魂に直接入ってくる
「わたしにだけ、わかる言葉」
ー人は皆、自分のことを知りたいー


自分の美しさを思い出したとき、世界は輝きを放つ


あなたがあなたを知って、より輝いてほしい。

こんにちは。MAYARYです。
あなたは、あなたのことを知っていますか?あなたの輝きや素晴らしいところ。逆に、あなたの輝きに陰りがさすのはどんな時か・・・などをどのくらい知っているでしょうか?
「今の自分はどんな状態?」「本質的な自分ってどんな人?」これを言葉にできる人は多くありません。
過去から今の自分がなにを感じて、なにを想っていて、なにが喜びで、なにが苦しかったのか・・・それらを知るのは、「自分らしく幸せに生きていく」において、とても大切なことなんです。

わたしは、「一目みると、だいたいその人の内側がわかる」という能力を持っているのですが、この能力がどんどん強くなってきたんです。
そして、気が付けば「あなたのエネルギーを感じて、それを言葉にしてお伝えします」ということが出来るようになりました。
そこで、「もっとあなただけの輝きを知ってほしい」こんな想いを持って「MAYARY'SPHOTO.」というメニューをリリースしました。
わたしというカメラを通して、あなたの美しいところをとらえてゆく。そんなメニューです。

あなただけの輝きを知ったとき、道が拓けるのです

わたしは生まれ持った霊感と直感の強さ、本質を見抜く強みを活かして、年間300件ほどのセッションを行ってきました。
そして今、思うのは、「人は皆、自分のことを知ったときに、とんでもない癒しと希望を感じるのだ」ということ。「自分のことを知る」とは、「自分だけが持っている輝きを知る」ということです。

わたしがMAYARY'S PHOTO.をはじめて最も驚いたのは、「ほぼすべての方が涙を流される」ということです。
「これは自分だけがわかる自分のためだけの言葉なんだ」と感じたとき、無条件に心が浄化され、涙が出るのです。ひとは案外、自分のことはわかっていないものです。わかっているようで、実はとても曖昧なんですね。

いちど、時間をとって自分の輝きを知ってみませんか?あなたの本質、あなたの喜びや苦しさのポイントを知ってみませんか?今まで自分しかわからなかった言葉にできない感覚が言葉にされる感覚を、味わってみませんか?

「あなたが、あなたの光を思い出す」これが、このMAYARY'S PHOTO.が放つ意図です。人は皆、自分の良いところを知りたい。自分の素晴らしいところを知りたい。これはとても自然な想いだと、わたしは思うんです。

大きな話になりますが、「それぞれが輝いている姿の連鎖」これこそが世界平和なのだと、わたしは考えています。まずは「わたし」が輝くところからが、スタートです。

MAYARY'S PHOTO.にいただいたご感想

■すごいなー、コレ。他の人にどうとかではなく、きっと本人にとってすごくいい
■自分の輪郭がはっきりしました
■何度も何度も読み返して、読むたびに湧き出そうになる涙と、この自分で生きていこうという信頼が生まれてきます
■感無量。言葉になりません
■今までこんな風に自分を表現してくれた人はいないです
■自分にしか響かない言葉なのがわかる
■これは「自分のことを知れる」とか「自分らしさが見つかる」とか、そんな当たり障りない言葉では片付けらないほど、その人にしか伝わらない言葉で入ってきます
■言葉が魂に入ってきます
■今までにない感覚と体験です
■涙で読めなかったです
■読んだだけで1つブロックが外れました
■定期的に繰り返し読む必要があることがわかります
■自分が原点に戻れる感覚がします
■自分が短所だと感じていたところを、思わぬ角度で書いてくれていました
■言葉にできないのが歯がゆいけど、言葉にならない体験ができる


【MAYARY’S PHOTOはこんな方にオススメです】

✔自分だけのお守りのようなものがほしい
✔さらに毎日をニコニコ過ごしたい
✔自分の良いところは沢山知っておきたい
✔自分の良さを人間関係や仕事にも活かしたい
✔自分という人がどんな人なのか知りたい
✔もっと自分を活かしたい
✔客観的に自分を言葉にしてほしい
✔自分が気をつけた方が良いポイントを知りたい
✔︎もっと輝きたい
✔ときどき自分がわからなくなる
✔心が揺らいでしまうことがある
✔自分の特性を知って安心したい
✔今悩んだりモヤモヤしていることがある


「わたしから見た、あなた」
MAYARY’S PTOHO.のご紹介

実は、「MAYARY'SPHOTO.が気になるけど、自分なんかは皆みたいに凄いところとかないし・・・」
こんな風にためらっていた、というお声をいただきました
とんでもない!むしろ、そういった方にこそ、ぜひ体験していただきたいです
どんな人も、必ずあなただけの輝きがあるのですから


三井美七さん
あなたの本質を魔法の言葉で表現する
強み発掘人でライター 
>> WEB SITE
------------------------------

美七さんはね、静かな心地良さがあるんですよね。”静かな”というのがポイント。深海みたいなイメージがあるんですよ。
寒い海じゃなくて、南の国の海の底みたいなね。静かなんだけど、海底なんだけど、とってもカラフルで美しくて、楽しそう。

