お客様各位「ファクタリングプロ」とは、当社・株式会社MEDSJAPANが2015年度より 売掛金債権の買取サービスを行うファクタリングサービスの商品名として使用しているものです。当社と全く異なったサービスを提供している 東京都板橋区南常盤台 2014年7月設立・2018年6月に株式会社ファクタリングプロに社名を変更している会社(買い取るぞう)と当社は、何ら関係がございませんので、ご注意くださいます様お願いいたします。

              【ファクタリングを検討する上で重要なこと】
ファクタリングの審査は通しやすくするには、レスポンス良く対応することと、きちんとした資金繰り表を作成ることが重要です。
又、ファクタリングに利用は月商の30%以下にすることをお勧めしています。
月商の殆どをファクタリングに頼ることは、資金繰りの悪化に繋がりますので注意しましよう。

北海道、札幌のお客様は札幌営業所までお問い合わせください。

ファクタリングプロが何故、業界最低水準の手数料なのか?

大半のファクタリング会社は、買取った債権について償還請求なし(ノンリコース)での債権の買取を行っております。未確定(売掛先の倒産等、将来的に確実に入金になる保証はない)の売掛先の債権を購入するというハイリスクがあるとの理由に、高い手数料を要求しています。
会社側からするとファクタリングは、担保融資よりもハイリスクハイリターンの商品です。

当社におきましても本当に稀ですが、売掛先が何等かの事情により約定とおりの送金が成されないケースもございます。又、二者間のファクタリング契約の場合には、ご契約者様の理由で、当社に対し約定とおりに送金頂けないケースもございます。

ファクタリングとは、企業が有する売掛金を買い取ってもらい早期に現金化する資金調達方法のことをいいます。

融資とは違い債権を買い取ってもらう契約なので、御社の経営状態に対する条件が厳しくなく、信頼できる売掛先様との取引が証明できる書類があれば利用できるという点で、中小企業の資金繰りを改善する方法としてピッタリの資金調達といえます。

公式サイトはこちらから

ファクタリングプロの特徴

・手数料1%~最大10%
※メディカルファクタリングの手数料は0.4%~最大5%

・手数料以外の費用は登記費用4万程と印紙代などの実費のみ
・契約事務手数料など、不明瞭な費用は一切いただきません
  • 最短翌日送金
  • 赤字決算税金未納でもご相談ください
  • 秘密厳守
2019年8月22日
ブログページを更新いたしました。
今回は「ファクタリングで良くあるトラブル」を掲載しております。

お問合せはこちら

MEDS JAPANの資金調達サービス

売掛金ファクタリング

ファクタリングとは、企業が保有する売掛金債権を債権譲渡し、売掛金の決済期日よりも早く資金調達する方法です。
「売掛金から前借り」は、まるでお給料を「前借り」をするような手軽さでファクタリングを簡単にご利用いただけるようにした商品です。販売代金や請負代金、運送費や委託料等、一般事業会社様のお取引で発生する売掛金が対象となります。

メディカルファクタリング

「メディカル ファクタリング」は、ファクタリングプロがお届けする、医療機関・調剤薬局・介護施設経営者様向けのファクタリング商品です。
メディカルファクタリングの手数料は0.4%~最大5%
※レセプトの90%を現金化できます!

ファクタリング完全攻略マニュアル

中小企業の資金調達方法として注目のファクタリング。その契約内容や手数料の計算、また良いファクタリング会社を見極めるポイントなどを掲載しております。

コンサルティング会社様・税理士様へ業務提携に関するご案内

クライアントの資金繰りやファクタリングでお困りでしたら、ファクタリングプロにご相談ください。
ファクタリングについて丸投げOK!
全て丁寧に対応させていただきます!

資金調達方法

経営者であれば、中堅・中小企業、大企業でも、資金調達方法については詳しく知っておくことに越したことはないと思います。

ファクタリング体験談

【ファクタリング体験談】実際にMEDS JAPANで200万円の売掛債権のファクタリングをしたら、ファクタリング手数料5.0%と驚くほど格安手数料だった。全手順を公開します。

ファクタリング資料請求

ファクタリングプロのサービスについて資料がご入用の方は、
下記のメールフォームにてご請求ください。
ご入力されたメールアドレス宛に、ご連絡もしくは資料をお送りいたします。

メディカルファクタリング

「メディカル ファクタリング」は、ファクタリングプロがお届けする、医療機関・調剤薬局・介護施設経営者様向けのファクタリング商品です。
メディカルファクタリングの手数料は0.4%~最大5%
※レセプトの90%を現金化できます!

