なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

現職でこのような不満はありませんか?

  • 業務負荷が高すぎる!
  • やりたい業務内容と合っていない!
  • 経営方針に共感できない!
  • 人事に強い不満を感じる!
  • 収入が業務量、責任範囲に見合っていない!
  • ワークライフバランスが保てない!
  • やりたい業務内容と合っていない!

シンプルにお伝えします。

現在の仕事に対する不満を解消する方法として、希望条件をクリアさせた精度の高いマッチングを目指す「転職」はひとつの選択肢であり、最善の方法と言えます。そして、医師専門の転職支援サービス(エージェントサービス)を利用する転職方法は、医師の転職を成功させる最も効率的・有効的方法と言えます。

医師専門の転職支援サービス(エージェントサービス)とは?

医師の採用を検討している医療機関などに対して、募集したい人材に求める経験/スキル/人物像/給与などの条件面を確認し、求人を作成、保有します。

転職を検討している医師に対しては、仕事に求める条件や希望を確認し、保有する求人の中からマッチする求人を紹介します。

キャリア相談から仕事選び、条件交渉、入社までをトータルでバックアップしてくれます。医療機関と転職希望者の間に入ってくれるのが転職エージェントです。転職希望者が実際に転職した場合に、転職先の医療機関から手数料(フィー)を得ることで運営されているため、転職希望者はすべてのサービスを無料で利用することができます。

<登録1分>絶対に登録すべき医師専門の転職エージェントは・・・下部リンクからですと最もスムーズに登録可能です!
★過去半年以内に登録されていない方も再登録が可能です★

Outline

  • 1.医師の「転職」で得られるメリットとは
  • 2.医師の転職者はどのくらいいるのか
  • 3.医師の転職で確認しておきたいこと(転職軸)
  • 4.転職成功のポイント
  • 5.医師専門の転職エージェントを活用するメリット
  • 6.最もおススメする医師専門の転職エージェント「エムスリーキャリア」
  • 7.エムスリーキャリアの評判/口コミ
  • 8.さいごに
  • 2.医師の転職者はどのくらいいるのか

1.医師の「転職」で得られるメリットとは

医師が転職するメリットには大きく3つあります。一つずつ見ていきましょう!そしてこれら転職するメリットの享受をサポートしてくれるのが医師専門の転職エージェントでもあります!

1-1.転職活動そのものがキャリアの棚卸しになる

  • 転職活動をするからといって、必ず転職をしなければならないものではありません。これまでどのような想いで医師の仕事をし、どのような道を歩み、その上でこの先どのような仕事をしていきたいのか、どのような暮らしをしていきたいのかを考える、大きなきっかけになります。過去のキャリアを整理することで、今後のキャリア戦略、生き方戦略が見えてきます。人生の指針にもつながります。やっていて損はないものです。

  • 転職活動をするからといって、必ず転職をしなければならないものではありません。これまでどのような想いで医師の仕事をし、どのような道を歩み、その上でこの先どのような仕事をしていきたいのか、どのような暮らしをしていきたいのかを考える、大きなきっかけになります。過去のキャリアを整理することで、今後のキャリア戦略、生き方戦略が見えてきます。人生の指針にもつながります。やっていて損はないものです。

1-2.今後の生き方に幅を持たせることができる

  • これから求められる人材として、「1組織の中で、1部門で、1つの仕事で、と同じ環境で同じ仕事を長く経験した人」よりも、「複数の組織で、複数の部門で、など多様な仕事を経験した人」のほうが高く評価される傾向が見られます。転職はその重要な機会となります。環境を変え、スキルを磨くことができるとも言え、より市場価値の高い人材を目指すことができる機会とも言えます。今後、国内の人口が減少し、医療保険財政を支える人員は減っていくことから、国は「保険料の自己負担率を上げる」「治療よりも予防に対して早めの手を打つ」といった対策を行いつつ、診療報酬の引き下げも進めていく可能性があります。また同時に患者の数も減少していくことは予測されます。総じて病院の収益が悪化することになれば、医師の給与も引き下げられることも予想されます。その前に市場価値を担保してく必要はあるでしょう。市場価値を高められると、時間当たりの収入も高く望めるようになります。労働時間を減らしながらも収入は維持できる、といった働き方ができる可能性も高まります。働き方に「幅」が生まれるのです。

