100年時代を生きぬく資産形成

これからの人生のために
資産運用をはじめませんか?

AFPがご相談を承ります!

初めての方も、これからの方も!

「投資/運用」というと受け止め方はそれぞれ。
しかし、今は考えていかなければいけない課題です。
そうなんだ、と読み進めけて頂けたら幸いです。

会社HP

貯蓄・運用する必要性を理解することが大切

ライフイベント毎にかかる費用って
どのくらい?

インフレとデフレ、ご存じですか?

次の事例をご覧ください。

海外への投資をお勧めする理由

まず世界の金融業界事情を知る必要があります。
特に金融については、
「日本の常識は世界の非常識」と言われるほど。
1996年から2001年度にかけて行われた
金融制度改革「金融ビッグバン」により
海外へ直接投資ができるよう規制緩和が行われました。
しかし、世界中の約7,000本もの金融商品の中でも
日本で購入できる金融商品は少なく、
しかも利回りが低すぎるのが現状です。

【世界中にある非課税のオフショア地域】
世界には、オフショア地域という、
税金がゼロ(もしくは税率が低い)国があります。
日本語では「租税回避地」と訳します。
オフショアには、有名なスイスやルクセンブルクや
大英帝国時代から続く、
旧英国連邦に属する島々にある、マン島、
ガーンジー島、ジャージー島。
大西洋には有名な、ケイマン、バミューダ、
アジアには、香港、シンガポールがあり、
世界中から優秀な人材により魅力的な金融商品が
開発/運用されています。
これらでは「非課税&複利運用」されることで、
日本国内では、考えられないリターンを生みます。
また、オフショア地域の金融商品をベースに開発された
商品が世界中の証券会社で扱われています。
下記の比較表を見ていただければ、
ご納得いただけると思います。

預金とご提案商品の比較例

下記のグラフは、下記の事例です。
①預金でコツコツと貯蓄したYさん
【年利0.001%】

②弊社ご提案商品A【年利10%】

お子さまの教育資金として、
15年間、毎月5万円を積み立てた方々の事例です。
どちらの商品で運用したいでしょうか?
比較シミュレーションをご覧ください

上記のグラフですが、
日本国内にいる私たちには俄かに
信じられないことと思います。
しかし、実際に運用実績が
平均約10%出ております!

以下をご参照ください。

PRICE


ご相談、お問合せには料金は一切かかりません。
お気軽にお問い合わせください。

FAQ

Q
海外の商品ですが、日本語に対応していますか?
また、支払いは円で良いのでしょうか?
A
運用商品に関しまして、契約概要書面や設計書を含め、契約後のサポーとまで日本語対応しております。また、支払いに関しましては
Q
海外の商品ですが、日本語に対応していますか?
また、支払いは円で良いのでしょうか?
A
日本語対応しております。また、支払いに関しましては
Q
海外の商品ですが、日本語に対応していますか?
また、支払いは円で良いのでしょうか?
A
運用商品に関しまして、契約概要書面や設計書を含め、契約後のサポーとまで日本語対応しております。また、支払いに関しましては
つくり中・・・