世界一の長寿国、日本食のススメ

古来より日本で親しまれてきた蕎麦
今、メキシコへ

made by tea

国民の希望

食べたい人!

standard

敬虔な信仰

購入はこちら

made with ume

愛国者たちの血

購入はこっち

お蕎麦のある生活・・新しいライフスタイル始めてみませんか。
お蕎麦は日本はじめアジアの国でよく食されている食べ物です。
安くて、手軽で、健康的に!
シンプルだけどクセになる!そんなお蕎麦を今日からメニューに取り入れていきましょう。
お蕎麦を毎日の生活に取り入れるとこんないいことが!

  • 綺麗になる
  • 肌がよくなる
  • 痩せる
  • 頭がよくなる

Heading

Heading

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

button

Heading

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

button

Heading

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

button

肥満率の高さに悩む国、メキシコ

食生活の変化が影響

体重に問題を抱えているメキシコ人は、1989年にはわずか10%未満であった。しかし2011年には、国連の食料農業機関がメキシコ国民の体重増加が緊急レベルに達したことを発表。そのまま肥満の流行を食い止めることはできなかったようだ。
今回の調査からは、メキシコ人が以前より多くの加工食品を食べていることに対し、穀物と野菜を以前より少なく食べていることが示された。その背景には、炭酸飲料とファストフードレストランの普及があるという。
肥満問題が深刻化しているのは成人だけではない。メキシコの子供の肥満は10年で3倍に増えたという。

button

先進国の中で突出して肥満率の低い国、日本

日本は所得水準が高い割に肥満率の低い国です。
ダイエット意識も非常に高いのですが、日々の食事も健康志向が高いです。
お蕎麦は他の主食と比べて栄養のバランスがよく、おかずとの組み合わせで見た場合の摂取カロリーは少なくて済みます。

button

■蕎麦を食生活に取り入れてみませんか?

安くて手軽に食べれる蕎麦は、それは健康と美容と笑顔を運んでくれます。


現代病のひとつである生活習慣病。
運動不足やストレス、食生活の乱れなどが原因で起こる生活習慣病は特に自覚症状がないので、知らず知らずのうちに進行し、気が付けば肥満や高血圧になっているのです。

しかし今日から生活の中に蕎麦を取り入れるだけで、それを未然に防ぐことが出来ると聞いたらどうしますか?

