理想の保育をカタチに・・・

富士市家庭的保育事業
ママらく 

2017年4月に家庭的保育施設がオープンします。
家庭的保育事業は、通称「保育ママ」と呼ばれる家庭的保育事業の一つとなっています。

富士市宮下地区の一軒家をリノベーションし、子どもを保育するための最適な環境を用意しました。

保育経験9年目。ふれあいと安全性にこだわりました。

他にはないこだわり1

広々とした保育室

保育室の広さは約11畳。
※認定基準約6畳を満たしています。
広々とした保育室で、体を思いっきり動かしたり、走ったりも出来ますよ。
※3人保育の認定基準

魅力的な壁のイラスト

こちらのイラストは、サノユカシさんに描いていただきました。
大きな木に優しく見守られた保育所の中にかわいらしい動物が、楽しんでいるイラストが描かれています。動物は、その動物のようで、動物ではなく、個性ある動物たちが、互いを理解し、一緒に気持ちを共有し合う姿、まさに保育所で培う経験が描かれていますよ(*^^*)

他にはないこだわり2

食事部屋

食事・お昼寝が出来る別室を用意しました。家庭に寄り添った環境で保育することが出来ます。食事部屋では、富士山を眺めながら食事を取ることが出来ます。

お昼寝部屋

食事・お昼寝が出来る別室を用意しました。家庭に寄り添った環境で保育することが出来ます。和の雰囲気がより暖かく、そして、静かな環境の中、安心してお昼寝をすることが出来ますよ。

外でも遊べる
園庭

外では体を動かして遊びたい!
好きな遊びを思う存分楽しめる園庭を造りました。想像力が豊かになるよう砂場を用意しました。安全面を考慮するため、フェンスを設置してあります。

他にはないこだわり3

ケガ対策

元気いっぱいに遊ぶ乳幼児にはケガがつきもの・・・
壁クッションを設置し、大きなケガを防ぐ対策を施しました。

子ども用
トイレ

 「なかなかトイレに
 行ってくれない・・・」
子どもが楽しくトイレに行けるよう、子ども用のトイレを設置。隣にはトイレペーパーの付いたぞうさんがトイレの自立を見守っていますよ。
手洗い場は乳幼児でも使用しやすい高さを用意しました。

ベビー
フェンス

乳幼児は好奇心が旺盛!
ベビーフェンスを設置し、安全に過ごせる環境を整えました。家庭的な部分を大事にしたいので、危険箇所のみの設置を施しました。

シーリング設置(気温調節・耐震対策)

どの場所でも快適に過ごせるよう寝室・キッチン・保育室の3か所に設置しました。
扇風機よりも、耐震効果のあるシーリングを設置しました。

保育日・保育時間

  • 平日  8:00~17:00(早朝・延長保育 なし)


  • 土曜日 要相談

  • 平日  8:00~17:00(早朝・延長保育 なし)


施設見学・お問い合わせ

富士市役所こども未来課(市庁舎4階南側)まで、お問い合わせください。

保育ママ 入園案内ページ(市役所サイト)

電話:0545-55-2762
メールアドレス:fu-kodomomirai@div.city.fuji.shizuoka.jp