目の下のクマがとれない!どんなクマ対策商品があったりするの?

目の下のクマがとれない、いろいろとマッサージをしているけど、ずっと目立つまま。

メイクでなんとかごまかしているけど、なんとかすることはできないの?

こんな悩みを持っていたりしませんか?

寝不足ということもあるかもしれませんが、それでもきれいな目元をしている人だっています。

この目の下のクマ問題はなんとかならないのでしょうか?
解決できるような良い商品等はないのでしょうか?

目の下のクマは3種類あると言われています

目の下のクマですが、こちらは全員が同じものではなく、3種類あると言われています。

青クマ、黒クマ、茶クマという色別のクマということですね。
なかなかぱっと見の区別がつかなかったり、総合的な状態となっていることもあります。

睡眠不足が原因となるクマ、良く聞くクマが青クマになります。
これは、マッサージ等でもよくなりますし、たっぷり寝ることで解決できるクマにもなります。

黒クマは、肌のハリが落ちてきていて発生するというもの。皮膚のたるみというところが原因になるので、表情筋を鍛えると改善するかもしれません。

茶クマはメラニン色素のが蓄積してきてはっせいするものです。
これは色素沈着の話になるので、いくらよく寝たりしても改善することはありません。紫外線ケア、美白ケアを考えていかなければいけないクマになります。


この3種類のクマ、どれに該当していますでしょうか?
まずは自分のクマはどのようなものかを知ることが大事です。

青クマは血行不良 たっぷり休んで回復を

クマの種類が3種類あると書きましたが、寝不足が続いて・・というパターンは青クマです。

このクマは血行の不良から発生するものですのでしっかり眠ったり、目の血行をよくすれば基本的には回復してくれます。

たくさん寝るという方法以外にも、温めたタオルで血行を良くするという方法もあります。

血行を良くするようなアイケアクリーム等を使うのもいいですね。

遺伝によるクマというのもある?

クマについて調べてみると遺伝によってクマが発生するというのもあるようです。遺伝であればもう防ぎようがなくなってしまって困ってしまいますよね。

このできる可能性があるのは茶クマ。色素沈着によってできるクマで人よりも過剰に色素が沈着しやすいという性質の方もいるということ。

これは、人と同じことをしていてもどうしてもできてしまいますので、紫外線ケアのアイテムを使っていくしかありません。

また目をこすると色素沈着しやすくなっていきますので、なるべく余計にこするということはやらないようにしましょう。

サプリメントでクマを改善することができる?

サプリメントを使ってクマを改善することができる?というような話がありました。

ただあまりクマをサプリで改善するというのは一般的ではないようで、みなさん何かを購入するのであればアイクリーム系を利用するケースが多いようです。

これは当たり前で、サプリで内側からじっくりというよりも直接その該当箇所に塗る方が効果は高いと考えられますよね。

サプリを使っていきたいというのであれば、青クマの場合、カシス・アントシアニンの成分になります。疲れ目と同じで血行促進がカギになりますので、こうしたサプリをとっていけば少しずつ回復も見込めるということになりますね。

茶クマの場合は血行だけでは解決しない色素沈着の問題なので、美白ケア成分のあるサプリ、ビタミンC系サプリを摂るということになります。

最近では美白も美容液ではなくサプリタイプのものも増えてきています。顔に塗りたくない方はこうしたサプリメントでもいいのかもしれません。デメリットとしては、まだ美白サプリ系は効果の割に高額なものが多いのかなという印象はあります。

黒クマを治すのは難しい!?

クマにそれぞれの治し方というのがありますが、難しいのが黒クマです。黒クマの原因はたるみ、そして老化というところになってきてしまいますので、そう簡単に治すことはできません。

肌のハリ、たるみはトレーニングでも改善はするので、目を閉じて、そこからギューっと閉じていくということで、目の刺激を与えて、筋力を上げることで若干の改善はあり得ます。

ただ、これだけでというのは難しく、コラーゲン系の製品を使って、目のハリを取り戻していくということは考えなければいけないでしょう。


目の下のクマを直接ケアするには?

目の下のクマを直接ケアするには、専用のアイテムを使ってみるというのが一番です。全体的に健康に良い方法をとっても、それが直接的に目元に作用してくれるかどうかはなんともいえないところがあります。

それよりかは専用に開発されたアイテムを使った方が安心というものです。

ここではおすすめのアイテムを紹介したいと思います。


1.アイキララ(アイクリーム)

アイキララは目元専用のクリームとなっています。
最大の特徴はトータルケアができるようになっているということ。

青クマ、茶クマ、黒クマという話をしましたが、実際にはこれらのクマが総合的に発生していることもあります。

このそれぞれのクマに対して効果がある成分が配合され、老廃物除去、コラーゲン生成サポート、ビタミンC誘導体によるハリ復元等が実現できるようになっています。

このアイキララは本当に売れている大人気商品となっています。


2.アイプリン

アイプリンは目の下のクマに対する美容液の役割を持ちながらコンシーラーとしても使えるというものになります。

美容液+コンシーラーで一度にケアできるので時間短縮にもなりますし、使い勝手が良いというような評判もあります。

美容ケアでクマが治るのには時間がかかります。それまでの間はコンシーラーで隠しながらしっかりと治していく。そんな使い方ができるのがアイプリンになります。

3.ヒアロディープパッチ

ヒアロディープパッチはアイキララと同じ会社である北の達人コーポレーションが販売しています。

何が異なるかというとコンセプトが全然違っていて、ヒアルロン酸を目元に直接貼るというようなものがこのヒアロディープパッチになります。

クマ対策としては黒クマのようなヒアルロン酸不足に良いというものになります。アイキララのようなクマ対策用アイクリームというよりは目元ふっくらの美容ケアというようなイメージが強い製品になるのかもしれません。

ここでは3種類の製品について紹介しました。
3種類といっても、それぞれが全く別のアプローチ方法となるので、どれがいい、悪いというようなものではありません。

自分の気になるものについてチェックしてみてくださいね。



参考
アイキララの口コミ
アイプリンの口コミ
ヒアロディープパッチの口コミ