メダナボル(メタンジエノン)のサイクル事例集

・管理人より
AS(アナボリックステロイド)の効果や購入方法について、載っているブログなどはよく見かけるのですが、サイクルについてはあまりありません。
皆、それぞれサイクルを自分なりに研究しながらASを使用していると思いますが、いちいち検索やツイッターとかで調べるのも大変なので。
僕が調べて拾ってきたものを書いておきますね。
なお、あくまでもネット上での意見なので用法容量などは自己責任でお願いします。

・メダナボル(メタンジエノン)のサイクル事例 その1

私の使用方法

サイクルをあまり考えずに六カ月以上使用していますが、問題なし。

わたしは5mg(半錠)を3時間間隔を基本に飲んできました。

私の場合は5mg(ピルカッターで半分に割る)を4時間~5時間に1錠飲む。

睡眠中があるので寝る前と寝起きに飲む。メダナボルの効果が切れるのがよくないので

1日の服用量は25~30mg


他のステロイドとの組み合わせで使用する、いわゆるスタックはしていません。

メダナボル(メタンジエノン)のみで今日までやってきました。


約半年間の使用で、体重は+4kg、大腿部で+5cm、上腕の周囲+4cm、という感じです。

肝機能の検査はしていませんが、副作用である倦怠感や女性化的なことは今のところありません。


健康診断前には服用をやめます。

・メダナボル(メタンジエノン)のサイクル事例 その2

初心者向けのサイクル


服用期間 服用量

1週目 10mg
2週目 10mg
3週目 15mg
4週目 20mg
5週目 15mg
6週目 10mg


はじめてステロイド(ここではメダナボル)を使う場合は、量も期間も短めにすることをおススメします。

この量でも筋量増加の作用が非常に高いメダナボル(メタンジエノン)だとしっかりと効果が出て来るので、ASビギナーは副作用に気を付けることの方が大事。

メダナボルは副作用として肝臓への負担が大きいので、そのケア剤としてシリマリンを購入して、メダナボルのサイクル中も毎日服用するようにします。

髪が抜けてきたりする脱毛が実際に出て来るようなら、フィンペシアやプロペシアを飲む(メダナボルの副作用の予防には効かない)

7週目以降のオフ期間、PCTサイクルに入ったらクロミッドを1日1錠、3から4週間服用すること。

・メダナボル(メタンジエノン)のサイクル事例 その3

中級者以上向けのサイクル

服用期間 服用量
1週目 10mg
2週目 20mg
3週目 30mg
4週目 30mg
5週目 30mg
6週目 20mg
7週目 10mg

上のビギナー向けのサイクルを経て、メダナボル(メタンジエノン)を継続して使用する場合。

最初のサイクルから4~6週間(回復サイクル込み)は、(ケア剤以外の)ステロイド系薬なしの期間を設けたあとに、サイクルを再開。

メダナボルは1日30mgを超えると強烈なので(副作用等がの意味で)、30ミリグラムまでを試して問題なければ、徐々に増量を考えてください。

一度に量を増やすことはすすめません。肝臓を傷める可能性が大。


1週目からしっかりと毎日シリマリンを飲む。

乳首が痛いなどの女性化乳房の兆しが出てきたら、ノルバデックスを飲む。(兆候が出るまでは飲まなくて良い)

脱毛症状 → プロペシアのジェネリック、フィンペシア、フィナロイドなど
→ メダナボル(メタンジエノン)の購入やレビューはこちら
※メダナボル(メタンジエノン)ほか、ここで紹介したケア剤もオオサカ堂などで個人輸入で通販が可能です。