カウンセリングのご予約はこちらから

なんだか、妊娠中、産後のメンタルが辛いぞ!こんなことありませんか?

  • コロナ禍で家にこもっている。大人としゃべりたい!話を聴いてもらいたい。
  • 気分の落ち込み、うつうつした気分が続いている。「私、産後うつかなぁ?」
  • コロナに感染したら、どうしよう。ザワザワ、不安が収まらない。
  • 焦りが強くて、じっとしていられない。
  • 勝手に涙が出てくる。
  • 眠れない、食欲がない。病院に行ったほうがいいのかな?・・・でも怖い。
  • 夫や両親との関係に悩んでいる。誰に相談したらいいか、わからない。
  • 気分の落ち込み、うつうつした気分が続いている。「私、産後うつかなぁ?」
流産・死産・中絶に関するご相談、または不倫や離婚に関するご相談は、今回の40分間の無料カウンセリングでは十分に対応することができません。これらのご相談は、有料のカウンセリングをご案内しますので、ページの下にあるお問合せフォームより、ご連絡ください。
期間
2020年9月1日~10月31日
料金
無料です。ただし、お一人様1回のみです。
日本臨床心理士資格認定協会からの援助金をいただき、運営しています。
カウンセリングの方法・時間
ZOOMを使います。カウンセラーと、1対1で40分間、お話いただけます。
利用していただける方
妊娠中~産後1年までの女性。ZOOMが利用できる方。
(産後1年以上経っている方は、申し訳ございませんがお受けいたしません。)

妊婦さん、産後ママの心の専門家に相談しましょう!

ママさん臨床心理士に相談!
全員、臨床心理士・公認心理師のW資格保有者です。

藤澤 真莉(ふじさわ まり)

ふじさわマターナルカウンセリングルーム代表。
産前・産後の女性が、「私」を生きながら、幸せな家族を作ることを、カウンセリングで応援しています。
コロナ禍でお産を迎えた方や、赤ちゃんと二人きりで過ごすのが不安な方、ぜひお話聞かせてくださいね!

小川 朝子(おがわ あさこ)
妊産婦心理カウンセリング室代表。周囲の家族とのむずかしい人間関係を、夫婦療法・家族療法を使ってサポートします。ちょっとしたヒントで産前産後のうつ・不安・イライラ・孤独感などコロナ禍で大変なママが元気になることがあります。一人で悩まないでご相談くださいね。
新井 陽子(あらい ようこ)
「コロナで、大人と話す機会がない」「お出かけする場所が欲しい」「検診や新米ママの会がなくなっちゃった」そんなお気持ちはありませんか?私自身も12月に出産したばかりで、他のママたちとなかなかつながれない状況の大変さを日々感じています。グループ茶話会も企画しています!
河西 陽子(かわにし ようこ)
発達(発達障害含め)、子育て支援の仕事を多くしています。また、自身も、10歳になる双子男子を育ててきました。 多胎児のお母さんたち、「これからどうしたらいい?」「どんなことに気を付けて育てていったらいい?」 といった気持ちを持つお母さんたちをサポートします。
菅原 奈都美(すがわら なつみ)
自身の出産では、逆子・帝王切開で2週間後に大震災に巻き込まれるなど大変な経験をしてきました。今、コロナ禍で苦しんでいるお母さんの力になれたらと思います。専門は企業のカウンセラーです。「一度仕事から離れたけどいつ仕事復帰したらいい?」「ハラスメントで苦しんでいる」そんな働くお母さんたちを応援します。
菅原 奈都美(すがわら なつみ)
自身の出産では、逆子・帝王切開で2週間後に大震災に巻き込まれるなど大変な経験をしてきました。今、コロナ禍で苦しんでいるお母さんの力になれたらと思います。専門は企業のカウンセラーです。「一度仕事から離れたけどいつ仕事復帰したらいい?」「ハラスメントで苦しんでいる」そんな働くお母さんたちを応援します。

