実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください

みんな孤独に育児している現状
つながって、楽しい子育てにしよう

『オンライン』でつながろう!

グループコミュニケーションアプリBANDを活用したママノワLIVE『オンライン』は自宅にいながら他のママと交流できます。離乳食相談の部屋、夜勤・夜泣き対応中ママの部屋など、いろいろな掲示板が立ち上がって、楽しくやり取りしています。 誰かが悩みを話せば、他のみんなで考えたり共感したり...一緒におしゃべりするのも良し、みんなの会話を眺めるのも良し、あなたのペースでご参加くださいね。

みんなの居場所『拠点&ベビーストック』

徳島市沖浜町のナガヤプロジェクト1号棟にある『拠点』は、みんなの居場所です。お家でベビーと二人っきりでいるのは息が詰まる、ワンオペで疲れた、夜泣きで睡眠不足…。そんな時はちょっとお家から出て気分転換に拠点に寄ってみませんか?
不要になったけどまだ使えるベビー用品を循環する『ベビーストック』という仕組みもあります。役目を終えたベビー用品をぜひベビーストックへお持ち込みください。必要な方には低価格でお譲りして新たなベビーの元へバトンをお繋ぎします。

『オフ会イベント』

リアルイベントやビデオ通話を使った不定期開催の『オフ会イベント』には、ママノワLIVEのメンバーが必ず参加するので初めてのママでも安心して交流できます。ゆるゆるとした日常会話や育児の悩み、育休復帰や保育園への不安、その時みんなが気になっている話題で盛り上がっています。リアルイベントは、密を避けるために屋外や少人数で開催し、コロナ感染予防を心がけています。

\ オンライン参加者 86名 /

2021/6/4時点

参加方法

Step.2
周りのママを招待しよう
コロナ禍で出産したママ、出産予定のプレママを自由に招待しよう。
Step.3
気になる掲示板に参加しよう
BANDの掲示板機能を使ってみよう。
Step.4
ママノワLIVEのイベントへの参加や
拠点&ベビーストックを利用してみよう
コロナが収まるまでは、ビデオ通話を使ってオンラインオフ会を開催しています。2021年3月には初リアルお花見オフ会@徳島中央公園蜂須賀桜並木も開催しました。
Step.6
拠点やオンラインを使って
お悩み事相談しよう
子育てに困ったら掲示板で相談してみよう。困ってる人がいたらコメントして助けてあげよう。見守り隊(先輩ママや子育て関係の専門家)からアドバイスをもらえるよ。
Step.2
周りのママを招待しよう
コロナ禍で出産したママ、出産予定のプレママを自由に招待しよう。

ママノワLIVEを作ったきっかけは
孤独に育児する県外出身ママとの出会い…

代表白桃が「ママノワLIVE」を作ったきっかけは、Twitterを通じて知り合った2020年の同時期に出産経験をした二人の県外出身ママとの出会いです。「いっぱい行動してみたけど友達できへんねん。徳島に嫌われてるんかと思った。孤独をこじらせて眉山の上から叫びたかった!」そんな孤独に育児するママに「私なんかで良かったら友だちになりませんか。」とメッセージを送ったのが最初でした。

ベビーが生後5ヶ月になるまでの話を聞くと、とても過酷な妊娠〜出産〜産後を過ごしていました。産院の産前の教室や、産後赤ちゃん連れで行ける場所は全て中止。基本的な出産育児の情報を得る機会も、ママ友を作る機会もなく、県外の実家に里帰りすることも、県外から両親に手伝いに来てもらうこともできず、旦那さんは仕事で、孤独な育児に限界がきてた。もともと徳島ママの産後の定番は実家へ「里帰り」が基本で行政や民間での産後ケアサービスが手薄く、助けてくれるところ探したけどない。産後母子がケアを受けながら宿泊できる施設は数万円以上の費用がかかり手が出ない。ペーパードライバーだから情報を得られる場所へいく足もないし、まず毎日に余裕がなく、ファミサポや乳児院のショートステイの存在も知らなかった。

この2人のママは氷山の一角かもしれない。どうすれば、孤立したママとママをつなぎ、産後特有の悩みを共有したり、助け合ったりする仕組みができるのか考えた。また一方では、そんなコロナ禍のママたちを心配する先輩ママや子育て関係の専門職の方々がいることにも気が付いた。支援して欲しいママと支援したい人をつなぐ方法がないのか。そして、思いついたのがオンラインコミュニティを立ち上げることでした。

