いきいき情報モーニング.TOKYOSearch

前田裕幸~グローバルコメディアンへの思い~

25歳の前田裕幸は、宅急便配達の仕事をしています。趣味のギターを楽しみながら、何の変哲もない毎日を送るどこにでもいる25歳です。そんな前田裕幸は、大きな夢を持っています。その夢というのは、世界で活躍できるコメディアンになるというものです。どこにでもいる25歳の男性がなぜ、世界で活躍できるグローバルなコメディアンを目指そうと思ったのか、前田裕幸にとってのコメディアンとはどのようなものか紹介していきましょう。

前田裕幸が大きな夢を持つきっかけ~コメディアンとの出会い~
 
前田裕幸は、海外旅行をきっかけに海外のコメディアンに興味を持つようになりました。それまでは、お笑いなどに特別興味を持っていたわけではないので詳しくありませんでした。しかし、旅行の時に足を運んだバーで出会ったコメディアンを見て、日本のお笑いとは全く違うスタイルに感動し、魅了されたのです。その出会いが前田裕幸の人生を変えたといっても過言ではありません。
 
それからというもの、前田裕幸は自分自身も世界で活躍できるコメディアンになりたいと思うようになり、英会話の勉強などを始めるようになったのです。前田裕幸はどこにでもいる25歳でこれといった夢も持っていませんでしたが、海外のコメディアンとの出会いによって、大きな夢を持つことができました。

前田裕幸が抱いているコメディアンへの熱い思い

前田裕幸は海外のコメディアンと出会ってからすぐに、日本のお笑い芸人と異なるスタイルについて調べ始めました。日本へ帰ってきてからは、コメディアンになるために動き始めますが、その頃はまだコメディアンについてもお笑い芸人についても知らない部分がたくさんあったのです。しかし、世界で活躍するグローバルなコメディアンになるという大きな目標のために研究を続けました。
 
日本人の中にも海外で活躍しているお笑い芸人やコメディアンはたくさんいます。特別な夢もなく、何の変哲もない毎日を送っていた前田裕幸は、世界で活躍しているコメディアンを目指したいという目標ができたことによって、毎日の生活にも張り合いを持てるようになりました。世界で活躍できるコメディアンになるという目標は途方もなく大きく、無謀だと笑う人も少なくはないでしょう。しかし、周囲の目を気にすることなく自分自身の夢を追い続けていきたいと思っています。

前田裕幸の中には、グローバルなコメディアンとはこのようなものだというイメージができているので、あとはそれを自分自身が体現化するだけです。それはとても長い道のりかもしれませんし、思うようにできないこともたくさんあるでしょう。中には、もっと安定感のある現実的な生き方を勧める人もいるかもしれません。それでも、心の中にキラキラと輝く大きな夢を持つことができた前田裕幸は、その夢に向かって進み続けます。夢に向かう道のりはまだまだ始まったばかりなので、これから多くの壁を乗り越え、夢を実現するはずです。