お寺で
自己指圧Café

in 大阪



気持ちいい感覚を大切に
自己指圧Caféとは

健康に興味のある方が「集い」「楽しみ」「良い情報を交換」しながら、身体への刺激(自己指圧)を学ぶ会です。川本治療所公認のアドレナル・セラピストである私mahiroが、ここ大阪北摂で開催しています。原因不明の不定愁訴にお悩みの方、健康に興味のある方、ぜひお集まりください。温圧や自己指圧の体験を通じて語り合い、心地良い時間を過ごしましょう♪



主催 アドレナル・セラピスト
mahiro
私の娘と息子は、起立性調節障害・副腎疲労症候群・低血糖症を発症し、数々の紆余曲折を経て川本治療所に出会いました。そこから約8ヶ月後、息子は国立大学に現役合格、娘は歯科助手として就労しました。その秘訣は、母の手で地道にコツコツと行う自己指圧にありました。

川本療法は上記の病気だけではなく、西洋医学で治りづらいリウマチ・膠原病・アトピー性皮膚炎など、多くの自己免疫疾患の改善に実績を持っています。この素晴らしい療法を学びたいと私は、川本治療所が主催するアドレナル・セラピーを受講し、アドレナル・セラピストの資格を取りました。そして、川本療法=自己指圧による皮膚刺激療法を広くご伝授させていただきたく、この自己指圧Caféを2017年3月より、毎月一度のペースで開催しています。


mahiroのブログはこちら 
監修 川本治療所

昭和11年開業、内臓治療専門の川本式副腎刺激法(指圧)により現代病やストレスから来る難病治療に挑む西宮・今津の整体治療所です。
院長川本正己先生が提唱する川本療法は副腎にアプローチして自己免疫疾患(川本療法で言うところの現代病)と戦う治療法です。

自己免疫疾患とは、「免疫が過剰になることで自分自身の正常細胞までも攻撃してしまうことで発症する病気」のことを指します。

代表的な症状としては、過敏性大腸炎・関節炎・甲状腺炎・頭痛・パニック症・慢性風邪ひき体質・膀胱炎・胃炎・肺炎など、列記すればきりがありません。

川本治療所は、これらの病気で全国から訪れる患者さんの多くを改善に導いておられます。



気になる方はこちらをチェック  
アドレナル・セラピーとは

25年前に副腎の重要性に気づき、副腎を中心に約7万人以上の患者さんを診てこられた、川本治療所院長川本正己先生が、その経験から副腎の重要性を専門家方に学んで頂く講座を2016年から開催されています。その講座が「アドレナル(副腎)セラピー」です。

アドレナル・セラピーの根底理論
「いわゆる難しいといわれる病気の発症原因には副腎が関係しています。副腎を回復させるには『皮膚(神経)へのアプローチ』が必須。なぜなら、『皮膚と脳と副腎』は密接に関係しているからです。」

そしてこの講座の特筆すべきところは、私のような一般女性が、専門家の治療家さんたちに交じって多く受講していることです。なぜこんなことが起こるのか…、それは、自らが・あるいは家族が、長年苦しんできた不調を川本療法によって改善されたことに心から感銘を受け、この素晴らしい療法をより深く学びたいと思うからにほかならないと、私は思っています。

現在、第3期のアドレナル・セラピーが開講され、たくさんの方が学んでおられます。

アドレナル・セラピーについての詳細はこちら ↓
アドレナル・セラピーとは

25年前に副腎の重要性に気づき、副腎を中心に約7万人以上の患者さんを診てこられた、川本治療所院長川本正己先生が、その経験から副腎の重要性を専門家方に学んで頂く講座を2016年から開催されています。その講座が「アドレナル(副腎)セラピー」です。

アドレナル・セラピーの根底理論
「いわゆる難しいといわれる病気の発症原因には副腎が関係しています。副腎を回復させるには『皮膚(神経)へのアプローチ』が必須。なぜなら、『皮膚と脳と副腎』は密接に関係しているからです。」

そしてこの講座の特筆すべきところは、私のような一般女性が、専門家の治療家さんたちに交じって多く受講していることです。なぜこんなことが起こるのか…、それは、自らが・あるいは家族が、長年苦しんできた不調を川本療法によって改善されたことに心から感銘を受け、この素晴らしい療法をより深く学びたいと思うからにほかならないと、私は思っています。

現在、第3期のアドレナル・セラピーが開講され、たくさんの方が学んでおられます。

アドレナル・セラピーについての詳細はこちら ↓

開催場所:不断山 瑞雲院 西光寺

阿弥陀如来を御本尊とする浄土宗のお寺です。

寺伝によると、古くこの地に一草堂があり、念佛する者が後を絶たず、その故をもって不断堂と名付けられていたそうです。

天文15(1546)年に萬里小路内大臣秀房公の息、浄土宗総本山知恩院 第27世 徳譽大僧正の嫡弟、祐圓和尚が諸国遍歴の途中、止々呂美の豊楽寺に留まり、後に招かれてこの寺に来たり、信徒と協力して再建し、不断山西光寺と名付けたとあります。