それでね、美七さんは「心地良い」というのが、とっても重要なキーワードになっている気がするんですよね。
例えば、「楽しいことしていたら良いんだよ」とか「やりたいことやったらいいんだよ」って「そしたら全部うまくいくよ」という意味合いで、よく言うじゃないですか。
あれって実は一人ひとり違うと思っているんだけど、美七さんの場合は、「あーー…心地良いなぁ」という空間や想いに、すべて付いてくる感じ。心地良いというベースの上に、ウズウズしてくる感じとか、喜びとか、楽しさが乗ってくる。
逆に、心地良くないこと(楽しいけど心地良くはないとか、凄いけど心地良くはないとか)は、あまり広がりがないんじゃないだろうか。

ああ、あとね、(ご本人や周りの人が)思っているよりも、キュートな気がします。だからあんまり大人でいなくっていいんだろうな。
キュートでグラデーションが豊かで、深くて、楽しくて、心地良い。そんなイメージ。

だから「固める」とか「地に足をつける」ではなく、「柔らかに」「漂う」って感じかな。とってもセンスがある方だと思うので、柔らかに漂っていると、「あ…!」って、美七さんが心惹かれるヒトやモノ、コトが見つかる。それを見るのが、周りは楽しい。美七さんのコレクションを見たくなる。

あ、これっぽい。「人は美七さんのコレクションを見たくなる」わたしにとって美七さんは、そんな方です。
宮西彩加さん
あやかちやんは、妖精さんっていう感じ。 染まらなくていい。染まろうとしなくていい。 あやかちゃんだけの世界がある。 あやかちゃんだけが視えている世界がある。   

この世に、たくさん友達がいるんだろうなと感じる。なんかね、あやかちゃんは、わたしたちが友達にならないような、なれないような対象と友達になってしまう。 
それは空気とか、草木とか、動物とか。それが全然おかしくなくって、自然。  
あやかちゃんに触れられると、みんな笑顔になる。自分の真っ白なところを思い出さざる得ない。  

そうなんだよね、「自分の大切なところを思い出させてくれる人」なんだよね。
ポイントは、あやかちゃんが「ピュア」「澄んでいる」から思い出すんじゃないんだよね。 
そうじゃなくて、あやかちゃんのグレーなところ、真っ白なところ、黒いところ、それらすべて ひっくるめてあやかちゃんの真っ白な空間で、その空間に触れると、自分の大切なところを思い出させられる
思い出すというより、自分が持っていた世界に、触れる感じかな。触れて、触れた想いにどう向き合うかは、そのひと次第。

不思議なのは、あやかちゃんが持つ「白いところ」が綺麗なのではなく、「黒いところ」こそ綺麗だということ。その黒さこそ、美しい。  

愛を制限しないこと。愛を放出すること。美しいという自覚を持つことが、大切。綺麗なところだけが綺麗なんじゃない。 あとね、泣くことが大切なんだなぁ。涙。
弱くて強い人。どんなに汚れても、けっして汚れない人。 
愛の人だという言葉は、敢えて使いたくない。無限の人という方がしっくりくる。 そんな感じがします。  
これが、わたしから見たあやかちゃん。
宮西彩加さん
あやかちやんは、妖精さんっていう感じ。 染まらなくていい。染まろうとしなくていい。 あやかちゃんだけの世界がある。 あやかちゃんだけが視えている世界がある。   

この世に、たくさん友達がいるんだろうなと感じる。なんかね、あやかちゃんは、わたしたちが友達にならないような、なれないような対象と友達になってしまう。 
それは空気とか、草木とか、動物とか。それが全然おかしくなくって、自然。  
あやかちゃんに触れられると、みんな笑顔になる。自分の真っ白なところを思い出さざる得ない。  

そうなんだよね、「自分の大切なところを思い出させてくれる人」なんだよね。
ポイントは、あやかちゃんが「ピュア」「澄んでいる」から思い出すんじゃないんだよね。 
そうじゃなくて、あやかちゃんのグレーなところ、真っ白なところ、黒いところ、それらすべて ひっくるめてあやかちゃんの真っ白な空間で、その空間に触れると、自分の大切なところを思い出させられる
思い出すというより、自分が持っていた世界に、触れる感じかな。触れて、触れた想いにどう向き合うかは、そのひと次第。

不思議なのは、あやかちゃんが持つ「白いところ」が綺麗なのではなく、「黒いところ」こそ綺麗だということ。その黒さこそ、美しい。  

愛を制限しないこと。愛を放出すること。美しいという自覚を持つことが、大切。綺麗なところだけが綺麗なんじゃない。 あとね、泣くことが大切なんだなぁ。涙。
弱くて強い人。どんなに汚れても、けっして汚れない人。 
愛の人だという言葉は、敢えて使いたくない。無限の人という方がしっくりくる。 そんな感じがします。  
これが、わたしから見たあやかちゃん。

田島 旭さん

ジブン探求家/メンタルコーチ
------------------------------
田島 旭さんは、自然の人だと思う。
「自然の人」というのは、「自然体の人」ではなくてね。たじーさんそのものに、四季が存在している感じが近い。

「移り変わり」「ただ在る」というのが、キーだと思う。四季の移り変わりとは、無条件に美しく、そして当たり前に、自然に起こること。

たじーさんは「葛藤」という言葉をよく使ってられるのだけど、その葛藤とは、言葉を変えれば移り変わりなのだと思う。

葛藤というのは、人によって、またニュアンスによっては弱さを感じるかもしれないのだけど、たじーさんの葛藤は、弱さではない。とても自然に、ただ在ること。季節が移り変わるように、たじーさんも移り変わっている。彼は、自らの風を感じているのだと思う。

