急募【2月23日〆切】前田デザイン室がドット絵広告を制作

「マエボン2」とは?

オンラインコミュニティ「前田デザイン室」が手がける雑誌です。
2018年の夏に制作した「マエボン」のシリーズ第2弾になります。

今作のテーマは「失敗」。
誰もが回避したいと思っている「失敗」を、ポジティブに捉えてほしいという願いが込められています。

童心に満ちたクリエイター陣が、「失敗」と徹底的に向き合い、「失敗の向こう側」を見るため、鋭意、制作中のマエボン2。
その中で、何やら飛び出てきた「失敗は、おっぱいだ!」との謎ワード。
失敗の真髄をお届けしたいと思います。

◉雑誌の概要
サイズ:A4変形 210×277mm ・フルカラー

ページ数:100㌻
発行部数:1500部
読者層:20代〜40代
販売方法:Web販売(クラウドファンディング)・書店・ECサイト
刊行日:2020年3月28日(土)

「マエボン2」の誌面イメージ

失敗酒場
全国的な人気を誇るローカル番組『水曜どうでしょう』。ディレクターの藤村忠寿さんと嬉野雅道さんが登場し、お酒を酌み交わしながら、「失敗の正体」を深ぼりします。
旅ロケインタビュー
作家の岸田奈美さんが登場。「むしろ、失敗しかしてない女」と自称するほど、失敗ヒストリーが豊富な岸田さん。広島・宮島への旅ロケを密着インタビューします。
あったらいいな!
生理現象でありながら疎まれがちな「おなら」。それなら、匂いと音を吸収する「おなら大丈夫イス」を作ってしまおう!と立ち上がった匠による失敗と挑戦の軌跡。
コラボ企画
マンガ「宇宙兄弟」とのコラボ企画。「失敗を気にせずボケ倒そう」と題し、Twitterで全力のボケを募集。集まった名ボケの中から、大賞を決めます。
コラボ企画
マンガ「宇宙兄弟」とのコラボ企画。「失敗を気にせずボケ倒そう」と題し、Twitterで全力のボケを募集。集まった名ボケの中から、大賞を決めます。

広告のおすすめポイント

  • 前田デザイン室名物「粗ドット絵」でキャラクター制作
    →版権ごとお渡しするので、グッズやバナーなどに永遠に使えちゃいます!

  • 主要都市の有名書店で取り扱っていただく予定です
  • 室長の前田高志が、トークイベントなどで広告主様のことを語ります
  • 総勢200名の前田デザイン室のメンバーが、Twitterなどで拡散します
  • 広告を通して生まれた絆を、さまざまな機会を通じて育んでいきます
  • 前田デザイン室とゆかりのある著名人に献本します

  • クリエイティブに興味を持つ人々にアプローチできるので、広告主様のことを、さらに広く知ってもらうきっかけになります
  • 主要都市の有名書店で取り扱っていただく予定です

「前田デザイン室」とは?

元・任天堂デザイナー前田高志率いるクリエイティブ集団です。
仕事ではできないものづくりを楽しむ場所です。

仕事でないから、失敗しても大丈夫。

おもろ!(アイデア)
たのし!(積極性)
いいな!(クオリティ)

を行動指針として、
多彩な才能(200数名)が融合し、世の中に新しいクリエイティブをリリースしています。

室長 : まえだたかし
前田デザイン室の室長。

アートディレクター、グラフィックデザイナー、漫画家。
前田高志が目指すのは「学校の昼休み」のようなクリエイティブ。
昼休みに校庭でサッカーしたり、オリジナルな遊びを生み出したりするように、
人とのコミュニケーションのラリーの中で、まだ見たことない新たなクリエイティブを創造する。

これまでのプロジェクトの一部


初代「マエボン」について
「童心を取り戻せ」をコンセプトとした素人による雑誌制作
平成最後の夏に制作された前田デザイン室、初の雑誌。
雑誌制作「未経験者9割」という状況の中で、「童心を取り戻せ」をテーマに遊び心を追求し、夢中でつくりあげた作品です。

出版社や取次を介さず、企画・デザイン・ライティング・編集・校正・印刷・販売・配送の全てを前田デザイン室メンバーで行い、完成したマエボンは「青山ブックセンター本店」「銀座 蔦屋書店」「代官山 蔦屋書店」など、数々の有名書店で取り扱っていただきました。
インタビュー企画
株式会社コルクの佐渡島庸平さんが登場し、人生を楽しむ秘訣を語ってくれました。
あったらいいな!
遊び心満載のモザイクパンツを発案。後に、この妄想は現実となり、商品化されることに。
ぶっ飛び妄想新聞
あふれ出る妄想(ロマン)を誌面に投下。会社ではできないことに挑戦していきます。
ダサTオシャレ化計画
「ダサい」の概念をアップロードしたダサTオシャレ化計画。ダサTは実際に販売!
ダサTオシャレ化計画
「ダサい」の概念をアップロードしたダサTオシャレ化計画。ダサTは実際に販売!