  • これから求められる人材として、「1組織の中で、1部門で、1つの仕事で、と同じ環境で同じ仕事を長く経験した人」よりも、「複数の組織で、複数の部門で、など多様な仕事を経験した人」のほうが高く評価される傾向が見られます。転職はその重要な機会となります。環境を変え、スキルを磨くことができるとも言え、より市場価値の高い人材を目指すことができる機会とも言えます。今後、国内の人口が減少し、医療保険財政を支える人員は減っていくことから、国は「保険料の自己負担率を上げる」「治療よりも予防に対して早めの手を打つ」といった対策を行いつつ、診療報酬の引き下げも進めていく可能性があります。また同時に患者の数も減少していくことは予測されます。総じて病院の収益が悪化することになれば、医師の給与も引き下げられることも予想されます。その前に市場価値を担保してく必要はあるでしょう。市場価値を高められると、時間当たりの収入も高く望めるようになります。労働時間を減らしながらも収入は維持できる、といった働き方ができる可能性も高まります。働き方に「幅」が生まれるのです。

1-3.求める就業環境がすぐに手に入る

  •  収入/業務内容/組織カルチャー/経営理念への共感/ワークライフバランスなど、これまで医師としての仕事を通して、「ここは変えたい」と感じてきた「就業条件」はあるのではないでしょうか?それら条件をできるだけすぐに叶えられる可能性が高いのが「転職」です。

  •  収入/業務内容/組織カルチャー/経営理念への共感/ワークライフバランスなど、これまで医師としての仕事を通して、「ここは変えたい」と感じてきた「就業条件」はあるのではないでしょうか?それら条件をできるだけすぐに叶えられる可能性が高いのが「転職」です。

2.医師の転職者はどのくらいいるのか

メリットがあるからにはそれなりにいるはず!医師の転職者はどのくらいいるのでしょうか。

  •  厚生労働省の有料職業紹介に関する報告資料(厚生労働省『平成27年度職業紹介事業報告書の集計結果』)によると、平成27年度、有料職業紹介(転職エージェント)を通じた場合の医師の常用就職件数は約2万件となっています。国内の医師の数が約31万人ですので、15人に1人は年度内に転職をしているということです。転職するメリットがあるからこそ、多くの方が転職をしています。また、この数値は転職エージェントを通じて転職をされた方の数値です。転職エージェントの重要性も確認できます。

  •  厚生労働省の有料職業紹介に関する報告資料(厚生労働省『平成27年度職業紹介事業報告書の集計結果』)によると、平成27年度、有料職業紹介(転職エージェント)を通じた場合の医師の常用就職件数は約2万件となっています。国内の医師の数が約31万人ですので、15人に1人は年度内に転職をしているということです。転職するメリットがあるからこそ、多くの方が転職をしています。また、この数値は転職エージェントを通じて転職をされた方の数値です。転職エージェントの重要性も確認できます。

3.医師の転職で確認しておきたいこと(転職軸)

転職活動において確認したい項目を全6つ整理します!人によっては転職軸にならない項目もあるかもしれませんが参考までに目を通しておきましょう!では、1つずつ見ていきましょう!

