【マネパカードの申し込み方法】発行期間と必要書類は?評判の海外プリペイドカードの口コミ紹介も

マネパカードは海外プリペイドカードとして留学生などにも評判ですが、日本国内でもマスターカードとして提携店で利用できます。

マネパカードの申し込み方法や特徴、必要書類や発行までの期間、実際に使った方の評判の口コミなどを紹介します。

マネパカードの特徴

マネパカードとはどういうカードなんでしょう。

マネパカード(manepacard)は海外で使えるプリペイドカードとして誕生しましたが、日本国内でもプリペイドカードとしてマスターカード提携店でショッピングやレストランの支払いに使うことができるんです。

国内でmatercardが使える店舗、例えばコンビニやスーパーやドラッグストアでも
「カード払いで」とレジで渡すとクレジットカードのように利用することができるんです。

しかもクレジットカードとは違い、プリペイドカードなのであらかじめチャージした金額以上のお金を支払いに当てることができません。

なのでカードの使いすぎを抑えることができるんです。


またクレジットカードのように与信審査がなく、15歳以上で誰でも申し込みできるので、クレジットカードを持たすのは不安な一人暮らしの高校生に生活費としてチャージしたマネパカードを親御さんが持たせるということも考えられますね。

もともと海外留学しているお子さんへ送金代わりに使えて、クレジットカードよりもATM手数料が安いメリットがあるカードなので、国内使いでのこういうケースもいいですね。


またマネパカードは年会費や発行手数料も無料。
口座管理手数料も無料だから、もし発行だけして使わない時期があったとしても無駄なお金を使うことはありません。

【マネパカードの特徴まとめ】

  • 国内外6通貨を1枚のマネパカードにチャージできる
  • 取扱通貨は、日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル
  • チャージの手数料がかからない(無料)
  • マスターカード提携店でクレジットカードみたいに支払いできる
  • 申し込みは15歳以上なら誰でもOK(与信審査なし)
  • 海外ATMでチャージ済みの外貨を引き出しできる
  • 海外ATM出金手数料はアメリカなら1回2ドル
  • 海外ショッピングの決済手数料が無料(ただし為替レートがあるので実質0.8%程度)
  • 日本国内のショッピング利用で0.5%還元(キャッシュバック)

マネパカードの申込み方法解説

マネパカードの申込み方法は簡単なんでしょうか?解説してきますね。

まずマネパカードを申し込みできる人は、15歳以上の方になります。

しかもプリペイドカードなので与信審査もありません。

なので未成年でも収入がない学生さんでも申し込むことができるんです。


【マネパカードの申し込みの流れ】

  1. マネパカード公式ページから「カード申し込み」をクリック
  2. 「カード解説申込フォーム」ボタンをクリック
  3. 個人情報取得や規約などに同意
  4. 住所や氏名などの情報を入力
  5. マイナンバーや本人確認書類をアップロード

以上で、マネパカード側での発行確認作業がスタートします。

全てインターネット上で完結できるので便利ですよね。

マネパカード申し込みに必要な書類は?

マネパカード申し込みに必要なものとしては
  • 本人確認書類
  • マイナンバー(個人番号)
の2点が必要になります。

※もし必要書類が手元にない場合は、後からアップロードすることもできるようです。

================

本人確認書類とマイナンバー(個人番号)書類について

「本人確認書類」として、以下のいずれかの書類をご用意ください。

(1)住民票の写し(発行後6カ月以内のもの)
(2)運転免許証のコピー(有効期限内のもの)
  ※住所変更されている場合は必ず裏面もコピーしてください)
(3)健康保険証のコピー(有効期限内のもの)
(4)パスポートのコピー(有効期限内のもの)
(5)印鑑登録証明書のコピー(発行後6カ月以内のもの)
(6)個人番号カード(表面)(有効期限内のもの)
(7)外国籍の方は「在留カード」「特別永住者証明書」「外国人登録証明書」「住民票の写し」
  ※それぞれ在留期限内及び有効期限内のもの、表裏の両面が必要(住民票の写しは除く)
  ※住民票の写し(発行日から6か月以内かつ在留期限内のもの)
(1)~(7)のいずれか1点の画像または書面が必要です。

「マイナンバー(個人番号)書類」として、以下のいずれかの書類をご用意ください。

(1)個人番号カードの裏面
(2)通知カード
(3)住民票(マイナンバー付)(発行後6カ月以内のもの)
(マネパカード公式ページより引用)

================

申し込みから手元に届くまでの期間

マネパカードはプリペイドカードなので、クレジットカードのような与信審査はないのですが、入力情報が間違っていないか等の確認の期間が必要です。

WEB上で入力された情報や必要書類を元にマネパカードを発行していいか確認された後にマネパカードが簡易書留で自宅に到着します。

マネパカードが届くまでの期間は、Web申し込みから最短で1週間、長くて2週間程度になります。

ただし、後でアップロード可能な必要書類を用意する期間が長くなれば、当然マネパカード到着までの期間は長くなってしまうので注意が必要です。

マネパカード到着期間をできるだけ早くしたいなら、申込み時にあらかじめ必要書類を用意するようにしておきましょう。

マネパカードの評判

マネパカードを実際に使った方はどんな感想を持っているんでしょうか?

マネパカードを申し込もうか迷っている方には、とても参考になるのではないでしょうか。

さっそく口コミを紹介しますね。

イタリアのローマ、ベネチアに旅行された20歳女性(大学生)の口コミ

マネパカードを申し込んだのは、2週間くらいヨーロッパに行くことになり、あまり手持ちで現金を持参したくなかったからです。

実際にマネパカードを使ったのは、買い物時と手持ち現金を口座から降ろす時。

あまりクレジットカードを使用すると、その後の請求が怖いと感じていたんですが、マネパカードはそのまま口座から引き落とされるので安心できました。

海外のどこでも現金を簡単におろせて便利でしたね。
イタリアのATMには、使い方が英語で書いてあったので、数回順を追って作業すればお金をおろすことができました。

アメリカや香港でマネパカードを使った22歳男性(幼稚園教諭)の口コミ

一度も海外のプリペイドカードを持ったことが無かったので一度持ってみたいと思いネットで調べていたらマネパカードがいいと書いてあったのでマネパカードを選びんで申し込みました。

初めてマネパカードを使ったのはショッピングの際でした。
簡単に支払いができたので重宝してます。

店員さんに渡すだけで支払いが出来る点その際、レシートにサインを求められますが、暗証番号などの入力もないという点が良かったです。

海外に旅行する際は小銭がたまって荷物がパンパンになるのが嫌だったのでカードだけで支払いできるのは本当に助かりました。

口コミを見た感想

いかがでしたか。海外でのマネパカードの利用者の評判も上々のようですね。

やはり海外ではたくさんの現金を持ち歩くのは不安なので、こまめにATMで現地通貨をおろす必要があるようですね。
そうした場合、マネパカードは気軽に海外ATMで現地通貨を引き出すことができるので便利みたいですね。

クレジットカード並にショッピングでも使えて、使いすぎも防止できるマネパカードをメインに持っておくのもいいですね。

マネパカードは年会費や発行手数料も無料なので、気軽に申し込んでもいいのでは。