今、話題のマジョラムエキスとは!?なぜ育毛改善が期待できるの??

マジョラムエキスとは、マジョラムの葉から抽出したエキスになります。最近話題になった育毛剤BUBKAに配合され最新の育毛成分として注目を浴びている成分です。

育毛効果が見込める17型コラーゲンを産生できるというマジョラムエキスは今後、育毛剤の主流成分になっていくでしょう。

そんなマジョラムエキスの効果・効能や実際の育毛効果があるのか、を検証していきたいと思います。

マジョラムエキスって?

マジョラムとはシソ科の植物で、地中海地方やエジプト、北アフリカに生息しています。エジプトやギリシャでは昔からハーブとして扱われ、心を落ち着かせ、リラックス効果があります。
また、薬としても扱われており、痛みを軽減したり麻酔の代用としても扱われてきました。
古代ギリシャでは、マジョラムは幸せを象徴するハーブとして知られており大切なものとして扱われてきました。


別名「マヨラナ」とも呼ばれ「マヨラナエキス」としても扱われており、何年も前からスキンケア用品やヘアケア用品として配合されています。

マジョラムエキスの効果・効能

①スキンケア効果

ヒアルロン酸の産生の促進作用があり、保湿効果が見込めます。

また、Ⅰ型コラーゲンの産生促進による抗老化や抗炎症の作用があります。肌のハリやアトピー、肌荒れなどの炎症まで抑えることができます。
血行を促すんドエ、しもやけや内出血などの緩和にも効果的です。

オイルとしても扱われており、主にエステなどでマッサージオイルとして仕様されています。ラベンダーと同じくらい香りが柔らかいエッセンシャルオイルです。

②ヘアケア効果

ヘアケアの効果では主に育毛の効果が見込めます。

・ヘアサイクル遺伝子調整作用

・5αリダクターゼ活性阻害

・17型コラーゲン産生促進作用

これらの中でも注目されている効果が「17型コラーゲン産生促進作用」になります。

というのも、東京医科歯科大学が発表した研究では17型コラーゲンをとると、「薄毛改善につながる」と発表したからです。

(出典:東京医科歯科大学

17型コラーゲンってなに?

17型コラーゲンとは、体外からは吸収できないコラーゲンの一種です。

そのため、17型コラーゲンを体内で産生する機能と、体内で作られた17型コラーゲンの維持が重要になります。

マジョラムエキスはこの体内で産生する機能を促進する成分として昨今注目されています。

なぜ薄毛が改善されるの?

加齢による薄毛・脱毛は髪全体が細くなり生え際やつむじを中心に頭皮が目立ち薄毛になっていきます。

研究によって、加齢性薄毛は毛包幹細胞が減少し毛包が縮小、生えてくる毛がどんどんと細くなり最終的に毛が抜けてしまうことを突き止めました。

ですが、毛包幹細胞を維持するために重要な役割を果たすのが『17型コラーゲン』なのです!

そのためにも、薄毛予防のためには17型コラーゲンの維持が大切です。

17型コラーゲンはどうやって取ればいいの?

しかし、17型コラーゲンは体外からの摂取ができません。
そのためすでにある17型コラーゲンを維持するか、新しく体内から産生しなければいけません。

そのために注目されているのがマジョラムエキスです。

マジョラムエキスの効果として前述した「17型コラーゲン産生促進作用」があります。

マジョラムエキスを摂取することによって17型コラーゲンの産生を促すことができ、薄毛改善につながります。

マジョラムエキスで薄毛改善する

そんなマジョラムエキスで薄毛改善をわかりやすく解説しているサイトがあるので、薄毛改善をしたい方はこちらのサイトもご覧になるのが良いと思います。

↓↓↓
薄毛の原因は●●が減ること!某有名大学教授らによりハゲる理由が解明された!

参考サイト