メンタルヘルス カウンセラー

後生川 礼子

ご挨拶

こんにちわ。

看護師の後生川礼子です。




膨大なネット情報の中から、このページを見つけて下さり本当に有難うございます。

困っている時には、ほとんどの方がインターネット情報を検索し、どこかにいい情報が無いか探し回りますからね。

過去の私もそうでした。





多分あなたは、まだ私の事を知らないかもしれない。

私もあなたが、どこの誰なのかわかりません。







でも出逢いって偶然は絶対なくて「全て必要で必然」だと思う


もしかしたら一生あなたと私は会う事も話す事もないかもしれません。でもこれが何かのご縁だとしたら私なりの言葉と形で、あなたに伝えたいのです。

どうぞよろしくお願いいたします(^_^)







こんな方にお勧め

  • このままの自分でいいんだろうか…と漠然とした将来不安を抱えている方
  • 本当はやりたい事があるのに周囲の目や言葉が気になってモジモジしている人
  • 原因不明の体調不良を繰り返し(もういい加減に)心身スッキリしたい方
  • 「フツー、ジョーシキ、みんな」という、ありきたりの言葉にうんざりしている方
  • このままの自分でいいんだろうか…と漠然とした将来不安を抱えている方


ちょっとだけ自己紹介してきますね!

S53年5月12日生まれ 
看護師・産業カウンセラー・介護支援専門員・3児の母。

熊本市医師会看護専門学校卒業後は独立行政法人国立病院機構熊本南病院はじめとした各専門機関で急性期、慢性期看護に従事、多彩な臨床医経験を持つ。うち約6年間は精神科で精神疾患全般、特にうつ病について学び介護支援専門員資格取得後は在宅ケア、退院支援にも関わる。

35歳の時、心身のバランスを崩し「うつ病」と診断される。増え続けるお薬に悩まされ何度も命を諦めかけ、引きこもり無職にもなった。医療者から「患者側」の立場となった時にメンタルヘルス支援の在り方、うつ病の常識的治療、精神科看護の在り方などに大きな疑問を感じる様になる。


しかし幼い子供たちの為に治す覚悟を決め、看護理論を基本に徹底的に試行錯誤。生活習慣から改善するとわずか8カ月後には断薬成功。病気経験を通して「自分らしく在るためのシンプルな方法」を見つけ出し、気が付けば劇太りした体重も綺麗に消えさり病気になる前より健康になった。平成26年9月現役看護師復帰。

現役看護師中に1作目「あなたのうつ絶対克服できます」を出版し平成28年1月起業。個別性を重要視しながらPDCAサイクルでカウンセリング実施、実際にうつ克服し卒業していかれた方も多数(過去著書に記載済)。毎月「東京訪問カウンセリング」実施。訪問や電話カウンセリング、執筆、講話など幅広い活動を行っている。
(精神科医に学びつつ専門性の高いメンタルヘルス支援を行っている)






経過

  • ~平成25年夏まで
    家事や3人育児や、中間管理の仕事。忙しさを理由に犠牲になったのは睡眠時間と家族の笑顔でした。「イイ人」になりたい「嫌われたくない」とか「デキル人」って思われたくて自分の心が1番置き去りにされていた時期。
  • 平成25年秋~翌年9月
    やる気が出ず、身体が鉛の様に重くなった。
    精神科に世話になるような人間じゃないし!看護師だった自分はプライドが邪魔をして気合だけで乗り切ろうとしていた。
    結果的に「うつ病」発症。薬の頼らない方法で15錠もの薬は8カ月後ゼロ。うつも20キロ近い贅肉も消えた。

  • 平成26年9月1日熊本で看護師復帰
    精神科医療者側から「精神科患者」側の立場を初めて経験。そこに見えた大きな社会問題。うつの常識は実は非常識なんじゃないのか…自分が「当たり前」と思い込んでいた世界が実は当たり前じゃないという経験をして見えてきた沢山の事。でも一度は看護師へ戻る。でもやっぱり、と悶々…
  • 平成28年1月 起業
    医療関係者や同業者に同意を求めるよりも読者のリアルな反応が見てみたい。社会に一石を投じるなら地方紙より全国出版だ!そう思っていたところ御賛同くださる東京の出版社が見つかり現役看護師の傍ら出版し起業。前例のない形で看護師の働き方も社会提案。
  • メンタルヘルスカウンセラーとして…
    「お薬に頼らせないカウンセリング」実施し可能な限り再発の種を残さない様根本解決を目指す。熊本地震をきっかけに2足のワラジをやめ独立。看護師の枠にとらわれず好きなことや得意なことを生かした社会活動を目指すようになる。
  • 平成26年9月1日熊本で看護師復帰
    精神科医療者側から「精神科患者」側の立場を初めて経験。そこに見えた大きな社会問題。うつの常識は実は非常識なんじゃないのか…自分が「当たり前」と思い込んでいた世界が実は当たり前じゃないという経験をして見えてきた沢山の事。でも一度は看護師へ戻る。でもやっぱり、と悶々…
  • 平成28年1月 起業
    医療関係者や同業者に同意を求めるよりも読者のリアルな反応が見てみたい。社会に一石を投じるなら地方紙より全国出版だ!そう思っていたところ御賛同くださる東京の出版社が見つかり現役看護師の傍ら出版し起業。前例のない形で看護師の働き方も社会提案。

「メルマガ登録」について

※ご確認ください

メールを確実にお届けするために以下の手順を確認してください

❶お使いのメールソフトの「迷惑メールフォルダ」に紛れてしまっていないでしょうか

❷迷惑メールフォルダにも届いていない場合、申しこみフォ―ムに入力したメールアドレスが間違っている可能性があります。改めてご登録お願いいたします




「解除」は自由です。

定期的に配信していきますが、万が一配信が必要なければ「解除」は自由です(^_^)

ただ「文字」としてだけではなく勉強会開催などで直接お会いしてお伝え出来たらと考えています。

そのような勉強会日程ご案内、新刊ご説明などもコチラのメールマガジンで行っていきますね!

公的な場所などでの講演会(一部)

熊本県精神障害者
就労支援研究会


熊本ルーテル大学

熊本県医療
ソーシャルワーカー
研究会


火の君会館

熊本市障害者
生活支援センター

医療法人寿量会くまもと機能病院内交流会館

熊本県地域医療センター・緩和ケアチーム

熊本地域医療センター

熊本県産業看護研究会

熊本森都心会議室

NPO法人でんでんむしの会

熊本中央保健センターあいぽーと

熊本うつ病当事者会

こころの学校オルタナ

RKK熊本放送

夕方ニュースJAST「特集」

等々…。

私の講話をお聞きになられた方は、もしかしたら話が重複してるかもしれません。

ご了承ください☆


※注意事項

記載内容の情報を誤用したことがキッカケで何らかの健康被害が生じたとしても、発行者はその責任を負うものではありません。

薬剤を変更、中止しようとするときには必ず担当医師の指導を受けて下さい(メルマガ発行者)

最後までお読み頂き有難うございました。


人は変われます。

何歳になったって、だって人生で「今日」が一番若いのですから。







つぎに運命が変わるのは

あなたの番です。






今日という日があなたのターニングポイントとなります様に。

発行者 後生川礼子