これはわたしの視点だけど、たじーさんは、一見、「温厚」とか「安定感」を人から感じられやすいんじゃないだろうか。だけど、彼の中には常に移り変わりが存在している。…ああ、そうだ。葛藤という言葉は「心の中に相反する欲求が同時に起こり、そのどちらを選ぶか迷う」という意味だけど、それって「行ったり来たり感」が存在していると思うのね。

たじーさんから感じる葛藤というのは、けっして「迷っている」という様ではなくて、ただ移り変わっているんだ。常に流れを感じ、常に風を感じ、動いている。実はとてもよく動いている人。旅人っぽいんだね。

そして、孤独を愛する人だと思う。人と繋がりを持ち、愛をたくさん感じている状態で、「さてと…」と、孤独を感じる。味わう。その感覚からの広がりがある。起こっているのは、揺らぎではなく移行だという意識があると良いのだと感じる。人から見ても、自分から見ても、揺らぎだと思えたとしても、それは揺らぎではなく移行なんだ。だから「揺らいでると思われるんじゃないか」という想いをもし持ったとしたら、それは自分を潰すんじゃないかな。

完成しないという意識を持つことが、大切だと思う。けっして完成しないものを持っている。それが特別。あなたの特別感は、そこに宿っている。

追いかけず、流れを感じる。
流れを感じ、想いを伝える
その想いに宿る、特別感。

けっして完成されることのない特別なもの。特別なひと。ストップしているようでも、必ず流れている。自分の淀みない流れを感じていること、その感覚を信じることが、大切なんだと思います。

あなたにしか流れない空気感に、人は惹きつけられる。四季の移り変わりに心を打たれるように、ただそこに在ってくれるだけで、こちらは勝手に感じとる。心は震えるし、気付きがある。与えようとせずとも、与えている。居てくれるだけで、「ありがとう。」咲いていても、散っていても、生い茂っていても、その時々の美しさがあるね。わたしにとってたじーさんは、そんな人です。

MAYARY’S PHOTO.にいただいたご感想
(田島旭さん)

これはきっと、何度も読んで、確認するもの。
1回で理解しようとせずに、日常の中で感じ、思い出し、確認し、また日常で感じるもの。 
正直、うまく言葉にできない。
周りの人に伝わるかどうかとか、今の自分が理解できるかどうかとか、そんなのは関係ない。
そう感じられるほど、きっと自分の奥底にある、今の自分でもまだ気づき切っていない何かを言葉にしてもらった感じ。 
わかるようで、わからない。
しっくりくるようで、しっくりこない。
 
ただ、また定期的に確認したいもの。
確認するたびに、何か発見や原点に戻る感覚があるんだろうな。 

自分のことを知れるとか、自分らしさが見つかるとか、そんな当たり障りのない言葉で片付けられないほど、マヤリーの言葉は、その人にしかわからない感覚で届く。 

なんか、今までにない感覚と体験で、面白い。
笑言葉にできないのがすごく歯痒いけれど、『言葉にできない体験』ってそもそもそれ自体が尊くて、貴重なので、きっとコレがいいんだと思った。

マヤリー、ありがとう。

あいらゆみこさん

カウンセラー
>> WEB SITE
------------------------------

あいら ゆみこさんは、唄っているお花みたいな人だ。
まるでパンジーの花みたい。
楽しく笑顔でいることが、とても大切な人だと思う。
みんなそうだと言えばそうかもしれないけど、特にそれが大切な人。
「楽しく笑顔」これがゆみこさんのバロメーターになっていると感じる。たぶん、どちらかだけでも違う。「楽しい」だけでも違う。「笑顔」だけでも違う。「楽しく笑顔」これが大切。
笑顔を曇らせない選択をすること。
これがとても大切。なにかを選択するときは、その選択によって「楽しく笑顔になれるのか?」という視点で選ぶと良いと思う。
ゆみこさんの「楽しく笑顔」は伝染するから、パンジーのお花畑みたいな存在のゆみこさんが、シュン…としていたり、元気がなかったり…そうすると、周りの花たち (人たち)も元気がなくなってしまう。
「楽しく笑顔でいるため」の努力は必要ない。それはいらない。そう、ゆみこさんは (持っていないものを取ってつけるようなことは)何もしなくてもいい。お花って、水が必要でしょう。土が必要でしょう。それは「花で在れば」自然に与えられるものでしょう。そんなお花に、蜜蜂が寄ってくるでしょう。その光景が、自然でしょう。
そんな感じなんです、ゆみこさんは。
花が花であるための努力はいらない。
花はただ、水に、土に、蜜蜂に、愛情を持ってその存在を気にかけてあげるだけ。
そして、さんさんとふりそそぐ陽の光を浴びて。
時に強い光で照らしてもらって。日向ぼっこして気持ちよくなったり、暖かい日差しに安心したり、陽の光に愛の眼差しを向けたり…そんな風に過ごして。
あなたは「愛情をかける」これがキーだと思う。
愛情をかけてあげて。もっともっと。
なぜかと言うと、本来のあなたは、今よりさらに愛情をかけることができる人だと感じるから。
愛情をかけることに、躊躇わないで。
あなたに愛情をかけられると、土はもっと元気になる。照らす太陽は嬉しくなる。蜜蜂はもっと遠くに飛んで行くね。
愛情をかけることで、愛が巡る。みんな暖かくなる。ポカポカしてくるね。
「ありがとう、ゆみこさん。あったかいよ」ってなるんだね。
なにかを取りに行くのではなく、愛情をかけて。愛を育んで。愛を廻して。
そうしてその綺麗なお花をたくさん咲かせて。あなただけのお花畑を広げてあげてください。
お花畑全体が、笑っているみたいなんです。

MAYARY’S PHOTO.にいただいたご感想
(あいらゆみこさん)

私が「MAYARY'S PHOTO」をお願いしたいと思った一番の動機は、
これから活動していく上で自分ブランディングのテーマや世界観のヒントにしたかったからです。

私自身で内観すると色んな要素があると思っています。
強さも陽気さ軽やかさなど。
その中で私がそのままの生き様でだだ漏れになっているのはどこだろう??

