2020年8月夏期講習 受付中
みんなのオンライン教室

この夏、こどもたちの新しい一面を発見しよう!

「えっ!こんなこと出来るんだ!?」「あの子がこんなに積極的に発言するなんて信じられない!」

『みんなのオンライン教室』に参加された保護者の方から、こんな声が聞こえることはめずらしくありません。子どもたちの可能性は無限大。さぁ、新しい学びの扉をひらきましょう!
夏期講習
受付中!
各回定員12名

みんなのオンライン教室ってなに?

ー インターネットのビデオ通話をつかって、先生やお友達と一緒に工作や発表をしたり、絵を描いたりして学ぶ新しいカタチの教室です。
「みんなのオンライン教室」は、多様な学びと出会う場所。いろんな人たちが先生となり、五教科に縛られないさまざまな授業をお届けしています。予測不能な社会のさらにその先を生きるこどもたちが、未知の世界の扉を開き、生きるチカラを伸ばしていく、そんな教室を実践していきます。さあ、新しい時代に新しい学びを。

京都新聞、日経新聞に掲載されました!

パソコン解体や「あかちゃんのひみつ」休校児童にネット授業、多様な価値観提供

2020年3月16日 22:15
新型コロナウイルスの感染拡大防止で学校が休みになった小学生に向けて、個性豊かな授業をネットでライブ配信する取り組みを、京都を拠点に活動するグループ「まちのきょういく委員会」が始めた。メンバーは「学校が十分に機能できない今だから、子どもたちが多様な価値観と出会える場を提供したい」と話す。

 「みんなおはよう。今日も一日よろしく」。きょういく委員会の西森寛さん(46)=京都市伏見区=が呼び掛ける。パソコンの向こうには京都や関西、関東などの子どもたち約20人がつながっている。
 この日の1限目の「先生」は、東山区で絵本の読み聞かせや昔語りを行っている満茶乃(まさの)さん(39)だ。テーマは「教科書が楽しくなる音読の魔法」。国語だけでなく算数や社会の教科書を抑揚を付けて読んでみせ、「声に出したら、文章の見え方が変わってくるよ」と語り掛けた。児童からは「算数の長い文章問題が苦手」「教科書ってどこが大切か分からない」と活発に質問が投げかけられた ー(京都新聞デジタル版 >>全文はこちら

●日本経済新聞電子版(2020/4/16)の掲載記事は >>こちら

過去に行われたクラスを少しご紹介!

みんなのオンライン教室の様子

定員に達し次第、受け付け終了!
現在募集中のオンライン教室 各コマ定員12名

夏期講習の授業を受講された方に特別な1日を

  1. お申し込みいただいた日の授業に参加される方は、その日の朝(9:00〜9:30)のサークルタイム、朝(9:30〜9:50)のREIWA Radio Exercisesに参加できます。
  2. お申し込みいただいた日の授業に参加される方は、その日の午後(14:30〜16:00)の「たんきゅうの時間」に参加できます。
  • 「サークルタイム」では、対話をベースにしてお互いの気持ちや思いを話すことを大切にする時間です。昨日のできごとや、今日やりたいことなど気軽に話してみましょう。
  • 「たんきゅうの時間」では、その日に参加した人たちでチームを組み、リモートで自由研究や探究活動をおこないます。
単発入室券  1,200円(税込)/1コマ(1人1端末あたり)
販売期限【各授業開始24時間前】

こどもたちの可能性を開く、新しい学びを体験する6つの間

【よむ・えがくの時間】
何をよみ、どうえがくのか?「よむとえがく」についていっしょに学び合う時間です。
【プレイフルタイム】
運動スポーツ、演劇、工作、ゲームなど「遊ぶ」と「つくる」を追求していく時間です。
【たんきゅうの時間】
参加した人たちでチームを組み、リモートで自由研究、じぶんの好きや興味のあるテーマについて探究していく時間です。
【たんきゅうの時間】
参加した人たちでチームを組み、リモートで自由研究、じぶんの好きや興味のあるテーマについて探究していく時間です。
【ことば・かずの時間】
まとめる、集める、数える、考える、伝える、組み立てる、様々なことに「ことばとかず」をつかうことができます。そんなことをいっしょに体験する時間です。
【デジタルハックタイム】
PC・スマホ・タブレットと便利なデジタルツールやアプリを試したり、紹介したりする時間です。
【サークルタイム】
対話をベースにしてお互いの気持ちや思いを話すことを大切にする時間です。
【サークルタイム】
対話をベースにしてお互いの気持ちや思いを話すことを大切にする時間です。

