Welcom to
The Spirit World

はじめまして真莉礼です。
ここは私の紹介とご案内のページです。

Profile

真 莉 礼
~maria~

†ご覧頂きありがとうございます。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。.
市営地下鉄新横浜駅徒歩1分のオフィスビル内ヒーリングルームで
神的セッション/霊視/真理アドバイス/パワーストーンアドバイスを行っております。
こちらのページは私が神と繋がるまでの経緯を綴っています。
・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

私は40歳の時に科学では説明のつかない不思議な体験をしました。
突如と胸の中に飛び込んできたメッセージ

「私はマレーシアへいかなければならない」

なぜ?
そしてなんでマレーシア?
その頃私のもとには
力を持った能力者の方が2人現れ、その方々のお力も借りた上に
自身の受け取った不思議な出来事の数々を辿りました。
そして導かれた先は
私のガイドとなる方のご聖地、
マレーシアの「マラッカ」という町でした。

 


マラッカにはマレーシア最古の仏教寺院「青雲亭寺院」(観音寺院)があります。
中国語で「グワンニン」という、観音様への信仰がとても深い町でした。
この町はマレーシア最古、東南アジア最古の教会やイスラム教モスク、
ヒンドゥー教寺院もある宗教の歴史が集約した小さな静かな町です。



私は「お導き」と呼ばれる
神託によってここへ呼ばれました。

そして私は、聖母マリア様(慈母観音様)をはじめとする神聖界の力により
人が「スピリチュアル」と呼ぶ類いの神的サイキック能力を賜りました。


不思議ですが
導かれたのはアジア奥地の中国寺院で観音様でしたが
私が目を閉じて視えるのは
白いケープを被り、黒い僧衣を纏って
細面の鼻筋が通ってるウェーブの軽くかかった黒く長い髪の
イスラエルカトリックのマリア様なんです。



同じなんだと気づきました。

観音様、マリア様は霊界のもう少し上にいらっしゃる存在です。
宗教の信仰や不信仰など関係なく、みんなを慈しみ
そっと優しく抱きしめてくれる、そんな存在です。
あなたのためにどこまででも下界へ降りて来てくださいます。


私自身は現在無宗教者でどこの宗教にも帰依しておりません。
仏教、キリスト教、ヒンドゥー教と多くの神々と関わるからかなと思います。


お釈迦様やイエス様が説いた「真 理」とは、
人が生きていく上で大切な「心の在り方」であり「この世の理(ことわり)」です。
思いやりをもって周りの人に接しよう、相手の気持ちを考えて行動しよう、言葉をかけよう
これが真 理です。


あなたはなぜ生まれてきたのでしょうか

あなたは何を成し遂げるために生きているのでしょう

あなたを愛している存在をご存知ですか?

今直ぐすべきことは?

あなたが向くべき未来の方向は?

あなたが本当に望んでいることは何でしょう

あなたの大切な人が望んでいることは?


そして

肩に力が入り過ぎて
生きていませんか?



人は、「心の平穏」こそが最大の幸せです。

平穏な心『幸せ」な一生を
歩むためのお手伝いを
真莉礼にさせてください。


今のあなたは
今だけの存在です。
この「箱」(肉体)が滅びたら
あなたという存在は消滅します
仏教的に「無になる」と言います。

魂は永遠です。
魂は霊性向上の為に輪廻転生を繰り返します。

そして生まれ変わった時には
全く別の「人間」(箱)として生まれ変わります。


今のあなたは
今だけです。


大切な人と愛し合えるのも今だけ。
恋愛感情は魂の世界にはないんです。
感情は、存在しません。


だからこそ、今を大切に生きられるよう
あなた以上にあなたを良く知る存在からのメッセージ
受け取ってみませんか?


