なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成


ご登録で
プレゼントを
お受け取りいただけます。


名前(姓)*

名前(名)*

メールアドレス*

どちらから登録されましたか?*

上記フォームからお申し込みいただきますと
imasayo143.pnt@gmail.comおよび

とにかく明るい性教育パンツの教室
のじまなみ代表理事
nami-nojima@sunamin.co.jpより メルマガが届きます。
 
携帯メールは文字化けする可能性があります。
Gmailなどのパソコンメールでのご登録をおすすめ致します。
入力送信後
エラー画面が表示された場合は、
そのまま送信ボタンを
もう一度押してください。

期間限定

オリジナル小冊子
3冊無料プレゼント
&
「パンツの教室」体験会
(通常3,300円)
無料ご招待

こちら3冊丸っと
無料プレゼント♡

たった一言で子供がいますぐ変わる
1

魔法の声かけ法

お子さんは下ネタが大好き♡
人前で
「うんち」「ちんちん」「おっぱい」なんて
言っていたら?
ついつい
「そんなこと言わないの!」なんて言ってしまいますよね^^
でも大丈夫
魔法の声かけ法を使うと
怒ることなく
言わなくなるんですよ。
テレビのベットシーンが流れると
ドキッとしてしまうお母さんのための
2

男の子の新常識!

お母さんにとっては未知の世界のおちんちん!
どうやって洗うの、ムクのムカないの?
心配なことがいっぱい!
でも大丈夫無料小冊子でその疑問が
解決しますよ^^
そろそろダメ母卒業しませんか?
3

女の子の一生を変える
新しい生理の伝え方

生理にどんなイメージがあるでしょうか?
痛い?辛い?面倒臭い?

でも大丈夫
こちらの小冊子では生理は素晴らしもの
くるのが楽しくなる秘密の言葉も公開しています。

自己紹介

はじめまして
とにかく明るい性教育 パンツの教室 
インストラクター 
いしかわまさよです。


夫、27歳長男、26歳長女、14歳次男、9歳三男の
6人家族です。
昭和生まれの両親からは、一切性教育を受けてこない家庭で育った私。
生理を迎えても母に言えず隠していたんです。

翌日ショーツを発見され
母に知れることになりました。

そこで母がくれた言葉は
「おめでとう」でした。
 
「生理ってこういうものだよ」と
伝えてもらっていなかったので
私の中ではどうして良いかわからなかったんです。
 
「おめでとう」と言われ
初めて話しても大丈夫な事だったんだと
安心したのを覚えています。
 
こんな風に
知っていれば、教えてもらっていれば
な〜〜んでもない事ないんです。


性教育で親子の絆を強め
なんでも話せる関係性ができていれば
何かあったら
「お母さんに話そう」こんな風になりますよ。



お母さんからお子さんへ
パンツの教室流
「知識のお守り」を手渡しませんか?

キッカケは突然に、、、!

それは三男が幼稚園年長の時の出来事です。
二人車で出かけていた時に
突然三男が
「ね〜ママこの間にいにとエッチな動画見たんだ」と
心臓が止まりそうな言葉を言ったんです。
この時はまだ性教育のインスタラクターではなく
普通の母親でした。

 
その時私が放った言葉は

「へーそうだったんだ」でした。
 
 
その後息子の言動から
アンテナが働いていたのか


「パンツの教室」に運良く出会え
今こうしてインストラクターとして活動しています。


あの息子の一言がなければ、、、。


今思っても
心臓が飛び出しそうな出来事でしたが
良いキッカケをもらったと息子に感謝しています。

我が家のエピソード

末っ子9歳三男

性教育をはじめてから
気づかいにビックリです。



ある時
二人で歩道を歩いていると
車道側だった私に


「ママ、危ないからこっちに来て」と
手を引いてくれました。
 

「ありがとう」と感謝していると


「車が来ても僕が助けるからね!」と
こんな言葉を、、、。


もう嬉し泣きヽ(;▽;)ノ
 
 
性教育は
命の話し、そのままの自分で良いんだよ。
防犯の話し、男女の身体の作りの違いなど
多岐に渡ります。


こんな嬉しい変化がいっぱいです。

14歳中2次男

思春期真っ只中の次男
ま〜あ、感情の起伏がジェットコースター(笑)
今笑っていたかと思えば
その数秒後に怒っている!


そんなこともしばしば


同じくらいの年代のお子さんを
お持ちのお母さんならお分かりですね^^


それでも
私が安心していられるのは


親子の対話を大事に
そして信頼している事が
息子にも伝わっているから。
 

時々大げんかをしても
数十分後には

息子から
「お母さんごめんね」と
早々と解決しています。


また対話のおかげで
学校に行き渋っていた原因も解明できました。


色々な場面で役に立つ
性教育は最強です。

25歳長女

女性としても気づかいのできる子どもに
こんな素敵なプレゼントを母の日に貰いました。
人の気持ちに向き合える娘

パンツの教室の活動で
パンツをモチーフにした
アクセサリーが欲しいなと
呟いたら実現しました。
 
今はリアルに誰かに会うことは
なかなか難しいご時世ですが


晴れて
リアルでお会いできる場が来たら
このアクセサリーをつけて
出かけたいです。


注目が集まること
間違いなし。


お話しする
キッカケ作りに
大活躍ですね。


プレゼントはもちろん
嬉しかったですが


涙が出るほど
嬉しかったのは
娘からのメッセージ


「ままへ

パンツの教室とかで忙しいのに
夕飯のリクエストをするといつもきいてくれて
               ありがとう
私も、ままのインストラクター応援してるよ!!
ちゃんとままの努力が実って
たくさんの人にままを知ってもらえますように♡」


やっていて良かったと
本当に思えるメッセージでした。

26歳長男

年子子育てのアルアル。
育てることに一生懸命なあまり
愛情の伝え方をどこかに忘れて来てしまっていました。
泣いている長女に手がかかるので
長男には寂しい思いもたくさんさせて
しまったと思います。
 
今なら思いきいり
愛情を伝えられたのに、、、。


と時々考えます。


でも今からでも
大丈夫な事があるんですね。



それは自分の気持ちを
素直に伝える事。



そうすることによって
成人している
息子とも会話ができています。

いかがだったでしょうか?
ほんの一例ではありますが
お聞きいただけ嬉しいです。
性教育の幅の広さを
感じていただけましたら嬉しいです♡


下記ご登録で
プレゼントをお受け取りいただけます。


以下のフォームからお申し込みいただきますと
imasayo143.pnt@gmail.comおよび
nami-nojima@sunamin.co.jpより メルマガが届きます。  
携帯メールは文字化けする可能性があります。
Gmailなどのパソコンメールでのご登録をおすすめ致します。

名前(姓)*

名前(名)*

メールアドレス*

どちらから登録されましたか?*

入力送信後
エラー画面が表示された場合は、
そのまま送信ボタンを
もう一度押してください。