メディカルファクタリング

「メディカル ファクタリング」は、ファクタリングプロがお届けする、医療機関・調剤薬局・介護施設経営者様向けのファクタリング商品です。
メディカルファクタリングの手数料は0.4%~最大5%
※レセプトの90%を現金化できます!

MEDS JAPANのリースバック

リースバックについて

MEDS JAPANではファクタリング以外に、車両など動産のリースバックの取り扱いも行っております。

今回のブログではMEDS JAPANのリースバックについての説明と、リースバックを検討する時はどういった時であるかと、注意点について説明をさせていただきます。

 

最初にリース及びリースバックの概要ついて説明させていただきます。

リースとは

リースとは、リース会社が企業(ユーザー)の選択した、機械や設備を比較的長期間に渡って賃貸する契約のことを指します。

リースの種類

リースにはファイナンスリースとオペレーティングリースの2種類があります。

ファイナンスリース

ファイナンスリースは、契約後に途中解約ができず、リース料の総額が、物件の価格以上(フルペイアウト)であるリース契約ということになります。

リース期間中に物件価格の全てを払い終えるので実質、物件を分割払いで購入していることと実質同じことになります。

オペレーティングリース

オペレーティングリースはリース期間満了後にリース会社に物件を戻すか、そのまま買い取るのか決めるのでファイナンスリースより支払総額が少なくて済むというメリットがあります。

ファイナンスリースとの大きな違いは、リース料の総額が物件の価格よりも低くなるところにあります。

リース会社は、リース期間満了後に、再リースをしたり、売却による処分をしたり、ユーザーにそのまま買い取ってもらうなどしてリース料だけで回収できなかった分を補うこととなります。

リースの会計処理

ファイナンスリースの会計処理

メーカー小売価格     :1,800,000円

リースを組んだ時の支払総額:1,980,000円(※55,000円を36回で支払う場合)

リース契約を行った時及び、月々のリース料の支払時の会計処理について説明させていただきます。

 

①リース契約時の会計処理

リース資産 1,800,000円    リース債務 1,800,000円

②月々のリース料支払時の会計処理

リース債務 50,000円      現 金    55,000円

支払利息   5,000円

③決算時の仕訳

減価償却費 600,000円    リース資産 600,000円

※1,800,000円(リース債務)÷36ヶ月(リース期間)×12ヶ月(事業年度)

オペレーティングリースの会計処理

リース資産を契約期間の間だけ借りているだけなので、下記のような仕訳となります。

リース料  55,000円     現金    55,000円

リースバックとは

リースバックとは所有している資産(動産)を売却し、そのままリース物件として賃借するリース方式の契約のことを指します。

MEDS JAPANでは、車両や什器などの動産が対象となっております。

リース契約終了時には、動産を買い戻すことを前提とした契約となります。                      

リースバックを検討する時はどのような時なのか

企業が資金調達を検討する時に最初に考えるのは融資であると思います。

その中でも創業間もない時は日本政策金融公庫の創業融資を考えその後、銀行の融資、そしてノンバンクのビジネスローンの順番で考えることとなるかと思います。

短期的な資金使途や、銀行融資までの繋ぎ資金の際はファクタリングが有効ですが、売掛債権が無いと利用することは出来ません。

そのような時、売掛債権はないが車両や什器などの動産がある場合はリースバックを検討すると良いでしょう。

リースバックのメリットは、資産(動産)を売却することにより資金調達ができ、尚且つその動産をリース物件としてそのまま使用することができることです。

又、ファクタリングと同様に資産の減少、すなわち資産のオフバランス化に繋がります。

※ファクタリングの場合は、売掛債権(流動資産)の減少となりますが、リースバックの場合は動産(固定資産)の減少によるオフバランス化に繋がります。

リースバックのデメリットは動産を売却することにより所有権が移転することと今まで支払う必要のなかった月々のリース料金が発生いたします。

リースバック中の資産(動産)が故障などした場合の修理料金や、メンテナンスにかかる料金はユーザーで負担していただくこととなります。

MEDS JAPANのリースバック

MEDS JAPANのリースバックは動産が対象となりますが、その中でも流通性の高い動産が対象になります。

当社にお申込みされる方の中には、業務用の冷蔵庫や、専門性の高い機械などのリースバックを依頼される方もいますが、そのような動産のリースバックはたとえ価値の高い物であってもお受けすることが難しくなってきます。

