アイスを食べて、 
   あなたも、
  家族も、

  まるごと愛す日。  

誰でも
まるっと
歓迎

まるごと愛す(アイス)は、すごいんです!?

まるごと愛す(アイス)は
企画も材料もイラストも
ぜーんぶ行田発!!

埼玉県行田市の農家さんが心を込めて作った古代米&白米を使用したオリジナルブレンドアイス!!
淡いピンク色は古代米の栄養素の一つ、アントシアニン。
お米のつぶつぶ食感を残しつつ、甘さを引き出すためにお塩をプラス。食べやすくスッキリとした味わいに仕上げました。

アイスを食べて、
地域を味わい、
地元農家さんを応援しませんか?

白米&古代米は、わたしたちがお届けします。

埼玉県行田市
はせがわ農園 さま
初めまして。園主の長谷川浩です。
当園は映画化され人気を博した和田竜の小説「のぼうの城」の舞台行田市にあり、お米や麦、日本梨、大豆を栽培しています。
お米の栽培は先祖代々受け継がれてきたもので、私で14代目になります。この行田市は、利根川と荒川に挟まれた、豊かな水に恵まれた埼玉県でも有数の米どころです。 梨と大豆は、私が平成20年に脱サラしてから始めたものです。 梨は幸水、豊水、あきづきを栽培しています。
各品種のもつ本当の美味しさをお客様にお届けしたい。その思いで、栽培をはじめ、今日に至ります。

地元の食材をふんだんに使った
心にも体にも優しいメニューの古民家食堂

埼玉県行田市
野菜時々肉食堂 かんなや さま
まるごと愛すと地元の美味しい食材がギュッ!とつまったご地創デザート【まるごと愛すパフェ】

住所:埼玉県行田市忍1-12-10
電話:050-5240-5382
営業時間:11時~15時
定休日:日・祝・他

参加すると、こんなに沢山、愛せます!!

家族や周りの人たちを
まるごと愛す
あなた自身を
まるごと愛す
地元の食材や農家さんを
まるごと愛す

地元の食材や農家さんを
まるごと愛す

まるごと愛すをもっと知りたい!
↓詳しい活動内容はこちら♡↓

こんにちは!まるごと愛す実行委員会代表の川田真理です。

私は障害がある二児の母です。

今でこそ受け入れていますが、障害受容は今でも本当に難しいことだと感じています。葛藤もたくさんありました。 そんな中、共感してくれる人や場所は、必ず必要になってきます。

そして、同じ状況だから共感しあえるとも限らず、状況が違うから分からないでもなく、その人が感じてきた悲しみ、痛み、辛かったこと、嬉しかったことに寄り添うこと。 それが本当の意味での「共感」だと思いました。

わたしは、「出会い」に何度も救われました。

自分の気持ちにシンプルに向き合う。
悲しみ、苦しみ、辛いとき。
その思いを否定するのではなく、そっと
寄り添える時間や場所を作りたい。

そこでの出会いからまた繋がりが出来る。
それが何かを変えるきっかけになる。
そして、また、繋がっていく。

そんな想いを込めて生まれたのが「まるごと愛す」です。

つきつめると何にでも誰にでも当てはまります。

大きなことは出来ませんが、この想いが少しでも
「なにか」になれたら良いなと思い、活動をスタートしました。

まるごと愛す実行委員会 代表

川田真理

埼玉県在住。二児の母。
障害児育児を通して得た様々な実体験から「ありのまま」でいることの大切さに気付き、その思いを形にしたい!と、地元の食材を使用した【まるごと愛す(アイス)】を考案。
'19年に「まるごと愛す実行委員会」を設立。
'20年に発達障害者(児)や、ご家族のためのコミュニティ「manabiyori」設立。

「得意なことも夢もない」という自身の経験をもとに、様々な環境からくる生きづらさを気軽に話せる場や、一人ひとりの特性を生かすことのできるCafeを作るのが夢。
本・コーヒー・音楽が好き。

現在は、夢に向かって試行錯誤を重ねながら、どんな自分もまるごと愛すをモットーに活動中。

まるごと愛すを応援する!

会の運営には、会場維持費やオンライン会議ツールの管理費等が必要です。
活動にご賛同頂ける方は下記ボタンから応援頂けますととても嬉しいです。
(1口 500円~)