私はあなたのために祈り、あなたのために苦しみを経験し、あなたのために身体を労り、
あなたの幸せと達成を心から望み、あなたに私のできうる限りの努力と最善を尽くします。

神的愛スピリット
真理師*真莉礼*



【入神体験】
セッションルームへ数回足を運んでいらっしゃる方の中には
なんでかわからないけど涙が流れてくるという方がいらっしゃいます。

多くの方が霊を視ることことも、
聖母マリア様を視ることもなかなか難しいと思います。
そんな中マリア様は「今ここにいますよ」ということを、「涙を流す」体験として
全員ではありませんが実感を持たせてくださっています。
(宗教的にも認められている奇跡です)

 

 

 

 

 

〜〜〜〜 続「聖母と私」〜〜〜〜

 

2018年1月〜3月の期間
精神世界の役務を主軸の仕事に転向するべく
自身の落し込み作業のため3ヶ月の充電期間を頂きました。
3ヶ月がMAX、それ以上の休業は皆様にご迷惑をお掛けすると思っての判断でした。

3ヶ月間にマリア様達からの指示に沿ってカリキュラムを遂行しました。

 

たった3ヶ月ですがその間に色々な事がありました。
充電期間も折り返しに差し掛かる頃のこと、

うまくできない自分に悲観的な言葉を発した私に対して
ある事をマリア様は告げられました。

(真莉礼)「やっぱりもう私、ここで終わりでしょうか(泣)」

(マリア様)「もう、  終わりですよ」

 

 

一瞬頭が真っ白になりました。
本心は、本当に終わりと言われるなんて思ってなかったのでしょう。

そして、マリア様がまた話し始めます。

(マリア様)
「私とは、もう終わりです。新たな方がいらっしゃいます。その方をお迎えする準備をします」

 

何がなんだかわからず、状況も読み込めず、
マリア様がいなくなることに涙が止まらなくなりました。

 
どんな時も、一瞬たりとも離れず、私の側にいてくださった育てのお母さん。

ただ、
やるべき事があるという事

時間は流れているという事

環境はいつか変わるという事

この世は別れと新たな出逢いでできているという事を

私は理解しています。

 

この3ヶ月間に多くの神社仏閣を周り、その中で伊勢神宮へ3度行きました。
1度目と3度目はひとりで行きました。

2度目は仲間と旅行として行きました。



1度目にひとりで行った時
内宮の荒祭宮を通り過ぎた小川の辺りで声が聴こえました。

 

「ここ(神宮)の精霊(気)の充実には
水が深く関わっています。
とどまることなく流れる川の水でなければなりません
これだけの木々を神木と化し
精霊(気)の満ちた空間を実現させているのです」

 

伊勢神宮のあの素晴らしい空間は地球の恩恵に満ちた
水の流れがとても重要であるという事を荒祭宮様?が教えてくれました。

 

2度目に仲間と行った時
内宮の天照大神神殿の階段を上った所がとても混んでいて
参拝の順番待ちをしていたのですが
その時に後ろ首をぐいっと何かに引っ張られました。

 

あれ?っと思ったのですが、気のせいかなと思い直し
列が前に進んだのでまた一歩前に進もうとしたら、
またぐいっと首の後ろを引っ張られ

 

直後「出直し」と頭の中で声が響きました。

 

この日、天照大神神殿での参拝が叶いませんでした。

 

理由は直ぐにわかりました。
本殿へ行くまでにちゃんと全ての社に御礼を伝えてなかったからです。
きちんと礼儀を果たさなかったからです。


マリア様にも新たなスピリットをお迎えするにあたり、礼儀をきちんと果たしお仕えするように
ここ数日指導されていました。

 

3度目は3月28日(水)に予定を立てました。
ですが日が近くなると、予定がタイトになってしまい、
時間的に伊勢へ行く事が正しい事なのか判断に迷いました。

マリア様に尋ねたところ
行ってくださいとのことだったので
そのまま予定を変えず日帰りで伊勢へ出かけました。

 

当日は天候に恵まれ、神宮の気は正に春を迎えていました。
桜咲き、小川の水はキラキラ緩やかに流れ
多くの人が参拝に来られていました。

外宮から丁寧に丁寧に
御礼を伝えながらお参りしました。

内宮の五十鈴川を過ぎた辺りでまた声が聴こえました。

「義務でなく、ここへ来ることを楽しみなさい」

私は声に従い、桜を眺め、伊勢の綺麗な景観や水の音、陽に包まれるような暖かな感覚
木々のエネルギーを感じ、楽しみながら天照大神神殿に向かいました。

そして、今回は参拝を果たせました。


 