【ことば・かずの時間】じぶんの『スキ』に キャッチコピーをつけよう

あなたの好きなものは何ですか? まんが、動画、ゲーム、スポーツ、本、歌…。好きなものなら何でもOK。それらにキャッチコピーをつけてみよう! 広告づくりのプロといっしょに、「伝える」ことを学びます。
  • 対象:全学年(※小3~小6を想定した内容です)
  • 準備:紙、えんぴつ(書くもの)
【開催日時】 8月3日(月)10:00~11:00
【担当する先生】トモさん

【プレイフルタイム】YouTube、 私のおススメはコレ!

私のオススメするYouTube番組や動画を制限時間内にお互いに紹介します。ただそれだけだけど、真剣にYouTubeについて語ってみましょう! YouTube(ユーチューブ)その内容や質はピンキリですが、 「なるほど!」「すごいなぁ」と感心したり、学びを得られる動画も 数多くあります。 YouTubeが今後の学びの一翼を担う可能性もあるのでは? 良質なYouTubeを見ることが多くの学びに繋がるなんてこともあると思うのです!
  • 対象:全学年(※小3~小6を想定した内容です)
  • 準備:オススメのYouTubeチャンネル
【開催日時】8月3日(月)11:30~12:30
【担当する先生】なかにし先生

【よむ・えがくの時間】<お願い>の成功率を 上げる、話し方講座

「◯◯がしたい」「××が欲しい」。あなたの周りに<お願い>がとても上手な人はいませんか? <お願い>が得意な人とそうでない人の差は、ちょっとした 「話し方」の違いだけ。あなたがしたいこと、欲しいものを相手にきちんと伝えて、自分も周りの人もハッピーになる「話し方」「伝え方」を練習します。小学生からのロジカルライティング、楽しく論理的思考を身につけよう!
  • 対象:全学年(※小3~小6を想定した内容です)
  • 準備:「自分にとって重要で、絶対実現させたい<お願い>ってなんだろう」を考えてきてください。
【開催日時】8月5日(水)10:00~11:00
【担当する先生】みずのっち

【プレイフルタイム】おうちで採掘(さいくつ)描きかた探し

コップ”や“ナベブタ”や“シタジキ”などなど、身の回りにあるモノを 使った絵の描きかたを一緒に見つけて遊びます。
  • 対象:全学年(※小3~小6を想定した内容です)
  • 準備:紙、えんぴつ(書くもの)
【開催日時】8月5日(水)11:30~12:30
【担当する先生】らすかる

【特別授業】そろばんの先生と数字を学ぼう!

そろばんをやったことがなくても、持ってなくても参加できます! 数字を学ぶと算数が楽しくなります!
  • 対象:全学年(※小3~小6を想定した内容です)
  • 準備:なし
【開催日時】8月5日(水)13:30~14:30
【担当する先生】畠中先生

【ことば・かずの時間】《ものがたり》をつくろう!

何かを見立てる、連想する、そして生み出す。そうした想像力と 創造力を養うために、この授業では1枚の絵や写真から自分なりの ストーリーを自由に組み立て、それを発表します。他の人の考えを 聞き、自分の考えを伝えることの楽しさや面白さを知り、 言葉への関心と話すことへの自信を育てましょう!
  • 対象:全学年(※小3~小6を想定した内容です)
  • 準備:紙、えんぴつ(書くもの)
【開催日時】8月7日(金)10:00~11:00
【担当する先生】まーくん先生

【ことば・かずの時間】あたらしいコトワザをつくろう

さあ、みんなで、新しいコトワザを作ってみよう。自分の経験を言葉に変え、他の誰かが「それ、わかるー」と言ったら、新しいコトワザの完成です。新しいものを生み出す楽しさ、考える面白さを体験して下さい。
  • 対象:全学年(※小3~小6を想定した内容です)
  • 準備:紙、えんぴつ(書くもの)
【開催日時】8月7日(金)10:00~11:00
【担当する先生】トモさん

【ことば・かずの時間】英語でいろんなゲームしよう!