過去の広告掲載

2018年制作の「マエボン」に掲載された広告を紹介いたします
コピーライター
中村圭 様
「マエボン」1号では、表紙の裏にあたる広告枠を、コピーライターの中村圭 様にご購入いただきました。
レタッチャー
大谷キミト 様
「マエボン」1号では、裏表紙の裏にあたる広告枠を、レタッチャーの大谷キミト 様にご購入いただきました。
ネット印刷会社
キングプリンターズ 様
「マエボン」1号では、裏表紙の広告枠を、ネット印刷会社のキングプリンターズ 様にご購入いただきました。
ネット印刷会社
キングプリンターズ 様
「マエボン」1号では、裏表紙の広告枠を、ネット印刷会社のキングプリンターズ 様にご購入いただきました。

過去の広告購入者の声

コピーライター・中村圭さん

「掲載前なのに広告効果が出る不思議な雑誌」
 ①フォロワーが急増した
 ②インフルエンサーに速攻認知される
 ③可愛い分身キャラが誕生

中村圭さんのnote
『掲載前なのに広告効果が出るマエボンの不思議な雑誌広告』
https://note.com/keiokei/n/n4ac548beeaf5

レタッチャー・大谷キミトさん

「クリエイターは読んでみると良いとおもう。遊び心が満載」
「広告だした結果、そのあと(前田デザイン室の)メンバーになっちゃった。笑 だって楽しそうだから」

大谷キミトさんのnote
『「マエボン」にレタッチャー大谷の広告を1枠15万円で出した結果、まさかの..』
https://note.com/ret/n/n7c7e3a39fc93

レタッチャー・大谷キミトさん

「クリエイターは読んでみると良いとおもう。遊び心が満載」
「広告だした結果、そのあと(前田デザイン室の)メンバーになっちゃった。笑 だって楽しそうだから」

大谷キミトさんのnote
『「マエボン」にレタッチャー大谷の広告を1枠15万円で出した結果、まさかの..』
https://note.com/ret/n/n7c7e3a39fc93


どこで販売される?

書店では、東京・表参道の「青山ブックセンター本店」に置いていただけることが決まりました。また、クラウドファンディングでの予約販売 、前田デザイン室のECサイトでも販売を行います。
2018年に発売した「マエボン」は、東京・表参道の「青山ブックセンター本店」「銀座 蔦屋書店」「代官山 蔦屋書店」「Book Lab Tokyo」「スタンダードブックストア心斎橋」「紀伊国屋梅田本店」「ジュンク堂名古屋ロフト」など、全国主要都市の有名書店で取り扱っていただき、ベストセラーの堀江貴文さんや前田裕二さん、落合陽一さんや箕輪厚介さんの書籍とともに陳列していただきました。

募集内容の詳細

【SOLD OUT】【2月23日(日)23:59 締切】
「マエボン2」広告枠A(①面)

(200,000円/1枠限定)
※広告枠Cの購入と同時に本枠は販売終了となります

表紙の裏にあたる①面(左図)を広告枠Aとして販売いたします。
ヒアリング→制作→修正→入稿という流れで、前田デザイン室で広告を制作いたします。広告枠は1枠限定です。
仕様はA4変形サイズ(277mm×210mm)です。
※広告の作成に加え、完成品の「マエボン2」3冊を、ご指定の場所に配送いたします。

【SOLD OUT】【2月23日(日)23:59 締切】
「マエボン2」広告枠B(②面)
(200,000円/1枠限定)
※広告枠Cの購入と同時に本枠は販売終了となります
表紙の裏の隣ページの②面(左図)を広告枠Bとして販売いたします。
ヒアリング→制作→修正→入稿という流れで、前田デザイン室で広告を制作いたします。広告枠は1枠限定です。
仕様はA4変形サイズ(277mm×210mm)です。
※広告の作成に加え、完成品の「マエボン2」3冊を、ご指定の場所に配送いたします。

【SOLD OUT】【2月23日(日)23:59 締切】
「マエボン2」広告枠C(①面+②面)
(300,000円/1枠限定)セット価格
※広告枠A・Bの購入と同時に本枠は販売終了となります

表紙の裏にあたる①面と隣ページの②面の両面(左図)を、広告枠Cとして販売いたします。
ヒアリング→制作→修正→入稿という流れで、前田デザイン室で広告を制作いたします。広告枠は1枠限定です。
仕様は片面A4変形サイズ(277mm×210mm)です。
※広告の作成に加え、完成品の「マエボン2」3冊を、ご指定の場所に配送いたします。

