アールビバンのラッセン展に参加レポート!エウリアンや絵画商法の評判は本当?


クリスチャン・ラッセン原画展に行ってきたので、感想をまとめました!気になる評判も調べてみました。

サイト管理人のプロフィール

イルカの画像

娘と共にクリスチャン・ラッセンが大好きデス♡

「アールビバンのラッセン展にいった感想と巷の評判」に訪問いただき、ありがとうございます!
当サイト管理人のMakiといいます。
10代の頃、親戚の家にあったパズルに描かれたラッセンの絵に魅了され、それ以来ずっとラッセンが大好きです!
いつか家にラッセンの絵を飾るのが夢です♡
6歳になる娘がいるのですが、その娘も好きらしく、自ら一緒にラッセン展に行きたい!と言ってきました^^
今では2人で楽しんでいます♪
今回は新宿で行われたアールビバンのクリスチャン・ラッセン展に行ってきたので、当サイトで紹介したいと思います。
拙い文章&自己満サイトですが、どうぞよろしくお願いします(*^_^*)

マリンアートの巨匠
クリスチャン・ラッセンのプロフィール

ラッセンのプロフィール画像

Christian Lassen

まずはクリスチャン・ラッセンを知らない方に、簡単なプロフィールや経歴を紹介しますね!
1956年3月11日生まれでカリフォルニア州出身。なんと今、61歳!見えないですよね~!もっと若く見える!彼の私生活を紹介するTV番組にでたりもしてるから、顔を知っている人もいるんではないでしょうか?
11歳の時にハワイに移り住んで、プロサーファーとしていて今でも海とサーフィンを愛しています。驚きなのは、美術の専門教育を受けていないそう。それなのにあんな素敵な絵を描けるなんて…。また音楽活動もしていたりと、多才なんです!
海を愛するラッセンは、環境保護団体を設立したり環境問題にも取り組み協力しています。彼のそういった活動によって、ホノルル市とサンディエゴネバダ州では「ラッセンの日」が制定されているらしいです!作品はもちろん素敵ですが、彼の生き方というか人間性もとても魅力的なところがファンである理由のひとつです♪
今回行った、ラッセン展にも経歴や生い立ちが紹介されているスペースがあるのでチェックしてみてください。

クリスチャン・ラッセンの作品

クリスチャン・ラッセンの作風は、多くがハワイの海やイルカ、シャチなどの生き物を描いています。そのことから、『マリンアートの巨匠』といわれています。
ラッセンの作品
【プレシャスラブ】
引用元:アールビバンhttp://www.artvivant.net/artists/lassen/

これ、本当大好きです!!!
自宅に飾りたい!
ラッセンの絵画
【フォーエバーラブ】
引用元:アールビバンhttp://www.artvivant.net/artists/lassen/

イルカが可愛い♡表情といい、色といい最高に癒やされます。
クリスチャン・ラッセンの作品
【マウイムーンⅡ】
引用元:アールビバンhttp://www.artvivant.net/artists/lassen/

波の飛沫、輝く月。
ラッセンの描く海と空の表情はとても美しく、大好きです!

アールビバンて何の会社なの?

ラッセン展を主催しているアールビバンて会社は一体どんな会社なんだろう?と思い自分ながらに調べてみました。どうやら東京の品川区にある会社で、絵画などのアート作品を扱っているよう。ラッセンのほかにもディズニーとかの絵画の展示会もやってるみたいです。
国内外の契約しているアーティストの作品を版画化して販売しているとのこと。で、ラッセンとも契約していて、原画を様々な技法を使って版画にしているのがアールビバンということです。

アールビバンのロゴ

ラッセンとアールビバンの関係性は?

アメリカのアーティストであるクリスチャン・ラッセンと日本のアート販売会社であるアールビバンは、どのような関係があるのでしょうか?

アールビバンは、マリンアートというジャンルを確立していたラッセンと1989年に販売契約を結んでいます。出会いのきっかけは、アールビバンの社長が、ハワイに訪れた際に、ホテルに飾られていたラッセンの絵に一目惚れしたことだそうです!

当時、アールビバンは、全国でアートイベントを行っていました。ラッセンブルーと称されるラッセンの絵の魅力を十分にアピールできる広い展示会場とプロモーション力によって、ラッセンはアメリカだけでなく日本でもトップアーティストとして、徐々に認められていくことになったのです。

また、版画展だけでなくオリジナル原画展やラッセン来場イベントを開催するなど、アールビバン独自の総合プロデュースをしたことにより、日本中でラッセンのファンを拡大させることに成功しました!
お互いの良い部分を引き出し合うことのできる関係性ってとても素敵ですよね。

現在、ディズニーアーティストや天野喜孝などさまざまな作家作品の展示会を行っているアールビバンですが、アールビバンの作家プロデュースとしての原点はラッセンともいえるわけです。

