ウエスト ダイエット くびれはコチラ!

コチラでは、ウエストに効くダイエット方法をご紹介します。
菊池亜美もお腹周り-10cmと結果が出る商品ですよ!

私が実際したウエストダイエットで
即効性があったものはコチラです。

おススメのウエストダイエットはコチラ

おススメのウエストダイエットへ

ウエストダイエットをしてウエストを細くしたいのは、
女性のダイエットの理由NO1だそうです・・・そんなウエストダイエットで、
私が実際に効果がでたものをご紹介します。

こんな方におススメ!
・とにかくラクしてお腹ダイエットをしたい方 
・日常生活の中で手軽に痩せたいと思っている人
・洋服からはみ出るお腹の肉をどうにかしたい人
・姿勢が悪く体形が崩れて悩んでいる人 特にお腹回りをどうにかしたい
テレビを見ながら、スマホをいじりながらなど、
「ながらダイエット」できるのが魅力です。


ウエスト-10㎝を目指すならコチラ

私は上記にあるウエスとダイエットが、
1番ラクチンで、効果がありましたが、
その他にも、ウエストダイエットの方法はあります。
どれもウエストを細くするのには効果的なので、
ぜひ参考にしてくださいね。

ウエストを細くするコツ

1.食事制限

ウエストを細くする方法1 食事制限

何はともあれ食事制限!
即効性はあまりありませんが、今までよりも食事量を減らして
摂取カロリーを減らすことで、徐々にウエストを細くしていく事ができます。

特に、毎日の食事の中で減らすと良い物は「脂質」と「糖質」で、
ウエストを細くしたい場合は脂質を減らした方が効果的。

糖質よりも脂質を減らす方が体脂肪を減らせるという研究結果もあるので、
体重はあまり落としたくないけどウエストだけを細くしたいという場合には、
毎日の食事から脂質を減らして体脂肪や内臓脂肪を減らすようにしましょう。


2.便秘を解消する

ウエストを細くする方法2-便秘を解消する

15年近く慢性的な便秘に悩まされていた私にとって、
自力でウエストを細くする方法の第2位は「便秘を解消する」です。

便秘ではない人にとってはあまり関係のない話になってしまいますが、
便秘の方には非常に効果的なので、便秘の方は食事制限をするよりも
便秘の解消から開始し、便秘によるお腹のポッコリを改善していきましょう。


3.ウォーキング

ウエストを細くする方法3-ウォーキング

3位はウォーキングですが、ただ単に
ウォーキングをしただけではウエストは細くなりません。

では、どのようなウォーキングなのか結論から言ってしまうと、
ウォーキングをしながらお腹を凹ませたり膨らませます。

ウォーキングをしながらお腹を凹ませたり膨らませる事で、
お腹の脂肪から燃焼する事ができ、ウエストを細くするだけでなくお腹の弛みにも効果的です。

この方法は多少腹筋が筋肉痛になる場合もありますが、
ウエストを細くするだけでなくウエストを細くした後の
お腹の皮の弛みも解消してくれる為、絶対にお腹の皮が
弛んでほしくないと言う人は取り入れましょう。


4.腹筋

ウエストを細くする方法4-腹筋

4位の腹筋は、ただ単に膝を少し曲げて上半身を起こす腹筋ではなく
5種類の腹筋を1種類20回×5種類=100回、すべて連続でおこないます。

ただし、全て完璧にやるという訳ではなく腹筋に負荷を与える事が目的なので、
連続で腹筋をおこなうと上半身が下がってきますが気にせずおこないます。

ちなみに、5種類の腹筋のやり方とやる順番は以下の通りです。

基本的な腹筋

体育座りをした状態から上半身だけ倒し、両手はあばらの下、
腹筋に負荷が掛かっているかを確認しながら20回連続で上半身を起こします。

※頭が床に着くと腹筋への負荷が逃げてしまうので、
頭が床に着く前に2回目、3回目と腹筋をおこなうようにしましょう。


腰への負担が少ない腹筋

先ほどの体育座りをした状態の下半身を股関節、膝、
足首を90度くらいにして、両手はあばらの下、腹筋に負荷が
掛かっているかを確認しながら20回連続で上半身を起こします。


なかなかキツい腹筋-その1-

先ほどの下半身を股関節、膝、足首を90度くらいに
している状態から片方の脚を床に着く寸前で垂直になるように伸ばし、
両手はあばらの下、腹筋に負荷が掛かっているかを確認しながら20回連続で上半身を起こします。


なかなかキツい腹筋-その2-

先ほどの腹筋が終わったら今度は逆の脚を床と
垂直になるようにして、同じように20回連続でおこないます。


仕上げの腹筋

先ほどまでとは違い、まずは膝を伸ばし脚を床に着けたら、
90度くらいまで脚を持ち上げます。

脚を降ろす際は足首が床に着かないように直前で次の動作に移り、
20回連続でおこないます。

この腹筋を3日に1度実践していたら、実際に3ヶ月で
体重を19kg減らした私のお腹の皮はほとんど弛んでいませんでした。

この5種類の腹筋を100回連続でおこなっても5分も掛からないので、
寝る前におこなうと疲れて寝やすくなるので、
なかなか寝れない人は寝る前に腹筋をしてもいいかもしれませんね。

おススメのウエストダイエット

ウエストを細くするには?

