なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

ママ楽マインド
無料オンラインサロン
(申し込み停止中。近日再募)

今だけ、参加者全員に
「 5つのマインドメール講座」を
完全無料でプレゼント!

※予告なく終了する可能性があります。

ママのマインドを楽にする
ママ楽ドゥーラ主宰

タランゴ よう子

障がいのある子を
持つママが

その悲しみの涙を
喜びの涙に変え

人生を
「幸せに生きる」と決める場所

ママ楽マインド 
オンラインサロン

タランゴ よう子

障がいのある子を持つ
ママであるあなたへ
1度でもこう思ったことはありませんか?

  • ・子供の障がいを受け入れている自分と、受け入れられていない自分を感じる
  • ・子供や自分たちの将来を思うとお先真っ暗な感覚になる
  • ・自分の悩みを心から話せる場所がない
  • ・子供が障がいを負ったのは自分のせいだとどこかで思っている
  • ・子供に障がいがあることを人に中々話せない
  • ・とにかく日々の色んなことにいつも疲れている
  • ・子供や自分たちの将来を思うとお先真っ暗な感覚になる

今のあなたは、紛れもなく過去の私そものもです

  • 子供が癇癪や葛藤で荒れる度に、自分が責められているように感じてしまう
  • 子供がこういう状態なのは、私の心が弱いから、器が小さいからだと自分をダメな母親だと思ってしまう
  • 疲れ切った1日の最後に、不安なこと、心配なことに頭を支配され、眠れなくなってしまうことがよくある
  • 涙が出るほど喜んだり、もう無理だと思うほど絶望したり、とにかく感情の波が激しい
  • 周りから言われる何気ない一言に傷ついたり、悲しんだり、怒りを感じたりし、それをいつも胸にしまってしまう
  • この子が健常だったら、、と決して叶わないと分かっている「もし」を考えることをどうしてもやめられない
  • 子供がこういう状態なのは、私の心が弱いから、器が小さいからだと自分をダメな母親だと思ってしまう

はじめまして

アメリカ発ママ楽ドゥーラの
タランゴ よう子です。

結婚を機に渡米して今年で丸10年
9歳の長男、5歳の長女、旦那と4人で
テキサス州ヒューストン近郊に暮らしています。

長男が生後9か月の時に、
小児科医から筋肉の弱さを指摘され、
今思えば、そこからが
私の「スペシャルニーズママ
としての日々の幕開けでした。
(※障がいや病気のある子たちのことを英語で、
Special Needs Kidsと言います)

最初は小児科医に紹介された
公的機関で診断してもらい、
全体平均に比べて数か月遅いくらい。
月に数回の理学療法、作業療法を行いながら
様子を見ていく感じでした。

ところが1歳になって、
ようやく座れるようになったと思ったら、
不安定でグラグラ。
歩くどころか四つん這いも出来ない。

少しずつ強くなる
これはただの遅れではないかもしれない
という胸のざわざわ

そしてついに1歳半ごろ出始めた自閉症状と同時に、
小児科医より伝えられた一言

この子自閉症っぽいね

薄々感じてはいたし、診断の確定でもないのに、
医師」という立場の人から言われたたった一言
あまりに深く刺さりました

障がいのある子の親になる

そう呟いた瞬間、
とてつもない量の涙と嗚咽があふれ出て、
そこから一週間泣き続けたのを
今でも鮮明に覚えています。

そこからやっと涙が止まり、
私は私にやれることを、
と重い腰をあげてからの日々はまた壮絶でした。

小児科、小児神経科、複数の自閉症診断施設、
遺伝子科、理学療法、作業療法、言語療法、
日本でのいわゆる民間療法、数々の検査。

日本語で理解するのも難解なことを、
全て英語で行わなければならないストレス

どれも正しく見える、膨大な情報。

どんどん重なる医療費。

周りに頼れる家族がいない中でのワンオペ育児

この子の少しでも良い未来は、私にかかっている
最適最善な決断を下さなければ

という今にも押しつぶされそうなプレッシャー

時に逃げ出したくなる気持ちを、
息子のために!」と奮い立たせる中、

2歳1カ月で小児てんかん
3歳6カ月で知的障害を伴う自閉症スペクトラム障害
そして、4歳2ヵ月で、
日本の難病指定に入る遺伝子性疾患

の診断名がつきました。

当時の私は本当にぼろ雑巾のようでした。

いつも疲れていました
いつもため息をついていました
いつも何かに怒っていました
いつも泣いていました
いつも誰かを妬んでいました
いつも自分を、人生を責めていました

