赤字の出し方がわからなくなる
「ノーリスク転売」

こんにちは、テッペーです。

 

突然ですが、お聞きします。

あなたのせどり、ちゃんと「利益」は出ていますか?

 

 

 

 

 

もし、思ったほどの利益が出ていないのであれば、

ちょっと冷静になって考えてみましょう。

 

 

 

転売の情報発信者で、「利益額」を明らかにしている人は、何人いるでしょうか。

 

月商何百万、何千万、という景気の良い数字を出している人達。

利益率40%、50%、あるいはそれ以上の、夢のような数字を出している人達。

1アイテムで利益何万円、という商品を紹介している人達。

 

彼らは実際のところ、トータルでどの程度の利益を出しているのでしょうか。

 

 

 

まあ、その人たちはちゃんと儲かっているのかもしれませんね。

では、そんなすごい人達と同じやり方で、

普通のせどらーは本当に利益を出せるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

僕には、ちゃんと利益を出すことができませんでした。

だから、考えたのです。

パワーせどらーとは違う、「絶対に損をしないせどり」を。

 

 

 

その結果、辿り着いたのが、あらゆるリスクを排除し、絶対に利益を出せる転売。

むしろ、「赤字を出すことができない」ノーリスク転売という方法です。

 

「損をしないこと」にこだわる理由

僕がなぜ、「損をしないこと」にこだわるのか。

 

それは、僕自身、大きな損失を出して、せどりが嫌になりかけた経験があるからです。

 

 

 

仕入れをして、FBAに送って、売れるのを待つ。

せどりを始めた頃は、僕もそんな「普通の」せどりをやっていました。

 

初月の売上は20万円

次月の売上は50万円

その次は100万円

 

売上どんどん上がりました。

その頃から高ランクの商品を扱っていたので、売れることは売れたんですね。

 

 

 

でも……

 

 

 

利益が手元に残らない!

 

 

 

理由は一つ。

 

「適正な仕入れ量」が分からず、「損切り」が多発したからです。

 

適正量以上に大量に仕入れてしまい、利益が出た分以上に、

値崩れ後の損になる値段で売らなければならなかったのです。

 

 

 

そうすると、値崩れが気になり、Amazonから目を離せなくなりました。

 

非常なストレスで、心が折れかけました。

せどりなんかやめてしまおうかと、何度も考えました。

 

 

 

 

 

そもそも、僕が何のために自分のビジネスを始めたのか。

それは、「会社勤め」から解放されたかったからです。

 

もともと、僕はごく普通の会社員でした。

ただ、僕が勤めた会社がブラックだったのか、僕がよほど会社勤めに向いていなかったのか。

今となってはよく分かりませんが……

 

 

 

過労で、3回、死にかけました。

 

 

 

正確に言えば、過労が原因のストレス性障害による交通事故ですね。

 

突然、目の前が真っ白になる

突然、耳が聞こえなくなる

突然、平衡感覚が消失する

 

そんな障害が、以前は頻繁に起こっていました。

それなのに営業車で営業回りをしていたので、当然のように交通事故を起こしてしまいました。

それが、3回。

そのたびに転職を繰り返しましたが、状況は変わりませんでした。

 

 

 

これ以上、今の生活をしていたら、絶対に死ぬ。

 

1回目の事故の時にそう思い、副業から独立する方法を探し始めました。

 

 

 

しかし……

 

 

 

2つの副業を試してみましたが、どちらも失敗。

その間に2回事故を起こし、2回転職しました。

 

次こそ本当に死ぬんじゃないか。

そう焦っていた時期に出会ったのが、転売ビジネスでした。

 

 

 

だから、僕にとって、転売ビジネスはストレスから解放されるための道具だったのです。

 

それなのに。

 

いつの間にか、ビジネスに縛られてしまっていたのです。

 

元凶は何か

そうなってしまった原因は何か。

 

 

 

「在庫」が全ての元凶

 

 

 

それが、僕の出した結論です。

 

在庫さえ無ければ、値崩れを気にしなくて良い

在庫さえ無ければ、ライバルセラーを気にしなくて良い

在庫さえ無ければ、Amazonの復活を気にしなくて良い

在庫さえ無ければ、クレジットカードの支払いに悩まなくて良い

 

在庫さえ無ければ、全てが解決する!

