こどののためにお母さん学ぶ
コミュニケーションスクール

人間の脳は、5歳~6歳頃までに大人の90% 程度まで大きくなり、0歳からその頃までの経験によって「思考パターン」の95% が決まるとわかっています。

また、ハーバード大学育児研究センターによると、こどもの将来の学業成績やコミュニケーション能力の違いは0歳~6歳の間に、「大人とどんな関わりをしたか?」 で決まると言われています。

このように、才能や学歴、そしてキャリアを活かす鍵となるコミュニケーション能力の土台は、幼少期の頃にほとんど決まってしまうのが現実です。

そしてその時期に、関わる時間がとても長く、また誰よりも影響力の強い存在は、お母さんです。

マザーズコーチングスクールでは、こどもの将来のコミュニケーション能力の土台となる
重要な要素を育てることを目的とした、お母さんのためのスクールです。

お母さんが、こどもとどのようなコミュニケーションをはかるかで、将来のこどもの能力が大きく変わってきます。
子育ての質は、母と子のコミュニケーションの質で決まると言っても、過言ではありません。

マザーズコーチングスクールには、「ベーシック」「アドバンス」の一般講座があります。
一般講座にはベーシック講座とアドバンス講座があります。ベーシック講座からスタートし、ニーズに合わせて希望の講座までご受講ください。

マザーズコーチングスクールの講座



マザーズコーチングスクールでは、こどもの将来のコミュニケーション能力の土台となる
重要な4つの要素(自己肯定感・自分で考える力・折れない心・思いやりの気持ち)を
育てることを目的とした、お母さんのためのスクールです。

その関わり方、子供の「考える力」を奪っています。

小さなこどもには危険がつきものだったり、社会のルールを理解させる必要があったりと、「教える」べきことがたくさんあります。
 
お母さんとこどもの、2人きりの時間が長くなった現代では、こどもが見るもの・触れるもの・遊び方・人との関わり方についても、お母さんは一生懸命教えます。

こどもが間違ったことをしないように、常に見張って直し、いつでも用意周到に待ち構えています。ですが考えてみてください、お母さんにとっての “ 正解 ” は、こどもにとっても “ 正解 ” なのでしょうか?

教えているつもりが、「管理」や「押しつけ」になっているお母さんが、少なくありません。
 
そうならないために、どんなポイントに注意するべきか、エクササイズを通じてしっかりと身につけましょう。

使うたびに、こどもの心を蝕むNGワードを知っていますか?

2011年の調査によると、「自分が価値のある人間だと思うか」との問いに、「全くそうだ」と答えた日本の高校生は7.5 %でした。

米国57.2%、中国42.2%、韓国20.2%という結果を見ると、日本の高校生は「自己肯定感」が著しく低いことがわかります。
 
思考パターンのほとんどが、幼少期のうちに決まるため、自己肯定感の高い子を育てるためには、その頃のお母さんの接し方が何よりも重要です。

そうと分かっていても、実は知らず知らずのうちに、自己肯定感をつぶしてしまうNGワードを、頻繁に使っているケースが見受けられます。
 
NGワードとは?なぜNGワードなのか? エクササイズを通じてしっかりと理解し、こどもの自己肯定感を育む、コミュニケーションを身につけましょう。

こどものためと、思っているその行為、危険な「干渉」かも。

こどもを一輪の花にたとえた時、その花に、親はどのように関わるべきでしょうか。
 
水をあげる? 雨風から守る? いいえ、どちらも不正解です。
 
子育てにおいて、それらの行為は「干渉」であり、こどもの可能性をどんどん狭める危険性があります。

教育熱心なお母さんほど、「こどものために!」と一生懸命「干渉」するので、こんなに残念なことはありません。

親がすべきことは、根っこの成長を助けることです。丈夫な根っこがあれば、倒れたり踏まれたりしても、また立ち直ることができるのです。
 
子育てのよくあるシーンを例に、根っこを育てるコミュニケーションとは、具体的にどういうことなのか、繰り返しエクササイズで学びます。

「まだこどもだから…」を前提に、会話をしていませんか?

