【まとめ】
仮想通貨KINGS(キングスコイン)概要



密かに話題となっている仮想通貨「キングスコイン」の概要などをご紹介!


キングスコインとは

 キングスコインは、実社会における堅牢な支払いインフラを構築して、仮想通貨を使用したキャッシュレス社会を実現することを目的としています!



【キングスコインの目指すもの】

・リアルなビジネスと仮想通貨を繋げる

・長期に生き残り続ける通貨設計

・独自技術のノーボラティリティコイン


特徴

①ボラティリティリスクのない

仮想通貨KINGS-PEGシステム実装!



ボラティリティとは、価格変動のこと。
本日時点で1KING=1円だったものが明日1KING=0.5円になってしまったら、100KINGの商品の値段が一夜にして100円から50円になってしまいます。
販売店は50円の損失を被る、というイメージです。

そのようなボラティリティリスクが高い仮想通貨は、決済通貨として利用されにくく、KINGSは、ボラティリティリスク軽減するためにオープンソースでペッグされたコインを制作できるプラットホームを提供し、販売店はリスクの少ない仮想通貨を作ることが出来ます。

 


②ICカードに仮想通貨をチャージ可能

 


キングスは世界に先駆けてICカードにKINGSのシステムを通して、
仮想通貨やトークンをチャージすることが可能なシステムを設計する予定です。


③オフライン環境でも利用可能になる!

 

世界中の決済インフラとなるために、船上などのオフライン環境下でも決済できる仕組みの構築を目指しています。

KINGSは、Plasmaの階層オフチェーン技術やICカード技術等を組み合わせることで、オフライン環境下での利用を可能にする予定です。

※詳細な説明は、特許出願完了後に公開する予定だそうです

 

 


まとめ

キングスコインはまだ設計段階な内容はあるものの、

世界決済インフラとなるために大きなプロジェクトを組み、

様々な試行錯誤を行っているようですね。


キングスコインの今後の展開に期待しましょう!