 

 

 

ちょうどそんな時、「無在庫転売」というやり方があることを教えてくれた人がいました。

僕は、それに飛びついて、必死で勉強しました。

 

ただ、その人のノウハウは、FBAを活用する手法から生まれてきたものでした。

だから、「ノーリスク」を実現するものではありませんでしたし、

そもそも、それを目指したものでもありませんでした。

 

なので、「ノーリスク」を実現するためのハードルは、自力で超える必要がありました。

 

 

 

キャンセルされたらどうするのか

返品されたらどうするのか

売れた商品を仕入れられなかったらどうするのか

 

一つずつ、問題をクリアしていきました。

 

 

 

 

 

その結果、どうなったか。

 

利益率が劇的に良くなりました。

ストレスに感じることがほとんど無くなりました。

自由に使える時間が大幅に増えました。

 

 

 

僕は、望んでいた「自由」を手に入れました。

 

「ノーリスク転売」を広めたい

ノーリスク転売で「自由」を手に入れた今。

僕は、このノウハウを広めていくことを考えました。

 

別に、僕は億万長者になりたいわけではありません。

収入は、「自由」を確保できる分があれば十分。

それよりも、趣味や友人関係に時間を使いたい。

だから、ノウハウを人に教えること自体には、そんなに抵抗はありません。

 

むしろ、自分と同じように苦しんでいる人がいるなら、助けてあげたいのです。

 

 

 

もちろん、タダで、というわけにはいきません。

次こそは本当に死ぬんじゃないか。

本業の激務でそう思いながら、文字通り必死で作り上げたノウハウです。

このノウハウを確立するために費やした時間や費用は、絶対に無駄にしたくありません。

 

 

 

それでも、本気で僕のノウハウを欲しいという人には、全力で教えます。

それが、「ブラック企業」という存在に対する、僕の復讐でもあります。

 

「ノーリスク転売」とは

僕が必死の思いで作り上げたこのノウハウの最大の特徴は、

 

リスクの無さ

 

です。

 

 正直に言えば、このノウハウで月収100万をあげるのは、ほぼ不可能に近いです。

が、「安全に」月収30~50万を目指すのなら、最適と言って良いと自負しています。


POINT
1

「在庫」不要

・「売れ残り」が発生しない

 

在庫を持たないこと。

その最大のメリットは、何と言っても「絶対に売れ残らないこと」です。

先に注文を受けて、注文があった分だけ仕入れるのですから、

売れ残りようがありません。

 

 

 

・値下げをする必要が無い

 

売れ残らないのであれば、無理な値下げをする必要もありません。

相場が下がっても、利益の出ない価格になったら、撤退すれば良いだけです。

 

副業の人であれば、ライバルの存在を無視することもできるようになります。

専業であれば、ある程度の売上を立てなければ生活ができないので、

ライバルと競争をする必要が出てきますが、

副業せどらーの場合、競争をしてまで売る必要がありません。

ライバルなんて無視して、好きな価格で出品して、売れたら対応すれば良いし、

売れなくても何も問題はありません。

 

 

 

・「損切り」が発生しない

 

値下げをする必要が無いのですから、当然、「損切り」も発生しません。

利益の出ない価格まで相場が下がったら出品をやめるだけですので、

赤字になる価格で売る、なんていう事態は起こりようがありません。

 

 

 

・「出品待ち」が発生しない

 

現在、Amazon転売の主流となっているのはFBAを使う方法です。

FBAというシステムには多くのメリットがありますが、

同じくらい、デメリットもあります。

 

中でも大きなデメリットが「遅い」ということ。

 

仕入れて、FBAに発送し、Amazonが受け取って確認し、在庫に反映される。

 