英語って楽しい!英語を使ってゲームしよう!自然にボキャブラリーを増やす遊び。案外子ども達の方が凄かったりするかも⁈ 親子でふるってご参加ください。
  • 対象:全学年(※小3~小6を想定した内容です)
  • 準備:とくになし
【開催日時】8月10日(月)10:00~11:00
【担当する先生】やりなおし 英語コーチYUKO

【よむ・えがくの時間】新聞を読むと「未来社会」が見えてくる⁉

果たして22世紀にドラえもんの世界はやってくるのか!?新聞から いま起きていることを読み解くと、皆さんが生きていく「未来社会」が 見えてきます!学校では歴史や地理のように〝過去の社会〟しか やりません。でも、みなさんは未来の社会に向かって生きていきます。ぜひ、一緒に未来の社会について考えましょう! 親子でのご参加も大歓迎です。
  • 対象:全学年(※小3~小6を想定した内容です)
  • 準備:とくになし
【開催日時】8月10日(月)11:30~12:30
【担当する先生】かつら

【特別授業】恐竜のスゴイが詰まった1時間!!

恐竜好き集まれ!! 恐竜ってどうしていなくなったの?本当に絶滅したの?恐竜についてたっぷり知る1時間です!
  • 対象:全学年
  • 準備:なし
【開催日時】8月10日(月)13:30~14:30
【担当する先生】かずまくん

【よむ・えがくの時間】五感で感じたことを“ことば”で表現してみよう

味の表現って、大人でも難しい。 あなたが大好きなその飲み物を、今まで飲んだことのない人に 知ってもらうためには、どんな表現をすると伝わるでしょうか? いっしょに考えてみよう!
  • 対象:全学年(※小3~小6を想定した内容です)
  • 準備:(あれば) 大好きな飲み物
【開催日時】8月12日(水)10:00~11:00
【担当する先生】じゅんじゅん

【プレイフルタイム】どこココ探検(たんけん) 場所あてクイズ

ココはドコだろ森のなか?生えてる木や、飛んでる鳥、歩いている人、売っている食べ物など、カメラに写るヒントから、らすかるがドコにいるのか、当ててみよう。自分の住んでるトコロのことも、調べて クイズにできるかも? 
  • 対象:全学年(※小3~小6を想定した内容です)
  • 準備:日本の地図
【開催日時】8月12日(水)11:30~12:30
【担当する先生】らすかる

【特別授業】今日から、シェイクスピアリアンになる!

ウィリアム・シェイクスピアはいまから400年以上も前に活躍したイギリスの劇作家です。「ハムレット」や「マクベス」、「ベニスの商人」などの数多くの戯曲を残し、舞台だけでなく、映画化もたくさんされています。多様な作品からシェイクスピアは実は別人だった!?という説も存在しているのです。そんなシェイクスピアの作品にもふれてみようと思っています!

参考文献:河合 祥一郎「シェイクスピアの正体」新潮文庫
参考サイト:ほぼ日の学校 シェイクスピア講座
  • 対象:全学年(※小3~小6を想定した内容です)
  • 準備:なし
【開催日時】8月12日(水)13:30~14:30
【担当する先生】にしやん

【よむ・えがくの時間】働くってなんだろう?

お父さん、お母さんは、普段会社で何をしているんだろう?世の中にはどんな仕事があるんだろう?どうして大人は疲れていても働くの? そんな働くことについてのギモンに答えます!
  • 対象:高学年向けですが、どなたでも参加OK
  • 準備:とくになし
【開催日時】8月17日(月)10:00~11:00
【担当する先生】こいちゃん

【プレイフルタイム】音で?ポーズで? デジタル暗号ゲーム

暗号を使った秘密のメッセージ交換ゲームを楽しみながら、ついでに コンピュータやネット上で情報がどのようにやり取りされているかも 学びましょう。プログラミングとはまた違ったやり方で、コンピュータに 近づけるはず!
  • 対象:全学年(※小3~小6を想定した内容です)
  • 準備:紙、えんぴつ(書くもの)
【開催日時】8月17日(月)11:30~12:30
【担当する先生】池田先生