息子がこうなったのは、
自分の責任
人に頼ってはいけない、

母親である私がしっかりしなければ
と、とにかく自分に鞭を振り続けていました。

そんなことをし続けていたのでね、
やっぱり限界が来てしまったんです。

「私がもっと
ちゃんとしたママだったら、強いママだったら、
あなたたちはもっと笑えてもっと幸せなはず。

こんな酷い母親は、
子供たちのためにもいない方がいい
こんなママで本当にごめんね

完全に鬱でした。

自分の命を絶つ勇気のなかった私は、
ただただ毎日この世から消えてしまいたい
という思いを感じながら生きていました。

そんな私の思いとは裏腹に、私の心と体は
私を生かすため必死に動いてくれていました。

今にもぶっ壊れそうな私の心を守るために取った行動。

それが、ワンオペでほとんど家にいなかった
旦那にぶつけた
悲鳴のような罵詈雑言でした。

「あんたなんて、
私が死んだってなんとも思わないんでしょ!
こんなボロボロになってても仕事行くんでしょ!
もう嫌だ、死にたい!!

今だから思うんです。

死にたい!」と叫びながら渇望していたのは
生きたい!」という反対の想い

だけど、もうこんな風には生きていたくない
そういう叫びだったんです。

それから旦那はすぐに職場を変えてくれ、
以前とは比べ物にならないくらい
一緒に過ごせる時間が増えました。

そして私はカウンセリングや
母に助けに来てもらったり、
たくさんの暖かい助けを借りながら、

どうにか最底辺から少し浮上することができました。

そんな中、自分の人生を今一度自分へ問いかけました


このまま死んでもいいの?


息子の障がいを覚悟したあの日から、

たくさんの眠れぬ夜を過ごしてきました。
たくさん自分を痛めつけてきました。
たくさん自分を犠牲にしてきました。
たくさん心の声を無視してきました。
これでもか、と自分を蔑ろにしてきました。

そんな無視され続けてきた私の中のもう1人の私が、
心の底から叫びました。

このまま死にたくない!