どの要素をピックアップして推していくかより、今すでにそのままで私が外に向けて放ててる表現はどんな感じなんだろう?
それを知りたかったのです。

マヤリーさんは私の期待を遥かに上回る景色を描き、彩り鮮やかな文字に置き換えてくれました。
その文字を読み、私は映像としてハッキリと受け取ることができたのです!
そう。その名の通り「PHOTO」として。写真に留まらず映像として見えました。

見えた時に「あーそうそう!これ!これなの!」
そんなしっくりした世界観を味わいました。
この映像を何度も何度も繰り返し見たい。
そして膨らませて私の世界を、私らしさをどんどん広げていこうと思っています。

マヤリーさん、私に素敵な「PHOTO」を届けてくれてありがとうございました。
そのままの思いを書きました。多くの方に届くといいなぁ・・・。

脇田 英里 さん

脇田 英里 さんから、生い茂る森が浮かんでくる。
高くそびえ立つ木。
土の香りがする。明るい陽が差す森というより、すこし湿った霧がかかった空が見える。
ああ、そうだね。明るさを求めなくていいんだ。
一般的なものとか、明るさを求める必要がなくて、その個性をどれだけ伸ばすかなんだね。
足並みをそろえるとか、「みんな一緒に」を意識すると、それまで歩いていた足がぴたりと止まる。急に楽しくなくなる。
地面を感じて、ぴょんと飛び上がることが大切。
土を信じて。踏みしめて大丈夫だということ。
飛び上がっても大丈夫だということを。
霧のかかった森を探検している女の子みたい。
ただ進みたい。ただテクテクと歩いて行きたい。
本当は、思っているより自分を信頼している。
人の目さえ無ければ、自分のことをとても信頼している。でも、そこに人の目の意識が入ってきた途端に、からだが重たくなる。
あなたの希望は、他の人と少し違う。
ひとりが好き。
あなたの希望は、突き進むこと。
自分がワクワクする道を、突き進むこと。
突き進むといっても、お散歩、探検みたいにね。
他の人の理解を得ようとしないこと。
理解を得ようとすると、苦しくなるはず。
進みたい気持ちを隠さないこと。
小さな女の子のように、とても純粋で真っ白なところを持っている。だからね、染まろうとしなくていい。その白さが、その儚さが、英里さんの魅力です。
誰とも被らない。被りようがない。
心をオープンにして、「わたし」を出して。人がその白いところに触れたくなるから。
たくさん触れてもらってください。触れてみたら、多くの人が気がついてゆく。
あなたの唯一無二の魅力を、そのピュアな目を、損得の計算のなさに気付いてゆくでしょう。抱きしめたくなるでしょう。
はにかんで、笑って、それを隠さないで。
笑いたいだけ笑ってください。
あなただけの遊び場をたくさん作ってください。
あなたのハッピーのかたちを、この世のものに当てはめないでください。
真っ青な空だけが美しいんじゃないこと。
イギリスの空のような憂いのある曇り空を、愛してあげてください。曇り空でも、花は美しく育っていきます。

MAYARY’S PHOTO.にいただいたご感想
(脇田 英里 さん)

MAYARYさん、今日はほんとうにありがとうございました! 
投稿を拝見して、泣きました。
「分かってもらえた」ような、「それで(私の感じていたものを信じて)いいんだ」という確信のような…心の深いところが温かくなった感じがしました。

憂いのある世界観がすごく好きだし合うけど、明るい人を見たら、その世界、自分を目立たなくて暗くて嫌だなと思う自分もいました。
でもそれが個性なんですよね。
それを大切にしていこうと思います!

何度も何度も読み返して、読むたびに湧き出そうになる涙と、この自分で生きていこうという信頼が生まれてきます。 

本当にありがとうございました! 
またお会いできたら嬉しいです!!

二階堂由美子さん

二階堂由美子さん、おかえりなさい。そしておめでとうございます。ようやくここまで来ましたね。
ここまでの道のりは、なだらかではなかったでしょう。でも、確かにたどり着きましたね。おめでとうございます。今、たくさんの祝福を感じます。
あなたは、百合の花のような人ですね。今はつぼみを感じます。
そして天才性を持っていますね。
「ひとを見守る天才」なのだと思います。
見守るというのは、実はとてもむずかしいことです。多くのひとは、詰めたくなるからです。
あなたは、詰めないんですね。
「待つことができるひと」そう思います。
とても愛情深いのでしょう。
つぼみが咲くまでの時間を、まだかまだかと待ち望みながら、いとおしむことができるひとなんでしょう。
その愛情の深さは、一見わかりにくいのかもしれません。誤解されることもあるかもしれません。
そして、由美子さん自身も、使い方…活かし方がよくわからなかったかもしれません。
(大切な誰かの)背中をそっと押してあげください。本当に、「そっと」でいいんですよ。ときには見守ってあげてください。ときには励ましてあげてください。
あなたの励ましは、静かに、大きなエネルギーになるのです。
 