【特別授業】おやこで楽しむ風姿花伝~ゼアミって誰だ!?~

「スーパースター、世阿弥12歳。プロデューサー、足利義光17歳、『能』は600年前からブームです。」 これはJR東日本「そうだ京都、行こう」1997年「相国寺」のキャッチコピーです。 そんなアイドル世阿弥は波乱万丈な80年あまりの人生の中で、おごることなく後世のために書物を書き続けました。 彼の著書のひとつ「風姿花伝」を、おやこで楽しみつくすひととき!
  • 対象:全学年(※小3~小6を想定した内容です)
  • 準備:なし
【開催日時】8月17日(月)13:30~14:30
【担当する先生】満茶乃(マサノ)先生

【よむ・えがくの時間】これであなたも漢字博士!?字の成り立ちと秘密

「明」(あかるい)の日へんは何を表しているのか知っていますか?「日」と「月」の漢字のなりたちについて学び、実際に大筆を使って 一文字も書いてみましょう!
  • 対象:全学年(※小3~小6を想定した内容です)
  • 準備:書道セット(筆・墨・半紙)
【開催日時】8月19日(水)10:00~11:00
【担当する先生】翔華先生

【ことば・かずの時間】ネーミングについて 学んでみよう!

身の回りにある商品のネーミングについて学びます。 自分でもネーミングを考えてみましょう。
  • 対象:全学年(※小3~小6を想定した内容です)
  • 準備:紙、えんぴつ(書くもの)
【開催日時】8月19日(水)11:30~12:30
【担当する先生】青空先生

【特別授業】家族会議レストランが贈る「オンライン親子会議カフェ」

私たちは、家族のみんなが普段ひとりで考えていることや、家族の将来のこと、やりたいこと、なりたい姿などについて、おいしいご飯や飲み物を楽しみながら、しゃべっちゃおうという企画をしています。

会議というと難しそうに聞こえますが、好きなお菓子や飲み物をつまみながら、いつもより少しだけまじめな顔で家族と話をする時間です。

今回は夏休み特別企画として、親子で普段思っていること話し合おう!という「オンライン親子カフェ」を企画しました。

親子カフェでは、ファシリテーターという、人と人が話をすることをお手伝いするプロの人が、話すテーマを伝えて、親子でそのテーマについて話をしてもらいます。困ったときはファシリテーターが話のサポートをします。

家族だけで話をする時間はオンライン上で個室に入ってもらうので、他の参加している人には、家族の話の内容は聞こえませんので安心してください。 

【参考URL】https://www.facebook.com/kazokukaigirestaurant/

  • 対象:全学年
  • 準備:参加する前に、飲み物とお菓子を用意してくださいね!
【開催日時】8月19日(水)13:30~14:30
【担当する先生】けいしさん、かずきさん

【ことば・かずの時間】折って切って開くとどんな形?

折り紙を折って切って開くとどんな形になるか、予想を立てて実験しよう。算数の図形問題得意!と思う人も、そうでない人も大歓迎です。
  • 対象:全学年
  • 準備:折り紙・はさみ
【開催日時】8月21日(金)10:00~11:00
【担当する先生】まりっさ先生

【プレイフルタイム】つんちゃん&なみにー ココロとカラダ、見直して気づき、整えよう

子どもの気持ちを引き出す魔法の質問と、カラダの部分を意識して動かすワークで、自分のことを再発見しよう。
  • 対象:全学年
  • 準備:とくになし
【開催日時】8月21日(金)11:30~12:30
【担当する先生】つんちゃん×なみにー

【特別授業】夏の思い出発表会

今年の夏は、どんな夏でしたか? 夏休みに体験したこと、考えたこと、感じたことなどをみんなで交流しましょう。取り組んだ研究や作品などの成果を見せながら発表してもいいね! そうそう。「何もしなかった」ことも立派な"経験"ですから、ぜひどの子もみんな参加してね♪
  • 対象:全学年
  • 準備:夏に取り組んだ研究や作品などを用意してきてください
【開催日時】8月21日(金)13:30~14:30
【担当する先生】なみにー先生

