渇きを茶家す、和水人(なごみひと)

こんにちは、まえけん なでしこ こと前田高成です。
ここは私のお気楽ページです。

好きなこと:チーズケーキ,スウィートポテト,パンケーキなどのお菓子作り、おうえん活動
 

まえけん おうえんcafe佐賀店

九州工業大学卒業後、半導体製造業の会社で23年間精密機械設計,立上げを主に行う機械エンジニアでしたが、離婚と同時に福祉業界に舵をきり、47歳で西九州短大に再入学し2年間福祉の勉強をしました。介護福祉士資格及び社会福祉士の受験資格を取り、介護職の道へ進む。その後離職し、自由度の多い派遣社員となり週末の休みを利用し、実家の嬉野茶抹茶手作りのチーズケーキで福岡県の朝倉 杷木復興支援ベースを中心にボランティアをしたり、お茶とチーズケーキで和みと寛ぎを多くの人に届けたいと思い、マルシェにも参加しています。一方でおうえんマインド溢れたおうえんcafeに参加し、まえけん おうえんcafe佐賀店のオーナーとして発信、おうえん活動、社会貢献活動を行っています。
好きなことお茶、抹茶チーズケーキ,パンケーキ,スウィートポテト作り、肥前吉田焼、旅行、映画鑑賞、和骨董収集,コスプレ、おい、バレーボール観戦&おうえん、サッカー観戦
好きな言葉:ありがとう、一期一会、縁、give&forget、おもてなし、和、癒し、よかよか、今やろう

精密機械設計エンジニア

 精密機械の設計って?もうだいぶ経つから忘れかけてます。(笑) だから老後の為にちょっとだけ詳しく書いておきます。面白くは無いんで、飛ばして下さい。一貫して携わったのは、半導体後工程設備です。装置の予算取り、仕様決め、設計、組立、修正変更の為の機械部品加工、組立、調整、立上げ、量産設備としての稼働フォロー自分で図面を引いて生産に寄与させるまでの一貫をする事が多く、残業、休日出勤でへとへとでした。その時は夢なんて無くて、ただただ、責任感だけだった様に思います。その後も、1/1000mm単位の数字が並ぶ、金型の改造設計を担当し、いっぱいいっぱいでした。
 その後、最後の2年間程は、それまでの経験を活かして、工場内の改善を自分で見つけては、簡単な企画書みたいなのを上司に見せて、設計製作しては、工場にリリースするという仕事でした。まあ、普通の機械屋さんとしては、すべての事に絡んでたので、今思えば、恵まれてた? というのでしょうか 笑

一期一会


まえけん なでしこ色

持ってる資格
介護福祉士福祉レクレーションワーカーレクレーションインストラクター産業カウンセラー日本語教師、中型自動車限定解除免許、大型自動二輪、リフト運転技能資格、古物商取引資格、剣道二段
所属
おうえんcafe高田プロデュース室倍幸地球防衛軍、女子力向上委員会、福岡グルメ会

おうえんcafe

そこに行けば「自分のすべて」を受け入れてくれて
やることすべて」をおうえんしてくれる
そんな優しさ尊敬にあふれたcafe

 あなたのやりたいことを
だれかにおうえんしてもらいませんか?
 だれかのやりたいことを
一緒におうえんしませんか?
 
 おうえんの「その先」にある
ステキな未来のために


先ず自分の気持ちを満たし、次に家族、
次にその周囲の人に心を配り、
愛のリレー
シャンパンタワーの法則って言葉に出会いました。

チーズ ケーキ

まえけんおっちゃんのチーズケーキ作り歴もかれこれ25年。
フレッシュチーズケーキに始まり、
ブルーベリー、パンプキン、
トリプルベリー、抹茶チーズケーキ
バリエーション豊かになって来ました。

最近食べてないなーっていうあなた、
久しぶりに連絡ください。 (笑)

コスプレ

とにかく好きですね。
公開出来るコスプレには、
動物系,お笑い系,スポーツ系、
舞踊系があり、イベントの時は、
それなりに頑張っちゃいます
後は色々と… … 笑

(*´ω`*)あんみつ姫

8年前に初めて観たあんみつ姫。
感激してたまに行ってます。
だって楽しすぎるんです。
お客さんとキャストが、
みんなで作り上げる楽しい空間。

一度ご一緒しませんか楽しいですよ!

ボランティア

2017年7月の
九州北部豪雨災害のボランティアに、
参加したのをきっかけに、
約1ヶ月に1度の頻度で支援者の支援という形でいっています。
ベース基地でボランティアや近所の方に、
嬉野茶、抹茶とチーズケーキを、
振舞っています。
モットーは楽しく
元気で癒しなボランティア
(もちろん災害直後では、
ばかはしゃぎはしませんよ!)