3-1.業務負荷はどの程度なのか

  • 2019年3月に厚生労働省から「医師の働き方改革に関する検討会 報告書」が出されました。現在はその推進に向けた検討が行われていますが、各病院で医師の働き方を改革するフェーズに来ています。業務負荷の軽減を実現すべく転職を希望する方は、求人先の病院がどのような業務負荷軽減策を講じているのか、検討しているのかを確認してみましょう。ITの活用によるタスクシフトや交替勤務制などのワークシェアはその一事例です。聞きずらいことは、求人を出す医療機関に精通している転職エージェントに聞くのがよいでしょう。

  • 2019年3月に厚生労働省から「医師の働き方改革に関する検討会 報告書」が出されました。現在はその推進に向けた検討が行われていますが、各病院で医師の働き方を改革するフェーズに来ています。業務負荷の軽減を実現すべく転職を希望する方は、求人先の病院がどのような業務負荷軽減策を講じているのか、検討しているのかを確認してみましょう。ITの活用によるタスクシフトや交替勤務制などのワークシェアはその一事例です。聞きずらいことは、求人を出す医療機関に精通している転職エージェントに聞くのがよいでしょう。

3-2.業務内容はフィットするか

  • 日常の仕事内容/手術が出来る/好きな仕事が出来ている/救急がない/自分の興味と合致している/専門領域の研究が出来る、などは転職エージェントへの質問や面接時の質問で確認しておきましょう。

  • 日常の仕事内容/手術が出来る/好きな仕事が出来ている/救急がない/自分の興味と合致している/専門領域の研究が出来る、などは転職エージェントへの質問や面接時の質問で確認しておきましょう。

3-3.経営方針はフィットするか

  • どのような理念を持って経営をしているのか、その理念を実現するために心がけていることや取り組みはどのようなものがあるのか、最終面接フェーズで上席の方に確認するのが良いとされますが、是非現場に近い方や転職エージェントにも確認してみましょう。理念などの経営方針がどの程度その組織に浸透しているのかが仕事をする上で非常に重要だと言えるからです。また理念と一言で言えど、社会や地域に向けた外向きの方針と、組織内部に内向きの方針がありますので分類して整理できるとベストです。

  • どのような理念を持って経営をしているのか、その理念を実現するために心がけていることや取り組みはどのようなものがあるのか、最終面接フェーズで上席の方に確認するのが良いとされますが、是非現場に近い方や転職エージェントにも確認してみましょう。理念などの経営方針がどの程度その組織に浸透しているのかが仕事をする上で非常に重要だと言えるからです。また理念と一言で言えど、社会や地域に向けた外向きの方針と、組織内部に内向きの方針がありますので分類して整理できるとベストです。

3-4.人事面での不満は解消されそうか

  • 転職を考える利用として、「医局人事」への不満を挙げる方も多いようです。人事面を特に気にされる方は、先方人事や転職エージェントに、人事制度の特色や評価制度の特色、人事面での課題意識を確認するべきでしょう。また内部の生の情報を探るために、例えばm3.com 病院口コミナビなどの口コミサイトを活用するのも一つの手です。

  • 転職を考える利用として、「医局人事」への不満を挙げる方も多いようです。人事面を特に気にされる方は、先方人事や転職エージェントに、人事制度の特色や評価制度の特色、人事面での課題意識を確認するべきでしょう。また内部の生の情報を探るために、例えばm3.com 病院口コミナビなどの口コミサイトを活用するのも一つの手です。

3-5.収入を上げられるか

  • 条件面での代表格が収入ですが、額面の大きさだけで判断することなかれ、時間当たりの給与にも着目すべきケースもありますので注意しましょう。額面は大きくとも馬車馬のように働き、心身崩壊、というリスクがあることは踏まえなければなりません。それでも、現在の医師としてのスキルをより高く評価してくれる医療機関があれば望ましいことです。年収条件の交渉も行ってくれるのが転職エージェントですからうまく活用しましょう。

  • 条件面での代表格が収入ですが、額面の大きさだけで判断することなかれ、時間当たりの給与にも着目すべきケースもありますので注意しましょう。額面は大きくとも馬車馬のように働き、心身崩壊、というリスクがあることは踏まえなければなりません。それでも、現在の医師としてのスキルをより高く評価してくれる医療機関があれば望ましいことです。年収条件の交渉も行ってくれるのが転職エージェントですからうまく活用しましょう。