みんなのオンライン教室に参加された

保護者の方々にインタビュー

はじめてオンライン教室に参加された方々の声
※画像はイメージです

色々、好き勝手しておりましたが、本人はすごく楽しかったようでした!学習塾のほうでも一方通行のWeb授業を受けておりまして、そちらもハードスケジュールな状態で、面白い授業を見てみない?と息子に持ちかけると、まちの教育委員会の授業も、最初は塾のWeb授業と同じようなものかと嫌がっておりましたが、始まってみると、どんどん引き込まれて、楽しんでいたようでした。ぜひまた受講させていただければと思います。
自分を見つめ直す、そしてキャッチコピーを生み出す、画面から流れてくるだけの授業でなく、主体的に考える、そして、それに対して講師の方からアドバイスや言葉がもらえる やり取りの大切さが、傍で聞いていても伝わりました。
小学4年生
オンライン教室終了後、とても楽しかったと言っておりました。息子は自分の思いを発信する事ばかりで一生懸命でしたが、それが出来るのも、安心安全な場を作ってくださっている事だと感じました。得意分野は無限に(笑)。一方、苦手意識が出来てしまったものには、入り口で止まってしまうようで、午後は参加しない!と言っておりました。が、午前が楽しく過ごせた事で、大急ぎで昼食をとり、午後の参加も張り切っていました。自然への興味というより、「写真を撮って共有したい」ということに目覚めたようでしたけど。
チャットの仕方を教えると、終わりの頃には、私より使っていてびっくりでした。やりたい!といきっかけがあると、自分から動き出しますね。初めての参加で、プログラムの進み方などを、私自身が把握できていなかったのですが、1日を通して、どう過ごすかを息子と一緒に考えながら、興味に応じて、また、参加させていただきたいと思います。
小学3年生
オンライン教室を始めて、明日が楽しみだなー、こんな学校なら楽しいのになーという声が聞けたこと、本当に嬉しく思っています。娘は昨年末からは全く学校に行けなくなりました。学校のペースに合わせるのがしんどい、大きな声が怖いなど色々なことがあるようです。家だと安心できるようでした。また、色々と楽しそうに話しているのを聞くと、あぁ人と関わりたかったんだなと感じました。学校以外にも色々な選択肢があって自分に合った場所を見つけることができたらうれしいなと思っています。
~追記
娘が半年ぶりに学校のクラスに入り授業を受けました。学校には行かないとずっと言っていたので、突然行ってみようかなと言ったことに、そしてクラスに入れたことに正直びっくりしました。みんなのオンライン教室で楽しく過ごせていること、話ができたこと、聞いてもらえたこと嬉しかったのだと思います。学校以外でも人と繋がれる、色んなことを学べるんだとわかり、少し安心したのかなとも思います。家族には話せないこともある、家族ではない信頼できる大人が娘には必要なんだと感じていました。
小学4年生
オンライン教室終了後、とても楽しかったと言っておりました。息子は自分の思いを発信する事ばかりで一生懸命でしたが、それが出来るのも、安心安全な場を作ってくださっている事だと感じました。得意分野は無限に(笑)。一方、苦手意識が出来てしまったものには、入り口で止まってしまうようで、午後は参加しない!と言っておりました。が、午前が楽しく過ごせた事で、大急ぎで昼食をとり、午後の参加も張り切っていました。自然への興味というより、「写真を撮って共有したい」ということに目覚めたようでしたけど。
チャットの仕方を教えると、終わりの頃には、私より使っていてびっくりでした。やりたい!といきっかけがあると、自分から動き出しますね。初めての参加で、プログラムの進み方などを、私自身が把握できていなかったのですが、1日を通して、どう過ごすかを息子と一緒に考えながら、興味に応じて、また、参加させていただきたいと思います。
小学3年生