この間に、どう頑張っても1日は必要です。

高ランクのメディア商品の場合、1日も経ったら相場は激変します。

仕入れた時には利益の出る相場だったのに、FBAの在庫に反映された時には、

すでに赤字になる相場、などということも当たり前に起こります。

 

無在庫転売は違います。

利益の出る商品を見つけた瞬間に出品できます。

利益の出ない相場になった瞬間に撤退できます。

そこに、一切のタイムラグが発生しません。

 

 

 

・家に物があふれない

 

「出品待ち」は時間も問題ですが、物理的な問題もあります。

FBAに納品するためには、一度仕入れて、ラベル貼りや梱包をしなければなりません。

その作業をするのは、普通、自宅です。

「出品待ち」の在庫商品が自宅に置かれることになります。

売上を上げようとすれば、その量はどんどん増えていきます。

もし納品作業が遅れたりしたら一大事。

商品が自宅の生活スペースを食い潰していきます。

こんな惨状になっているせどらーの自宅は、珍しくないのではないでしょうか。

 

無在庫転売であれば、当然、こんなことにはなりません。

仕入れた商品は全て売約済み。

当然、仕入れたその日のうちに出荷されていきます。

商品がたまるなんてことにはなりようがありません。

 

 

 

・省スペースでできる

 

商品にスペースを奪われないため、省スペースで事業ができます。

僕は家族の理解を得られていないため、せどりの事務所を借りていますが、

この事務所、広さはわずか「2畳」です。

外注も全く使っていません。

それでも、月商450万を達成するのに、何の問題もありませんでした。

 

 

 

・FBAに振り回されない

 

FBAを使う上での最大の問題は、FBAの都合に振り回されることです。

 

納品のルール変更があれば対応しなければいけない。

クリスマスのように納品量が多い時期は在庫への反映が遅れる。

 

そう言ったことで、計画を根本からひっくり返されたとしても、

Amazonは何の保証もしてくれません。

対応にかかる時間も費用も労力も、全てがセラーの負担になります。

 

無在庫転売は当然ながら全て自己発送ですので、

Amazonからの影響を最小限に抑えることができます。

 

POINT
2

「資金」不要

無在庫転売は注文を受けてから、注文を受けた分だけ仕入れて、すぐに出荷します。

だから、仕入れたその日に「売上」になります。

Amazonの入金サイクルは2週間で、どんなに遅くても締めから6営業日以内に振り込まれます。

ですので、仕入から入金までが、最長でも3週間程度ということになります。

 

一方、クレジットカードの支払いは一般的に月末締め翌月27日払いです。

仕入から支払いまで、最短でも27日、最長57日あります。

 

つまり、クレジットカード払いの場合、必ず、Amazonからの入金の方が支払いよりも先に来るのです。

この「時間差」を利用すれば、手元の資金からの持ち出しが完全に不要です。

 

事実、私は無在庫専門になって以来、手元の資金から1円たりとも持ち出していません。

クレジットカードさえあれば、手元の資金が0円でもできるのです。

 

POINT
3

「無駄な時間」不要

・店頭で商品を探すことに時間を使わなくて済む

・リサーチは移動中や休憩中、家にいる時間でできる

 

「全頭検索」というせどりのテクニックがあります。

店頭の商品を一点一点、利益が出るかどうか、売れるかどうか、その場で調べていくという方法です。

 

はっきり言います。

 

こんなに無駄な行為はありません。

やってる人はすぐにやめてください。

やっていない人は絶対にやらないでください。

 

宝探しゲームという「遊び」でせどりをやっている人は別にやっても良いですが、

「稼ぐために」せどりをやっている人は、絶対にやるべきではありません。

 

時間は有限の資源です。

1日は24時間しかありません。

その中で、「店舗を回れる時間」はさらに限られます。

店頭に並んでいる膨大な量の商品を片っ端から調べる、などという無駄な使い方をして良いものではありません。

 