ひとと向き合う「向き」が大切のようです。
角度とも言えるかもしれません。
真っ正面ではなく、後ろからだったり、斜めから覗き込んであげたり、そうしてそっと頭を撫でてあげたり…天使がひょいっと覗き込むようなイメージです。
あなたは、さりげなくていいんですね。
その「さりげなさ」に物足りなさを感じないでくださいね。
あなたは信頼することが得意なんですよ。
逆に、信頼できないときは苦しいでしょうね。あなたにとって「信頼できない」のストレスは、とても大きいのだと察します。無気力になるでしょう。何もかもが嫌になるでしょう。
信頼したいのです。とても。
信頼している姿が、あなたにとっての通常です。
誰もかれもを信頼しようとする必要はないですが、あなたはきっとわかっていますよね。
信頼したいひと。その人たちのことを、深く信頼できるでしょう。それがすべて、あなたの存在を肯定していることになりますね。
力を抜いて、誰かを応援しているとき
誰かの背中を押しているとき
愛をささやいているとき
笑い飛ばしてあげるとき
なにかが生まれているんでしょう
その「なにか」によって、あなたの人生はグッと豊かになるんでしょう。
信頼を、あえて意識することはありません。
あなたにとってそれはとても自然にできることだからです。
息を吐いて、吸って「よし。」この感覚も大事なようですね。
あなたにとって「よし。」は「GO」だったり「YES」だったりするんでしょう。
この世界は愛おしいですね。その感覚を、どうか抑えず表現してくださいね。あなたの表現のかたちで。喉が渇いているひとに、水を差し出すような、そんなかたちでいいのだと思います。
自然に、今の愛や豊かさに浸ってくださいね。そして前を向いていてください。眩しい光が見えています。困ったときは、肩をポンっと触れてあげてください。

MAYARY’S PHOTO.にいただいたご感想
(二階堂由美子 さん)

マヤリーさん
メッセージ 何度も何度も読み返してます…✨

凄すぎる…
わたしの日常、見えたんですか…?
わたしの胸の内、聴こえたんですか…?
そんな 感じです…

マヤリーさん
すごいな…✨

ものすごく 感動しています✨!
ほんとにほんとにありがとうございました✨

生井 葉子さん

生井 葉子さんから、たわわに実るフルーツがたくさん見える。みずみずしくって、ぴかぴかで、思わず1つ手に取りたくなるような、そんな感じ。
実には、水滴がついていて、その水滴にいろんなものが映っている。過去も今も、これからも。
水滴が、まるで涙のようだなと思う。
とても純粋な涙。悲しみの涙。喜びの涙。
悲しみを秘めているのは、なぜだろう。
これまで、実っては落ちていったその実たち
もっともっと触れてほしかったって
もっともっとみんなの元にいきたかったって
そんな風に言っているみたい
「あなたのことを想いました」この言葉を封印しないで。だれかを想って、実を摘んで、手で渡してあげてほしい。
葉子さんの愛が発揮されるのは「去ったあと」だと思う。あなたが誰かに実を手渡して去った後にこそ、物語が始まっていく。綴られていく。
確認しなくても大丈夫。たしかに始まっているから、それを疑うなんてしないで。
いかに疑わず、信じきるか
これがとても大切なひとだと思います。
信じきって、信じきって、信じきってください。
理由なんていらないから、確かなものなんていらないから、信じてください。眼差しが変わってきます。
自分を信じる、誰かを信じる
そのどちらも少しちがう。
「広がり」を信じてください。
「可能性」を信じてください。
あなたが、「だってそうだもん」と思うことを信じてください。躊躇わないでください。
「信じていいのだ」と認めてください。なにも理由はなくとも。
あなたがいないところで成されることを、信じてください。確認しようとしないでください。
確認しても、傷つくだけ。
結果がないから傷つくのではなくて、疑ったことに傷つくことになるのです。本当はいつも成されています。
「結果」ではなく「物語」を意識してください。

あなたの実を摘んで、大切な人に手渡しして、喜ぶ顔を見て、「ありがとう」と言い合って、別れて、それから始まっていく双方の物語を意識してください。双方の物語でありながら、必ず1つになっていきます。
あなたの幸せが、だれかの幸せです
だれかの幸せが、あなたの幸せです
幸せを(幻想のように)大きくしないでください
今ある実に、すべて詰まっています
空を見上げたときの「ああ…」という感覚を大切にしてください。
「繋がっている」ことを信じてください。それはきっと、あなたのなかにずっとあったもの。
繋がっています、みんな。
たくさん笑顔を振りまいてくださいね。

あなたはいつも笑顔というよりも、ウンウンと唸る時間も、それはそれで必要なようです。
その時間のあとの、ニパッと弾ける笑顔が物語っていますね。「これでいいのだ」と。
葉子さんの物語を広げてあげてください。
疑うことをやめたときに、今まで見えなかった新たな章が見えてくると思います。
「繋げるひと」
人と人とだけに留まらず、すべてを「繋げる」のです。本当は意識せずともできること。
それはとても尊いこと。素晴らしいこと。
いつもあなたの物語に愛を持って、大切に抱えてあげてください。
その胸に、抱きしめてあげてください。あなたの存在と、あなたから始まる繋がりに。

MAYARY’S PHOTO.にいただいたご感想
(生井 葉子 さん)

マヤさん、ありがとうございました。電車の中で受け取って、ほろっと涙が。
わたし「大丈夫だよ。叶ったら嬉しい方に行くから。」とめちゃ信じてる。
自分のことも、相手のことも。母に「根拠のない自信」と言われ、悲しくなってた。
でも今日から、信じていいのだと認めます。
だってそうだもん。です♡