お問い合わせからクラス参加まで

Step.1
参加を希望するクラスを選ぶ
2020年8月夏期講習カレンダーから「受けてみたい!」「受けたい!」授業を選んでください。※「みんなのオンライン教室」は、Zoomアプリを利用した仮想教室。スマホ、タブレット、PCがあればどこからでも入室できます。
●カレンダーはこちら >> 2020年8月夏期講習の予定
Step.2
Peatix※ にて、チケットを購入
Peatixとは、各種イベントのチケットを購入できるサイトです。みんなのオンライン教室のクラスに参加するには、こちらのサイトでチケットを購入していただく必要があります。
●チケットの購入はこちら >> Peatix: みんなのオンライン教室 特設サイト
Step.3
メールでクラスへの入室案内が届きます
ビデオ通話アプリ「Zoom」の入室URLが配信されますので、クラスの時間になったら入室してください。あとは担当する先生が丁寧にサポートしますので、ご安心ください。
●ビデオ通話アプリ「Zoom」の使い方についてはこちら >> 初めてでも分かる!ZOOMのミーティング参加方法と使い方
Step.2
Peatix※ にて、チケットを購入
Peatixとは、各種イベントのチケットを購入できるサイトです。みんなのオンライン教室のクラスに参加するには、こちらのサイトでチケットを購入していただく必要があります。
●チケットの購入はこちら >> Peatix: みんなのオンライン教室 特設サイト

▼夏期講習のご予約はこちらから

夏期講習への参加をご希望の方は、以下のボタンからPeatix(イベントチケット購入サイト)に飛び、入室チケットを購入してください。※「みんなのオンライン教室」は、Zoomアプリを利用した仮想教室。スマホ、タブレット、PCがあればどこからでも入室できます。
>> 2020年8月夏期講習のスケジュールを確認する