本堂は元禄10(1697)年にこれまでの規模を一回り大きくする形で大改修され、現在に至っています。庫裡は阪神淡路大震災により被害を受け、平成年間に現代風の建物に新されまた。 

一般に寺院の建立はその土地の有力者による勧請によるものの多い中、当寺は一般庶民の皆様の厚い信仰の心によって力を合わせて建立された寺院であります。歴代住職が檀信徒の皆様のご協力を得て今日まで護持されてきています。
(以上、HPより抜粋)



西光寺HPはこちら 


過去の自己指圧Caféの様子はこちらから

次回 自己指圧Café in 大阪 開催のお知らせ




開催日  2019年10月26日(土)

時 間  13:00~16:00
場 所  不断山 瑞雲院 西光寺(上記を参照ください)
参加費  2,000円
     オーブスの記憶水を添加した生体水に近いミネラルウォーター500ml付き
    
持ち物  バスタオル2枚 水分補給用の飲み物(必要な方)
 

今回も5名様、募集させていただきます。


メニュー
・mahiroによる川本理論のプチ解説を20分程度
・二人一組で「温圧療器」の実践練習
・各種自己指圧器具を使っての、自己指圧法ご指南
・情報交換 
 
 
その他
・畳の上に寝転ぶことのできる服装でおいでください
・無料駐車場あります。(お申込み時にお知らせください)
・自己指圧器をお持ちの方で、お車の方はご持参ください
 電車・バスの方は荷物になりますので、ご持参いただく必要はありません




お寺で自己指圧Café in 大阪

お申込みはこちらへ→☆☆☆


LINEで繋がっている方はそちらからどうぞ




皆さまのご参加をお待ちしております。






勝手にリ楽ックす会
(自己指圧Café個別対応の部)
ご案内

  • 川本療法や自己指圧に興味があり、一度自己指圧Caféに参加してみたいけれど、なかなかタイミングが合わない…という方 あるいはゆっくり温圧施術を受けたいという方のために、個別にも対応させていただいております。


    日 時 希望の日時を申込みフォームにお書き込みください
    場 所 不断山 瑞雲院 西光寺(上記を参照ください)
    参加費 お一人 3,500円 
        ご家族・お友だちと二人で参加の場合はお一人2,000円
        (ただし、お二人でご参加の場合はパターンAのみとなります。)
        いずれもオーブスの記憶水を添加した生体水に近いミネラルウォーター500ml付き
        
    持ち物  バスタオル2枚 水分補給用の飲み物(必要な方) 


    メニュー
    パターンA
    ①mahiroによる川本理論のプチ解説を20分程度

    ②お一人ならmahiroによる「温圧療器炭式」のお試し施術20分
     お二人なら交替で「温圧療器」の実践練習
    ③各種自己指圧器具を使っての、自己指圧法ご指南 1時間程度

    パターンB
    (過去に温圧を経験したことのある方に限ります。)
    ①mahiroによる川本理論のプチ解説を20分程度
    ②「温圧療器炭式」施術 炭1本(40~50分程度)
    ③お好きな自己指圧器具を使っての、自己指圧法ご指南 30~40分程度

     温圧が初めての方のパターンBの受付けはいたしません。ご了承ください。



    その他
    ・畳の上に寝転ぶことのできる服装でおいでください。
    ・無料駐車場あります。(お申込み時にお知らせください。)


  • お問合せ・お申込みはこちらから→☆☆☆
  • お問合せ・お申込みはこちらから→☆☆☆

Maternal Up(マターナルアップ)セミナー

アドレナルセラピーが専門家向きのセミナーであるのに対し、こちらは一般の方向きのone dayセミナーです。Maternal(マターナル)とは、「お母さんの力」のこと。そのお母さんの力をUP=「上げること」で、家族を健康へと導きましょうという意図で行われています。川本療法と、九州福岡のHealth Support Labo 予防医療クリニック院長で内科医・産業医のかじ山智子先生★とのコラボにより、身体の外から(自己指圧)と内から(栄養学・心理学)の、両方からのアプローチが可能となりました。通常の病院では絶対聞くことができない「新・家庭の医学」を学ぶことができます。二人の子どもを回復に導いたマターナルアップ実践者として、mahiroがゲスト参加します。

  

2019年6月30(日)に、九州福岡にて開催されたセミナーの様子はこちらをご覧ください。 
※次回の開催は未定です。