マヤさんのメッセージの中の、
・葉子さんの愛が発揮されるのは「去ったあと」
・理由なんていらないから、確かなものなんていらないから、信じて
・「広がり」「可能性」を信じて
・疑ったことに傷つく
・空を見上げたときの「あぁ…」という感覚
・「繋がっていること」を信じて
・いつも笑顔というよりも、うんうんと唸る時間もそれはそれで必要
・わたしの物語に愛をもって、大切に抱える。
・わたしの存在とわたしから始まる繋がりを抱きしめる

思い当たることがたーくさんあって、かけてもらいたい言葉がいっぱーい詰まっていて、本当にかけがえのないプレゼントを頂いた気分です。

武田貴美恵 さん

武田貴美恵さんは、とても自由な少女のようなひと。
自由で伸び伸びしていて、明るくって、可愛くって、とても感受性が豊かなひと。
胸の中に空気を入れてあげてくださいね。
今よりもっと大きく息を吸って、たくさん空気を味わってみてください。

あなたが思っているより世界はずっと優しくて、あなたの味方です。
なんにもなくていいんです。
スキップするだけで楽しかった子どもの頃を思い出してください。どうか怯えないでください。
罪悪感を覚える必要はないんです。
あなたはあなたのままで、その少女のような姿でいいんです。
きみえさんは、ひとに元気を与えるひとです。
そう、元気を与えてくれるんですよ。
「元気を与えてくれてありがとう」と言われることは少ないかもしれません。
なぜなら、みんな無意識のうちに受け取っているからです。
なんだか小鳥のようなひとなんです、きみえさんは。
とっても愛らしくて、肩に乗ってくれるだけで嬉しくて、嬉しくて。
あなたってそうひとだと思うんです。
いろんな人の肩にとまって、さえずって、可愛がってもらって、そして元気を与えて帰ってくる…そんなひとです。
とってもとっても愛らしいことを、知っていますか?みんながあなたに魅力を感じていることを、知っていますか?
何をするとか、できるとか、そんなのじゃないんです。その愛らしさがなによりの魅力であり、ひとに与えていることなんです。
実態のないものに振り回されないでください。常になにかを生み出そうとするその思考から、解放してあげてください。
春でも、冬でも、秋だって、
どこからともなく鳥のさえずりが聴こえてきて、つい耳をすましたことはありませんか?
その鳥の姿を探したことはありませんか?
鳥のさえずりから、見えない幸せを受け取った気持ちになったことはありませんか?あなたって、そういう存在ですよ。
きみえさんがいてくれて、ヤッター!
きみえさんに会えて、ラッキー!
きみえさんと話せて嬉しい!
そういうことですよ。
とっても愛に溢れたひとです。
その少女性に救われるひとは、たくさんいます。
なにかに合わせよう
誰かに合わせよう
そういうのは、もうたくさんです。
あなたは知っています。そこに豊かさも、喜びもないことを。

「自由でいよう!」というのは、ある意味むずかしいのかもしれません。
自由は元々あったもの、ずっとあるものだからです。
今すでにあるものを、わざわざ得ようとするのはむずかしいです。
あなたはいつだって自由だし、見守られています。それを知ってくださいね。
あなたの澄んだ瞳を、とてもピュアなその瞳を、どうかあなた自身が曇らせないでください。
可愛いあなたを、いつもあなたが見守ってあげてください。
あなたのなかの少女と手を繋ぎ、あなたのなかの鳥さんを愛おしんでください。
とっても行動的で、あちこちに出向くことが好きなひとですね。
あなたにとって「狭くある」は、あなたを苦しめます。
それは思考も、行動も。狭くあると息苦しくなります。あなたは「広くある」これが大切です。
それで何をする、実際にどうすると考えるより、まずは「広い世界で伸び伸びとしていたいのだ」と認めてあげてください。
あなたがあなたを狭くしたとき、とても苦しいのです。もう一度言います。あなたがあなたを狭くしたときに、苦しいのです。
どうか狭くしないで。あなたの広く澄んだ世界を見渡してあげてください。
今この瞬間も、あなたは広い世界にいます。
なにも制限なんてない。だれもあなたを苦しめない。とても愛され、大切にされていることを知ってあげてください。そうして、あなた自身にあなたから「あいしているよ」と言ってください。
いつもそこに愛があります。呼吸を意識してくださいね。
深く、ゆっくりと息を吸って「ハーーッ…」と、これまでの想いを吐き出してください。

MAYARY’S PHOTO.にいただいたご感想
(武田 貴美恵 さん)

マヤさん!
ありがとうございます💕

電車の中で見て、涙が溢れ、読み続けられず1回途中で閉じました。
2回目、ちゃんと読みました。
3回目涙を流して読みました。
何度も読み返し受け取らせていただきます♡
『愛』をありがとうございます💕