2021年1月22日、ママノワLIVE「オンライン」を立ち上げると、SNSでどんどん拡散され、1週間で30人、1ヶ月後には60人以上の「ママ、プレママ」、ママを支援する「先輩ママ、子育て関係の専門職=見守り隊」の輪が横へ横へとどんどん広がっていきました。

また、ママノワLIVEの活動に共感するメンバーが集まり、ママノワLIVEを「オンライン」「拠点&ベビーストック」「オフ会イベント」の3つを運営できる体制が整いました。

メンバー紹介

代表 白桃 さと美

神山町出身。ママやコドモ、女性向けの商品などのPRを専門とするデザイン事務所のグラフィックデザイナー。徳島ワーキングマザー協議会代表として、ワーキングマザーの声を集め「母として、あるいは父として生きやすい街づくり」のシステムを徳島市に提言。2021年、孤独に子育てする県外出身ママとの出会いをきっかけにママノワLIVEを立ち上げる。2018年に第1子、2020年の緊急事態宣言中に生まれた第2子を子育て中。第1子妊娠中、当時勤務していた会社でマタハラを受けて退職。産後には、核家族で周りの育児サポートが得られず、ワンオペ育児、認可保育園の待機児童にもなり、産後うつを経験。

誰よりも頼ることが苦手で、しんどい育児をしてきたけど、みんなと出会えて楽になれた!一緒に肩の力抜いていこう。

東 英美

大阪出身。「人」と「なにか」のご縁を結ぶことに喜びと生き甲斐を感じ、都内のIT情報通信・人材・不動産業界や商社などで勤務。商店街支援事業や地域コミュニティ活動に携わるなどにぎわいづくりとコミュニティ構築への関心が強い。2018年夫の地元である徳島市へ転居し、見知らぬ土地で不妊治療を経てコロナ禍に第1子を出産。長時間のワンオペ孤独育児に苦悩する中、Twitterを通じて代表の白桃と知り合ったことを機に、孤独から脱却。不妊治療中や県外出身ママからSNSに寄せられた相談に乗るなど産前産後サポートや乳児を育てる母親の孤独問題についての取り組みが重要だと考えている。

眉山の上から孤独を叫びたかった私です(笑)育児中の孤独やしんどさをゆるっとみんなで一緒に解決していきましょう!

萬 百合香

栃木県出身。製薬会社、水産会社で営業やマーケティングに携わってきた。人の繋がりが化学反応を起こし、物事が好転するワクワクが大好き2020年に夫の転勤により、生後1ヶ月の息子を連れて徳島に転居。知らない土地、知り合いもいない、コロナ禍で友達を作る機会も得られない…家の近所を孤独に散歩する日々を送っていたところ、道端で代表の白桃に声をかけてもらい、ママノワの輪に入れてもらう。今では家族ぐるみで仲良くしてもらえる友達ができて、徳島での暮らしを楽しんでいる。

孤独に思える日々は、ちょっとした繋がりで変わるはず。ママノワLIVEで繋がって、子供と自分の成長を、共に楽しんでいきましょう!

ひめだ ともこ

愛媛県出身。長年、家庭児童相談室や療育機関などで母子保健事業に従事し、臨床発達心理士・公認心理師として保護者支援・発達相談などの実 践業務に携わっている。また、子育て支援に関する研究を専門とし、孤独感の緩和や不適切な養育に陥らないための予防的支援として母親に対するペアレンティングプログラムなども実施している。2020 年、コロナ禍で第1子を出産。初めての出産をYouTubeやSNSを頼りながら孤独に迎えた。

ひとりで頑張らなくていいんです。辛いことはみんなで分けっこ、嬉しいことはみんなで何倍もの笑顔に変えて、子育てが楽しくなる町を一緒につくりましょう!

さきちゃん

2人の子を育てているワーママです。1人目育児の際、周りにママ友がいませんでした。今思えば、孤独な子育てでした。ちょっとした困り事、誰に相談したら良いのか…。こんな時はどう解決したら良いのか…。沢山の不安な中過ごしました。そんな時におむつに頼りすぎない育児に出会い実践しました。この経験もお話できたら良いなと思っています。

ママノワは、ちょっとした困り事や、ちょっと聞いて〜という事を聞いてもらえるそんな場所。孤独になりやすい子育てを少しでも肩の力を抜いて出来るよう、ママたちと一緒に支え合っていきたい。

りんちゃん

幼稚園・保育園・療育での勤務を経験。結婚後、妊活しながら働いていましたが、流産・子宮外妊娠で大きな手術をすることに。そんな事もあり、不妊治療に専念する為思い切って仕事を辞める。その後、有難い事に念願の出産までたどり着き、現在は二児の母として子育てをしている。保育現場での仕事復帰を考えていたが「何かママ達の助けになる事ができないか…?」と思い始め、現在はファミサポを通してお子さん達と関わりながら、ママ達のサポートをしていきたいと考えている。