ブログ ~授業レポート~

自分のスキを見つけるための魔法の言葉|7月3日(金)みんなのオンライン教室レポ
みんなのオンライン教室」運営メンバーの松井(トモさん)です。7/3(金)午前枠は、こども1名の参加です。
「何するか迷うね」
その子が「トモさんクラス」を受講するのは5回目で、ちょっとマンネリを感じている様子。「トモさんクラス」は、何をしてもいい時間。言い換えれば、何して過ごすのか、どう過ごすのか、自分で決めないといけない時間。その子がはじめて「みんなのオンライン教室」に来たのは、5月の終わり。あまり学校へ行っていなかったこともあり、オンラインでいろんな人と繋がることは、とても楽しかったようです。さらに、自分の思ったように過ごして咎められないことも嬉しかったようで、「数少ない心を開ける場所」と言ってくれました。
それでも、繰り返しているうち、次第に新鮮さがなくなり、退屈になっていくもの。そして、冒頭の言葉。>>続きを読む
こどもたちが興味の種をなくさないように|7月1日(水)みんなのオンライン教室レポ
「みんなのオンライン教室」運営メンバーの松井(トモさん)です。7/1(水)午前枠は、こども2名の参加です。うち1名は、したいことを事前にひとつ用意してくるようになっています(「トモさんクラス」ではどう過ごすかをこども自身が考えます)。前回は、クロスワードパズルでした。
今回は、「鬼滅のキャラクターを折り紙で折る」というもの。そのためのYouTube動画も調べてあります。YouTubeは情報の宝庫なので、ここから自分の「興味」を探していくのもいいですね。人の「興味」には段階があって、次第に深く、または広く、そして難しい内容へと変化していくんだろうと思います。それもすべて「興味を持つ」ところからであり、こどもたちが興味の種をなくさないようにするのが、わたしの役目。未来のこどもたちを信じて。>>続きを読む
こどもたちが興味の種をなくさないように|7月1日(水)みんなのオンライン教室レポ
「みんなのオンライン教室」運営メンバーの松井(トモさん)です。7/1(水)午前枠は、こども2名の参加です。うち1名は、したいことを事前にひとつ用意してくるようになっています(「トモさんクラス」ではどう過ごすかをこども自身が考えます)。前回は、クロスワードパズルでした。
今回は、「鬼滅のキャラクターを折り紙で折る」というもの。そのためのYouTube動画も調べてあります。YouTubeは情報の宝庫なので、ここから自分の「興味」を探していくのもいいですね。人の「興味」には段階があって、次第に深く、または広く、そして難しい内容へと変化していくんだろうと思います。それもすべて「興味を持つ」ところからであり、こどもたちが興味の種をなくさないようにするのが、わたしの役目。未来のこどもたちを信じて。>>続きを読む
7/10(金) 雑談の授業⁈ 金曜なみにークラス「週刊なみにー」
こんにちは。金曜午前担当、元小学校の先生なみに―です。金曜午前は、なみにーがこの1週間で気になったニュースについて一方的に紹介し、しゃべりまくり、それについてコメントし合うという「週刊なみにー」の時間です。誰かがしゃべってるのをただただ傍聴するのもアリの時間です。今日は「週刊なみにー」の第2回目。
参加者は、日本舞踊の先生をしておられるちこさん。77年生まれコンビでお送りしました。
今週のニューストピックは・・・【世の中のできごと】① 令和2年7月豪雨 各地で大雨被害② コロナ感染者増加 東京224人(7/9現在)③ 大きな火球、関東で観測【身の回りのできごと】① わくわく科学教室『Origami in Space』② 子どもは忙しすぎる⁈③ 昨日の昼ごはん【今週のたえつん】① たえつん、KIDDY LANDへ行く。② たえつん、おねえちゃんと大ゲンカをする。【いっしょにあそぼう】★ ワードスナイパー以上。
先週の週刊なみに―では、小学生のがおちゃんに「めっちゃ話あちこち飛ぶな―www」と、反論する余地もない的確なコメントをいただきましたが、本日も例にもれず、一つのネタから2つも3つも話題が広がるという、怒涛のおしゃべりタイムを楽しみました。
先週に引き続き参加してくれたちこさん。今日はニュースをもってきてくれました。
動物好きのちこさんは、
*「ロックダウンした街に動物が出没!」画像集
*「鷹の巣を24時間ライブ中継しているYouTubeサイト」     https://youtu.be/rgeLp2TX36c
*写真いろいろ「ご近所を流れる川の増水の様子」「庭先に現れたサル」「愛犬のベストショット」を紹介してくれました。あ、あと、近所の川の濁流の動画も! >>続きを読む
こども主導のクラスがあってもいいんじゃない?|6月26日(金)みんなのオンライン教室レポ
「みんなのオンライン教室」運営メンバーの松井(トモさん)です。6/26(金)は、午後枠を担当しました。トモさんとこども1名による「何も課されず何も求められない時間」。
「あ、お昼ごはん食べていない!」と言うので、サンドイッチを食べながら会話することに(食べながらもOK)。
トモさん:なんのサンドイッチが好きなん?
○○○:はちみつサンド、いちごジャムサンド、ブルーベリージャムサンド。ブルーベリーはおばあちゃんがつくっている。山奥で。ジャムづくりも上手。今日、届くよ。
人って、スキを伝えるときは、自然と言葉が湧いてきます。食べ物の「スキ紹介」もよさそう。続けていこう。
○○○:今日のテーマ、何やったっけ?
トモさん:トモさんクラスはいつも変わらへんで。
○○○:そっか、テーマないんやった。今日、参加者ひとり?
トモさん:そやねん。参加者が増えると、できることも増えるんやけどな。
○○○:参加できる曜日、アンケートとってみたら?こんな感じで、時折、こどもから提案してくれることがあります。
「お!」と思う瞬間です。その後、その子の好きなYouTube動画を観ることに。あつ森(あつまれどうぶつの森)の中で宝探しを企画し、そこに複数名が参加して遊ぶという実況動画。あつ森の中でかくれんぼして遊ぶ実況動画もありました。
>>続きを読む
こども主導のクラスがあってもいいんじゃない?|6月26日(金)みんなのオンライン教室レポ
「みんなのオンライン教室」運営メンバーの松井(トモさん)です。6/26(金)は、午後枠を担当しました。トモさんとこども1名による「何も課されず何も求められない時間」。
「あ、お昼ごはん食べていない!」と言うので、サンドイッチを食べながら会話することに(食べながらもOK)。
トモさん:なんのサンドイッチが好きなん?
○○○:はちみつサンド、いちごジャムサンド、ブルーベリージャムサンド。ブルーベリーはおばあちゃんがつくっている。山奥で。ジャムづくりも上手。今日、届くよ。
人って、スキを伝えるときは、自然と言葉が湧いてきます。食べ物の「スキ紹介」もよさそう。続けていこう。
○○○:今日のテーマ、何やったっけ?
トモさん:トモさんクラスはいつも変わらへんで。
○○○:そっか、テーマないんやった。今日、参加者ひとり?
トモさん:そやねん。参加者が増えると、できることも増えるんやけどな。
○○○:参加できる曜日、アンケートとってみたら?こんな感じで、時折、こどもから提案してくれることがあります。
「お!」と思う瞬間です。その後、その子の好きなYouTube動画を観ることに。あつ森(あつまれどうぶつの森)の中で宝探しを企画し、そこに複数名が参加して遊ぶという実況動画。あつ森の中でかくれんぼして遊ぶ実況動画もありました。
>>続きを読む