【SOLD OUT】【2月23日(日)23:59 締切】
「マエボン2」広告枠D(③面)
(200,000円/1枠限定)
※広告枠Fの購入と同時に本枠は販売終了となります
裏表紙の裏にあたる③面(左図)を広告枠Dとして販売いたします。
ヒアリング→制作→修正→入稿という流れで、前田デザイン室で広告を制作いたします。広告枠は1枠限定です。
仕様はA4変形サイズ(277mm×210mm)です。
※広告の作成に加え、完成品の「マエボン2」3冊を、ご指定の場所に配送いたします。

【SOLD OUT】【2月23日(日)23:59 締切】
「マエボン2」広告枠E(④面)
(200,000円/1枠限定)
※広告枠Fの購入と同時に本枠は販売終了となります
裏表紙の裏の隣ページの④面(左図)を広告枠Eとして販売いたします。
ヒアリング→制作→修正→入稿という流れで、前田デザイン室で広告を制作いたします。広告枠は1枠限定です。
仕様はA4変形サイズ(277mm×210mm)です。
※広告の作成に加え、完成品の「マエボン2」3冊を、ご指定の場所に配送いたします。

【SOLD OUT】【2月23日(日)23:59 締切】
「マエボン2」広告枠F(③面+④面)
(300,000円/1枠限定)セット価格
※広告枠D・Eの購入と同時に本枠は販売終了となります
裏表紙の裏にあたる③面と隣ページの④面の両面(左図)を、広告枠Fとして販売いたします。
ヒアリング→制作→修正→入稿という流れで、前田デザイン室で広告を制作いたします。広告枠は1枠限定です。
仕様は片面A4変形サイズ(277mm×210mm)です。
※広告の作成に加え、完成品の「マエボン2」3冊を、ご指定の場所に配送いたします。

【ご注意事項】

マエボン2のテイストに合わせて、前田デザイン室側で広告ページを作成します。

ヒアリングはいたしますが、制作日程の都合上、デザインに関する細かな修正にはお応えしかねます。ご了承ください。

購入後の流れ

Step.1
購入後、前田デザイン室担当者より連絡
広告枠のご購入後、前田デザイン室の担当者より、ご連絡いたします。
Step.2
ヒアリング後、広告制作
ご購入者様へのヒアリングの後に、制作、ご確認、修正、入稿となります。
Step.3
入稿
3月5日(木)までに、修正した内容を最終確認いただき、入稿となります。
Step.2
ヒアリング後、広告制作
ご購入者様へのヒアリングの後に、制作、ご確認、修正、入稿となります。

FAQ

  • Q
    入稿など、スケジュールはどうなっていますか?
    A
    広告枠をご購入いただいた後、前田デザイン室の担当者から連絡をいたします。
    ヒアリングののちに、ご確認、修正、入稿となります。
    入稿は、3月5日(木)の予定で、刊行日は3月28日(土)になります。
  • Q
    マエボン2に掲載する広告枠に、個人の広告を掲載してもいいですか?
    A

    はい、個人の方の広告も喜んでお受けします。

  • Q
    お支払い方法を教えて下さい。
    A

    3月月初に請求書発行をして、3月末までの銀行振込での支払いになります。

  • Q
    どんな広告でも制作できますか?
    A

    申し訳ありませんが、以下の広告はお受けいたしかねます。
    ・反社会的勢力、風俗、宗教、政治等に関する内容や、公序良俗に反する内容

  • Q
    マエボン2に掲載する広告枠に、個人の広告を掲載してもいいですか?
    A

    はい、個人の方の広告も喜んでお受けします。

なぜ「マエボン2」を作るのか

<怖がらずに「失敗して一歩を踏み出す」ことができる空気を社会に広げたい>

挑戦した後の「失敗」が良いものだということは、多くの人が知っています。
「エコがいいもの」であるとみんなが知っているように。


「エコは良いものだから、エコバッグを持とう」という人はたくさんいます。
でも「失敗は良いものだから、失敗してみよう」と動ける人はほとんどいません。


私たちは、この雑誌を通して
失敗につきまとうネガティブなイメージを笑い飛ばし
失敗への一歩を踏み出せる人を増やしたい
失敗に対する優しい空気を作りたい そう考えています。


<失敗体験を積み重ねることで「人生が楽しい」と思える人を増やしたい>

「小さな成功体験」の積み重ね自己肯定感を高めることは、よく知られています。


しかし、それと共に「小さな失敗体験」の積み重ねも大切であると、私たちは考えます。


失敗を重ねることで「自分はこういう人間なんだ」「これで、いいのだ」と、ポジティブに諦めることができるからです。こう考えられるようになることで、自己肯定感は高まります。


自己肯定感が高まると、新しい挑戦に対する意欲が湧き、人生は、さらに楽しくなります。


失敗を通して「ポジティブに諦める」ことで、人生はもっと楽しくなる。


『マエボン2』が、そのきっかけになれば幸いです。

申し込みフォーム

マエボン2の広告枠にお申し込みいただき、誠にありがとうございます。
以下の項目に、ご回答願います。

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信