ウエストを細くするには、どうすれば良いのでしょうか?
ウエストのくびれを作るためには、次の2つのことに注意が必要です。

脂肪を燃焼させる

ウエスト ダイエットで、ウエストのくびれを作るには、
まずはお腹周りの脂肪燃焼が必須。

ウエスト周囲に脂肪がたっぷりついてしまったら、
くびれの上に脂肪がドンと乗っている状態になりますので、
くびれがなくなってしまいます。

だから、くびれを作るには、ウエスト ダイエットをして
脂肪を燃焼させる必要があります。


腹斜筋を鍛える

ウエスト ダイエットでウエストのくびれを作るためには、
腹斜筋を鍛えなければいけません。
腹斜筋とは、お腹を斜めに走っている筋肉のこと。

斜めに走っている腹斜筋を鍛えることで、
ウエストをキュッと引き締めることができるので、くびれが出てくるのです。

もし、痩せていてお腹周りの脂肪は少ないのに、
くびれがなくて寸胴だという女性は、この腹斜筋が
たるんでいることがくびれがない原因の可能性が高いです。

おススメのウエストダイエットはコチラ

ウエストのくびれを作る5つの準備

ウエスト ダイエットで、ウエストのくびれを作るためには、
ただ単にお腹周りをエクササイズして
ウエスト ダイエットすれば良いというわけではありません。

むやみにエクササイズをしても、きちんと準備をしていなければ、
その効果はなかなか現れません。

ウエストのくびれを作るための体の準備を整えて、
エクササイズの効果が最大限に現れるようにしておく必要があります。



1.体を冷やさない

まずは、体を冷やさないようにしてください!

体を冷やすと代謝が落ち、たちまち太りやすく、
痩せにくい体に・・・。

そうすれば、くびれを作るのは難しくなります。

また、冷え性の人はリンパの流れが悪いので、
体がむくみやすくなり、これまたくびれが出にくくなります。

だから、体は冷やさないように日頃から気をつけてください。
具体的に、次のことを行いましょう。

・薄着をせずにしっかり着込む
・冷たいものは控えめにする
・水分補給は白湯や常温の飲みもの

このような習慣で、体が冷えずに、
くびれができやすい体になることができます。

特に、胃腸は冷やさないでください。

胃腸が冷えると、お腹周りに脂肪が付きやすくなりますので、
注意してくださいね!ウエスト ダイエットには厳禁です。


2.お風呂にゆっくり入る

キレイなくびれを作るための準備として、2つ目は
お風呂にゆっくり入ることです。

お風呂はシャワーだけで済まさずに、
湯船にゆっくりと浸かって、体を温めましょう。

・体の冷え予防
・代謝をアップ
・むくみ予防
・便秘を解消効果

お風呂にゆっくり入って、体を温めることで、
これらの効果を期待することができます。

湯船にゆっくり入るだけで、ウエストのくびれができやすくなるのです。


3.しっかり睡眠をとる

くびれを作りたい人は、睡眠はしっかり取りましょう。
睡眠とくびれはいまいち関係がないように思えるかもしれません。

でも、睡眠をしっかり取ると、代謝をアップさせる成長ホルモンが
たくさん分泌されるようになるのでダイエットに効果的。

また、きちんと睡眠をとると、レプチンという痩せホルモンが分泌されて、
食欲を抑えることができるので、くびれを作る準備には睡眠はとても大切なのです。


4.食べ過ぎには十分に注意する

くびれダイエットのためには、食べ過ぎには注意しましょう。
これは、くびれを作るための基本中の基本であり、絶対に必要なことです。

食べ過ぎてしまったら、カロリーオーバーになり、
ウエスト周りに脂肪がたっぷりついてしまいます。

また、食べ過ぎると、お腹がぽっこり出てしまうので、
くびれが目立たなくなってしまいます。

特に、「今日はくびれを強調したい!!!」という勝負の日は、
断食(ファスティング)とは言いませんが、
食事は前の日から控えめにしておいた方が良いでしょう。


5.正しい姿勢を保つ

くびれを作るダイエットのための準備、最後は正しい姿勢を保つことです。
猫背気味の人は、今すぐ背筋を伸ばして、正しい姿勢を作るようにしましょう。

そうするだけで、くびれが見えてくることがあります。

猫背だと、お腹周りに脂肪が溜まりますが、
背筋を伸ばすとその脂肪も一緒に伸びるので、お腹周りの脂肪が薄くなるのです。

また、正しい姿勢を保つとインナーマッスルを鍛えることができるので、
代謝を上げて痩せやすい体を作ることができます。

ウエストダイエットお腹周り-10cm?!