「店舗を回れる時間」を最大限に有効活用するためには、それ以外の時間でリサーチをする必要があります。

僕のノウハウでは、当然、それを基本としています。

 

 

 

・拘束時間が短い

 

時間を効率的に使うことを突き詰めた結果、拘束時間を極限まで減らすことができます。

僕は外注を全く使っていませんが、転売ビジネスに割いている時間は、梱包・発送作業を含めて、週に20時間もありません。

それも、人気商品の発売日に集中しているため、それ以外の日は1〜2時間程度です。

だからこそ、こうして人にそれを教える余裕もできているわけです。

 

 

 

・予定を立てた行動できる。

 

拘束時間が、ただ少ないだけではありません。

いつ、どれだけ、何のために拘束されるのか。

その予定が、事前に立てられるため、時間を有効活用することができます。

 

ビジネスに使う時間をコントロールできるということは、残りの時間を自由に使えるということです。

本業に集中することも、プライベートを充実させることも、別のビジネスにチャレンジすることも、何でもできます。

 

 

 

・いつもの作業のついでにできる

 

発売日の回収・発送以外の作業は、全て隙間時間にできるものです。

いつもの移動時間にリサーチをする。

いつもの仕入れのついでに予約を取る。

それまで活用できていなかった時間を活用して、今までのせどりにプラスアルファというレベルから始めることも可能です。


POINT
4

「ストレス」不要

目にも見えず、数字にも現れないことですが、「ノーリスク転売」の最大のメリットが、

ストレスが無いことです。

どんなビジネスでもそうですが、成功するために絶対に必要な条件は「続けられること」です。

「成功するまで続ける」ことができるのであれば、失敗は失敗で終わることなく、全て成功のための経験値になります。

「続ける」ことが、成功のための唯一の方法と言っても良いでしょう。

 

では、どうして続けられなくなるのか。

 

 

 

利益が出ないから?

 

違います。

例えば、転売ビジネスを始めたばかりの人が、

「今はちょっと失敗してしまって利益が出なかったけど、これからやり方をしっかり身に着ければ利益が出そうだ!」

という手ごたえを持っているとき。

今の損失は「先行投資」「勉強代」と割り切って、続けることができます。

ちなみにこの例は、去年の6月頃の僕です。


 

 

 

正解は「嫌になる」からです。

 

利益が出ないのは、「嫌になる」原因の一つに過ぎません。

 

利益が出ない状態が続き、

「このままこのビジネスをしてても、利益が出そうにない」

と感じるようになったとき。

人はそのビジネスをやめてしまいます。

去年の7月~8月頃の僕の心境がこれですね。

 

 

 

他にもストレスの原因になることはいくつもあります。

 

 

・店頭の商品を一個ずつ調べなくて良い

例えば、全頭検索。

先ほど「時間の無駄だからやめるべき」と書きましたが、やるべきではないもう一つの理由が「ストレスが溜まるから」です。

 

何百何千とある店頭の商品を一個ずつ調べるのは、かなりの苦痛です。

しかも、その中に必ず利益の出る商品があるとは限りません。

宝探しゲームで遊んでいる人以外にとっては、「こんなことやってられるか!」と放り投げたくなる行為でしょう。

 

 

・店員に白い目で見られたり、文句を言われたりしない

その上、最近は店舗がせどらーに対して厳しくなってきています。

バーコードリーダーで商品を調べていると、店員に咎められる店も少なくありません。

それを気にしないでいられる人は良いですが、ストレスに感じる人も多いのではないでしょうか。

 

ノーリスク転売の場合、そもそも店頭でリサーチをしません。

なので、ここからストレスを感じることはありません。

 

 

 

・仕入れるかどうか、いくつ仕入れるか、という「仕入判断」で悩まなくて良い

 

そんな苦労をしながら、どうにか利益が出る商品を見つけたとします。

さて、いくつ仕入れたら良いでしょうか?

稼ぐためには、利益の出る価格で売り切ることのできる量を、適切に仕入れなければなりません。

 

モノレートを参考にする?

