1976   まくた

まくた 第299号

目 次



 

  遺 曲             加地慶子
 
 道               塚越淑行
  
 夢のつづき           斎木美彌

 レスリー・フォードという作家  山之内朗子

   あとがき  鮎川とも
   ご案内

まくた 第299号
令和3年4月1日発行

新型コロナウイルスの外出自粛により合評会が遅れ、
本誌の発行も遅れました。

ここに299号を発行することができました。

次号は300号を迎えます。
1976年1月に始まった駒田教室の切磋琢磨は45年間つづいたことになります。

過去、まくた150号 蜂100号記念祝賀会は盛大でした。

ご臨席いただいたのは

林冨士馬先生、高井有一先生、久保田正文先生、大河内昭爾先生、
秋山駿先生、金子昌夫先生、駒田信二先生

順次、画像をアップして300号記念を祝いたいと存じます。
   まくた会  加地慶子

◆合評会の開催は未定ですが
 本年中の開催に希望を持っています


画像説明
[ まくた150号 蜂100号記念祝賀会 ]
 
左から1枚目左・大河内昭爾 右・林冨士馬  
左から2枚目左から 久保田正文 金子昌夫 右端 大河内昭爾
 
 左から3枚目 金子昌夫   
    4枚目 高井有一  
◆右から2枚目 タクラマカン砂漠旅行
 右端 タクラマカン砂漠旅行中の駒田信二

まくた合宿合評会

まくた会は毎年、
合評会の合宿を開催していました。
時間切れのない合評会は有意義でした。
宿までの電車移動と温泉、
夕食も愉しいものでした。
合宿合評会への移動

窓際: 左 駒田信二  右 芳ケ野怜子
通路側:左 黒崎芙佐子 右 野島千恵子
宿のロビーで
駒田信二の喫煙は缶ピース
 
合宿の合評会は夕食後に
二次会として
部屋に集まって開かれた
一滴も飲酒しない駒田信二

   宿の配膳に従って夕食

 下戸の駒田信二だが
誰よりも付き合いがよい
 
 自筆 駒田信二
 落款は鰊亭


執筆には細いボールペンを使う
鉛筆は原稿を書く前に数十本削る
鉛筆を削る間は原稿を書かなくてよい
「書きたくないから鉛筆を削るんです」


宿のロビーで
駒田信二の喫煙は缶ピース

発行のお知らせ
お待たせしました
まくた299号は4月16日(金)に発行いたします
同人各位に郵送でお届けします
作品批評をお寄せください
まくた会

お知らせ

  • 掲示板
  • ■10月9日
  • 合評会を開催してほしいという声が届きました。
  • ご意見をお寄せ願います。

  • ⏹️8月~12月は休会します。ただし状況により変更があります。
  • ◆7月例会は中止しました。8月開催は状況により決定し、お知らせします。
🌟  会場変更のお知らせ
 品川プリンスホテルメインタワー3F会議室で開催します。  
☆ 休会中だった合評会を開催いたします。
   ⏹️ドリンクは当会予約
  
 7月17日(金)13時~16時 
 合評作品 297号 平井   塚越
 
8月発行予定の299号は12月発行に変更いたします。

★ 公益財団法人日本文学振興会より芥川賞・直木賞推薦作品のご案内を戴いております。
  2019年12月~2020年5月に発刊された「まくた」掲載作品、単行本、
  諸雑誌より自薦、他薦で作品をご推薦願います。

★ 合評会は現在、新型コロナウイルスにより休会中です。
  3月から4月、5月、6月までお休みの予定になっています。
  作品批評などご感想をメールでお寄せください。

  まくた第298号は各会員宛に郵送いたします。
  zoomミーティングを検討しております。
  アプリをダウンロードされる方はメールでお知らせ願います。

★次回の合評会は3月20日金曜13:00~16:00の開催です。

 合評作品は平井文子「隙間」です。
 会場に来られない方はメールで批評をお寄せください。
 電話参加も歓迎です。ZOOMは行っておりません。

★2月21日の例会では塚越淑行の「残された女」を合評しました。


★2月21日金曜のまくた合評会は予定どおり開催することとなりました。

風邪の症状がある方は外出せずメールでご参加ください。

文学を志す同人雑誌「まくた」は1976年1月、駒田信二を講師とする朝日カルチャーセンター新宿からスタートしました。駒田塾と呼ばれて19年、1994年12月駒田信二没まで100名前後の会員数で月刊を続けました。その後季刊になるも一度の休刊もなく現在も切磋琢磨中で多くのOBたちが各地の同人誌で活躍しています。


「季刊文科」78号に転載されました
「はずれたネジ」 平井文子
*まくた掲載作品


まくた合評会
毎月第3金曜 13時~16時
8月のみ第1金曜
東京・品川駅高輪口正面
プリンスホテルNタワー17F
3カ月ごとに講評あり
講師 勝又 浩
入会金なし 会費 月額2,200円
掲載補助あり
 

塚越淑行

まくた第298号

  •  残された女   塚越 淑行

     ゆりかご    斎木 美彌

     とうまる    和泉 志のぶ

          コロナの春 北条ゆり 風? それとも  押元裕子 優しい隣人  rmh  
          あとがき 山之内朗子
                     

  • 合評会はお休みです。


    メールで批評、ご感想、ご意見をお願いします。
    zoom会議を開催される方はURLをお送りください。

  • 合評会はお休みです。


    メールで批評、ご感想、ご意見をお願いします。
    zoom会議を開催される方はURLをお送りください。

まくた第297号目次

                      二婆     山田美枝子       4月17日
残された女  塚越淑行        2月21日
隙間     平井文子        3月20日
消える    斎木美彌         5月15日  

お問合せ

「まくた」ご購読のお申し込み

合評会の見学、まくた会への入会、作品の投稿、ご意見などお気軽にご投稿ください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

★当サイトの画像他、一切の無断コピー、転載厳禁! 加地慶子

アクセス

まくた会

発行人 鮎川とも
編集人 平井文子
発行所 まくた会
225-0005横浜市青葉区荏子田1-11-5 鮎川方
印刷所 株式会社 栄伸
140-0005 東京都品川区広町1-3-31