まだ未熟なこどもに対して、わかりやすい言葉や表現を使うことは大切です。
 
ですが、「こどもには未熟な部分がある」と「こどもは未熟な存在である」とでは、大きく意味が違ってきます。

「こどもだから・・・」と、こどもを未熟な存在として捉えていると、心の安定に重要な、親子間の信頼関係を築くのが難しくなります。
 
こどもを「自立した1人の人間」として扱うことが、信頼関係においてとても大切になりますが、それは具体的にどういうことでしょうか。
 
親子間でのより深い信頼関係を築くために、「聴き方」「質問の仕方」「褒め方」「叱り方」の具体的なスキルを学び身につけます。

一般講座の主な特徴

専用テキスト


かわいいクマのキャラクターが登場するベーシックコース・アドバンスコース共通で使用するテキストです。
ノートタイプになっていて、講座中のエクササイズの答えや、あなたが感じたことなども、自由に書き込むことができます。
講座中に考えたことや決意したことなどが、後からでもハッキリ思い出せる、あなただけのオリジナルテキストが出来上がります。

受講修了証(ディプロマ)を発行


ベーシックコース・アドバンスコースの両講座を修了した方に、トラストコーチング認定の修了証(ディプロマ)を発行いたします。
こどもの可能性を伸ばすのに有効なコミュニケーション理論を理解し、実践できることを目的とした講座の、修了を証するものです。
※ 認定講師マザーズティーチャーの資格ではありません。認定講師トレーニングを受ける際は、受講の証として必要になります。

一般講座

BASIC講座内容

・ 子育てのゴールとは?
・ 親の役割とは?
・ コミュニケーションが成り立つ条件
・ 言葉の内容が決まる背景
・ 「言葉」の土壌を育てるエクササイズ
・ 伝わる言葉を決めるエクササイズ

対象者
・ こどもとのコミュニケーションに関心のある方
・ 0歳~6歳のお子さまの子育て中の方
・ 妊娠中または妊娠を希望している方
・ お孫さんがいる方
・ こどもに関わるお仕事をしている方
・ マザーズティーチャーを目指す方  など

日時
1講座あたり2時間~
開催日時は、事前相談各によります。
教材
テキスト
料金
¥7,560(税込)

ADVANCE講座内容

0歳~6歳のこどもとのコミュニケーションについて、こどもに伝える、言葉そのものの選び方を学び、身につけます。・ 「見守る」コミュニケーションとは?
 
・ 使ってはいけない子育てNGワード
・ 自然な成長を邪魔しないためにすべきこと
・ 「自己肯定感」を大きく育てるためのエクササイズ
・ こどもが本音を隠さない聴き方
・ こどもの学ぶ力や責任感を育てる会話
・ こどもに愛情が伝わる褒め方
・ 怒ると叱るの違い

対象者
・ <必須> ベーシックコースを受講済みの方
・ こどもとのコミュニケーションに関心のある方
・ 0歳~6歳のお子さまの子育て中の方
・ 妊娠中または妊娠を希望している方
・ お孫さんがいる方
・ こどもに関わるお仕事をしている方
・ マザーズティーチャーを目指す方  など

日時
1講座あたり2時間~
開催日時は、各講師によります。

教材
・修了証
※ベーシック受講時にお渡ししたテキストを使います。

料金
¥8,640(税込)

講師紹介

MCS認定マザーズティーチャー
金城 実佳(きんじょう みか)

1975年 沖縄生まれ。
一男四女、5人の母。
自分を認めて、
私が私であることを心地よく思うには??
更に信頼できる自分になるためには??
大切な愛する人をもっと応援する方法を伝えたくて。。
あなたらしさを引出すお手伝いをしたくて。。。
トラストコーチング、マザーズコーチンングを学ぶ。

~資格~
2018年 TCS認定コーチ取得
2018年 MCS認定マザーズティーチャー取得

よくある質問

Q
どのような方がMCS(マザーズコーチングスクール)で学ばれているのですか?(年齢や職業など。)
A
年齢は全く問いません。
ご夫婦で・ママ友と・子どもと関わる職場の方(保育士、教諭、学童支援など)・子育てを終えた方・お孫さんがいらっしゃる方・ご結婚前の方など様々です。
Q
どちらで受講できますか?
A
沖縄本島全域のカフェやレンタルスペースなどで開講いたします。
場所は受講者様とメールでやり取りをして決めます。ご自宅へ訪問も可能です。
オンライン(ZOOM)での対応もしています。
Q
申込みはどのようにすればよいですか?
A
こちらのページの下にあるお申込みボタンまたはお申込みフォーム(こちら)からお申込みください。
参考までに申込みから講座までの流れは以下の通りです。

---
お申込フォームから申込み
(受講希望の日程入力)

5日以内に受講料のお支払い(銀行振込)
※申込み確定

メールで日程や会場のやり取り

講座当日
Q
体調不良で受講できなくなりました。他の日程に変更できますか?
A
別の日程で調整させていただきますので、ご安心ください。
Q
どのような方がMCS(マザーズコーチングスクール)で学ばれているのですか?(年齢や職業など。)
A
年齢は全く問いません。
ご夫婦で・ママ友と・子どもと関わる職場の方(保育士、教諭、学童支援など)・子育てを終えた方・お孫さんがいらっしゃる方・ご結婚前の方など様々です。