megumi さん

megumiさんは、からだが弾んでいることが大切。
弾んだ声。弾んだ表情。
特に、声が大切なんだと感じる。
megumiさんの声はバロメーターになっている。
自分が今どんな状態なのか、声でわかるはず。
megumiさんの声って、すごく広がりがある。
その声が、柔らか〜く…ひとに届いていく。
その声に、喜びや優しさが乗っている。
その声を聴くと「なんだかとても心地よいものが届いたぞ?」と周りのひとが顔を上げる。そんなイメージ。
とってもとっても軽やかなひと。
重たくすると、途端にしんどくなる。
だからね、自分に重りを付けないことがとても大切なの。自分が重たくなる思考をしてあげないこと。
これは多くのひとが大切にするべきことだけど、megumiさんは特に大切にしてあげた方がいい。
ひとは地に足が着いていることを大切にしがちだけど、megumiさんの場合は浮いている方が良いというのかな。
megumiさんというひとは、根を張っていても浮いている、そんな感じなんです。
フワフワしていると言えばしているのだけど、それは「しっかりしてない」とか「地に足が着いていない」とは、まったく違って。
megumiさんがmegumiさんである程に、浮いていくんです。軽やかなんです。漂っていくんですね。
蓮の花が眼に浮かびます。
水中に浮いて、美しく咲いている花。
その浮いている様を、責めるひとなんていないでしょう?
蓮ってね、とても存在感のあるお花だと思うんです。蓮であることに、誇りがあるようにわたしは感じるんです。
megumiさん、誇りを持ってくださいね。今よりずっと。

あなたの美しさって、優しさって、ちょっと特殊です。ふわんふわん…と広がっていくんです。
良い香りって、ひとを幸せにするじゃないですか。
「あれ?良い香りがする…」って、なんとなく顔を上げたり、どこから香ってくるんだろうって、つい探してしまうじゃないですか。
なんの香りかわかったところで「ああ、あれが香っているのか」ってみんな少しほっこりして、また作業に戻る。でも「いい香りだな…」ってずっと思ってる。「なんだかリフレッシュできたな」って感じてる。
あなたって、そういう「香り」みたいな存在なんですよね。
その「香り」を、声で届けているような、そんな気がします。
だから、たくさん「きゃっきゃっ」って弾んだ声を出してくださいね。「ふふふっ」って笑ってくださいね。
そうして、あなたの香る声を広げてあげてください。気がつけば、みんな心地よくなっている。
そんな存在なんです。
気持ちが重たくなったときは、メロディを口ずさんでみたり、あなたのリズムを意識してあげてください。
あなたの声で、あなたを救ってあげてくださいね。そして、あなたの楽しさに妥協をしないでください。

MAYARY’S PHOTO.にいただいたご感想
(megumi さん)

マヤリーさん!これはすごいです!ヤバイです!感動しちゃいますね。
ハートに光が暖かさが拡がっていきます。ただただ感じていたい。
これからもっと私を大切にしていきたい。
マヤリーさんが感じていることや伝えたいことってきっとこんな感じなんだろうな。
本当に素晴らしくて言葉にならない。
これぞ体感、体感ですね。心からありがとうございます(^^)

これはまさしく私だね。
知っているようで、知らなかったね。
これが私、なんだね。

水面に浮いている蓮の花にみとれるね。
なんて可愛らしいんだろう。
なんて美しいんだろう。
なんてキレイなんだろう。
ただ眺めていたくなる。
浮いているのがいい。
浮いているからこそいいんだね。

そうなんだぁ…
私に私自身がすごく深く癒されたよ。
ありがとう、ありがとう。


「わたしから見た、あなた」
MAYARY’S PTOHO.

大阪、東京、zoomにお待ちしております
■対面は、大阪市内のカフェ、または月に一度の東京出張の際にカフェにて行わせていただきます
(主にタリーズコーヒーにて)
■ご遠方の方はzoomのビデオ通話をご利用ください
(zoomと対面の精度に差はありませんので、ご安心ください)
■どんな方でも大丈夫です。「ピン」ときたら、ぜひお申込みくださいね
■お話している際の雰囲気は「なごやか」「まったり」「自然」という感じです
あなたの”今”のエネルギーがそのまま表れます
■対面もしくはzoomにてお話しし、その方のエネルギーを感じさせていただき、お別れしたのちにエネルギーを言葉にしてお送りします
■お話しする時間は約30分です(お話しする内容は特に決まっておりません)
■言葉にしてお送りするまでに約30分ほどいただいております。どんな言葉が届くのか、楽しみにお待ちください
MAYARY’S PTOHOのお渡しの方法
■あなたのエネルギーを感じ取って言語化した文章は「Facebookにタグ付けさせていただき公開する」というサプライズ感がある形か、もしくは「メールやメッセージでお送りする」かをお選びいただけます
■MAYARY’S PTOHO.というネーミングですが、お写真を撮るわけではありません。文章のみとなります。
(ご希望のお写真がありましたら、文章と共にUPさせていただきます)
ご予約枠、価格に関してのご案内
■ご予約枠は、お申込みフォームよりご確認ください
■お顔を合わせるのは30分前後です
■価格は15,000円×消費税です
■銀行振り込み、ペイパルにてカード支払いをお選びいただけます(ペイパルは手数料4%を頂戴しております)
■その都度”今のあなた”が反映されます。何度でもご利用ください

ご予約枠、価格に関してのご案内
■ご予約枠は、お申込みフォームよりご確認ください
■お顔を合わせるのは30分前後です
■価格は15,000円×消費税です
■銀行振り込み、ペイパルにてカード支払いをお選びいただけます(ペイパルは手数料4%を頂戴しております)
■その都度”今のあなた”が反映されます。何度でもご利用ください

MAYARY’S PHOTO
オプションサービス

「届けないラブレター」
あなたは普段、
・もっと愛されたい
・もっと深めたい
・もっと繋がりたい
と感じるお相手はいますか?

