中古住宅のリノベーションでお悩みの方へ

リノベ専門一級建築士事務所だからこそ分かる

中古住宅をお得に、安心安全にリノベーションする方法


どうして中古住宅を購入する人はインスペクションを選択するのか


中古住宅を購入しようとして、こんなところに悩んでいませんか?

  • 耐震が不安

  • 雨漏りや床の傾きなど、劣化状態が不安

  • シロアリ被害が不安

  • 不動産会社の言葉を信じて良いのか分からない

  • リノベーションにお金をかけたいが、安い中古住宅でも大丈夫なのか知りたい

  • 雨漏りや床の傾きなど、劣化状態が不安

悩みを解決するのに、こんなことをしていませんか?

その
1

仲介業者を探す

中古住宅を購入する際に、一番始めに考える方法です。

ネットでの検索から近場の住宅を取り扱う不動産会社など、形態に違いはありますがやはり住宅といえば不動産会社が主です。

その
2

リフォーム会社に相談する

家の修繕を手がけるリフォーム会社。工事が出来るノウハウがあるため、不動産会社との繋がりもあります。

不動産会社に直接声をかけるよりも敷居が高くなく、相談しやすいのが特徴です。

その
2

リフォーム会社に相談する

家の修繕を手がけるリフォーム会社。工事が出来るノウハウがあるため、不動産会社との繋がりもあります。

不動産会社に直接声をかけるよりも敷居が高くなく、相談しやすいのが特徴です。

中古住宅の不安を希望に変えるには、
インスペクションをするべきです。

不動産売買において、2018年に改正宅地建物取引業法によって不動産会社から「建物状況調査」が出来る業者を紹介可能かどうかの説明を行うことが義務化されました。

しかし「建物状況調査」というのは「見たまま」の調査であり、例えば、床下を調査したくても点検口がなければ「検査不可」という報告で終ってしまいます。

それに対して、インスペクション(住宅診断)は床下点検口がなければ点検口を作った上で調査を行います。

建物状況調査が「顔色だけで病気を判断する」のに対し、インスペクションは「人間ドッグで健康状態を判断する」レベルの検査なため、大きな違いがあります。

マルホデザインでは住宅に対して人間ドックレベルで調査をすることの出来るインスペクター(住宅医)が在籍しており、中古住宅を購入したはいいが、不安だというお客様に対してインスペクションを実施しています。

プロフィール

申し遅れました。

マルホデザイン一級建築士事務所の名和豪敏と申します。

岐阜県でリノベーション専門で、中古住宅のインスペクションから改修までワンストップでサービスをご提供しています。

中古住宅や現在お住まいの家をリノベーションをするにあたり、住宅に対して不安をお持ちだった施主様も今では安心してリノベーションをしたお家に住まわれています。

なぜ、安心して中古住宅や、不安のあった住宅に住めるようになったのでしょうか。

それはインスペクションを行い、適切に改修工事を行ったからです。

今回はインスペクターが在籍するリノベーション専門の建築士事務所だからこそ分かる、インスペクションの重要性をお伝えしたいと思います。

それぞれの家にあった、インスペクションプラン

マルホデザインでは3種類のインスペクションをご提供しています。

プランは非常にシンプルです。

・中古住宅購入の際におすすめな、劣化診断インスペクション

・家の機能を底上げする、機能向上インスペクション

・快適化を目的とする、性能向上インスペクション


インスペクションプランはこの3つになります。

マルホデザインではインスペクターの資格を持った建築士がインスペクションをしているので、そのままリノベーションの設計へとスムーズに入ることが出来ます。

ホームインスペクションを実施することのメリット

  • インスペクターは第三者的な立ち位置なため、中立的で公正な診断を行うことが出来る。

  • インスペクション報告書を「家のカルテ」として残すことが出来る。

  • インスペクションを行うことで住宅瑕疵保険やローン控除などを使ってお得にリノベーションが出来る。

  • 「欠陥住宅」や「買ってはいけない住宅」をつかむリスクを避けられる。

  • いつ、どこに、どれくらいのお金をかけるべきか見通しが立てることが出来る。

  • 専門家がチェックすることで安心して住宅を購入・居住することが出来る。

  • インスペクション報告書を「家のカルテ」として残すことが出来る。

  • 住宅の修繕箇所や改善点など、売主側にも根拠を持って知らせることが出来る。

  • 住宅の構造や設備など、本質的な性能が分かる。

  • インスペクション報告書を「家のカルテ」として残すことが出来る。

なぜ今回「インスペクションのノウハウ」を公開することにしたのか

これまで、「中古住宅が不安だからインスペクションを考えているが、誰に話を聞けばいいか分からない」や「どんな調査が自分の家にあっているか分からない」という、リノベーションを目前にインスペクションで悩んでいる方をたくさん見てきました。

その一方で、インスペクションをすることで、住宅瑕疵保険やローン控除などをうまく活用して賢く、かつ、安心安全を担保できるリノベーションを行う方も見てきました。

今回公開する「インスペクションのノウハウ」では、どんな住宅にどういったインスペクションが必要か要点をまとめてあります。

更に、インスペクションをすることで入ることのできる住宅瑕疵保険やローン控除など、マルホデザインの事例を参考に特別にお教えいたします。

請求して下さった方には【限定特典】があります

2大特典

  • 購入希望物件内覧同行
  • アフターメンテナンス時に使える特別割引券お渡し

  • アフターメンテナンス時に使える特別割引券お渡し

よくある質問

  • Q

    申込み方法を教えて下さい。

    A

    「今すぐ申し込む」からメールフォームに飛びます。必要事項をご記入の上、送信していただくことで申し込みになります。

  • Q

    詳細ページの見方を教えて下さい。

    A

    お申し込み内容を送信後、自動返信されるメールにURLが記載してあります。そちらからご覧いただけます。

  • Q

    限定特典はどうやって受け取ればいいですか?

    A

    自動送信されるメールに記載させていただいています。ご確認下さい。

  • Q

    詳細ページの見方を教えて下さい。

    A

    お申し込み内容を送信後、自動返信されるメールにURLが記載してあります。そちらからご覧いただけます。

追伸

マルホデザインでは中古住宅に対して、安心安全を担保するためにインスペクションを行っています。

インスペクターがインスペクションを行うことで、


・第三者的な立ち位置から、中立的で公正な診断を行うことが出来る。

・専門家がチェックすることで安心して住宅を購入・居住することが出来る。

・「欠陥住宅」や「買ってはいけない住宅」をつかむリスクを避けられる。

・いつ、どこに、どれくらいのお金をかけるべきか見通しが立てることが出来る。

・住宅の修繕箇所や改善点など、売主側にも根拠を持って知らせることが出来る。

・住宅の構造や設備など、本質的な性能が分かる。

・ホームインスペクション報告書を「家のカルテ」として残すことが出来る。

等のメリットがあります。
今回、どんな住宅にどういったインスペクションが必要か要点をまとめた情報をお教えいたします。

「インスペクションのノウハウ」に申し込みしてくださった方には、

・各中古住宅にぴったりあったインスペクションプランの詳細


に、


・購入希望物件内覧同行

・アフター点検時に使える特別割引券お渡し


という特典が付いてきます。


見た目だけのリノベーションでは、不安は払拭されません。

安心安全は住宅の基本です。

是非リノベーション前にご活用ください。