なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

まん福ホールディングスの「食の事業継承」とは?秘めた可能性について調査しました!

まん福ホールディングス株式会社が提唱する「食の事業継承」とは何なのか?
「食の事業継承」がどんな可能性を秘めているのかお伝えします!

 【 まん福ホールディングス 】 

企業概要

  • 会社名:まん福ホールディングス株式会社
  • 設立:2021年4月
  • 代表取締役社長:加藤智治
  • 設立:2021年4月
  • 所在地:〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-15-10 第6横芝ビル7階
  • 電話番号:03-6433-7530
  • 企業UPL:https://manpuku-hd.jp/
  • 設立:2021年4月
—代表取締役社長 挨拶—

たえまないAIとビッグデータの進化。
ニュースを見れば、DXに、5Gに、MaaS。
生活は、どんどん複雑になっています。

でも「うまい」はどうでしょう。

「うまい」は、問答無用にあなたを笑顔にしてくれる。
家族をつないでくれる。
自然を感じさせてくれる。
明日へ希望を与えてくれる。

そう。
「うまい」は、人類をしあわせにする。

この複雑すぎる世の中に、最高の「うまい」を。
私たちはこの一番シンプルだけど一番尊い価値を追求しつづけます。

 【 加藤智治氏が代表取締役社長に就任! 】 


 代表取締役社長としてまん福ホールディングスを設立したのは、ビジネス界で著名な加藤智治氏! 

 恐るべき略歴を紹介します。 

代表取締役社長:加藤 智治
1974年 熊本県生まれ。東京大学・東京大学大学院卒業。

<ビジネス歴>
ドイツ銀行グループにてグローバル金融市場を体感し、マッキンゼー&カンパニーで経営コンサルティングを学ぶ。当時の最短3年9か月でマネージャーに昇進。29歳から事業会社の経営に関わる。
2004年フィールズ株式会社の社長室長に就任し、スポーツ・エンターテイメント関連の子会社2社の取締役に就任。
2007年、PEファンドのユニゾン・キャピタル投資先の株式会社あきんどスシローにターン・アラウンド・マネージャーとして参画し、専務取締役、取締役COOを歴任。回転すし業界売上日本一、顧客満足度日本一に貢献。
2015年、ゼビオ株式会社の代表取締役社長に就任し、全国に展開する「スーパースポーツゼビオ」事業を経営(2021年3月退任)。
2021年4月、創業メンバーと共に設立したまん福ホールディングス株式会社の代表取締役社長に就任し、現在に至る。

東大・東大大学院を卒業後、若くから経営を学び近年では外食寿司チェーンのスシローのCOOとして経営強化、さらにはゼビオではCEOに就任し、経営全般を行ってきました。
とにかく結果を残す加藤智治氏は、ビジネス界では既に著名。

また、ネット検索ではラグビーとの関連もヒットします。
というのも、開成中学・高校ではラグビー部に所属し、高校2年時に都大会ベスト16。大学でアメリカンフットボールを始め、4年時に、同大学初の関東プレーオフ進出を果たし、3年時に関東オールスター選出、4年時に学生オールジャパン選出。卒業後、社会人Xリーグのアサヒビール・シルバースターに入部。
9年間在籍し、社会人決勝4回出場、優勝1回。

まさに文武両道という言葉が相応しい鉄人です。

何にでも手を抜かない生き方が、ビジネスシーンでも良い信頼関係を築けるヒケツなのかもしれません!

 【 事業内容-食の事業継承- 】 


 そんな何事にも手を抜かない加藤智治氏設立、まん福ホールディングスの事業こそが、「食の事業継承」といったもの。 

 「食の事業継承」について説明します! 

食に特化した事業継承

売上不足や後継者不足に苦しむ飲食業界の中小事業者を対象として、負債と共に買収する。
ただ、M&Aのように売却をするわけではなく、まん福ホールディングスの経営プロ陣が事業の後継者に就任。
今まで繋いできた伝統や愛情を守りつつも、更なるブランド力の向上と販売規模の拡大を目指して、事業継承・事業発展させてゆく

なんと、2025年における中小企業経営者の約6割以上が70歳以上(2017年中小企業白書より)と予測されているのは知っていましたか?