誰かに頼ることは恥ずかしい事じゃない!助け合いながら子育てしていけたら楽しい時間になるはず。自分の経験を生かしながら、ママ達と一緒に繋がっていきたい。

まっちゃん

神山町出身。元保育士カメラマン。以前は保育士をしていたが、写真展で出合った1枚の写真をきっかけに写真の世界へ。写真屋さんで勤務をする中で、頭のどこかで子どもと関わりたいとも感じていた。修学旅行を撮影する機会があり「自分がしたいのはこれだ」と確信。子どもが誰とどんな顔で何をしているのか、園での活動を保護者に写真という形で1枚でも多く届ける事業を始める。現在は、スタジオを持ち、保育園や子育て支援センターなど、年間500人以上の子どもの撮影をしている。また自分が経験、体験した写真の技術を保護者にお伝えし、自宅でも子どもの素敵な写真を残せるように無料の写真教室を開催している。写真を通して、少しでも多くの人を笑顔にしたい。

僕はママじゃないから偉そうに育児のことがどうだとか言える立場じゃないけどこれだけは言えます。ママノワという場所は「何かが変わる場所」です。

ひめだ ともこ

愛媛県出身。長年、家庭児童相談室や療育機関などで母子保健事業に従事し、臨床発達心理士・公認心理師として保護者支援・発達相談などの実 践業務に携わっている。また、子育て支援に関する研究を専門とし、孤独感の緩和や不適切な養育に陥らないための予防的支援として母親に対するペアレンティングプログラムなども実施している。2020 年、コロナ禍で第1子を出産。初めての出産をYouTubeやSNSを頼りながら孤独に迎えた。

ひとりで頑張らなくていいんです。辛いことはみんなで分けっこ、嬉しいことはみんなで何倍もの笑顔に変えて、子育てが楽しくなる町を一緒につくりましょう!

活動報告

2021/01/22
LINEグループ「ママノワ」オープン
2021/01/26
第1回ママノワオフ会開催@LINEビデオ通話開催 10組参加
2021/02/03
第2回ママノワオフ会開催@LINEビデオ通話開催 10組参加
2021/02/09
第3回ママノワオフ会開催@LINEビデオ通話開催 17組参加
2021/02/24
シンプル育児研究所「育休明けレッスン(ママノワ限定)」開催 10組参加
2021/02/25
第4回ママノワオフ会開催@LINEビデオ通話開催 10組参加
2021/03/03
ママノワお花見オフ会@徳島中央公園・蜂須賀桜並木開催 15組参加
2021/08/20
ママノワLIVE夏まつり(コロナウイルス感染拡大の為中止)→オンラインオフ会開催 6組参加
2021/10/07
ママノワLIVE拠点オープンデイ 7組参加
2021/02/03
第2回ママノワオフ会開催@LINEビデオ通話開催 10組参加

約束事

  • マルチ商法、宗教、政治団体、副業等勧誘禁止
  • 個人情報や写真等の二次利用禁止
  • 気持ちよく安心して交流できるように心がけよう


配布協力者募集!

名刺サイズのママノワLIVEの紹介カードを作りました。
子連れママに配布したり…店先に置いてもらったり…
協力してくれる方やお店様、企業様などを募集中です!

コロナ禍はしばらく続きそう…不安を抱えながら過ごす妊婦さん、孤立して育児する赤ちゃん連れのママは、まだまだたくさんいるはず…
そんながんばっている女性に届けたい!

フォームから「配布協力」とお問い合わせください。

お問い合わせ

ママノワLIVEにご関心をお寄せいただき、ありがとうございます。
以下のフォームより、お問い合わせを承っております。どんなことでもお気軽にご利用ください。
必須表示がある項目につきましては必ず入力くださいますようお願いいたします。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
[個人情報の取扱いについて]

個人情報はお問い合わせに対する返信の目的でのみ利用し、当グループにて適切に管理します。法令などにより開示を求められた場合を除き、お客さまの同意無しに第三者に開示・提供することはありません。

アクセス

沖浜の雑貨屋ナガヤさんすぐ裏の建物です
名 称
ママノワLIVE
拠点&ベビーストック
住 所
〒770-8051
徳島県徳島市沖浜町大木247
ナガヤプロジェクト 1号棟
OPEN
月・火・木・金・土
9:30〜16:00
駐車場
雑貨屋ナガヤさん
駐車場(12台)をお使いください
駐車場
雑貨屋ナガヤさん
駐車場(12台)をお使いください