この心の声を聴いたあの日、

息子の為ではない
自分の人生を生きる」という大きな決断をしました。

そして自分の心が求める学び、知識を
深めていきました。

そんな中、
私は1つの結論に辿り着きました。

私が息子を育てるのが苦しかったのは、
息子に障がいがあるからではない。

私自身がまず、
あるがままの自分を受け入れて
生きていなかった
からだ。

全ての問題の根源は私自身にあった

そう気づいた時の衝撃は、
「障がいのある子の親になる」
と自覚した時と同等の衝撃を覚えました。

そしてそこに気づいた私は
長い時間をかけて、自分と向き合い続けてきました。

自分が蓋をしてきた感情思考の癖
植え付けられた価値観、刷り込まれた「」、
トラウマ、本当の私の想い、考え…

たくさんの学びや日々の内観で、

今まで必死に頑張り続けてきた自分を
抱きしめる
ことができました。

傷つきながら生きてきた自分を
褒めてあげる
ことができました。

私は私のままで価値があるということに
気づくことができました。

どんな状況になっても
立ち上がって回復していける力があるんだ
と知りました。

人間は「変わる」と決めて行動したら
変わることが出来るんだ
と実感
することができました。

きっとあなたのお子さんは、
年々素晴らしい成長を見せてくれるでしょう。

でも、障がいがなくなることはこれからもない
と思います。

今の私も変わらずそうであるように、
落ち込むことや悩むこと、時に涙すること、
それはこれからも起き続けます

だけど、それでも大丈夫

大丈夫になったんです。

それは、自分の身に起きる問題を
周りに投影し続けていた悪習慣に気づき、

見ないよう、感じないようにしていた
過去の自分と徹底的に向き合い

自分のいいところも、嫌なところも、
得意なところも、苦手なところも、
強みも、弱みも、全部

ありのままの自分に気づき、受け止め、
その自分で生きていけるようになったから。

私は今、
どんなことがあっても、私は大丈夫
と思えるマインドを手に入れることが出来ました。


色んなハンデを抱えながらも、
あなたも子供も幸せに生きていく

あなたにもそれが出来ます。

そのために最も必要なこと
それが

あなた身が、どんなことが起きても大丈夫
と思えるマインドを持っていること


私は今やっと、これまでの人生、
息子との筆舌に尽くしがたかった日々は、
私にとって全て必要な経験だったんだ
と思えるようになりました。

その全てがあって今の私があります。

『息子の1日後に死ぬこと』
が生きる目的でした

「どうして私が・・・」

初めての妊娠、出産、子育て

たくさん不安や心配もあったけど

「運動は好きな子かな」
「男の子だからやんちゃかも」
「思春期になったら、うざいとか言われるんだろうな」

そんな未来を想像しては笑みがこぼれていました。

子供が障がいを持つということ。

それは、

「当たり前の未来の喪失」

当たり前に立って
当たり前に歩いて
当たり前に話して
当たり前に勉強して
当たり前に巣立っていく。

そんな未来が来ないのかもしれないという絶望感

「妊娠中に薬を飲んだからかな」
「お腹が張ってる時に無理したからかな」
「きっと罰が当たるようなことしたんだ」

浮かんでくるのは、自分を責める言葉ばかり。

誰かにだと言って欲しい、
これは全部夢だったと言って欲しい、

どうしてあなたなの・・・

あなたがこれまで抱えてきた思いは、
今抱えている思い

誰にも打ち明けたことがないもの
自分でも否定したくなるようなもの
誰にも分かってもらえない
と思っていたものかもしれません。

私もそうでした。

そんな私でも
あなたの辿ってきた道、
想いを全て理解することは出来ません

あなたを救い出すことも、
助けることも出来ません

だけど、その経験があるから、
あなたの苦しみ、悩みに寄り添うことが出来ます

あなたのために居場所を作ることが出来ます

そこからあなたが前に進んで、
あなたとあなたのお子さんの価値ある人生を
生きていくための
サポートをすることが出来ます

あなたが私と同じ経験をし続けていく必要なんて
これっぽっちもない
んです。

あなたには、
たくさんの人の手や力、知恵を借りて、

一刻も早く暗闇から抜け出して欲しい

あなたの意思で、幸せに生きると決めて
生きていって欲しい。

あなたに悲しい涙よりも
嬉しい涙をたくさん流して欲しいから、
あなたを支えるために、
少しでもあなたの力になるために、

私はこのグループを立ち上げました

今日まで

たくさん頑張ってこられましたね。
たくさん涙を流してこられましたね。
たくさんのことを諦めてこられましたね。
たくさん自分を責めてこられましたね。

そして、よくこの場に辿り着いて下さいましたね。

障がいのある子を育てるというのは、
綺麗ごとでは済まされないことも多い、
本当にチャレンジの連続の世界です。

経験した人にしか分からないことも
たくさんあると思います。

だからね、

あなた1人で抱えようなんて思わないでください。

私は知っています。

あなたが「変わる」と決めて動けば
あなたは絶対に変わると。

私はそうやって、
たくさんの自分を変えてきました
だからあなたも大丈夫。

私は、世界中に住む、
ママ並み以上のチャレンジに日々向き合い続ける、
障がいのある子を持つあなたのために

傷をなめ合うだけじゃない、
あなたがマインドを整えて

あなたの人生の意味に、
あなたの子供の人生の意味
しっかり向き合い、進んでいくため、

支え合える環境を作りました。

この世はまだまだ「違い」に対して
風当たりは厳しいです。

それでもやっぱり、
世界は同じくらい優しい人たちで溢れています

どうかこのグループが
あなたの進む人生の道しるべとなりますよう
心より願っております。

ママ楽マインド
受講者たちの声

胸にズキュンズキュン(涙)来ました
SNSで発信されているメッセージを読むだけでもとても共感できたが、実際によう子さんの話を聞いて、さらに深く共感できた。よう子さんが学ばれ実践してきたことによって生まれ変わったとのことで、私もぜひ勉強したいと純粋に思えた。