ですが、今まで売れていた物が、これからも同じように売れる保証はありません。

 

売れる数が同じだったとしても、急にライバルが増えたら?

あるいは、既存のライバルが急に値下げをしたら?

Amazonが復活したり、値下げを始めたら?

最悪なケースとして、Amazonでの出品が制限されてしまったら?

 

そんな判断を、利益の出そうな商品が見つかるたびにしなければなりません。

 

 

 

ノーリスク転売の場合、この判断は不要です。

何しろ、既に注文は入っているんです。

注文の入った分だけ仕入れれば良い。

難しいことを考える必要は全くありません。

 

 

 

・店舗に行ったけれど利益の出る商品が見つからない、ということが無い

 

リサーチには空振りが絶対にあります。

店頭で利益の出る商品を探す場合、時間と労力と体力を使ってリサーチをしたにも関わらず空振り、となると、とてもむなしくなります。

 

 

 

ノーリスク転売の場合、売れてから、売れた商品を仕入れに店舗に行くだけなので、店頭で空振りということは絶対にありません。

リサーチはネットで行う上、見るのはほとんどAmazonだけのため、リサーチに多大な時間と労力を使う、なんてこともありません。

 

 

 

・「いつ売れるか」と不安にならない

 

そんな仕入判断を乗り越え、商品を仕入れました。

そうして商品を在庫にすると、次にストレスになるのが、「いつ売れるのか」という不安です。

仕入れるかどうかの判断は、あくまでも「予想」が根拠となります。

当然、「予想外」の事態はいくらでも起こります。

 


POINT
5

「特有のリスク」対応済み

 ・「もし、キャンセルされたら……」

 ・「もし、返品されたら……」

 ・「もし、売れた商品を仕入れられなかったら……」

基本的に在庫を持たない以上、こういった「特有のリスク」はあります。

が、これらに対しては、僕自身の失敗をもとに、すでに対策を用意してあります。

 

サポート体制

これだけ多くのメリットがある「ノーリスク転売」ですが、欠点もあります。

それは、「ややこしい」こと。



仕入れる ⇒ FBAに送る ⇒ 売れるのを待つ



という単純な作業と比べると、複雑なことをやる必要があります。




ですので、僕のこのコンサルティングには、


サポートの回数制限が一切ありません。



基本的なサポートはLINEで行いますが、質問などは無制限に受け付けますし、

通話でのサポートも何回でも行います。

もし、お会いすることが可能なのであれば、対面でのコンサルティングも無制限です。

料金・お申込み

以上が、僕が提供する「ノーリスク転売」コンサルティングの現時点での内容です。

世の中の流れの激しいこの時代、一度開発したノウハウであっても、

常にブラッシュアップしていなければ、すぐに稼げない物になってしまいます。



だからこそ、僕は物販ビジネスのプレイヤーであることを辞める気はありません。

最前線で戦いながら、最新のノウハウを更新し続け、それを提供し続けます。




そのため、僕のコンサルティングは、


一回お金をもらって、

数か月間、その時の最新ノウハウを教えて、

それで後のことは知りません、


なんていうビジネスではありません。






・料金は月額の定額でお支払いいただきます

継続していただいている限り、いつでも、何度でも、満足がいくまで、

常に最新のノウハウをお伝えいたします。





・コースは2コース

「ベーシックコース」 : 月額3万円 ⇒ 特別価格 月額2万円

とにかくリスクを抑える、という基本路線に忠実に、

「安全性」を最優先したノウハウに絞ってお伝えするコースです。



「アドバンストコース」 : 月額6万円 ⇒ 特別価格 月額5万円

リスクを抑えながらも、大きなリターンを得るために、

チャンスがあれば、十分にリスクコントロールをした上で、掴みに行く。

そんな「攻め」のノウハウもお伝えするコースです。




下記のボタンより、コース選択の上、お申込みください。
コース(特別価格)
LINEアカウント名(サポート連絡用)