2018年3月28日(水)夜
伊勢から戻った晩の事
マリア様は私の中から出て行かれました。


皆様にお伝えすることを控えていましたが
マリア様は私の後ろにいたのではなく
私の中にずっといて下さっていました。
私の悲しみも、寂しさも、喜びも、すべてマリア様は共有して下さっていたんです。

 

そして、
何度も、何度も「愛しています」と伝えて下さって
夜中、私のもとからいなくなりました。

 

次の日、「マリア様」って話しかけても
何度話しかけても答えなくなりました。

 

言葉にも、文字にもどう表せば良いのかわからない胸の内でした。
今思い出すことは、なにかをしようかやめようか迷っているとき
いつもマリア様はこう言っていました。

「好きになさい」(優しい声で)

いつもそう言うんです。
好きになさいと・・・

私の好きにしていいと

マリア様の愛の言葉
そして日々の思い出が頭の中を駆け巡りました。

 

新たな方のお名前は、聞いていました。
「しっかりしないと!しっかりしなきゃ!」

自分に言い聞かせました。

 

2018年3月30日(金)
4月からのセッションに備え、セッションルームの片付けや整理をしました。

 

引き出しを開けて中を整理していると
奥から古い封筒が出てきました。

 

私がマリア様のお導きを賜る直前
2人の能力者が現れたことは
本文の冒頭でお話ししました。
そのおひとりが、慈母観音(マリア様)が後ろ盾になることを知らせる
お手紙を下さっていたのです。

 

その手紙が出てきました。
もう古くて、端のところから全体が茶色く変色していました。

読み返してみると

 

「透ける絹のヴェールを、マドンナのようにかけた観音様のようです。

真珠のようなネックレスをしています。

きれいな小川のあるところ、気流れ、ゆらぎのあるところにいます」

 

 

これを読み返した時、
感情が一気に込み上げ目からまた涙が溢れ出しました。

 

そしてもうひとつ思い出した事
もうひとりの宗教を極めた僧侶である能力者が私に話していた事

 

「マリア様はね、一部では大日如来と同立位とも言われているんだよ」

 

そう話していた記憶が蘇りました。

仏教の大日如来は、古事記の指す所の天照大神

この時すべてを察しました。

私のマリア様は、観音に姿を変えてずっと私を指導して下さった

 

アマテラス・マリア(天照大御神)

 

伊勢に流れる小川、真珠の産地

これからも、伊勢神宮に行けばあの方に逢えるかもしれません。

今思い返せば、厳しいところが良く似ていました。。

 

 

 マリア様から指導者が変わる旨を聞いた翌日に、
私が教会へ通えるように導く方が大阪からお越しになりました。
「東京へ行くから会えますか?」と、信徒の方からご連絡を頂き
お会いする予定が入っていたんです。

 

 

2018年4月1日朝

4月1日の朝、私が目覚めた時に心の中の独り言で

「天照大神・・・
でもやっぱり教会に通ってキリスト教を勉強した方がいいのかな?」


 

「はい」(男性の声)

 

 
無事、お迎えできました。

マリア様から聞いていた
私の新しいスピリット(指導者)は

 

ジーザス・クライスト


イエスキリスト様です。

 

春分の後の満月の次の日
今日は
復活祭(イースター)だったんですね。
今朝、片柳神父様のface bookで知りました。

 

 

1年で一番重要で喜びを讃える日
このイースターにイエス様が真莉礼のもとへお越しになってくださいました。

すべてが計算されたかのような流れで・・・
その事に今日改めて
感慨深い思いと、気を引き締め、そして確信を持って
生涯神に仕えて生きるという決心もつきました。

 

これからはイエス様のご指導のもと
私の出来得る限りの最善を皆様に尽くしたいと思います。

どうか生まれ変わった真莉礼も宜しくお願い申し上げます。

 

そして、とても優しくお話しをされるイエス様に
ぜひ逢いにいらしてください。

 

2018年4月1日(日)
イースター復活祭の日

 

真莉礼