お問い合わせ

皆様からいただいたお問い合わせにつきましては、事務局のほうで順番に対応しておりますので、今しばらくお待ちくださいませ。
お問い合わせに対する返信メールが届かない場合、oyanomikata.comドメインからのメールが届かない設定になっている可能性があります。特に、ケータイメールをお使いの方は、許可しないドメインからのメールがすべて届かない設定となっていることがありますので、上記のアドレスからメールが受信できる設定に変更してください(ご不明な場合は、「ドメイン指定受信設定」で検索)
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
※ お預かりした個人情報は、適切に管理し、お問い合わせへの回答およびメルマガ配信(希望者のみ)以外の目的で使用することはありません。個人情報保護管理者は、株式会社オヤノミカタ代表の松井知敬です。

- 運営者情報 -
「まちのきょういく委員会」

学びの場って、学校だけじゃない。学びの軸も、学力だけじゃない。経験則が通用するか分からない予測不能な時代だからこそ、多様な主体が関わり、みんなで学びの形をつくっていけばいい。「まちのきょういく委員会」は、これからの教育を考え、実践していく民間主導の協業チーム。「教育の拡張」、「共創」、「学びの民主化」の3つを軸に、さまざまな人たちが横につながり、必要なときに必要な範囲で手を取り合う、そんな自律分散型システムの構築を目指しています。さあ、新しい学びの形を、自分たちの手でつくっていきましょう。

まちのきょういく委員会
運営メンバー

希望結社ツクラム 代表
西森 寛  NISHIMORI Hiroshi【発起人】
一人ひとりの才能が開花できる教育プログラム開発や研修会の開催、テクノロジー活用(EdTechやAIロボットなど)に関する情報発信及びワークショップを行っている。1997年立命館大学法学部を卒業後、身体とことばに関心をもち舞台芸術(演劇)に。俳優主体の作品づくりをテーマに、 国内から海外までの俳優メソッドを学ぶ。その後オープンソースやユビギタスに可能性を感じ、自分たちの手でつくるプロジェクト活動。つくる、育む仕事から、つなぐ仕事まで産・学・官と幅広く携わる。一人ひとりが仲間とともにつくる事業体として「ツクラム」を2016年創業。「希望」格差という問題意識から「希望結社ツクラム」とし、テクノロジー×ワークショップで希望格差をなくすためのサービス・事業開発に取り組んでいる。京都市伏見区在住、1児の父。
株式会社オヤノミカタ 代表
松井知敬 MATSUI Tomohiro
大学時代、あらゆる常識を塗り替えていくwebの世界に魅せられ、IT業界に飛び込む。独学でwebデザインとwebマーケティングを学びながら、フリーランスとして7年間活動。その後、京都の広告会社にデジタルマーケティング部門の責任者として勤務する。ワーカホリックな会社員生活を4年間続けた後、一転、家庭中心の主夫生活へと移行し、子育てにおける両端を経験。2014年、親たちの味方となることを目指し、株式会社オヤノミカタを設立する。「人」が主体となり「会社」が一切の強制力を持たない自律分散型組織を実践。その経験を基に、2018年、「人と会社のリデザイン」という活動をスタート。時代に合わせ、人と会社の在り方を再設計することを提唱している。滋賀県大津市在住、3児の父。

お問い合わせはこちら