理由は、月々のリース料金が払えなくなり延滞となった場合、動産を売却しなければならなくなりますが流通性の低い動産は売却することが困難であるからです。

この部分はとても重要なのでしっかり頭に入れておくようにいたしましょう。

では流通性の高い動産とはどういった物になるかということですが、やはり車両になります。

車両が流通性の高い動産であることは言うまでもありませんし、当社にお申し込みをされる大半の方が車両のリースバックを希望されています。

当社のリースバックは買戻しが前提となる為、ユーザーは月々のリース料金と買戻し金額をリース期間内に分割で支払いし、リース期間満了後に物件の所有権がユーザーに戻る形となります。

車両のリースバックの審査から契約までの流れ

MEDS JAPANにリースバックの申し込みをされてから契約までの流れについて説明させていただきたいと思います。

最初に書類審査をさせていただきます。

必要書類は、決算書、通帳の写し、金融機関の借入契約書、税金・社会保険の納付状況のわかる書類、車検証となります。

※これ以外にも審査の途中で追加書類が必要となる場合がございます。

MEDS JAPANのリースバックは、MEDSグループのノンバンクが保証会社となり、信用情報を見させていただくこととなります。

書類審査が終わると、対象となる車両の簿価を確認した上で現物を見させていただくこととなります。

現物を見させていただいた上で、査定金額をご提示させていただきます。

査定金額で納得いただいた場合は、契約手続きをさせていただき終了後にご送金させていただくこととなります。

当社はグループ会社にノンバンクがございますので、そのノウハウを生かし対応させていただいております。

MEDS JAPANはファクタリングだけでなくリースバックのご相談も承っております。

お気軽にお問合せ下さい。

ファクタリングプロからのお知らせ

2020年6月9日 ブログページを更新いたしました。
今回は「ファクタリングを検討するときは、早めに動きましょう」を掲載しております。
http://medsjapan.jp/blog/20200609.html
2020年5月26日 ブログページを更新いたしました。
今回は「月末の支払・・・ファクタリングプロならまだ間に合います!」を掲載しております。
http://medsjapan.jp/blog/20200526.html
2020年5月15日 ブログページを更新いたしました。
今回は「介護業界の人手不足。ロボットに頼っていい?」を掲載しております。
http://medsjapan.jp/blog/20200515.html
2020年4月30日 ブログページを更新いたしました。
今回は「ファクタリングを装ったヤミ金が逮捕された理由とは」を掲載しております。
http://medsjapan.jp/blog/20200430.html
2020年4月16日 ブログページを更新いたしました。
今回は「ファクタリングを名乗るヤミ金にご注意ください」を掲載しております。
http://medsjapan.jp/blog/20200416.html
2020年3月31日 ブログページを更新いたしました。
今回は「リースバックについて」を掲載しております。
http://medsjapan.jp/blog/20200331.html
2020年3月16日 ブログページを更新いたしました。
今回は「「お勧めのファクタリング会社」は本当にお勧めなのか?」を掲載しております。
http://medsjapan.jp/blog/20200313.html
2020年2月25日 ブログページを更新いたしました。
今回は「介護事業者が助成金制度をうまく活用する方法」を掲載しております。
http://medsjapan.jp/blog/20200225.html
2020年2月20日 ブログページを更新いたしました。
今回は「小規模事業者持続化補助金とは」を掲載しております。す。
http://medsjapan.jp/blog/20200220.html
2020年1月27日 ブログページを更新いたしました。
今回は「月末に資金ショート!?でもあわてずにご相談ください」を掲載しております。
http://medsjapan.jp/blog/20200127.html
2020年1月15日 ブログページを更新いたしました。
今回は「介護事業者が銀行から融資を引き出しやすくする方法」を掲載しております。
http://medsjapan.jp/blog/20200115.html
2019年12月24日

ブログページを更新いたしました。
今回は「税金、社会保険料を滞納してしまったら」を掲載しております。
http://medsjapan.jp/blog/20191224.html

2019年12月3日 ブログページを更新いたしました。
今回は「国が中小企業への資金繰り支援を強化しています」を掲載しております。
http://medsjapan.jp/blog/20191203.html
2020年1月15日 ブログページを更新いたしました。
今回は「介護事業者が銀行から融資を引き出しやすくする方法」を掲載しております。
http://medsjapan.jp/blog/20200115.html

                           
                            会社概要

       住所
〒110-0015 
東京都台東区東上野1-8-2 
オーイズミ東上野ビル東館7F
       社名
株式会社 MEDS JAPAN
                設立
2004年10月
               資本金
20,000,000円
             代表取締役
皆川 章生
                設立
2004年10月