Shioriのアニマルコミュニケーションで
ペットの本音を聞いてみませんか?

クライアントさんからの質問,ご要望
・「ウチに来て幸せ?」
・「家族のこと、どう思っている?」
・「辛い闘病をさせて、本当にごめんね...」

動物たちは、皆あなたの元にやってきた「意味」を持っています。それをお伝えするのが私たち、アニマルコミュにケーターの仕事です。

アニマルコミュニケーションで
可能になること

①通常の会話、質問
②迷子捜索(※1)
③亡くなった動物との会話
④過去世と今世の使命(※2)


※1 迷子捜索で確認すること(状況によって確認事項は異なります)
 ・動物の現状の確認
 ・迷子になっている/家に帰らない理由
 ・動物の目が見ている景色
 ・GoogleMap上で動物のエネルギー捜索
 ・飼い主さんへ伝えたいこと

※2 前世セッション内容
 ・動物の今世の使命
 ・それに関連する過去世を確認する
 ・今世の飼い主さんとの関わり

クライアントの声

[受講理由]
  • うちの子が何を考えてるのか、聞いてみたくてお願いしました
  • 猫を3匹飼っているのですが、仲が悪くどうしたらいいか?と思って...
  • 昔なくなったペットと話せるようになると思ってお願いしました!
  • 飼っているウサギが何を言いたいのか知りたかったんです。
  • 本を読んで、これだ!と思ってお願いしました
  • 今年の1月に猫を亡くしました。新しい子を迎え入れるのが怖くて...
[感想]
  • もっと早く話を聞いておけばよかった...
  • 最初から繋がっていることを証明していただき、目から鱗でした...
  • 本当に自分の子と話ができるなんて、本当に幸せです!
  • ずっと心に引っかかっていたことが、紐解けました...
  • 言われた通りの捜索したら、見つけることができました!(迷子捜索)
  • なぜ、具合が悪いのか?理由がわかって本当に良かったです。

Shioriのアニマルコミュニケーションが
なぜ選ばれるのか?

[理由①]
対応の幅が広いから。
迷子捜索、亡くなった動物との会話、闘病中などこれまで1000件以上のケースを対応しております。
[理由②]
現実的だから。
動物と繋がった「証明」をしながら行う超現実的なアニマルコミュニケーションで、確信を持って皆様にメッセージをお届けしています。
[理由③]
緊急案件に強いから。
特に迷子捜索や対応事例が数多く、口コミで選ばれ続けています。
[理由③]
緊急案件に強いから。
特に迷子捜索や対応事例が数多く、口コミで選ばれ続けています。

初めての方へ
アニマルコミュニケーションとは?



お申し込み方法
受講までの流れ


①まずは担当コミュニケーターをお選びください

担当コミュニケーター
・Shiori
・Akemi
・Koko(現在停止中)
・清水裕子
・Mi(現在停止中)
・moco
※現在コロナウイルスの影響により、すべてのサービスをオンライン提供のみとさせていただいております

②各コミュニケーターの「依頼はこちら」をクリックし、
 日程選択・決済をお願いします

支払いはクレジット決済になっております。


お手続きはまだ終わってません!!!
↓↓

③セッションに必要な情報の記入&ペット写真の送付

決済完了後の自動返信メールの中に、セッションに必要な情報の記入シートがございます。そちらに必要情報をご記入ください。

また、セッションには話をしたい動物、ペットの写真が必要となります。
写真の送付方法もメールに記載されておりますので、準備をお願いします。

④担当コミュニケーターより、直接連絡が入ります。

事前アンケートの記入・写真送付が終了いたしましたら準備完了です。
担当コミュケーターより連絡が入りますので
アニマルコミュニケーションをご体感ください。

⑤実際にアニマルコミュニケーションをご体感ください

コミュニケーションの流れ

(1) 飼い主さまとペットしから知らない情報をペットから伺い、まずは会話が成立できることを立証します。(ソファーの色、ある日の会話の内容、食事の内容など、ペットによって伝えてくる内容は様々です)

(2)飼い主さんからいただいてる「質問」をペットに聞き、答えを聞きます。

(3)回答を飼い主様にお伝えいたします。
※現在コロナウイルスの影響により、すべてのサービスをオンライン提供のみとさせていただいております。

Shiori
プロフィール


ハワイ在住
アニマルコミュニケーターShiori

霊感も、特殊能力も何もない 
超現実主義の大手通信会社の営業から
アニマルコミュニケーションの世界に飛び込み
その能力が開花。

動物と繋がっている「証明」を提示しながら行う独自のセッション手法が話題となり、迷子捜索、亡くなった動物との会話など累計セッション数は1000件を超える。

現在は世界中どこでも自由に仕事ができるライフスタイルを実現しながら「質の高いアニマルコミュニケーターの育成し、動物と飼い主がより幸せを感じながら過ごす世界を作る」ことをミッションに掲げワークショップやプロ育成講座も行う。