■お蕎麦の栄養

「蕎麦(そば:soba)」は古くから日本で親しまれてきた、日本を代表する食べ物のひとつです。

穀物である蕎麦の実を原料に粉上にした蕎麦は、寿司やてんぷらと並んで古い歴史を持つ食べ物として知られています。

その蕎麦、実は驚くほど多くの栄養素が含まれているのです。

① その一つ、例えばビタミンB1。

かつて日本の江戸時代、「江戸患い(えどわずらい)」と呼ばれる今日の「脚気(かっけ)」が流行したことがありました。

脚気とはビタミン不足、特にチアミンといわれるビタミンB1の欠乏が原因で心不全や末梢神経障害を引き起こす恐ろしい病気です。

かの有名な江戸幕府第13代将軍の徳川家定も脚気が原因で死亡したとも言われています。

その脚気対策に貢献したのが何を隠そう、蕎麦なのです。

その時の江戸の人々は蕎麦を食べたことで脚気が防げたことから、ビタミンB1を豊富に含む蕎麦は脚気対策として重宝されたという歴史的事実が物語っています。

こうして蕎麦は日本人の生活に欠かせない食べ物となっていったのです。

② また、たんぱく質を多く含んだ代表的な食材に大豆がよく知られています。

大豆ほどではないにせよ、蕎麦にも大豆に勝るとも劣らぬ良質なたんぱく質が確認されています。

蕎麦に含まれるたんぱく質は、実は含有量というよりもアミノ酸との関係で見た組成バランスという観点で秀でた組成酵素を持っていると実証されました。

その証拠に1985年の「FAO/WHO/UNU必須アミノ酸基準値」という権威ある食物分析判断でアミノ酸スコア100点満点という素晴らしい結果を出したのです。

つまり穀物としてバランスのよいアミノ酸組成を持っているとのお墨付きを得たということです。

③ さらに蕎麦に含まれる様々な栄養素の中に、特徴的な成分としてルチンがあります。

このルチンは毛細血管強化、高血圧予防、酸化防止などの人間の生活における生活習慣病予防や現代病の予防対策として認知されています。

④ このようにいにしえの日本とともに歩んできた蕎麦は、中国の薬学史上最も内容が充実しているといわれている薬学書籍の代表作である「本草綱目(ほんぞうこうもく)」に「腸胃を実(み)たし、気力を益(ま)し、精神を続(つ)なぎ、能(よ)く五臓の滓穢(いわし)を煉(ね)る」と記されています。

これは蕎麦の持つ高い栄養素が滋養強壮の効果があると伝えているもので、現代風に訳せば「新陳代謝により体内をきれいに清浄にする」というような意味になります。

だからこそ、日本では「年越しそば」という言葉があるように、新年を迎えるにあたり家の大掃除と同様に体の中も蕎麦食べて体内を掃除させる、という意味で縁起物の食材として重宝されてきたのです。

■色々な調理法

そして蕎麦の調理方法もいたって簡単なことから様々な食べ方や豊富なメニューが編み出されました。

例えば「ざる蕎麦」。

茹でた蕎麦を一気に冷水で冷やしざるに盛り付けて、薬味とともに蕎麦汁(つゆ)で食べるざる蕎麦はもり蕎麦とも言われ、蕎麦の代表的な食べ方です。

次に「かけ蕎麦」

茹でた後冷水で冷やすまではざる蕎麦と一緒ですが、仕上げはお湯で温めた器に熱い汁(つゆ)に入れて、薬味とともに食べるもので、ざる蕎麦が「冷食」の食べ方に対し、かけ蕎麦は「温食」の食べ方といえます。

他にも、天ぷらをのせて食べる「天ぷら蕎麦」、とろろの入った「とろろ蕎麦」、卵を入れれば「月見蕎麦」、山菜を入れれば「山菜蕎麦」・・・

このように蕎麦はどんなものとも相性よく食べれることでそのメニューは今日も新たに開発されています。

また精製のする際、蕎麦粉にお茶や梅などを織り交ぜて蕎麦に色を付け、見て楽しみ、食べて楽しむことができるのも蕎麦の特徴です。

■お蕎麦とことわざ

こうした日本人の生活に密着した蕎麦は、昔から伝わることわざにも頻繁に使われています。

そのいくつかをご紹介します。

「蕎麦作りに飢饉なし(そばづくりにききんなし)」
これは茨城県に伝わる言い伝えが日本全体に伝わったとされるものですが、凶作のとき、すぐソバをまけば、米・麦の補いになるという蕎麦の生育の強さを表しています。
滋賀県では「蕎麦飢え知らず(そばうえしらず)」とも言われています。

「蕎麦の一角隠れば生える(そばのいっかくかくればはえる)」
これは蕎麦の実はその一部だけでも土に接していれば、きちんと発芽してくれるという蕎麦の生命力、発芽力がとてつもなく強いという事を言い表しています。
その力は食べて吸収することで人間にパワーと栄養を運んでくれるのです。

「蕎麦と坊主は田舎がよい(そばとぼうずはいなかがよい)」
良いもの、優れたものは街中の都会ではなく、地方の田舎から出てくるものである、というたとえです。
蕎麦を優れたものの代表として称賛しているいい例です。


このように日本の蕎麦は古くから珍重されてきた食べ物であり、文化であり、歴史であり、誇りであるといえます。

この蕎麦を世界の人々に知ってもらう事は、日本を知ることでもあります。

シンプルだけどクセになる味の蕎麦!
シンプルなくせに栄養価の高い蕎麦!
食べたらその良さがきっとわかります!

蕎麦の力を是非一度味わってみて下さい。

お得な年間購入

年間購入をしていただくと最初の一か月は無料となります。
しかも返金保障です!

button