アールビバンとラッセンの評判

予約してから心待ちにしていました!!
色使い、生物達の優しい表情、言葉では言い表せないくらいの感動です!!描く人の人間性が写し出されているんだろうなと思いました!!
いつか自宅に飾りたいです!!
かれこれ15年位ラッセンが大好きです!写真のような絵ヤバイです!とっても癒やされました♡作品をじっくり見ることが出来て、担当してくれたアールビバンの社員の人に凄く感謝しています!
昨年、初めて絵画展を見に行きました。
写真じゃないだろうかと思いました。
ステキな絵画ばかりに魅了しました。
また、絵画展があると知りさっそく予約しました。
早く絵画を見たくて楽しみです。
担当の対応がとても良くて、100%癒されました!版画には金額的に手をだせませんが、帰りに欲しいクリスチャンラッセンのグッズを買って、家でも癒されています。
アールビバンの評判を示す画像

絵画商法・エウリアンて言われているけど?

絵画商法とは

絵画商法(かいがしょうほう)とは、展示会を常設店舗では無く、イベント会場などで行い、高額な絵画を販売している事業者のうち、市場価格と比べて高額な値段で売りつける悪徳商法を総じて言われている名称である。展示会商法の一種として位置づけられている。
繁華街などの街頭に画廊風のイベント会場を構え、そこへ客を勧誘して絵画やイラストレーションなどの「原画」や「版画」と称した商品を高額な価格で販売する商法。多くの場合、街頭での勧誘スタッフが「展示会」と称して通行人を招きいれ、周到かつ強引な手法で売買契約を結ばせるといった手口を持つ。
販売される「絵」の多くは、「版画」であるが、美術品としての価値は殆ど認められないインテリアアートがほとんどである。シルクスクリーンなどの伝統的な版画手法を用いたものもあるが、大型で精巧なインクジェットプリンタによる印刷(ジークレー)、写真のポジフィルムと同じ原理を用いたシバクローム(チバクローム)、オフセット印刷などの大量複製可能な技術が多く用いられている。
出典:Wikipedia
様々なクチコミや評判を目にしましたが、私としては「ともかく実際に見てみて!!」ですね笑。
ラッセン好きにはたまらない空間ですよ!娘もテンション高かったです笑。ラッセンの作品の素晴らしさ、そしてアールビバンの技術とクオリティの高さを感じました。クチコミにも多かったですが、本当に癒やされました…(*^^*)
展示会では、版画・原画を購入することができるんですが、欲しかったな~~~!!
値段は、版画だと55万ぐらいから80万円くらいだったかな。原画は高いのだと200万円位だったかな?やはり売約済が結構ありました。うちには家計には厳しい…ってことでグッズ売り場で、ポスターを買いました!娘はポストカード。これでも満足♡いつかは買えたらいいな~。

アールビバンの評判を調べていると絵画商法だ!とか、エウリアンだ!(絵を売りつけるとエイリアンを合わせた造語?)とかいった内容を見かけました。アールビバンに良い印象をもっていない人もいるようです。
そこで、絵画商法と調べてみたところ『強引に売りつける』とか『大量複製可能なクオリティの低い版画』など説明があります。しかしアールビバンの展示会は無理やり買わせるようなことはありませんでしたよ笑。実際、わたしも買わずに帰ってきていますし!
そしてアールビバンの版画のクオリティは本当に高いです!版画の作成に半年位かかったり、作家さんのチェックも入って一点一点ナンバリングもされていたりするので、価値がないものではありません。その辺りを混同している人がいるようで残念です。
原画と版画それぞれに良さがあるんですよ♪

 クリスチャン・ラッセン
 -- 超ラッセン原画展--
開催予定(一部紹介)
※情報が更新されているかもしれないので、詳しくは必ずホームページをチェックしてみてくださいね!
イベント情報 2019年6月14日更新

アールビバンのラッセン展を示す画像

【長野県】
超ラッセン原画展
イオンモール松本 風庭2F イオンホール

2019年7月5日(金)~2019年7月8日(月)
アールビバンのラッセン展を示す画像2枚目

【長野県】
超ラッセン原画展
アークスセンター 1F アークスホール

2019年6月28日(金)~2019年7月1日(月)
アールビバンのラッセン展を示す画像3枚目

【東京都】
超ラッセン原画展
銀座時事通信ホール(時事通信ビル2F)

2019年7月10日(水)~2019年7月16日(火)
アールビバンのラッセン展を示す画像4枚目

【福島県】
超ラッセン原画展
いわき産業創造館 企画展示ホール(LATOV 6階)

2019年8月22日(木)~2019年8月25日(日)
ラッセン展などのイベント情報はアールビバン公式サイト↓からチェックできます

ネットの事前予約

ラッセン展は、ネットで事前予約できます。事前予約をすると、ポスターやパンフレットなど特典がもらえちゃいますよ♪
下記のURLで各開催地ごとに予約フォームがあります。

https://artvivant-art.net/