LINE@で講演会動画
無料プレゼント中

2021年5月5日 こども日
福岡で開催された講演会動画をプレゼント
こんな時だからこそ、こんな時代だからこそ…
大切なものを大切に想えるあなたであって欲しい。
教室で起こった感動の物語。
選択肢が多岐にわたる社会
自分らしく生きる秘密公開
幸せはあなたのそばにある



講演会動画はこんな人にピッタリ


【脳科学×心理学×経験談】で、問題・課題を解決する。

  • 2021年の不安を解消したい!
  • 振り返った時、成功体験より失敗体験の方が多い。
  • 子育て中 もしくは 人育て(人材育成)で悩んでいる。
  • 振り返った時、成功体験より失敗体験の方が多い。
  • 父(母)のことが、どうしても好きになれない。
  • 保護者、従業員を見方につけたい。応援したい。
  • 対人(親子)関係がいつもうまくいかない。
  • 何かに対してトラウマがある。
  • チームビルディングに興味がある。
  • 振り返った時、成功体験より失敗体験の方が多い。

【LINE@登録者】【講演・講義 受講者】の声

テクニックやハウツーが教われることはもちろん。
まゆみ先生の体験・経験から「あり方」という自分軸が定まった。
人の評価や周りの声ばかりを気にしていた私でしたが、今は自分の声に耳を傾けている。

起こる事象全てを肯定的に受け止めれるように。その結果、充実した対人関係、良好な親との関係を築けるようになった。

三木博子(みきひろこ)
開封注意!たまにくるメッセージで号泣することも多々wもう少し、メッセージ頻度を増やして欲しい。

誰しもが持っている、小学生の思い出。メッセージに登場する子(人物)が自分と重なり気がつけば涙。その子の気持ちや先生として行動、その全てに優しさを感じる。

体験・経験 を心理面×脳科学から解説。
視点や視野を広め、物事の捉え方が学べる。

友野貴弘(とものたかひろ)
講演を聴いて、こんなに泣いたのは初めてです。
そして、何度聞いても泣いてしまう。

様々な講義やセミナーで勉強をしてきましたが、
これほど自分自身を見つめさせられた時間は始めて。
頭で理解していたことを、全身で、心で理解できるようになった。

まゆみ先生のテーマ「感動を行動に」ということを胸に、日々頑張っています。

坂田宏子(さかたひろこ)
講演を聴いて、こんなに泣いたのは初めてです。
そして、何度聞いても泣いてしまう。

様々な講義やセミナーで勉強をしてきましたが、
これほど自分自身を見つめさせられた時間は始めて。
頭で理解していたことを、全身で、心で理解できるようになった。

まゆみ先生のテーマ「感動を行動に」ということを胸に、日々頑張っています。

坂田宏子(さかたひろこ)

母として、教師として、そして女性として凜と生きる

【Profile】
講演家・作家・教育アドバイザー 香葉村真由美
(クロフネカンパニー所属)

「まゆみ先生」の名で慕われる元小学校教師。

信念:国は人がつくる。人は教魂がつくる。
※教魂は、教えゆく者の魂。これは先生だけでなく、父、母、すべての人を指す

「まゆみ先生」の名で慕われる元小学校教師。
授業や取り組みは、教室の中だけでなく、学校外の時間や場所にも及ぶ。生徒達からの信頼は厚く、香葉村が受け持つクラスは、「香葉村学級」と呼ばれ、クラス替えのあとや卒業後もその繋がりは強く保たれている。

そして 2008年に転機が訪れる。初講演。そのときの話がたくさんの人に感動を与え、全国からひっぱりだこに。教育の原点について話す香葉村の講演は、教師にはもちろん、人を育てる立場にある保護者や経営者、管理職の人たちからの支持を得て瞬く間に広まった。

小学校に勤務しながら、公休日に全国各地で講演を行うも、その数は瞬くまに増加。公休日のほとんんどを講演活動に費やすようになる。 増加の流れは止められず、自分にしかできないことをという考えのもと退職。クロフネカンパニー専属講師として講演活動を行いながら教育機関のコンサルや子ども達の未来を創る団体への支援を行っている。 少しずつ増えた講演も現在では、合計 500講演、 5万人という数になる。

今こそ大切な「あり方」という自分軸

コロナの出現により世の中は大きく動きました。
そして、「ソーシャルディスタンス」という言葉が生まれました。
「距離をとって」「離れて」…人と人は、距離を置かなくてはいけなくなったのです。心と心の距離も離れてしまっている現状がありませんか…
こんな時だからこそ、大切にすべきものが、あるように思えます。
それは、今も昔も変わらないものなのです。
あなた自身がどう『ありたい』のか… 。
そこから、全てが始まっていくように思えます。
人は、たくさんの想いや願い受けとり、今を生きています。
私の中にもたくさんの人から頂いた、想いや願いがあります。
同僚や先輩、上司。父や母、祖父母、そして我が子。
私が接してきたたくさんの生徒たち。
私は、たくさんの想いや願いと繋がりながら、『今』を、生きています。その想いや願いは、行動と成り現れます。
そして、行動をしながら、その想いを、次に、未来に繋いでいるのです。
あなたは、どんな願いを、どんな想いを、次に繋いでいますか?
想いや願いを持ち行動すること。これが「あり方」であり、生き方です。
「あり方」が定まれば、時代環境に左右されず、
全ての事象を正解に導くことができる。
香葉村真由美

心の距離の縮め方
~今こそ大切な「あり方」という自分軸~
全てを正解に導く、一つの思考