なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

𝙰𝚋𝚘𝚞𝚝 𝚖𝚎.

New Zealand
&
Australia
1年数ヶ月のオーストラリアでのワーキングホリデーを経て、現在ニュージーランドのオークランドにて2ヵ国目ワーホリ中です。
パートナーはオーストラリアで出会った6才下のイギリス人。
現在まで1度もエージェントを使わずにVISA等の申請関係を自身で行ってきた中で得た知識、2ヵ国に渡るワーキングホリデーでの経験をシェア出来たらと思います❁
普段のオークランドでの日常生活や、今までのワーキングホリデーに関する情報、国際恋愛等を主に投稿していきます。

Maminaのプロフィール

Mamina
3年間半務めた大手外資系アパレルの販売員を辞め
英語力ほぼゼロ、勢いのみで
兼ねてから夢だった海外生活を追い求めて
オーストラリアへのワーキングホリデーを決行!

ただ今ニュージーランドにて
海外生活4年目になりました⸝⋆
【出身地】 神奈川県 湘南 茅ヶ崎市
【趣味】 料理
ドライブ
カフェ巡り
散歩
フォトスポット探し
Netflix, YouTube鑑賞
スノボ
釣り
【職歴】 エステティシャン、
アパレル販売、
バナナファーム、
ジャパレス ウェイター、
旅行会社 内定
【オーストラリアで訪れた地域】 タリー(ファーム)
ケアンズ
ゴールドコースト
バイロンベイ
シドニー
メルボルン
ウルル

【ニュージーランドで訪れた地域】 オークランド
タカプナ
ピハ
ロトルア
タウポ
クライストチャーチ
テカポ
マウントクック
【オーストラリアで訪れた地域】 タリー(ファーム)
ケアンズ
ゴールドコースト
バイロンベイ
シドニー
メルボルン
ウルル

実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください

MaminaのワーホリLife年表

2017年 10月〜
ワーキングホリデーでオーストラリアに到着翌日、ケアンズから南に約3時間 タリーにてバナナファームで働きました。毎朝5時起きの体力仕事ですがお給料もよく、かなりの田舎なので今後の旅行への資金貯めにはおすすめ。別名バックパッカーの町とも言われています。
今のパートナーと出会ったのもここタリーです。
2017年 12月
年末のホリデーを利用してゴールドコースト、バイロンベイへ。
ゴールドコーストにて夏のクリスマスを過ごし、サーフスポット,カフェ巡り等を満喫。トラム等街中の移動手段も整っていてお買い物スポットもたくさんあるゴールドコーストは
わたしのお気に入りシティーの1つです♡⃛
2018年 3月
シドニーにてブルーノマーズのライブ観戦❁
フィッシュマーケット,ボンダイビーチ,オペラハウスからシティー内散策まで充実の数日間を過ごし
そのままメルボルンへ移動
到着早々に車を借り女子2人でロードトリップ。
オーストラリアは日本と同じ左車線,右ハンドルです。
グレートオーシャンロードでは気に入った町でキャンプサイトやキャラバンパークを探し車中泊を経験。
メルボルンシティーはヨーロッパ調の建物が多く季節毎に変わる壁画アートが見所。
カフェ文化も根強くお気に入りコーヒーを見つけるのも
旅の楽しみの一つです。
2018年 12-1月
タリーでのファームジョブはセカンドビザ取得目的だったので必須最低期間の3ヶ月で辞めるという当初の予定からかなり伸び、結局1年近く居たタリーをリーブすることを決意。
ケアンズから寝ずに7時間ノンストップドライブの末ホワイトヘブンビーチへ行ったあと、メルボルン→年越しウルル→シドニーでの短期生活を経てオーストラリアに終止符。
2019年 1月
オーストラリア後はそのままインドネシア・バリへ。
物価の安さに終始驚きつつプール付きビラを借りて慰安旅行という名の元ひたすら何もしない日々を過ごす。
2019年 1月
パートナーの実家のあるウェールズへ急遽一緒に帰国する事に。
真夏だったバリとは正反対でマイナス気温続きの日々を過ごすこと1ヶ月。ヨーロッパ旅行は初めてで全てが新鮮に感じて感動続きだった。次回は是非夏場のヨーロッパに行ってみたい。

2019年 2-5月
そのまま彼も一緒に日本へ帰国。
久しぶりの日本は食べたい物、行きたいところがありすぎて観光ビザの3ヶ月では足りなかった。
が、そのままニュージーランドワーホリを決意。
2019年 5月
思い立ってからすぐにワーキングホリデービザを申請、
VISAが降りた1ヶ月後にはニュージーランドに入国。
現在に至る。
2018年 3月
シドニーにてブルーノマーズのライブ観戦❁
フィッシュマーケット,ボンダイビーチ,オペラハウスからシティー内散策まで充実の数日間を過ごし
そのままメルボルンへ移動
到着早々に車を借り女子2人でロードトリップ。
オーストラリアは日本と同じ左車線,右ハンドルです。
グレートオーシャンロードでは気に入った町でキャンプサイトやキャラバンパークを探し車中泊を経験。
メルボルンシティーはヨーロッパ調の建物が多く季節毎に変わる壁画アートが見所。
カフェ文化も根強くお気に入りコーヒーを見つけるのも
旅の楽しみの一つです。
2018年 12-1月
タリーでのファームジョブはセカンドビザ取得目的だったので必須最低期間の3ヶ月で辞めるという当初の予定からかなり伸び、結局1年近く居たタリーをリーブすることを決意。
ケアンズから寝ずに7時間ノンストップドライブの末ホワイトヘブンビーチへ行ったあと、メルボルン→年越しウルル→シドニーでの短期生活を経てオーストラリアに終止符。
2019年 1月
パートナーの実家のあるウェールズへ急遽一緒に帰国する事に。
真夏だったバリとは正反対でマイナス気温続きの日々を過ごすこと1ヶ月。ヨーロッパ旅行は初めてで全てが新鮮に感じて感動続きだった。次回は是非夏場のヨーロッパに行ってみたい。