私自身に障害のある娘がおり、主婦業、娘の療育とか病院通いで一生終わるんだなと悲観的に思っていたので、よう子さんの存在がとても嬉しい。

M.A.さん (アメリカ在住)

自信に、励みになりました!
自分に染み込んでいる価値観があり、子育てにおいてもしっかり時代に適応していくことが大切だなと改めて思いました。ワークがあることで自分で考える時間もあり、また、皆さんの思いも聞くことができてよかったです。

よう子さんの例えがわかりやすく、話し方が素敵でした。

ワークでの声掛けがとても嬉しかったです。アウトプットして自分の言葉にする大切さを学ばせていただきました。

子育てで人と比べたり、自分を追い詰めたりしている人に是非お勧めです!

祥子さん (30代)
ママじゃなくても響く!
楽しい時間でした!他の人が感じていること(価値観や理由)も聞くことができて参考になりました。

小さな子どもを持つママ達だけでなく、人間関係や将来に悩んだり、勉強やスポーツなどたくさん悩む時期の小中学生や高校生など思春期や難しい時期の子を持つ親御さんにもおすすめです。(「どんなあなたでも大丈夫」と言う言葉を伝えてあげられたり、自分の子と他の子と比べずに信じてあげられる親がたくさん増えてほしい)

紘子さん (30代)
全部受け止めてくれた!
いっぱい話せたし、全部受け止めてくれて、感謝です。しなやかな心、育てていきたいと思いました!

Mさん (40代)
ママじゃなくても響く!
楽しい時間でした!他の人が感じていること(価値観や理由)も聞くことができて参考になりました。

小さな子どもを持つママ達だけでなく、人間関係や将来に悩んだり、勉強やスポーツなどたくさん悩む時期の小中学生や高校生など思春期や難しい時期の子を持つ親御さんにもおすすめです。(「どんなあなたでも大丈夫」と言う言葉を伝えてあげられたり、自分の子と他の子と比べずに信じてあげられる親がたくさん増えてほしい)

紘子さん (30代)
想いと姿勢に励まされました
短い時間でしたが、とても大切なことを聞けたし、体験できた。聴いてもらえたこと、時間がきちんと持てたことが大きかった。思いの深さに引き込まれた。

T.N.さん (日本在住)
自分にワクワクしてくる(*^^*)
講座を受講して"ママ"という言葉や立場.世間体に縛られてはいけないなぁ。と思いました。 ママであると同時に、私という一人の人間であること。自分自身を大切にすることが、子どもにプラスの影響を与えるんだなぁ。と、知っていると子育てが少し楽になりそうです♡

産前・産後の方に是非参加して欲しい。育児書や聞いた話だけが子育てじゃないんだよ。ということを知っていると、きっと心が楽だと思います。

また、ようこさんは相手の言葉や想いを汲み取ることがとても上手で、想いを言葉にするのが苦手でも、それを引き出して下さいます。共感力の高い信頼のおける講師だと思いました!

