ENJOY LIFE,ENJOY WINE
あかりのワイン講座@わだちかぜ

学習塾でなぜワイン!?

長久手にあります『わだちかぜ』は学習塾とカルチャーが学べる塾です。月に1度、第三日曜日の午後1時半から2時間程度、毎回テーマを決めてワインを大体6本程度飲み比べをしております。


わたしがワインを教えるきっかけは塾長鎌田とのFacebookでの再会です。塾長である鎌田進とわたし(宮崎燈)は高校時代の友達同士。でも、高校を卒業してからは疎遠になっていました。塾長は横浜の大学へ進学し、その後カード会社へ勤務。長久手町長選に出馬するもあえなく落選。一方、わたしは名古屋の大学の薬学部へ進学し、やがて薬剤師に。調剤マシーンと化する自分に葛藤し転職。化粧品とワインやスピリッツを輸入販売する会社へ入社。化粧品の薬事を担当しつつ、ワインネタをFacebookにあげる日々を過ごしておりました。

長久手町長選に落選した鎌田が、新しく始めたのが学習塾ビジネス。ここにカルチャー講座も加えたいと考えていたところ、Facebookでわたしのワインネタを見つけて、『何かワイン講座をしてくれないか』と声をかけられたのがきっかけです。

わたしがワインを教えるまで

ワインを扱う会社に入社した当時のわたしは、化粧品担当で化粧品の知識もないし、お酒全般の知識ももちろん皆無。ただ飲んで楽しんでいるだけの素人状態でした。やがてワインにも興味をもち、某文化センターのワイン講座に参加するのですが、これがその後、ワインから自分を遠ざけることにつながります。その講座は、参加者の前で自分が感じたテイスティングコメントを言わなくてはいけない、わたしにとって恐怖の講座だったのです。当時のわたしはテイスティングコメントなんて何も知らないし、どんな風にワインを学べばいいのかが全くわかっていない状態。自分の感じた香りを自由に発言すればいいだけなのに、周りの人とは違うコメントをしたらどうしよう、と考え毎回のワインを楽しむどころではなく、当てられることにおびえていました。半年の講座が終了する頃には、二度とこういった講座には行くまい、と思っていました。
そんなわたしにも転機が訪れます。それは、会社のHPを丸ごと変える事件でした。もともと情報量の少ないHPに疑問を持っていたわたしは、もっと色んな情報を載せたらいいんではないかと提言したのですが、これがアダとなります。当時HPの情報を転記するだけでも大変なのに、一から情報を作り上げる人材がいなかったからです。そして白羽の矢が自分に向けられます。『じゃあ宮崎さん、それ、やってください』


『じゃあやって』、と突然言われてもワインのことなど何も知りません。しかも、ワインの造り手のHPは日本語じゃないので、いちいち英語のHPをわたしのつたない日本語に訳し、意味不明な単語が出てくると、それを調べて文章にする、という地味な作業をしていました。単語が日本語に訳せても、実際のところ、それが何を意味しているのかがわからないのです。困ったわたしは知り合いのソムリエさんにアドバイスをいただくことになるのですが、何度も聞くので鬱陶しがられ、しまいには『ワインアドバイザーの資格とったら』と言われてしまいます。


誰にも頼れない状況が、わたしをワインアドバイザーの道に導いてくれました。ワインアドバイザーになった後も、ワインに関する別の資格(WSET)を取得。今に至っています。

もっとワインを楽しもう!

そんなわたしが突然教える立場になったのです。当然、戸惑いますよね。でも、絶対にやらない!って誓ったことがありました。講座の中で、一人一人にテイスティングコメントを当てることです。それは、自分が嫌だったからです。


今では、逆に自分の飲んだワインのテイスティングコメントを残して、あれどうだったかなと振り返ったり、他のワインと比較したりするのに使うのですが、ただ純粋にワインを楽しむにはそんなことは最初から必要ありません。


必要なのは色んなワインに触れ合うこと。わだちかぜに来ている方たちはワイン関係の仕事をしている人でも、資格を勉強しようとしている人でもありません。どちらかというと、日々の生活にワイン以外の飲み物がメインであったりするのです。そんな方もある程度のワインを飲んでいくと、知らないうちに自分の好きなワインが見つけられるのです。そうすると、ワインショップへ行くことも楽しくなります。



ワインの知識を知らずにワインショップへ行って、がっかりなワインにあたってしまう、そんな経験はありませんか?自分の好きなワインがわかってくると、そういった空振りが減ります。また、自分が好きなワインを知っていく間に、人との違いにも気づきます。自分が好きなワインは、実は他の人も好きとは限らないのです。これがわかると、自分以外の相手にワインを贈る、ふるまう場合に自分はどんな情報を集めておくと喜ばれるのかがわかってきます。ワインは、立派なコミュニケーションの手段なのです!

わたしと一緒にワイン(など!)を楽しみませんか?

小人数のワイン講座なので、みんなで向かい合ってワインを楽しんでいます。その時に自分の感じたことを隣の人に語ってもいいですし、全く別の会話をしてもいいいんです。アットホームな雰囲気です。授業という形ではないので、途中でワイン以外の話題になることもしばしば。

ワイン講座では、大人の遠足も開催中です。ワインフェスに参加したり、今年の5月には皆で長浜にクラフトビールを飲みにいきました。こちらは自由参加。ワインに限らず、お酒を楽しむ、そんな会になっています。

わたしのプロフィール

宮崎 燈
名古屋在住。薬剤師。ワインアドバイザー。WSET®認定 Level 3。他にアロマやハーブ、中国茶など香りのある物が好きです。趣味はセキセイインコの世話と美術館巡りとカメラ。最近、苔玉を育てています。

わだちかぜへのアクセス

日時 毎月第三日曜日(時折変更有り)
開始時間 午後1時30分〜
場所
わだちかぜ
愛知県長久手市打越1811番地
Tel:0561-58-9011 Fax:0561-58-9022
*受付時間:午後1時~(月・祝休)
問い合わせ info@wadachikaze.com
開始時間 午後1時30分〜