後継者不足問題が深刻になっているんです。

後継者がいなくなれば、当然今まで気づいた伝統は、お店と共になくなってしまいます。
そんな状況に着眼し、伝統と日本の旨いを守っていこう、繋いでいこうと考えたのが、長年飲食業界で経営に従事してきた加藤智治社長

 【 後継者となる経営のプロフェッショナル 】 

今まで築いた伝統を任せるのは、半端な覚悟ではできません。
愛情を持って、今までの伝統や考え方を理解し、引き継いでくれるプロフェッショナルだからこそ、安心して事業継承の合意が出来るもの。

まん福ホールディングスのメンバーは、「全員」が外食業界で経営に携わってきた人材です。
加藤智治社長が自分の目で選んだエリートが名を連ねています。
取締役副社長 COO 小池 正樹
1966年 神奈川県生まれ。横浜商科大学 商学部卒業
新卒で新日本証券(現みずほ証券)に入社後、26歳で株式会社ゼンショーに転職。
牛丼チェーンのすき家の店長から、ブロックマネジャー、営業本部長、工場長、人事部長、社長室長等を経験し、30歳で取締役に就任。
関連企業統括本部長としてMAした企業であるココス、ビッグボーイ、ウエンディーズ、牛庵、大和フーヅ等の取締役を兼任、PMI業務を行う。
その後38歳で退社し、株式会社TARMSの前身であるコンサル企業を共同創業し、ロイヤル関東、不二家フードサービス、西洋レストラン、システムズ、かごの屋、UCCフードサービス、CCC創業者の増田氏の資産管理会社のソウツー、びっくり寿司、トリプロ等の経営に参画。
現在に至る。

 【 事例紹介 】 

 経営のプロ集団まん福ホールディングスが行った事業継承の事例を紹介します。 

 — ちがさき濱田屋 — 

創業60年の歴史を持つ地元で愛される弁当屋

湘南で60年愛されてきた「ちがさき濱田屋」は、後継者不在で、事業存続の危機にありました。
白黒写真から、経営者の愛情・ぬくもりが伝わってきます。

2021年設立の、まん福ホールディングスの第一案件として、「ちがさき濱田屋」は事業継承することになりました。

まん福ホールディングスとの「食の事業継承」協定では、濱田屋の伝統や良さはそのまま受け継ぎ発展させることを大前提としています。

つまり、「売らない、売却しないM&A」です。
まん福ホールディングスの「食の事業継承」では、新商品の開発から、デリバリー新規開拓・エリア拡大、ECサイト最適化など、今までの濱田屋では取り組んでこなかった新たな顧客獲得に着手。

今までの伝統やスタッフを大切にしながら、第二経営気を歩んでいくことになります。

さらに、工場労働生産性の改善や、仕入先の見直しなど、抜本的な改善に努めます。

さらに5月からは60周年を記念し、新商品の開発も開始し、今まで築いた濱田屋ブランドに経営プロによるノウハウを投入。

まさに、まん福ホールディングスがイメージする事業継承・事業再生です。

【 食に特化した事業承継プラットフォーム会社:まん福ホールディングス 】

創業者の想い、老舗の「暖簾」を、未来に向けてバトンタッチを受け、永続的に発展させてゆく。

この「食の事業継承」は、単なるM&Aではなかった!

家業の伝統を尊重しつつ、企業へと更に発展させるために中長期的に経営機能を強化してゆく。
今までのブランド×プロの経営術の融合によって、未来のある事業継承が可能になるんですね!

【 まん福ホールディングス企業概要 】

まん福ホールディングス株式会社

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-15-10 第6横芝ビル7階
TEL 03-6433-7530
受付時間:平日 9:00 - 18:00(土日祝は休業)
企業UPL:https://manpuku-hd.jp/