あなたと職場を守るための
ハラスメント対策研修

オンラインによるワンツーマン授業。
全国どこでもご希望の日時でしっかり学べます。

東京・名古屋・
大阪で開催

ハラスメントは起こってからでは遅いのです。

昨今、ハラスメント問題が分野を問わず公けに公表されております。
それは、今企業が最も真剣に取り組むべき問題として「ハラスメント」対策という証拠です。

厚生労働省は2018年11月19日に行われた
労働政策審議会(厚労相の諮問機関)の分科会で、
経営者のパワーハラスメント防止措置の義務化に向け、法整備を進める方針を示しました。

2019年の通常国会での法案提出を目指し、クレームや不適切な取引の押し付けなど、社外からのパワハラへの対応策も提示、指針で講じるべき方策を示し、周知・徹底することしています。

パワハラ対策に取り組まない企業には、厚労省が是正指導や是正勧告などの行政指導をして改善を求め、従わなければ、企業名を公表することができるとの規定も設けるとのこと。法的整備で、働く人を守る制度を打ち立てるのです。

このことは、企業にとって人材の扱い方を見直す、職場にとって関わり方を見直すチャンスともいえるのではないでしょうか。

ただその裏にハラスメントを恐れ、部下に注意できない、仕事を頼めないなど、ハラスメントという言葉自体が職場環境や人間関係の悪化に繋がりつつあるのも事実です。

日本メンタルヘルスケアサポート協会では、ハラスメントの有無に関わらず、まずは職場への正しい理解と、ハラスメントという課題を期に、ハラスメントが存在しえない職場作り、ハラスメントといわれない言動を身につけていく必要があると考えます。

ハラスメント対策を知らないデメリット

  • あなた自身加害者になる可能性
  • 成果の低迷
  • 有能な部下の退職
  • メンタルヘルス不調者続発
  • 職場環境の悪化
  • 職場環境の悪化

「そんなつもりはなかった」が生む、
実際に起こったハラスメント事例

<居酒屋チェーン店事例>
・加害者:36歳主任男性(勤続5年、無口の職人気質)
・被害者:42歳パート男

中小企業に勤めているが残業が出来なくなった為半年前から居酒屋の厨房でバイトをしている。普段から遅刻しがち。返事は良いが間違いが多い。

【原因】
加害者が、気をつけろよと注意をしたにもかかわらずよそ見をして振り向きざまに従業員女の子とぶつかり料理を落としてしまった。更に気をつけろよと言われていたのにもかかわらずやってしまった。

【結果】
ふざけるなと怒鳴り強く押した為よろけて台の角にぶつけアザができてしまった。本人は強く打った為痛くて歩けない(仕事ができなくなってしまった)。

上司に言ったがとりあってくれないという理由から労基に訴えた。加害者からの謝罪と慰謝料、休職保証という要求だったが加害者は謝罪を拒否し退職。

被害者には慰謝料と言う名目で会社が支払い被害者男性も退職。

<珈琲店事例>
・加害者:32歳女性社員
・被害者:24歳女性社員

【原因】
元は仲の良かった先輩後輩だったがプライベートで仲違いしたのをきっかけに先輩社員からのパワハラがはじまったと言う。

先輩社員が、後輩社員が他の同僚に自分の悪口を言う前にと思ったのか、色々な人に後輩の悪口を言って回った。その結果まわりから影口を言われるようになり、それがエスカレートして無視されるように。また情報の共有をしてもらえなくなり、ある事件勃発。

店内清掃の為のお休みを聞かされていなかった後輩社員が朝から出勤。本日は休みだと業者に聞かされ、我慢が爆発。こらえきれずその足で本社人事に訴えた。

【結果】
被害者、加害者だけでなく店内17名全員面談後、店長は非行き届の為減給。その他関わった人については注意、加害者については解雇。被害者については他店へ異動になった。

正しい知識と理解が、あなたと職場を守ります。

ハラスメントかどうかはとった言動で決まります。
あなたの「基準」が、実はハラスメントにあたるかもしれません。
ハラスメント対策で最も大切なのは、ハラスメントに対する正しいの知識と理解です。

ハラスメントという言葉で相手に関われない状況は、
どんどん職場環境を悪化させます。

言葉におびえるのではなく、
しっかりと指導や注意を行うこと、
職場を守ることは、
上司の役目です。

日本メンタルヘルスケアサポート協会では、
より良い職場環境作りに向けた「ハラスメント対策研修」を行います。

ハラスメント対策法を学ぶ
メリット

  • ●自身の言動確認
  • ●早期のハラスメント対処
  • ●人間関係の見直しによる職場環境改善
  • ●部下への指導や注意の効果的な仕方
  • ●部下への指導や注意の効果的な仕方

カリキュラム(3時間)

ハラスメント対策研修

ハラスメントとは
ハラスメントの種類
ハラスメントと同様の組織のリスク
ハラスメントが与える影響

セクシュアルハラスメントとは
セクシュアルハラスメント(セクハラ)とは
2つのセクハラタイプ
セクハラの原因
セクハラの判断基準
セクハラと認定された事例
 
パワーハラスメントとは
パワーハラスメントとは
6つのパワハラタイプ
パワハラの原因
パワハラの段階別行動
パワハラグレーゾーン
自身がパワハラを起こさないために
パワハラと認定された事例その他のハラスメント
ハラスメントの未然防止、相談を受けた場合の対応
組織全体のハラスメントの未然防止
部下からハラスメントの相談を受けたら

ハラスメント対策に欠かせない職場環境の作り方

相手への配慮した言動トレーング

こんな方が対象です

  • ハラスメントの基本知識を身につけたい方
  • 過去ハラスメント問題があり、対応に困った方
  • 部下がいる方、人事やメンタルヘルス担当の方
  • ハラスメント行為とはどんな事か、気をつけたいポイントを知りたい方
  • ハラスメントを見聞きした場合の具体的な対応を知りたい方
  • ハラスメント行為とはどんな事か、気をつけたいポイントを知りたい方

開催概要

東京・名古屋・大阪
名 称 ハラスメント対策研修
日 時 随時お申込み受付中。できる限りご希望の日時で開催いたします。
場 所 オンライン、または各セミナー会議室
主 催 NPO法人日本メンタルヘルスケアサポート協会
参加費用 38000円(税別)

お申し込み お申し込みフォームに必要事項を入力後、備考欄に
①ハラスメント対策研修希望
②第三希望日まで
ご記入ください。
お問合わせ info@mental-healthcare.org
お問合わせ info@mental-healthcare.org