優香さん (日本在住 30代)
温かい気持ちになりました♡
子育てに悩むママ達に取って心のモヤモヤを取ってくれる講座だったと思います。情報社会で嫌でも『いい子育てとは〜』みたいなのが目や耳に入ってきて、そこに沿ってない自分を責める人は多くいるので、そこを払拭してくれるようこさんの言葉は沢山の悩めるママさんを救ってくれると思いました。 私の拙い言葉も上手く変換してくれて、更にそれをプラスに捉えてくれ、嬉しかったです。 他のママ達やプレママの考えも聞けるいい場だと思うのでこれからも定期的に受講したいです(^^)

麻美さん (30代)
温かい気持ちになりました♡
子育てに悩むママ達に取って心のモヤモヤを取ってくれる講座だったと思います。情報社会で嫌でも『いい子育てとは〜』みたいなのが目や耳に入ってきて、そこに沿ってない自分を責める人は多くいるので、そこを払拭してくれるようこさんの言葉は沢山の悩めるママさんを救ってくれると思いました。 私の拙い言葉も上手く変換してくれて、更にそれをプラスに捉えてくれ、嬉しかったです。 他のママ達やプレママの考えも聞けるいい場だと思うのでこれからも定期的に受講したいです(^^)

麻美さん (30代)

もしあなたが
こんな状態だったら
きっとお役に立てます

  • 子供や自分の将来に希望を持てない方
  • この子さえ普通だったら、と思う自分に罪悪感を持っている方
  • 子供のことを最優先に日々を生き、自分の人生を諦めている方
  • ノウハウや情報はいっぱいあるけれど、それにのまれて右往左往している方
  • 「私が頑張らなければ」と毎日気を張って疲れ切っている方
  • ポジティブに考えよう!と思うほど、ネガティブに引きずられている方
  • この子さえ普通だったら、と思う自分に罪悪感を持っている方

このグループに入ることであなたは、、

  • グループの仲間と意見を交換することで、新たな視点を取り入れることができます
  • 自分1人で頑張らず、人に頼ってもいいんだと思えるようになります
  • 愚痴だけで終わらない仲間と切磋琢磨する人間関係が構築できます
  • 自分にとって今必要なことは何なのか、見つめ向き合うことができるようになります
  • 持っているたくさんのノウハウを、どこでどのように使ったらいいのか分かるようになります
  • 自分1人で頑張らず、人に頼ってもいいんだと思えるようになります

グループに参加することで
あなたが得られる2つのこと


特典その1


Facebook無料グループへご招待!

特典その2


障がいのある子を持つ
ママのための
9つのマインドセット動画をプレゼント!
①障がいを「受け入れなければならない」と思わない
②思うことは全て自由
③自分のケアを何よりも最優先する
③自分のケアを何よりも最優先する
④お子さんに障がいがあることはあなたのせいではない
⑤信頼できる仲間のところに身を置く
⑥気持ちを吐き出す
⑥気持ちを吐き出す
⑦起きていない将来の心配よりも、
今出来ることにフォーカスする
⑧選択肢は1つではない
⑨障がいは「個性」か否か
⑨障がいは「個性」か否か

※9つのマインドセット動画はグループ内にてご覧いただけます。

入会のために必要な
3ステップ

Step.1
ピンクのボタンをポチっと押す
必要なのは、押す行動力のみ。これがあなたが変われるかを決める第一歩です。
Step.2
一歩踏み出せたあなたへ、Facebookグループへの招待&5つのマインドメール講座案内をお送り致します
入会される方が安心安全を感じて頂けるより良い場にしていくため、グループ内ルールを設定しております。ご確認後、ご了承頂ける方のみご入会下さい。また、今だけ特典として希望者全員に、簡単に出来る5つのマインドメール講座を毎日お送りいたしますので、是非ご登録下さい。
Step.3
グループ内で自己紹介をする
グループへようこそ!行動できたあなたは素晴らしい!同じように一歩を踏み出した素敵な仲間たちと交流していくために、自己紹介スレッドより、あなたの人と成りが分かるよう、自己紹介をお願いします。
Step.2
一歩踏み出せたあなたへ、Facebookグループへの招待&5つのマインドメール講座案内をお送り致します
入会される方が安心安全を感じて頂けるより良い場にしていくため、グループ内ルールを設定しております。ご確認後、ご了承頂ける方のみご入会下さい。また、今だけ特典として希望者全員に、簡単に出来る5つのマインドメール講座を毎日お送りいたしますので、是非ご登録下さい。