3-6.ワークライフバランスを改善できるか

  • 1日の就労時間/当直の回数/オンコールの回数/週当たりの休日日数など、理想と現実のギャップに悩まされている方は多いのではないでしょうか。完全な理想と一致させることは難しい業界ではあるかもしれませんが、組織の中には、たくさん働いて収入を得たい人や家族との時間や余暇を大切にしたい人、時期ごとにワーク/ライフのバランスを変えたい人、様々といます。画一的に全ての医師の勤務時間を減らす、といった非常に難易度の高いところを目指すポリシーを持った組織より、働く医師それぞれの働き方の裁量を重視してくれる組織であったり、様々な働き方を許容し、多様性を持った組織を選択することが、大切なのかもしれません。また近年、医療のIT化、最新テクノロジーの活用も進んでいます。これは医療の質向上を目指す意味合いもありますが、業務の効率化を可能とする一面も大いにあります。このような観点で転職エージェントや先方人事にヒアリングすることも重要です。

  • 1日の就労時間/当直の回数/オンコールの回数/週当たりの休日日数など、理想と現実のギャップに悩まされている方は多いのではないでしょうか。完全な理想と一致させることは難しい業界ではあるかもしれませんが、組織の中には、たくさん働いて収入を得たい人や家族との時間や余暇を大切にしたい人、時期ごとにワーク/ライフのバランスを変えたい人、様々といます。画一的に全ての医師の勤務時間を減らす、といった非常に難易度の高いところを目指すポリシーを持った組織より、働く医師それぞれの働き方の裁量を重視してくれる組織であったり、様々な働き方を許容し、多様性を持った組織を選択することが、大切なのかもしれません。また近年、医療のIT化、最新テクノロジーの活用も進んでいます。これは医療の質向上を目指す意味合いもありますが、業務の効率化を可能とする一面も大いにあります。このような観点で転職エージェントや先方人事にヒアリングすることも重要です。

4.転職成功のポイント

上記した転職軸の明確化、リサーチを前提として、その他転職を成功させるために必要なポイントを全4つまとめています!1つずつ見ていきましょう!

4-1.マストとベターを分ける

  • 転職の条件を整理していくと、複数、多いと十数個出てくるのが普通だと思います。それらを全て必ず叶えることは非常に難しいです。ですので、マスト(必ず実現したい希望)とベター(願わくば叶えたい、最悪なくても大丈夫な希望)に分けておくと就業先の選定がしやすくなります。

  • 転職の条件を整理していくと、複数、多いと十数個出てくるのが普通だと思います。それらを全て必ず叶えることは非常に難しいです。ですので、マスト(必ず実現したい希望)とベター(願わくば叶えたい、最悪なくても大丈夫な希望)に分けておくと就業先の選定がしやすくなります。

4-2.知人や医局からの紹介には注意

  • 知人や医局を介したルートでの転職活動となると、「馴れ合い」というものが存在するため、転職後のミスマッチのリスクが大きくなる傾向があります。希望の条件をしっかりと整理し、的確に「事実確認」をしていくことがとても大切です。

  • 知人や医局を介したルートでの転職活動となると、「馴れ合い」というものが存在するため、転職後のミスマッチのリスクが大きくなる傾向があります。希望の条件をしっかりと整理し、的確に「事実確認」をしていくことがとても大切です。

4-3.退職申し出のタイミングと退職理由を明確にしておく

  • 現在勤めている医療機関などの退職までのスケジュールは雇用契約書や就業規則などでしっかり確認し、転職先への入職がスムーズにできるようにしておきましょう。またブレない退職理由を固めておくことも必要です。退職となると強い引き留めに合うこともあります。もちろんそこで考え直すこともあるでしょうが、ブレない転職意思≒ブレない退職理由です。つまり、初めの転職意思がブレていると、退職時の引き留め時にブラついてしまいますし、なんとか乗り越えて転職したとしても後悔する、といったことになりかねません。転職を考え始めたら、まずは転職エージェントに相談し、ブレない意思を固めていきましょう。

