なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

マイクロニードルパッチの効果を実感できました

「刺す化粧品」として話題のマイクロニードルパッチを使ってみました。

その中でも「ヒアロディープパッチ」を買った理由は、最近目元のほうれい線やシワが目立つようになり、対策をしなければと思っていたからです。

ヒアロディープパッチは効能評価試験済みで、乾燥による小じわを目立たなくしてくれるとのこと。SNSで目にしていて前から興味がありました。

保湿成分としてのヒアルロン酸は通常、液体もしくは粉状なのですが、ヒアロディープパッチはマイクロニードルという商品名の通り、高濃度のヒアルロン酸を針の形状にした画期的なアイテムです。

その発想と技術にビックリしますよね。使い方は、夜寝る前に目の下の部分に貼るだけです。

刺すということは痛いのかなと不安でしたが、少しチクチクする程度でした。

翌朝パッチをはがしてみると、今まで乾燥していたエリアがしっとり、ふっくらしています

個人差はあるかもしれませんが、私は効果を実感できました。



マイクロニードルの浸透力とその効果

マイクロニードルとは、美容成分を針状に形成し、肌の奥深くまで浸透させる特殊な技術です。美容成分を針状にすることで、美容成分が角質層に浸透しやすくなります。

従来のマイクロニードルでは、美容成分を針の型に流し込んだ後、冷却などの加工をして針を形成していましたが、スパトリートメントでは何の加工もせずにマイクロニードルを形成します。

一方、スパトリートメントでは、何の加工もせずにマイクロニードルを形成するため、不要な成分がなく、化粧品成分の濃度も高くなります。

加工や処理、添加物を一切使用せずに針を形成するため、純度の高い高濃度の美容成分を角質層の奥まで届けることができるのです。スパトリートメントに使われる「生分解性微細構造体」とは何ですか?

スパトリートメントに使用される「生分解性マイクロストラクチャー」は、塗布すると肌に溶け込み、成分を効果的に浸透させることができます。

マイクロパッチを塗ると、美容成分が肌の奥まで浸透します。針の数に注目されがちですが、マイクロニードルの1本1本の質や美容成分の濃度を確認することが大切です。

マイクロニードルの選び方や正しい使い方

選んだアイテムによっては、あまり効果が見られないこともあります。「マイクロニードルパッチ」とも呼ばれる「マイクロニードル」は、近年注目されている美容法です。

年齢を重ねると、肌の水分を吸収して浸透させる力が低下する傾向にあるため、せっかくの美容成分が肌の表面にとどかないことがあります。角質層の奥まで成分を浸透させるには、マイクロニードルが有効です。

先端が尖ったマイクロニードルを肌に挿入することで、化粧水よりも深い層まで美容成分を届けることができます。肌に塗布すると、美容液の鋭い針が徐々に溶けていき、肌の奥から美容効果を得ることができます。

各メーカーから発売されており、針の数や長さ、化粧品成分の種類などが異なります。シートやパッチに含まれるマイクロニードルの数は、最低でも1,000本以上が望ましいとされています。

また、ヒアルロン酸だけでなく、シワやたるみ、美白に効果のある成分など、サポート成分も重要です。パッチを貼る際には、濡れた指で針の表面に触れてしまうと、化粧品成分が溶けてしまう危険性があるので注意が必要です。

マイクロニードルパッチの効果と副作用

マイクロニードルパッチは、ヒアルロン酸やEGF、ヒト幹細胞などの美容成分を塗布せず、「針」の形に固めて肌に貼り付けて眠らせる部分シートマスクです。

このマイクロニードルパッチは、"貼る美容成分 "として各メーカーから発売されています。この技術を使えば、ヒアルロン酸などの保湿成分を針状に固めることができ、保湿成分や美容成分を100%シート状にした新しい化粧品を作ることができます。

寝ている間にマイクロニードルパッチがゆっくりと溶け出し、角質層の奥まで届きます。マイクロニードルパッチは、保湿成分や美容成分を肌の内側に届けることで、乾燥肌を予防・改善することを目的としています。

そのため、即効性やヒアルロン酸注射のような効果を求めるのであれば、美容皮膚科や形成外科を利用した方が良いでしょう。ヒアルロン酸は、肌の老化を防ぎ、肌の弾力性を保つ働きがあります。

また、防腐剤、界面活性剤、香料、着色料、パラベンは使用していません。温かいマイクロニードルのマッサージ効果で肌を柔らかくし、高分子で肌に直接届けることが難しいコラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分を肌に届けます。

マイクロニードルには、ヒアルロン酸と再生能力に優れたEGFのみが含まれており、成分を角質層まで届けることができます。