なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

マフレン株式会社

マスクアタッチメント
MANOMA

MANOMAの特長

マスクアタッチメントMANOMAはマスクの課題を解決します。
 1)マスクと顔面の隙間から浸入する外気を吸引することがありません。
 2)マスクが臭くなりません。
 3)酸素欠乏で息苦しくなりません。
 4)二酸化炭素で気分が悪くなりません。
 5)水蒸気で不快になりません。
 6)メガネがくもりません。
 7)軽量です。
 
MF-DIPクリーナはベルトコンベアのためのクリーナです。小分割の掻き取り板はどんな形状のベルトにも正確にフィットします。ベルト突起物を瞬時に回避してベルトやクリーナーを損傷しません。

MF-DIPクリーナー
機能説明

MF-DIPクリーナー
総合編

MF-DIPクリーナー
高さ調整手順

MF-DIPクリーナー 
障害物回避機能

クリーナーによるコンベアベルトの落鉱対策

コンベアベルトの下には落下した付着物が次第に堆積して大きな落鉱の山を形成する。このような落鉱は放置すると、ローラーの摩耗や蛇行の原因となる。又、落鉱が風に飛ばされ生活圏に飛散したり、雨水に流され河川や海を汚染する問題が生じる。そのため定期的に落鉱を除去する作業が必要となる。一方、除去した落鉱は貴重な資源であるが、小石や他の搬送材料が混在しているので再使用できない場合は廃棄するしかない。再利用するにしても分別に多大のコストを要するので経済的ではない。ベルトクリーナーはベルトに付着した付着物を一定の場所で集中的に除去してくれるので落鉱処理作業を大幅に軽減できる。このためクリーナーは各種ベルトコンベアで使用されており突発故障防止、環境保全の面から必須の設備となっている。

ベルトクリーナーMF-DIPクリーナーの紹介

MF-DIPベルトクリーナーは長年にわたる現場メンテナンスの経験から開発したベルトコンベア用クリーナです。ベルトの幅方向に細かく分割された細長い弾性棒に耐摩耗性の超硬チップを取付けております。高さ調整ボルトで弾性棒を押し上げることでどのような形状のベルトに対してもベルト表面に超硬チップを精密に当接できます。従来のベルトクリーナーには次のような問題点がありました。
 1)搔き取り部がベルトにフィットしないので掻き取れ残しが多い。
 2)搔き取りチップの寿命が短いので頻繁に調整が必要である。
 3)調整のたびにラインを休止せざるを得ないので生産が低下する。
 4)ベルトの突起物がベルトクリーナーにはさまり、ベルトを切断したり、ベルトクリーナーが破損したりして突発故障が発生する。
 5)クリーナーをドライブプーリの下に取付けられないのでクリーナーの下に堆積した落下物の山清掃が発生する。
MF-DIPクリーナーは上記問題点を全て解決した画期的なクリーナーです。是非お試しください。
                                                                                                                                                                   mafren@cam.bbiq.jp

ベルトと掻き取りチップの精密な当接機能

MF-DIPクリーナーは複数の細長い弾性体を横一列に並べております。弾性体の下部には弾性力ある薄板を敷設し、薄板は複数の高さ調整ボルトで支持されております。弾性体の先端の超硬チップは高さ調整ボルトにより上昇下降しますので、ベルトに精密に当接できます。ベルトの摩耗形状や湾曲形状に合わせて間単に位置合わせができます。弾性棒(バー)は可撓性のある弾性バー連結棒にてベルト幅方向に串刺ししてスラスト方向へのズレを防止しています。弾性バーの下端は高さ調整板に載置されており、高さ調整ボルトを上昇下降させることで高さ調整ができます。                                                                                                                                                                                            mafren@cam.bbiq.jp                                        

摩耗したベルトへの取付け事例

MF-DIPクリーナーは高さ調整ボルトによってチップの高さを自在に調整できますので、チップとベルト表面を精密に当接できます。従来のフラットクリーナーでは、どんなに強くベルトを押し付けても掻き取れませんでした。MF-DIPクリーナーは小分割された弾性バーとチップにより局部的な摩耗部にしっかり当接できます。掻き取り残しを極限まで減少させました。

円弧型ドライブロールへの取付け

ベルト蛇行防止のため、ドライブプーリを凸円弧状(クラウンロール)にする場合があります。この場合は、ドライブプーリに合わせてベルトも凸円弧状になりますので従来のクリーナーでは全く対応できませんでした。MF-DIPクリーナーは高さ調整ボルトで弾性バーを押し上げますので簡単にチップとベルトを当接できます。

ベルト突起物の回避機能

ベルトにはつなぎ目や部分補修などの突起部があります。又、金属片の突き刺りや粘着性の強固な突起物が付着している場合があります。このような突起物はベルトクリーナーが障害物となってベルトを進行方向に引き裂いてラインがストップする大事故がに繋がります。MF-DIPクリーナーはこのような突起物が衝突した場合、瞬時に撓んで障害物をやり過ごすことにより衝撃力を回避することができます。

優れた搔き取り機能

MF-DIPクリーナーはドライブプーリの下に取付けることができます。ドライブプーリはベルトに張力を付加しますのでベルトがほとんどフラットになります。そのため、掻き取りチップがベルトに精密に当接しやすくなります。又、掻き取り力を上げるために掻き取りチップをベルトに押付けた場合にはベルトはドライブプーリで拘束されていますので反対側に逃げることができず押付け力が的確に伝わります。従来のベルトクリーナーの掻き取りチップは厚いので、ベルトを押付けた際の面圧が小さくなるので、付着物に掻き取りチップが食い込むことができず搔き取り性能が低下します。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。

会社概要

設立       2012年6月
代表取締役    大徳 一美
資本金      1000万円
住所       福岡県北九州市若松区高須南1-11-56    
         Email mafren@cam.bbiq.jp