オンラインで完了!簡単!お申込みの流れ

Step.1
予約するボタンから、予約サイトへ
Step.2
相談したいカウンセラーを選ぶ
5名のカウンセラーが在籍しています
相談したいカウンセラーの予約ページをクリックしてください。
Step.3
日時を選ぶ
各カウンセラーが、予約を受け付けられるお時間の表示があります。
表示されている以外のお時間は、予約できませんので、ご了承ください。
Step.4
必要事項を記入してください
氏名、ご連絡先、簡単なアンケートへのご記入をお願いします。
カウンセリング同意書も、必ずお読みください。
Step.5
ご予約の承認ができましたら、予約完了メールが届きます
ZOOMのURLをお送りします。予約のお時間になりましたら、カウンセリングを開始します。
Step.2
相談したいカウンセラーを選ぶ
5名のカウンセラーが在籍しています
相談したいカウンセラーの予約ページをクリックしてください。

よくあるご質問

  • Q
    子どもがそばにいても、カウンセリングを受けられますか?
    A
    はい、大丈夫です。お子様の安全に配慮しながら、お話をしてください。ただし、集中してお話したい方や、お子様のそばでは、話ししにくい方は、預けられることをおすすめします。
  • Q
    急に子どもの体調が悪くなったり、急用ができた場合は、キャンセルできますか?
    A
    キャンセルは原則として無いようにお願いいたします。キャンセルされる場合は、必ず、予約サイトでキャンセルの手続きをするか、お問合せフォームからご連絡をください。別日に、予約しなおすことができるか、担当カウンセラーと個別にご相談します。無断でキャンセルされた場合は、再度予約することはできません。
  • Q
    ZOOMを使ったことがない、使い方がよくわかっていないのですが、どうしたらいいですか?
    A
    まずは、スマホ、パソコンなどご利用の端末に、ZOOMのアプリをダウンロードしてください。
    予約完了メールに、ZOOMのURL、ミーティングID、パスワードをお送りします。
    ZOOMのホーム画面の「ミーティングに参加する」から、ミーティングIDとパスワードを入力していただきますと、参加できます。
    ZOOMが初めての方は、事前に操作の練習をすることをおすすめします。
  • Q
    個人情報は流出したりしませんか?話した秘密は、守られますか?
    A
    ご安心ください。臨床心理士・公認心理師の守秘義務に従い、カウンセリングで話していただいた内容や個人情報は、守秘いたします。第三者機関に情報提供する場合は、必ずクライアントさんの許可を得たうえで行います。ただし、児童虐待や自殺など、緊急性が高いと判断した場合は、しかるべき機関に情報提供をすることがあります。
  • Q
    すでに、他機関でカウンセリングを受けていますが、こちらでもカウンセリングを受けることはできますか?
    A
    一般的に、同時に複数のカウンセラーに係ることは、望ましくありません。どうしても当所でカウンセリングを受けたい方は、相談されているカウンセラーさんに、当所での単発のカウンセリングを受けたい旨をお伝えいただいたうえで、ご判断ください。
  • Q
    精神科、心療内科の治療と、カウンセリングはどう違いますか?
    A
    カウンセリングは、医療行為ではありません。診断をつけたり、お薬を出したりすることはいたしません。当所のカウンセリングでは、お話を聴くことによって、相談者さんの気持ちを整理することサポートし、また必要な社会資源におつなぎすることをします。現在、精神科、心療内科に通院している方は、必ず、主治医の許可を得てから、カウンセリングをご予約ください。
  • Q
    急に子どもの体調が悪くなったり、急用ができた場合は、キャンセルできますか?
    A
    キャンセルは原則として無いようにお願いいたします。キャンセルされる場合は、必ず、予約サイトでキャンセルの手続きをするか、お問合せフォームからご連絡をください。別日に、予約しなおすことができるか、担当カウンセラーと個別にご相談します。無断でキャンセルされた場合は、再度予約することはできません。

お問合せ

ご質問がある方は、お気軽にご連絡をください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

Special Thanks

本事業は、日本臨床心理士資格認定協会から、

『新型コロナウィルスに係る援助金』をいただき運営しています。
また、大阪府臨床心理士会からのご協力をいただいています。