  • 現在勤めている医療機関などの退職までのスケジュールは雇用契約書や就業規則などでしっかり確認し、転職先への入職がスムーズにできるようにしておきましょう。またブレない退職理由を固めておくことも必要です。退職となると強い引き留めに合うこともあります。もちろんそこで考え直すこともあるでしょうが、ブレない転職意思≒ブレない退職理由です。つまり、初めの転職意思がブレていると、退職時の引き留め時にブラついてしまいますし、なんとか乗り越えて転職したとしても後悔する、といったことになりかねません。転職を考え始めたら、まずは転職エージェントに相談し、ブレない意思を固めていきましょう。

4-4.焦るな危険

  • 医師の転職に焦りは禁物です。情報収集不足やカルチャーフィットへの違和感などを持ちながら焦って転職してしまうと、また同じように苦しむ例も少なくありません。時間をかければ良い、ということではありませんが、やるべきことは確実にやる、確認すべきことは丁寧に確認する、を徹底しましょう。

  • 医師の転職に焦りは禁物です。情報収集不足やカルチャーフィットへの違和感などを持ちながら焦って転職してしまうと、また同じように苦しむ例も少なくありません。時間をかければ良い、ということではありませんが、やるべきことは確実にやる、確認すべきことは丁寧に確認する、を徹底しましょう。

5.医師専門の転職エージェントを活用するメリット

改めて、医師専門の転職エージェントを活用するメリットを整理します!医師の転職方法として最も活用したいのは医師専門の転職エージェントであることがよくわかります!

無料で利用

これは最も大きなメリットかもしれません。キャリア相談から仕事選び、条件交渉、入社までをトータルでバックアップしてくれます。転職先の医療機関からフィーを得ることで運営されているため転職希望者はすべてのサービスを無料で利用することができます。

企業との調整代行

医療機関などの人事に精通する医師専門の転職エージェントです。医療機関などの人材ニーズを把握し、転職したい医師の方の希望をヒアリングしたうえでマッチングをしていきます。この労力を自身で行うことはなかなか大変です。また日程調整なども代わりに行ってくれます。

内部情報入手

医師の転職をする上で確認しておきたいことは既に記載しましたが、それらの確認事項の中には、転職検討したい医療機関などに直接聞きづらいこともあったりします。医師専門の転職エージェントは、先方の人事担当者とのつながりのみならず、現場の方やトップの方ともつながっていることが多く、内部情報に精通しているとも言えますので、転職エージェントに確認を取りながら転職活動を効率的に進めることができます。また事前に内部情報を手に入れることで面接対策も有利に進められます。

非公開求人の入手

医療機関などの医師求人情報はほとんど一般公開されていないことはご存じでしょうか?一般公開されている医師求人は30%程と言われています。関係のある大学医局に知られることがないように水面下で動きたい、内部に求人内容を知られてしまうことで人事に支障をが出る、待遇に関する不平不満が出るリスクがある、応募者が殺到してしまい採用活動に支障が出るなど理由があり、非公開で採用を進めることが多いのです。医療機関が非公開で採用活動をする際、一般的に医師専門の転職エージェントを使う理由はここにあるとも言えます。

良き相談相手

転職で実現したい条件面を整理するにも、一人で悩むより、医師の転職事情に精通する専門家に相談することで、その糸口がつかめるのではないでしょうか?転職のことであればなんでも相談に乗ってくれるのが転職エージェントの仕事でもあります。

良きキャリアプランを描ける

自身で志望する医療機関を地道に探すことは、転職活動での視野を狭めてしまいがちです。医師の転職市場に精通する医師専門の転職エージェントに相談することで、適正な市場価値を知ることができ、長期的なキャリアプランも描きやすくなります。より現実的に地に足を付けた転職活動を行うことができます。

書類作成サポート

応募に際して必要な履歴書や職務経歴書など、書類の作成をサポートしてくれるのも特徴です。医療機関によっては書類通過のために必要な書類作成の工夫が必要なケースもあります。