ウエストダイエット【エクササイズ編】



くびれを作るためのウエストダイエットの準備が整ったら、
さっそく本格的にダイエットを始めていきましょう。

今からご紹介するダイエット方法は、即効性があるものばかりです。
早く効果を出したい人は、とにかく毎日この4つのことを行うようにしましょう。

ちょっとした空き時間にできるものばかりですので、
「とにかく時間がある時にはやってみる!」ことを意識してどんどんやりましょう。

そうすれば、1週間後にはウエストが細くなって、
くびれが出てくるはずです。
まずは目標は1週間でウエスト-3cmです! 


8の字ダイエット

即効性のあるウエストダイエット、1つ目は8の字ダイエットです。
8の字ダイエットとは腰を8の字に回すだけの簡単エクササイズですね。

腰を8の字に回すことで、腹斜筋を集中的に鍛えることができるので、
ウエストを引き締めてくびれを作ることができるんです。

この8の字ダイエットは、実は私もやったことがありますが、
効果はきちんとあります!1週間くらいで、鏡を見ると、
「あれ?私、くびれてるじゃん!」と思うことができました。

しかも、この8の字ダイエットは有酸素運動になるんです。
ゆっくり8の字に腰をずっと回していると、
いい感じに息切れして、心拍数が上がってきます。

だから、この8の字ダイエットをしていると腹斜筋を鍛えて引き締めつつ、
脂肪を燃焼させることができるので、一石二鳥のエクササイズなんです。

ウエストダイエット フラフープ

くびれのためのウエストダイエット、
続いておすすめしたいのはフラフープです。
フラフープもくびれ作りにはピッタリのエクササイズなんです。

フラフープも先ほどの8の字ダイエットと同じように、
腹斜筋を集中的に鍛えることができます。
インナーマッスルも鍛えることができますね。

さらに、有酸素運動にもなるので、引き締め+脂肪燃焼効果があります。
だから、しっかりくびれを作ることができるんですね。


ドローイン

キレイなくびれ作りにおすすめダイエット、
3つ目はドローインです。

<ドローインのやり方>

1.仰向けに寝て膝を立てる

2.骨盤の横に手を置く

3.鼻からお腹に空気を入れて膨らませるようにゆっくりと息を吸う

4.お腹と背中をくっつけるイメージで、ゆっくりと口から息を吐いていく

5.これ以上息を吐けないというところで、最後に息をフッと強く吐く


これが、ドローインの基本的なやり方です。
ドローインは、基本的にインナーマッスルを鍛えるためのエクササイズですので、
ドローインをやり続けても1週間程度でくびれを作ることはできないと思います。
つまり、即効性はありません。


でも、ドローインを続けていけば、くびれを作ることはできます。
そして、何よりドローインはちょっとした空き時間に簡単に、
しかも人に気づかれないようにできるというメリットがあります。

ご紹介したのは、仰向けになって行っていますが、
慣れてくると立ったままや座った状態でドローインができるようになります。

だから、外出時の信号待ちの時、待ち合わせで待っている時、
オフィスでの休憩時間、テレビを見ながらなどでくびれを作るためのダイエットができるんです。

ドローインは即効性はないものの、くびれ作りのための
補助的なエクササイズとしておすすめしたいですね。


くびれ作りエクササイズ

くびれ作りに効果があるウエストダイエット、最後はくびれ作りエクササイズです。

<くびれ作りエクササイズのやり方>

1.うつ伏せになる

2.腕を伸ばした状態で床について、上体を起こす

3.四つん這いの状態になり、右手と左足を伸ばす

4.右手と左足を体の中心に寄せて、また伸ばす。

5.これを20回繰り返す

6.次は左膝を外側を通って左ひじにタッチさせるようにする

7.脇腹を収縮させることを意識する

8.逆側も同じように行う


このエクササイズは腹斜筋はもちろんですが、
インナーマッスルや腹筋を割るには欠かせない腹直筋を鍛えることができるので、
くびれはもちろんですが、ウエスト全体を引き締めることができます。

キレイなウエストを作るには、こちらのエクササイズもおすすめです。


<くびれ強化エクササイズのやり方>

1.仰向けになり、膝を90度に曲げた状態で太ももが床と垂直になるようにする

2.手は耳に添えておく

3.右ひじと左ひざをくっつける

4.この時、右脚はまっすぐ伸ばすようにする


このエクササイズは、腹斜筋を重点的に鍛えることができて、
きれいなくびれを作ることができますよ!

キレイなくびれを維持するためには「継続は力なり」


即効性のあるくびれ作りのためのダイエットエクササイズをご紹介しました。
ご紹介したダイエットを本気で行えば、1週間程度で効果が見えてくると思います。

ただ、きれいなくびれを維持するためには、効果が見えたらそこで終了ではいけません。
エクササイズを終了したら、きっとすぐにくびれが消失してしまって、寸胴ウエストに逆戻りになります。

だから、きれいなくびれを維持するためには、ご紹介したウエストダイエットの
エクササイズを継続して続けけていくようにしましょう。


そうすれば、キュッと引き締まったきれいなくびれを維持することができますし、
くびれだけでなく、お腹周り、さらには全身のダイエットができて、
人から羨ましがられるスタイルになることができるはずです。