「夫婦の会話が少ない…」
「夫とすれ違いがち…」

そんな悩みを抱える妻たちのために、この本は書かれました。
もしかして、夫にダメ出しばかりしていませんか?

夫婦で同じ屋根の下に暮らしていれば、多かれ少なかれパートナーとのすれ違いはあるもの。ただ、夫とのコミュニケーション不足を強く感じる妻ほど、普段の会話で「夫がやる気になる言い方」をしていなかったりします。

本書では、1000組以上を結婚に導いた男女間の専門家が夫婦円満のための会話術を伝授。
妻から夫に言いがちな、NGな言葉をOKな言葉に言い換える方法をご紹介します。

言い換えの例:

■夫が家事をしてくれたとき
×「それぐらい当たり前でしょう」
〇「やっぱり、あなたがやると違うわね」

■夫が話を上の空できいているとき
×「ねぇ、聞いてる」?
〇「話を5分聞いてくれる」?

■夫がゲームばかりしているとき
×「ゲームばっかりしてないでよ! 」
〇「そのゲーム、面白そうだね」

■洗い物をしてくれたはいいが水回りが汚かったとき
×「うわ、水回りビショビショじゃない」
○「洗ってくれてありがとう! ここね、こうやって拭くとキレイになるよ」

■お風呂掃除をしてほしいとき
×「お風呂を洗っておいて」
○「お風呂掃除上手だから、お願いしていい」?

■夫の着ている服がダサ過ぎるとき
×「その服、ダサ過ぎでしょ」
○「もうちょっと明るい色のほうが似合うと思うよ」

■夫が頼りにならず、自分で問題を解決したとき

×「もういい、自分で考える」
○「アドバイスありがとう。ちょっと考えてみるね」

夫婦でよくある日常シーンに対応した、200フレーズ&ポイント解説付き。
書いてあるとおりに言うだけで夫婦コミュニケーションが劇的に良くなります。

異性間コミュニケーション協会代表理事 佐藤律子

一般社団法人異性間コミュニケーション協会代表理事
株式会社アートセレモニー代表取締役社長

1972年宮城県生まれ。OLからウエディングプランナーへ転職。仙台初のレストランウエディング事業で驚異的な売上を達成。2001年ウエディングと婚活事業で起業。1000組以上を結婚に導いた経験から男女間の教育コンテンツ(一社)異性間コミュニケーション協会を設立。自治体婚活イベントのカップル成立率60%以上、異性間コミュニケーション研修の受講者は延べ3万人超え、東北大学、宮城教育大学、明治大学などの教育機関や企業研修アンケートの満足度「とても良い・良い」90%以上を継続。得意ジャンルは、恋愛、婚活、夫婦問題、ハラスメント、マネジメント、女性活躍、ダイバーシティ、地方創生、SDGs(エス・ディー・ジーズ)など。著書「ずるいくらい思いのままに恋が叶う」(かんき出版)「7日間で運命の人に出会う!頭脳派女子の婚活力」(青春出版社)「理屈で動く男と感情で動く女のわかり合える会話術」(かんき出版)「ほめられると伸びる男×ねぎらわれるとやる気が出る女95%の上司が知らない部下の取扱説明書」(青春出版社)「最高に幸せな“たった1つの恋”を実らせるレッスン」(大和書房)「夫を変える!魔法の言い方」(自由国民社)。『女性自身』『ゼクシィ』『an・an』『週刊ゴルフダイジェスト』『小学館Sho-Comi』『プレジデント』など取材掲載や『テレビ東京・乃木坂工事中』『フジテレビ系列ドラマ・パーフェクトワールド』『フジテレビ情報番組・グッディ』などテレビ番組の恋愛・結婚コーナーの監修、出演多数。
Amazonキャンペーン