こんなお悩みお持ちではないですか?

何が経費になるのか、わからない
そもそも、数字が苦手だから、なかなか先へ進めない
起業したばかりで、何から手をつけたらよいかわからない
領収書は保管しているけれど、保管しているだけで何もしていない。たくさんためてあって困ったな・・・

税金のことがまったくわからないから不安
そもそも確定申告って必要なのかわからない
起業したばかりで、何から手をつけたらよいかわからない

\ そのお悩み、一気に解決する方法があります /

せっかくやりたい事があって起業、集中したいのに、
苦手なお金の管理がついてくる。大変ですよね(涙)
でも、こなさなければいけない現実。 
苦手だからと逃げていても後回しになるだけです。
 
「やらないといけないけど時間が・・・」 「レシートがたまってしまった・・・」
「どれが経費になるのかわからない・・・」
わからないものはやりたくない!
と・・・

でも、それで良いのでしょうか?
皆様は経営者です。
経営者である限り、数字から逃げていてはいけません!

会計のこと、税金のこと、一度しっかりと学びませんか?

今回は、
【経費になる?ならない?】
について、お話しをさせて頂きます。

もしかしたら、その経費、浪費かもしれません・・・
もしかしたら、その経費、税務調査の時に否認されるかもしれません・・・
否認された場合は恐ろしい事に(>_<)
あなたは大丈夫でしょうか?

知らないと損する!経費になるもの、ならないもの

経費になるもの、ならないものの基準って知っていますか?

経費として申請する場合は
事業に必要な費用だったと正しく証明できる
必要があります。

経費計上に関して、あまり知られていないものに

◆開業前の費用
◆賃貸マンションの家賃
◆水道光熱費
などがあります。
ただし、事業に対して使っている割合の分のみとなります。

追徴課税って、ご存知ですか?

経費にすると納税額が少なくなるからといって、何でもかんでも経費にし、経費に算入したものが税務署から否認されてしまったら、
過少申告による加算税を支払うことになります。

簡単に言うと、納める税金が少なかった場合や申告書の提出が遅れた場合には新たに税金を納めることになります。

この場合、新たに納める税金の他に、
罰金等の意味合いでの追加の税金納付が必要になります。
これが追徴課税です。
このときの納付金額は非常に大きくなる場合があります。

プロフィール

会計・節税トータルサポートコンサルタント

堀 茂美

1964年岐阜県岐阜市生まれ

銀行に9年間勤務。銀行時代の知識と経験を活かし、会計・節税コンサルタントとして、起業。
2017年9月に『TulipPlanning合同会社』を設立

現在はTulip Accounting Schoolを主宰しながら
各種勉強会を開催する。

1.会計に関する勉強会
2.節税対策勉強会
3.各種給付金勉強会
4.各種補助金勉強会

2020年6月に開催した『持続化給付金勉強会』は全日程が即日満席となる。

会計や節税の知識を持ちながら、あと1歩を踏み出せず、伝えたいのに伝えられない悶々とした日々を過ごしていたが、やはりこの知識は多くの人に伝えようと決めて多くの勉強会を開催するようになる。

自身の税金滞納の経験もふまえて、正しい税金の知識を始め、多くの起業家のかたが難しく考えている会計や税金の世界を楽しく、また、わかりやすく伝えている。

会社や事業の収支、つまり売上と経費のバランスおよび税金を自分でコントロール出来る経営者を全国に増やし、豊かな起業家を社会に排出することを目指している。

個人事業主として10年間、法人経営者として4年間の経験からお話しします

会計と税金の知識の両方を知っている事で
数字が読める経営者への第1歩を踏み出す事ができます。

数字が苦手な方は、なぜ苦手なのでしょうか?

わからないから苦手だと思っているだけではないでしょうか?


もしかしたら、それは思い込みにすぎないかもしれません。
一緒に学んでみませんか?

Tulip Accounting Schoolは
こんな方にピッタリです。

  • 数字が苦手な方
  • 会計をしっかり初歩から学びたい方
  • 確定申告をご自身でコンプリートしたい方
  • 何から手をつけたら良いかわからない方
  • 経費になるものならないものが、いまひとつわからない方
  • 数字が苦手な方
  • グループが苦手な方には、個別トータルサポートもご用意させていただいています。
  • 数字が苦手な方

Tulip Accounting Schoolでは
こんな事を学びます

  • 会計の基本・応用
  • 会計システムの導入・便利な使い方
  • 節税のポイント
  • 経費になるもの、ならないもの
  • 確定申告書の作成~提出
  • 事業の売上と経費のバランス把握できるようになる。
  • 会計の基本・応用
それでは、ここで少し自己紹介をさせて頂きますね。

銀行退職後、簿記の専門学校に講師として就職。
その後、派遣社員で働くかたわら、ITコンサルタントして起業し、確定申告をするようになりました。
最初は何もわからず会計ソフト(インストール型)を使用し経費と売上の管理をしていました。

その頃は経費も何となく計上し、税金・節税の知識も無く、知らなかったことで、かなり損をしていた事を、あとから知りました。

知らない=損する

です。

あなたは大丈夫でしょうか?

個別相談お申込フォーム

個別相談をご希望の方は、こちらからお申込下さい。48時間以内にご連絡いたします。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。