高い面接通過率

先方の面接担当者が気にするポイントは医療機関によってばらばらです。そのポイントを捉え、時には過去の通過者の傾向を考慮しながら面接対策を行うことができます。事前に効率的な面接対策ができるのですから面接通過率が高くなるのはあたりまえ、と言えます。

条件交渉代行

給与条件や入局時期など企業に直接交渉することが難しい条件面の交渉を、転職エージェントが代わりに行ってくれます。弱い立場になりがちな応募者側ですが、ここはうまく転職エージェントを活用しましょう。一般的に年収条件が良くなれば、転職エージェントの得られるフィー(手数料)が多くなります。転職エージェントには年収を交渉するインセンティブがあります。

円満退社サポート

既に記載しましたが、退社の際には押さえておきたいポイントがいくつかあります。これらのアドバイスをしてくれるのも転職エージェントの役割です。

内部情報入手

医師の転職をする上で確認しておきたいことは既に記載しましたが、それらの確認事項の中には、転職検討したい医療機関などに直接聞きづらいこともあったりします。医師専門の転職エージェントは、先方の人事担当者とのつながりのみならず、現場の方やトップの方ともつながっていることが多く、内部情報に精通しているとも言えますので、転職エージェントに確認を取りながら転職活動を効率的に進めることができます。また事前に内部情報を手に入れることで面接対策も有利に進められます。

医師専門の転職エージェントを活用しない手はありません!活用せずでの転職活動は多くの機会を損失しているに等しいとも言えます!

6.絶対に登録すべき医師専門の転職エージェント

最も活用したい医師専門の転職エージェントは【エムスリーキャリア】です。28万人以上の医師が登録するm3.com(日本最大級の医療 従事者向け情報サイト)を運営するエムスリーグループの仲間です。エムスリーは、ソニーグループの医療系ネット企業でもあります。

<登録1分>絶対に登録すべき医師専門の転職エージェントは・・・下部リンクからですと最もスムーズに登録可能です!
★過去半年以内に登録されていない方も再登録が可能です★

エムスリーキャリアがなぜ「絶対」なのか?

数ある医師専門の転職エージェントの中で、なにより、精度の高いマッチングが最も期待できる特徴を持っています。転職希望医師の登録実績は8年連続No.1でもあります。

ポイント1. 圧倒的な求人数を誇る

  • 常勤15,200件以上、非常勤4,600件以上、合計19,800件以上の求人数を保有しています。これは国内最大規模です。関東で言うと、関東内の約40%の病院の求人情報をカバーしています。因みに、地方求人が非常に少ないということは決してないのでご安心ください。転職サポート後の早期離職は、転職エージェントが得られるフィー(手数料)を採用した医療機関などに一部返金しなければならないというリスクもありますので、転職エージェントはマッチングの精度をないがしろにはしないのですが、求人数が多いということは、希望を叶えられる転職の選択肢を豊富に得られるということですし、転職サポート実績も多くなるため精度の高いマッチングのノウハウも多くなります。エムスリーキャリアはこの点で他社転職エージェントを一歩リードしています。

  • 常勤15,200件以上、非常勤4,600件以上、合計19,800件以上の求人数を保有しています。これは国内最大規模です。関東で言うと、関東内の約40%の病院の求人情報をカバーしています。因みに、地方求人が非常に少ないということは決してないのでご安心ください。転職サポート後の早期離職は、転職エージェントが得られるフィー(手数料)を採用した医療機関などに一部返金しなければならないというリスクもありますので、転職エージェントはマッチングの精度をないがしろにはしないのですが、求人数が多いということは、希望を叶えられる転職の選択肢を豊富に得られるということですし、転職サポート実績も多くなるため精度の高いマッチングのノウハウも多くなります。エムスリーキャリアはこの点で他社転職エージェントを一歩リードしています。

