木③ 金③ 土④ 日④ 月④ 火②


火曜日③ 水③ 木③ 金③ 土④ 日④ 月④ 火②

火曜日③ 水④ 木② 金② 土④ 日④ 月④ 火②

火曜日④ 水③ 木③ 金③ 土④ 日④ 月④ 火③②

POINT
10

土日月の販売戦略


土日は圧倒的に買い物をする人が多い

土日は圧倒的に出品者が多い

この両方をカバーするために

土日勝負を選択する

勝負のかけ方は④!!


土日と月曜日は客層が違うので、
フォローで月曜日再度勝負をかける
POINT
11

再出品をする時の判断基準


ウォッチ数の増加数がポイント


ウォッチ数の累計数はNG


新規ウォッチ数が増えていない場合

出品ページ見直し

タイトル・トップ画像・オススメのフレーズ・価格



POINT
12

注目のオークション設定 


カメラ

→機種名を入力してデフォルト20件として1ページ目に掲載されるように!


レンズ

→メーカー名を入力して60番以内(3ページ以内)!


基本的には常時注目はかける!注目をかけないと、ほぼお客様の目には触れない

POINT
13

コンディションの書き方とクレーム対応


自信なさ気なあやふやな書き方はしない!!

この書き方をしたら入札者は激減するのでメリットはない。

不明な場合OKと言い切る。

不良の場合「不良」と言い切って結果を待つ。

あやふやな表現が一番中途半端で、良い結果は生まない。


■クレーム対応

検品してないところが不良だとクレームが来た場合の最善の対応。

「検品してませんでした」とは、絶対に言わない。
これは最悪。

出荷時に異常がない事を確認済み、
中古の性質上、このような事も稀にあります。
100%当方負担で返品する事を伝えて、
残念な気持ちにさせたしまった事に対して深く謝罪をする。



POINT
14

バッテリー別途販売


オフスメのバッテリー別売機種名

基本的には中級者向けの機種。

ビギナー向けの機種と比べて、
使用頻度がはるかに多いから、
使い倒されてる。
逆に仕入れた時には検品をしっかりする事!
バッテリー寿命には気をつける!!

POINT
15

Kitレンズの売り方


18-55
18-105
18-70
55-200
18-55 is stm
18-135 is stm
55-250 is stm

売り方

利益度外視 横流し販売

1スタ NG!! 出玉が多いので上がりきらない!

相場のやや下で定額出品 速攻で売り切る!!

注目はかける!

注意点

単品売りの場合は、状態のチェックが厳しい。


POINT
16

トリプル販売の目的


トリプルにするから高く売れるのではない!

トリプルにするから早く売れるのだ!

そもそも経年機種を買う人は、
レンズ3本は望んでない。
リーズナブルに始めたい!
が最大のニーズである!


そこに価値を感じないから、
3本だから高い値を払おうと考える人はいない。

この事を念頭に置きながら、

トリプルの場合の費用対効果をしっかり考える!

あくまでもwの相場で売る事が大前提!


現行機種に近い場合は、
価値ある3本目は、ユーザーがしっかり価値を感じてくれる。

Canon70dやx7がトリプルで相場の高値で売れてる履歴があるのがそれである。
POINT
17

リアル店舗仕入のススメ


ライバル不在のブルーオーシャン入れ食い状態!!

月に1〜2度、地域のリサイクルショップで仕入れる


ヤフオクで不備のレンズ及びカメラのみを仕入れる

ヤフオク仕入ができないストレスをカバー