真駒内駅前のまちづくりを考える会(通称:まこ駅会)
まこ駅会事務局  MAIL:makoekikai@gmail.com
「地域住民のため」の真駒内駅前開発を!!!

「まこ駅会」では
真駒内駅前の再開発を
地域住民で主導していくことを
目指しています!


私たちが目指すこと
(本会の趣旨)

①真駒内住民の地域生活を
   より良いものにすること

②真駒内地域の未来を、
   自分たち「住民の意思」で
   決定していける地域にすること


③札幌市南区の他地域・団体と
   連携を深め、南区そのものを
   魅力あるまちにすること

④真駒内駅前のまちづくりに
   市民の参加を促し、
   その声を反映させること

「真駒内駅前地区の土地利用の再編」に対する
『まこ駅会ビジョン』

このビジョンは、”まこ駅会はこんなことを考えてきました!”という、私たちが様々な方々と意見交換しながら積み重ねてきたアイデアで、「叩き台」のようなものです。これを元に、また様々な方々からご意見をいただけたり、考えを揉む機会が生まれることを大事だと考えて、提案しているものです。いつまでも、何度でも作りなおしが可能と考えております。

■再編テーマ : 「未来の子ども達のためのまちづくり」

■キーワード : 【芸術】【文化】【スポーツ】【子育て】
         【自然】【商い】

■土地利用の再編 : 以下をご参照ください

キーワードについて

【芸術】
子供たちが芸術を身近に感じ、
未来の芸術家と地域文化を育めるよう、
芸術家が地域に住み活動できる真駒内にしたい。

【文化】
開拓の歴史を後世に伝え、つなぎ、
新たな文化を創造・発信できる真駒内にしたい。

【スポーツ】
冬季オリンピック開催の歴史と文化を活かし、
地域スポーツのメッカに真駒内をしたい。

【子育て】
「子供」と「子育て世代」が住み易い支援と環境が整った真駒内にしたい。

【自然】
自然と動植物の豊かさを感じながら、
未来の子供たちも住み続けられる自然共生環境が整った真駒内にしたい。

【商い】
南区の特産品を身近に買い求める事が出来、
地域に根差した活力ある商いによって
地域コミュニケーションが活発な真駒内にしたい。

土地利用の再編についてのビジョン

【駅前広場】

・南区の芸術・文化イベントや祭りなど
 を開催できる十分な空間を創出する
・区民の交流と憩いの場を整備する
・冬季オリンピック記念碑を再構築する
・南区の情報発信と地域活動の拠点を新
 設する
・環境に配慮し自然豊かな空間とする

【駅前通り】

・真駒内の歴史・文化を象徴する通りと
 して「エドウィンダンストリート」を
 整備する
・自然豊かで文化の香り高い、街並みを
 整備する
・路面店やギャラリーなどが点在する街
 並みを整備する
・冬季間の歩行に配慮した環境の整備

【交通結節機能】

・バスターミナルに商業施設を併設する
・新広場側に小規模店舗(路面店)を配
 置する
・環境に配慮した建物とする

【南区文化・芸術施設】

・南区を代表する教育施設として、文化
 ホールを新設する
・南区民センター機能を併設する
・文化・芸術活動を促進する機能を併設
 する
・最新の図書教育プログラムと設備を有
 する図書施設を併設する
・コミュニティカフェを併設する
・小規模店舗(路面店)を併設する
・環境に配慮した建物とする

【南区役所】

・最新の行政サービスを提供できる機能
 を整備する
・環境に配慮した建物とする

【子育て支援施設】

・子育て支援サービス(スペース)を
 新設する
・小規模店舗(路面店)を併設する
・環境に配慮した建物とする
・最新の子育て支援プログラムと設備を
 有する施設とする

【真駒内中学校】

・環境に配慮され自然豊かな環境で教育
 が受けられる学校とする
・最新の教育プログラムと設備を有する
 中学校とする

【エドウィンダン広場】

・開拓の歴史を学べる空間となる様、
 新設する
・水路や散策路などの真駒内の遺構を
 継承できる空間とする
・歴史・文化を象徴するエドウィンダン
 記念館と駅までの街並みを一体的に
 整備する

【桜山公園】

・真駒内駅に桜山公園出入口(改札)、
 観光ガイド・インフォメーションを
 新設
・最先端の自然教育プログラムを導入し
 再整備する

私たちがこれまで
行なってきたこと

まちづくりに関する
勉強会
内容をご紹介できるまで今しばらくお待ちください
地域住民の意見集約
情報の整理と発信
これまでの勉強会の成果と、H25年に公開された
「まちづくり指針」作成に当たって集約された
地域住民の意見を掲載いたします
真駒内駅前再開発計画に
関する新聞記事や
その他情報とのリンク
これまでに新聞やテレビなど「メディア」を通じて
発信された情報をここにリンクいたします
市が公表している
公的文書とのリンク
これまで会が収集してきました、
市が発信している公的文書をここにリンクいたします
地域住民の意見集約
情報の整理と発信
これまでの勉強会の成果と、H25年に公開された
「まちづくり指針」作成に当たって集約された
地域住民の意見を掲載いたします

【本会の発足経緯】

イベントから自主的活動へ

平成26年、札幌市立大学COC事業の一環として
「まちの先生運営会議」がスタート。
本会の現メンバーの多くが、
当時その会議に参加していました。

平成27年3月、
運営会議の解散に合わせてまちづくり団体
「まち班」を立ち上げました。
まち班では、真駒内を中心として
南区をもっと魅力的な地域にしていくために、
様々なテーマごとにグループに分かれて
自主的な活動を行ってきました。
その一つが本会
「真駒内駅前のまちづくりを考える会」です。

目的は、
真駒内駅前のまちづくりを
市民の手で行っていくことです。
そのために市民の積極的参加を促し、
行政が進める駅前再開発計画に市民の声を
反映させることを目指してきました。

自分たちが暮らす地域に対して
関心を深めていくこと、
市民同士の結束を強めていくこと、
そして、
市民が自発的に問題解決に
取り組んでいくことによって、
真駒内において
「行政だけに頼らないまちづくり」を
実現できると信じています。
私たちの活動に共感される方は
是非一緒に活動していきませんか? 

私たちの地域のことを、
私たち自身で考えていきましょう!
まずは気軽にお問い合わせください