奇跡のハーブ『ホーリーバジル』一緒に育てましょう!
ご自宅でもMedical Gardenを楽しむプロジェクト

プロジェクトについて

ご家庭で一鉢のホーリーバジルを育て、共に生活して頂くことによって、皆様が健康を維持し、幸せなご家庭と明るい社会が築かれること。また、余計なお金をかけず国家医療費の削減に貢献し、喜びを分かち合うことを目的としています。

ホーリーバジルとは?

ホーリーバジル(holy basil)はサンスクリット語でトゥルシー(Tulsi)『比類なきもの』という意味をもっています。心身への様々な癒し効果があるため、インド数千年の歴史をもつ伝統医学「アーユルヴェーダ」でも古より活用され、不老長寿の霊薬とされてきました。
ホーリーバジルは世界中に約50万種類あるといわれる植物のなかで『アダプトゲン』として認められた数少ないハーブです。そしてその優しくて芳しい香りはリラックスとデトックス効果をもたらすといわれています。
ホーリーバジル=ハーブはどなたでも簡単に育てることができるミラクルハーブです。

現代には色々な健康法が存在しますが、昔から大切にされ今もなお自然療法の一つとされることは、今に必要な古くて新しい選択かもしれません。

さっそく撒いてみましょう!

①必要な環境 
発芽には、土の温度は15℃以上が必要とされますので、5月~7月が最適です(地域で異なります)
②必ず花穂から種を取り出して下さい。
指で軽く潰すと、胡麻程度の黒い粒(種)が出てきます。
③種を水に15分程度浸します。種の周りに寒天状の膜ができ、チアシード状になります。膨らんだ種を一個ずつスプーンですくいます。
③種を水に15分程度浸します。種の周りに寒天状の膜ができ、チアシード状になります。膨らんだ種を一個ずつスプーンですくいます。
④土の上に静かに置きます。
土は被せず乾燥しないようにこまめに優しく水を与えて下さい。
⑤1~2週間でかわいい双葉が誕生します。
間引きする場合は、葉っぱ4~6枚になったら行ってください。
⑥プランターや深めの鉢を用意して、定植して下さい。
10センチ~15センチ離して植えるとよいでしょう。
地植えの場合は30㎝位離して植えると大きく育ちます。
⑥プランターや深めの鉢を用意して、定植して下さい。
10センチ~15センチ離して植えるとよいでしょう。
地植えの場合は30㎝位離して植えると大きく育ちます。

大きく育てるコツ(倍増計画)

①葉っぱが6枚ほどに成長したら、芽を摘み取ります。可愛い盛りなので、ちょっと勇気が要りますが、この手入れで成長に大きく差が出ます。
②芽を摘んだ後、脇芽が出てきます。これを繰り返して行くと幹が丈夫になり、花穂も多く付きます。
③脇芽がどんどん成長してどんどん倍増計画!
③脇芽がどんどん成長してどんどん倍増計画!


摘芯したら頂きましょう!

フレッシュハーブとして食卓へ
サラダに散らしてスペシャル感を楽しめます。
スウィーツにトッピングも
パスタやガパオライスに安定の美味しさ
風通しのよい場所で1週間くらい干すだけで便利なドライハーブに。
自家製ハーブティの出来上がり
スウィーツにトッピングも

花を楽しみましょう

淡いパープルが可愛い。さわやか系の癒し系です。花も食べられます。

ミツバチや蝶々がやってきます。
ドライフラワーとしても可愛く演出
花・茎・葉すべてをティに。葉だけとは違った味わいが楽しめます。
バスハーブとしても
秋になったら花穂に種ができます。
来春まで天然アロマのオブジェとしてみても。
ミツバチや蝶々がやってきます。
Medical Garden - メディカルガーデン
牧 里美  

これからはセルフメディケーションの時代です。健康産業は10兆円産業とも言われ、健康に関する様々な情報が飛び交っています。偏った情報が多いのが現状だと感じます。

私は医療法人に勤務していた経験から本当の健康を突き止めたく、アーユルヴェーダの伝承医学に興味を持ちました。医食同源のルーツは知れば知るほど魅了され、健康的な食事とは生命エネルギーを頂くという事であり、ハーブが大切にされている意味が理解できます。

古くからある植物療法の知恵は、今の時代だからこそ最も必要なものだと感じます。
気付いてあげたいハーブのひとつ『ホーリーバジル』
皆様のご家庭でもお気軽にメディカルガーデンを楽しんで頂けることを願っております。