一芯一葉

茶生産製造農家の長男として、
40年間、
毎年茶摘みのシーズンには帰省し、
家族全員でのお茶作りを行っています。

まるしぇ

嬉野茶,抹茶と手作りチーズケーキを、
メインにし、新茶のシーズンには、
実家の新茶販売も加えたり、
子供さんには絵本の読み聞かせや、
紙芝居も準備してます。
抹茶を点てる体験をしてもらったりしています。

パンケーキ

お菓子作りが好きなため、
パンケーキが流行った頃には、
パンケーキにかなりハマりました。
あとはスウィートポテト、苺大福等など。
元会社の女子やバレー部女子、
ジュニアバレーの小学生には、
そこそこ好評でした。

テキ屋の
おっちゃん

2017年8月の筑後花火大会から初参加、
筑後花火大会、北九州海峡花火大会、
下関馬関祭、
久留米成田山年末年始参り等の
テキ屋のおっちゃん。
黙って売るのが性に合わず、コスプレし、
口上張り上げながら売りまくります。

おむつ
ケーキ

食べられない、長持ちするケーキ
特に7年前から5年前くらいの間に、
出産した5人位のバレー部女子の
出産お祝いは、これに凝ってましたね。
今だから話せるけど、
結構地味に時間と根気が必要でした。

大人の
紙芝居

最近では2018年7月西日本豪雨災害で、
広島県呉市の避難所にて、
被災された高齢者の方々の気晴らしと、
笑顔を取り戻す
ために、
大人の紙芝居をしました。

金色夜叉,どっかーん,とばしっこ etc.

茶道男子

小学5年生の時に初めて茶道部に入部だから42年前。裏千家との出会いでした。
それから5年前短大でも茶道部に興味を示し、
裏千家と再会しました。甘いものが好きなこと、日本文化に触れていたいとの思いから、
女子ーずに混じってお点前の基本を学びました。やってて良かった裏千家。

おうえんジュニアとの交流

赤ちゃん、子どもは大好きです。
ピュアな心と、明るさ、
パワーを浴びれるから。
自分の子供は成人しているから、
他所の子供さんに相手してもらってます。10年後には一緒に、
おうえんフェス&おうえんcafeをやってるかもです w

ハーバ
リューム

もう流行っていないかな?
去年の年末にこハーバリューム体験をし後、至るところで会いました。
無心に何かを作り上げるのが、
結構好きみたいです。

カントリー家具

25年程前ハマってDIYしていました。
カントリー家具。
これも木工用電動工具一式揃えて、
外が暗くなるまで。
夢中になってましたね。
今でこそネットで沢山情報が溢れてるけど、当時は今より、PCに疎く、
カントリー家具の本を買ったり、
図書館で借りたりして、デザイン、
図面を引いて作っていました。

 当然今でも作れると思いますよ。
だって機械屋さんだもん w

Dream

元の会社の実業団9人制女子バレー部が廃部になった後、〇増君が声を掛けて出来たクラブチーム
Dreamのおうえんをしています。
元会社にいた女子は、結婚、
妊娠や会社を辞めてしまって、
馴染みの子たちは少なくなったけど、
新しいメンバーや助っ人に来てくれたこたちと、
繋がることができ楽しくおうえんしています。
 俺にとっては、バレーのお陰でたくさんの人と
繋がる事ができ、凄く感謝しています。
8年、9年前にジュニアバレーの練習の、
手伝いをしていた頃の子達が、
高校3年生、2年生になり、
青春しているのを見るとたまらなく嬉しいです。

よりそう
にほんご

マツダミヒロさん、伊勢隆一郎さんの未来型社会貢献プロジェクトに参加していました。
チーム名:倍幸(バイコー)田中みゆきさん
奥田涼子さんと3人で、
よりそうにほんごというカードを作ります。

日本語学校に入れない18歳未満の学生、経済的、
時間的な理由で、日本語を勉強する機会が少く、
日本のコミュニティに馴染めなくて苦労している、
東南アジアの方々にフォーカスして取り組んでいます。

刺繍

閃いたらとことんハマってしまいます。ジュニアバレーの子供たちのハチマキに刺繍入れたり、女子バレー部のハンドタオルにコートネーム入れたり、応援団全員のネームを入れたり、オリジナルTシャツやタオル等、なんかそういうの大好きでしたね。

ペライチ

毎日劇的な日常を生きてる訳じゃないから、
ブログとかHPなんて関係ないと、思ってました。でも、この俺が出来る位簡単なんです、
このペライチって。
全国いや世界にもサポーター制度っていう
HP作りをおうえんしてくれる制度があるし、
無料ではじめられるんです。
そしてこのペライチを皆が使ってその先へ

肥前吉田焼
ソエセン

約400年前から有田焼の生産拠点として
波佐見焼と共に栄えた、
佐賀県嬉野町の肥前吉田焼と偶然出会いました。もともと急須や、湯呑を収集していましたが、
運命的な(勝手に思っていますが (笑))
出会いにより、傾倒しています。

日本語教育

大好きな和の日本文化を伝えていく上で、
日本語を学ぶことの重要性を感じています。
海外の方や子供さんに、
やさしい日本語で伝える事が出来るように!

今はフランス の高校二年生で
日本文化に興味を持ち、
日本語を学んでいる方々と繋がっています。

福祉レクリエーションワーカー

正直なところあんまり使ってなっかたです。
更新しようか迷ったくらい。
でも被災地支援で子供さんやお年寄りに
レクリエーションする事の大切さを気づかせてもらって、
これからはやっていきたいなと思っています。
避難所では周りの方に気を遣ったり、
慣れない避難生活で疲弊されてます。
笑う事すら忘れられています。

避難所ではTVも1台しかなく、
当たり障りのないニュースばっかりで楽しみがなく、

レクリエーションの必要性が高いと感じた体験でした。