こうしたあなたの願いを叶えることができるアイテムが、この「届けないラブレター」です。

このラブレターは、MAYARY’S PHOTOであなたの本質、美しさを見たわたしが、その美しいあなたの魂から流れるエネルギーを紡いで、ご希望のお相手へ「ラブレター」を書かせていただきます。

でも、ここで書かれた内容は、直接、お相手に伝えないでいい。あなたがそれを読み、変容するためにあるからです。
だから「届けないラブレター」と名付けました。

このラブレターを読んだあなたは、きっとこう思うでしょう。
「ああ、私が相手に望んでいたすべてがここにある」と。

その時に感じた高揚感、幸福感、涙、笑顔。そのすべてが、本質的なあなたをさらに引き出し、翌日からの関係性が変わっていくのです。

相手を変えようとするのではなく、あなたが本当の光へと戻るだけ。

それが本来の愛の循環だとわたしは思っています。

わたしたちの幸せとは、自分一人でつくられるものではありません。愛する大切な人たちと繋がったときに、二度と揺らぐことのない愛が「今ここ」に生まれるのですから。

明日からの人生。自分の美しさに気づいたあなたが、ますます愛の世界を広げられますように。
「届けないラブレター」を贈ります。

届けないラブレターにいただいたご感想

■涙が止まらなかったです
■本人のことが書いてあるのに、すべて私がその人に対して手放していいことだとヒシヒシと伝わってきました
■本当にドンズバすぎて圧巻で、凄すぎてなんだか笑えてきました・・・笑
■不思議ですね。なんで(お願いした家族のことを)わかってもらえたんだろう
■これはめっちゃ私のためになりました
■3人とも「そうそう!そうなのー!」ってかゆいところに手が届いた感があります
■家族に対しての愛情が増しました
■なんで(相手のことを)知ってるんですか?
■まるで2人のことを知っているかのようで、ここまでくるとセラピストの領域を越えて、イタコ?
超能力者?エスパー?
■マヤリーさん、すごすぎる・・・なんですか?これは。本当にその通りなんです
■このラブレターで自分自身が相手に向き合う姿勢や意識が変わるのは、間違いないです
■これはやばい。やばいです
■自分が相手に感じていること全ての代弁をしてもらえた気持ちになった
■届けないラブレターをもらった日から、仲良くなりました

MAYARY’S PHOTO
オプションサービス
「届けないラブレター」

■価格:MAYARY' PHOTO15,000円×税に加えて
おひとりあたり : 8,000円×税   
5名さま分まで承ります
■MAYARY’S PHOTOをお受けの方のみにご提供のサービスです
■当日ご相談のうえ、あとから追加していただいても大丈夫です

MAYARY’S PHOTO.を
紹介していただきました
(渋谷松美さん)

これは凄いよ。

本当に価値があると思う。

マヤリーの人の本質を見る目は 
本当に凄いのだけど、
それ以上に凄いのが
それを言語化して表現する
能力だと思う。

マヤリーの文字には
目に見えないエネルギーが
たくさん詰まってるの。

しかも、その人の良いところ
というか、
生まれ持った資質というか
ありのまんまのその人の姿を
映しだしてくれるひと。

(人はもともとみんな輝いてる前提だからね。)

メッセージをもらったひとは
ただ、受け取ればいい。

それは、
理想の姿でもなく 
幻想でもなく
あなたのそのまんまの姿だから。

自分にはこんなに
光ってる部分があるんだ!
って、それを認めて、
そこを光らせるように
意識したら
ますます輝いていくことは
間違いないと思う。

マヤリーにあったことなくても
30分ほどお話したら
その人の本質的に輝いてる部分が
カメラのシャッターチャンスのように、
映しだされて、言語化されるって。。
特殊能力ですわ。。

これは
わたし輝いてるけど
もっと輝きたいんだ!って
人向けかも。

みんな平等に輝くものを
一人残らず持っていて、
でも、それを隠そうとしてるひとも
まだまだ多くて。。

それはいろんな経験や、恐怖から
くるもんなんだろうけど、
隠そうとしながら
見て!!って言っても
断片的にしか伝わらないよね。。

わたし、もっと輝きたいから
磨きをかけて!!!
っていう人にはもってこいかも。

わたしも好きで色んなサービスや
セッションを受けてきたけど
このサービスは今までなかったもの。

ほんと、言葉で表現しにくいんだけど

受け取ったら、
もっと凄いから。

これは受けたひとにしか
わかんないんだよね。。

まぁ、とりあけず
受けなら、自分の中で 何かが
大きく変化すること
間違いなし!ですよー


MAYARY’S PROFILE

1987年6月生まれ/ふたご座のA型 

複雑な家庭環境で生まれ育ち、14歳のときに裕福だった家庭が自己破産。その3ヶ月後に性犯罪に遭い、絶望する。
路上詩人にもらった「常識は自分の笑顔でつくってゆけ」という言葉が1つのきっかけになり、「たとえ生きていけなくても、笑顔になれる道を選ぶ」と決めて、14歳で家を飛び出す。

自身に起こった出来事をきっかけに、自分の心に向き合い続け、表面上の悩みや辛さではなく、根底にある本質を見抜くようになる。また、生まれながらに霊感が強く、10代から20代前半は度重なる心霊現象に悩みぬくが、苦悩の末、霊感から本質を見抜くチャンネルに合わせることを身につける。

2015年にセラピストとして起業。年間セッション数は300件ほど。現在はセラピストという枠にとらわれず、自身の鋭い直感力と人生経験を活かして、クライアントの本質を見抜き、心に光が灯る関わりをしている。