大学で彼女できる確率

大学で4~6年間、彼女がいないのは非常に寂しいです。今の内にもっと勉強をしてレベルを上げて首都圏なら早稲田大学や慶應大学、東洋大学、青山学院大学に関西圏なら関西学院大学、関西大学、同志社大学などに入学してください。これらの大学に入ると大学で彼女ができる確率が上がります。云わばブランドですね。女性から見てお金持ちで頭が良くてイケメンで有名な大学生を彼氏に持ったら優越感に浸り周囲に自慢ができます。ブランド力のある大学の殆どは共学です。同じ大学生同志でなら大学で彼女できる確率も上がります。大学生活がある程度、慣れて来たら他の女子大学の学校祭に遊びに行ってみましょう。大学によって入るのに案内状が必要な学校も有りますので知り合いに頼んで確保して貰いましょう。女子大へ入ったらさり気なくナンパをしましょう。もしかすると女子大学で彼女ができる確率が非常に上がるかもしれません。自分が入学した大学も学校祭が有りますから日頃、余り会うことが無い初対面の先輩や後輩に会うチャンスです。知り合いになってお互いが気に入れば大学で彼女できる確率がまた上がります。他の大学との合同コンパや入学した大学のサークルでのイベントでも大学で彼女ができる確率が上がります。上手く立ち回りましょう。お持ち帰りも宜しいかと思います。以上のように有名大学の学生というだけで非常に良い思いをすることでしょう。就活も有利に進めることができるでしょう。ブランド力は卒業して社会に出てからも続きます。がむしゃらに勉強をしてブランド力の高い大学に入って下さい。頑張れ、高校生!。合格したらバラ色の人生を手に入れることができるぞ!

しかしながら高校生に比べるとみんな一斉に異性と触れ合う機会も多くなり、彼女を作りたいと言う願望が増え彼女を作らないといけないという少し強迫観念にも似た感情も出てくる為、みんな彼女を作ろうと躍起になっていたりします。大学で彼女できる確率は高校でできる確率よりも大きくなり、初めて付き合った彼女が同じ大学であるとかこの時期に働いていたアルバイト先で出会いを見つけ付き合ったなどという話が多いのもこのためであります。

大学生になったあなたはこれまでの地元での付き合い、小学校中学校高校と同じ面子や噂の広まりやすい閉鎖的な空間で育ってきたあなたも、大学に入り見聞が広がり、あまり自分のことを知らない噂の広がりにくい生活圏に身を置くと思います。そういった新しい生活で彼女というのは作りやすく、社会人になってからは手に入りにくい時間というものも手に入ります。そして若さというのもこの時期にはあり、時間と若さがある大学生時代が一番彼女が作りやすいとお考え行動してください。

大学で彼女ができる確率は、大体40%前後といわれております。
この数字は、20年前に比べると減少傾向にあります。
今の学生は、20年前に比べ、授業料が高騰し、奨学金を受け取っているため、返済に追われ、アルバイトをしていても時給が上がらず
年金や保険料、交通費、食費、新聞代、ネットやスマホ代など、支出ばかりが増え、収入が減っているので、恋愛をしている場合ではないことが一因のようです。

大学で彼女ができる確率は思ったよりも低いです。
都市部の大学のデータなので、地方の大学はもっと低いのではないでしょうか。
近年は都市部の大学に進学する学生が増えているので、地方は学生数が減っています。
よって、彼女ができる確率は、都市部の大学のほうが圧倒的に高いといえることでしょう。

大学で彼女できる確率