ポイント2.すべてのコンサルタントが医療経営士の資格保有者

  • もちろん資格だけ持っていればよい、ということではありませんが、経営的知識や視座は確実に持っていることになります。採用活動をする医療機関などの組織を、経営的な視点で捉え、語ることができるため、どのような人材がマッチするのかを的確に見極めることができますし、他社転職エージェントと比較して、組織に一歩踏み込んだ関係を築くことができるため、内部事情にも精通しています。そのための独自の細やかな調査も実施しています。条件の交渉力も総じて強くなります。転職支援サービスに対する評価が満足度96.1%であることや、年収向上を希望する医師の方の年収アップ率が88.7%であることなどしっかり数値に表れています

  • もちろん資格だけ持っていればよい、ということではありませんが、経営的知識や視座は確実に持っていることになります。採用活動をする医療機関などの組織を、経営的な視点で捉え、語ることができるため、どのような人材がマッチするのかを的確に見極めることができますし、他社転職エージェントと比較して、組織に一歩踏み込んだ関係を築くことができるため、内部事情にも精通しています。そのための独自の細やかな調査も実施しています。条件の交渉力も総じて強くなります。転職支援サービスに対する評価が満足度96.1%であることや、年収向上を希望する医師の方の年収アップ率が88.7%であることなどしっかり数値に表れています

ポイント3. ミッションは「イキイキと働く医療従事者を一人でも増やし、医療に貢献する」こと

  • 上でも記載しましたが、転職エージェントは転職者を医療機関などに紹介し、入職が決定したら、フィー(手数料)が発生し収益となります。ですので、マッチングの精度をそこまで気にせずに転職先を紹介し、後先考えずに、入職を決定させようと誘導してくるような収益本位の転職エージェントが存在しています。ここは注意しなければなりません。エムスリーキャリアは「イキイキと働く医療従事者を一人でも増やし、医療に貢献する」ことをミッションに大きく掲げています。会社として転職を無理におすすめはしません、と断言もしています。転職エージェントの会社としての姿勢も精度の高いマッチングが期待できるものなっています。

  • 上でも記載しましたが、転職エージェントは転職者を医療機関などに紹介し、入職が決定したら、フィー(手数料)が発生し収益となります。ですので、マッチングの精度をそこまで気にせずに転職先を紹介し、後先考えずに、入職を決定させようと誘導してくるような収益本位の転職エージェントが存在しています。ここは注意しなければなりません。エムスリーキャリアは「イキイキと働く医療従事者を一人でも増やし、医療に貢献する」ことをミッションに大きく掲げています。会社として転職を無理におすすめはしません、と断言もしています。転職エージェントの会社としての姿勢も精度の高いマッチングが期待できるものなっています。

<登録1分>絶対に登録すべき医師専門の転職エージェントは・・・下部リンクからですと最もスムーズに登録可能です!
★過去半年以内に登録されていない方も再登録が可能です★

7.エムスリーキャリアの評判/口コミ

実際にエムスリーキャリアを通じて転職された方々の体験をご覧ください!
(参考)転職サイト 比較Plus / エムスリーキャリアエージェント HP

8.さいごに

必ず転職したい!と思われている方は早めにまず一歩を踏み出しましょう。その一歩をエムスリーキャリアはしっかりとサポートしてくれます。求人は生ものです。良い求人は早くて2週間ほどで埋まってしまいます。

また、転職は検討段階、という方もまずは転職エージェントと繋がっておき、情報収集をしてみてみましょう。キャリアや働き方などの視界が開ける入るかもしれません。

登録後、まずはコンサルタントに現在の状況や希望などのキャリア相談をする形となります。(もちろん秘密厳守)相談後に求人紹介を望まない、ということも選択できます

既にエムスリーキャリア以外の転職エージェントに登録されている方であっても、複数の転職エージェントに登録をすることは全く問題はないので、検討してみてください。

<登録1分>絶対に登録すべき医師専門の転職エージェントは・・・下部リンクからですと最もスムーズに登録可能です!
★過去半年以内に登録されていない方も再登録が可能です★