無料だから誰でもOKというわけではありません

以下の方は
事前にお断りさせていただきます

  • メンバーの方の意見、想い、プライバシーを配慮、尊重出来ない方
  • 環境に身を置くだけで満足して、ご自分を変えるために動けない方
  • 私やメンバーが、状況を良くしたり、何かを変えてくれると期待している方
  • 愚痴や批判が言いたいだけで、現状を変える気がない方
  • お子様の医療的アドバイス、療育アドバイスだけを求められている方
  • 環境に身を置くだけで満足して、ご自分を変えるために動けない方

よくある質問 ( FAQ )

  • Q
    Facebookのアカウントがありませんが、参加できますか?
    A
    大変申し訳ありませんが、グループに参加ご希望の方はFacebookアカウントが必要となります。登録情報は最低限で構いません。お手数ですが、アカウントを作成の上ご参加頂きますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。
  • Q
    参加条件はありますか?
    A
    私のお伝えしている活動上、障がいのある子を持つママ(障がいの程度は問いません)、お子様の発達に不安があるママに限定させて頂いております。きわどい精神状態のママもいらっしゃるかと思います。当事者の方や、支援者の方々が入られますと、発言にセーブがかかってしまう可能性があります。なので、入会の際は質問にお答え頂き、参加して頂く形としております。何卒ご理解のほど、よろしくお願い致します。
  • Q
    主宰の方と直接お話しすることはできますか?
    A
    オンラインサロンに関する質問等は、私、もしくは事務局メンバーよりお返事させて頂きます。主宰と個人的にお話しを希望の方は、体験セッションをご案内させて頂くこともできますので、上記お問い合わせフォームにその旨、ご記入くださいますようお願い致します。追って、タランゴ本人よりメールにてご連絡させて頂きます。
  • Q
    参加条件はありますか?
    A
    私のお伝えしている活動上、障がいのある子を持つママ(障がいの程度は問いません)、お子様の発達に不安があるママに限定させて頂いております。きわどい精神状態のママもいらっしゃるかと思います。当事者の方や、支援者の方々が入られますと、発言にセーブがかかってしまう可能性があります。なので、入会の際は質問にお答え頂き、参加して頂く形としております。何卒ご理解のほど、よろしくお願い致します。

参加希望の場合は、
今すぐ以下のフォームから ↓↓ 

ママ楽マインド オンラインサロン
参加申し込みフォーム

入会に際して質問がある方も、以下のフォームから
お問い合わせ可能です。
ぜひお気軽にご連絡下さい。

下記のお問い合わせフォームにご記入頂けましたら、
メールによりご対応させていただきます。
時差の関係上、2.3日お時間頂くこともありますこと、
ご了承下さい。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
あなたの人生を生きる一歩を
踏み出すために入会する

運営者プロフィール

タランゴ よう子
1985年新潟県生まれ、福岡県育ち。
ママ楽ドゥーラ。
(※ドゥーラとは産前~産後をケアする専門家)

2011年結婚を機に渡米。9歳の重度障がいのある長男、5歳長女、夫の4人でテキサス州ヒューストン在住。ワンオペ歴8年。

心理学、コーチング、潜在意識、妊産婦への寄り添い、看取りなどを学び、2020年11月よりママ楽マインドトレーナー&ドゥーラとして活動をスタート。

クライアントや講座参加者への共感力の高さは定評がある。

・ママ楽マインド講座、プログラム開講
・妊娠・出産・産後のサポート
Birth and Beyond 360主宰(地域密着)
・いのちのわの集い オンラインお話し会主宰

子供に障がいがあっても、ワンオペ育児でも、
「どんなことが起きても私は大丈夫」と自分を信じられるママを1人でも増やしたい。ママとしての人生ではなく、自分の人生を生きてもらうためのSNS等発信にはお子さんの障がい有無問わず、「自分の気持ちを言語化してくれている」「ただただ共感する」「何度も読み返しています」「泣きました」と好評。

ママ楽マインド
無料オンラインサロン
お申し込みは以下から ↓↓