土地の売却ご相談は松山ディベロップへ

分譲地用の土地、農地等の売却仲介のお手伝いをします。
愛媛県内を中心に四国4県の不動産に関するご相談を承っております。

問い合わせ

所有不動産でこんなお悩みありませんか?
遠方の不動産を売却したい、親から相続した不動産が遠方だった

最も多く遠方の不動産を所有することとなる原因として、親から相続した不動産がたまたま遠方にあった場合です。
地方から東京や大阪など都会に来て働いている方が実家の家を相続したケースなどが典型例ではないでしょうか。

遊休地や効率が良くない土地にも、色々な活用方法があります。
もちろん、全てが希望どおりになるわけではありませんが、
使い道がないと思っている土地でも、考え方を変えれば有効的に使える場合があります。
松山ディベロップでは、愛媛県内での豊富な不動産取引実績を基に、資産運用の方法・改善方法・タイミングなどについて経験を生かしたアドバイスを行っています。

その他のお悩み相談事例

変形地(間口が狭い等)

このような変形地で、所有地単独での有効利用が難しい場合は、例えば隣地周辺も含め、価値向上のための施策提案や代理交渉を行います。

耕作権付き農地

所有の農地に耕作権がついている場合でも、耕作権者に対して、所有権と小作権の交換や売買を中心に、一部を自用地として残したりと全体の調和を考えた代理交渉を行います。

市街化調整区域

市街化調整区域内に土地、農地を所有している場合でも、専門の土地家屋調査士と共に許認可の申請方法を提案し売却のお手伝いをします。

無接道敷地

所有地に接道が無い場合や私道接道で建築制限がある場合でも、希望用途に合う様、私道を公道同等に変更し、土地利用をしやすく提案します。

賃貸中物件

所有地に賃貸物件を建設済みで賃貸中の場合でも、立ち退き交渉や賃貸契約の引き継ぎも含めて売却可能な状態になる様、代理交渉を行います。

不動産売却までの流れ

STEP

1

問い合わせ

売却したい不動産があれば、まずはお気軽にお問い合わせください。お問い合わせはお電話やメールで受け付けております。ちょっとしたご相談でも構いません。

STEP

2

物件調査

実際にお客様の不動産の価値がどれくらいなのかを調査いたします。これまでの取引事例や不動産相場を基に、客観的に適正価格を算出した上で希望額と調整し、売り出し価格を決定いたします。

STEP

3

媒介契約

当事業所とお客様との間で媒介販売に関する契約を締結します。

STEP

4

販売活動

インターネットやチラシなど、様々な媒体を通して物件情報を流し、購入希望者を募ります。実際にお問い合わせがあれば、物件見学も行います。

STEP

5

売買成立

購入希望者が見つかれば、価格や引渡し条件など、細かな調整を行います。売主様と買主様の双方が条件に合意できれば、ご契約となります。
引き渡して売買代金を受領すると同時に、登記申請を行います。

STEP

1

問い合わせ

売却したい不動産があれば、まずはお気軽にお問い合わせください。お問い合わせはお電話やメールで受け付けております。ちょっとしたご相談でも構いません。

代表者

黒佐 明洋

積水ハウス株式会社にて個人住宅、分譲住宅200棟以上、賃貸住宅1,000戸以上の販売実績を上げ、その後同社徳島支店長、愛媛支店長を歴任し、数多くの新規住宅用分譲地の企画立案を行う。2012年7月に松山ディベロップを設立。40年以上に渡り四国内での不動産事業に一貫して従事しており、その豊富な経験、知識、人脈を生かし当事務所の代表業務を行っている。

事業所概要


商号      松山ディベロップ

代表者     黒佐 明洋

所在地     〒791-0121 愛媛県松山市湯の山1-6-7

メールアドレス matsuyamadevelop@mg.pikara.ne.jp