SKIP Initiative Website, supported by NPO SUCCESS
SKIP = "Synergy by kinds Intelligence & Practice"

誰もが困難を越えて、チャレンジできる明日をつくる
~小児がん・希少がんの研究開発と政策創造を促進する~


Supporting Kids In Pediatric Cancer
Synergy by Kids Intelligence & Practice
子どもたちが家族や仲間と共に足取り軽やかに歩んでいく
子どもたちの能力や活動が社会全体の活力に結びついていく


小児がんは15歳未満の病死原因の第1位です。毎年2,000名以上の子どもたちが新たにがんを発症し、推定15,000名の未成年者ががんの治療と向き合っています。がん以外の難病では、推定15万人を超える若い人たちが、治療と向き合って生活しています。

日本における小児がん等の希少疾患の治療成績は長らく欧米と比べて低位にありましたが、近年、多施設共同臨床研究の進展、集学的治療の浸透、拠点病院の指定による集約化、専門医制度の浸透などにより、小児がん全体としての5年生存率は約80%まで向上しています。

その一方、依然として治療法が確立されておらず、予後不良の小児がんも少なくありません(フィラデルフィア染色体染色体陽性急性白血病、ステージ4神経芽腫、転移性ユーイング肉腫 等)。また、晩期障害の予防や、発達上の障害の予防など、治療後の長い人生のQOLへの対策は、必ずしも十分に整ってはいません。

日本は世界で最も少子化が進んでいます。人口減少社会のなかで貴重な若い世代が困難に直面している状況は続いています。私たちは、政策調査・提言活動等を通して、こうした状況を少しでも改善できるよう努めていきたいと考えています。

志を共有する多くの皆様と、ともに知恵を出し合い、行動していきたいと存じます。当法人へのご関心をいただき、ご参画、ご支援を賜りますことを心より願っております。


小児がんってなに?

小児がんは、小児期すなわち15歳以下の子どもに発生する悪性腫瘍と定義されます

<出典>
http://nposuccess.jp/outline

国際小児がん分類によると、主分類で12種類、小分類で47種類に分類される雑多な癌種で、約3分の1が白血病、残りが固形がんといわれる固まりを形成する「がん」です。

小児固形がんの半分近くが脳腫瘍で、脳腫瘍の中でも様々な種類のものがありますが、成人の脳腫瘍とは違う種類のものも多くあります。また、小児固形がんの残りの半分にも実にさまざまな種類の腫瘍が含まれています。

小児固形がんでは、成人に多い上皮性の「癌」は少なく、ほとんどが「肉腫」です。胃癌や肺癌は、それぞれ胃と肺にしか発生しませんが、肉腫の発生母地となる組織は体中至る所に存在するために、小児の固形がんは体中の どこからでも発生するのが特徴です。そのため、発生臓器別ではなく、病理組織学的に名付けられています。


国際小児がん分類の主分類12種類
1. 白血病、骨髄増殖性疾患、骨髄異形成症候群
2. リンパ腫および網状内皮系腫瘍
3. 中枢神経系および他の頭蓋内・脊髄内腫瘍
4. 神経芽腫および他の末梢神経細胞腫瘍
5. 網膜芽腫
6. 腎腫瘍
7. 肝腫瘍
8. 悪性骨腫瘍
9. 軟部肉腫および他の骨外発生の肉腫
10. 胚細胞性腫瘍および他の性腺腫瘍
11. 上皮性腫瘍および黒色腫
12. その他および分類不能な上皮性癌

私たちの取り組み

治療開発支援活動
患者連携活動
政策調査・提言活動
政策調査・提言活動

がんという国への”留学”

東京都在住 つぼくん(30代前半)

小学5年生の時にユーイング肉腫と診断され、長期入院を余儀なくされました。
当時まだ、林間学校も行っておらず、親から離れたことすら無い自分にとって、
入院というのは本当に恐ろしいものでした。
「がん」が恐いというよりは、「友達と離れるのが嫌だ、親と離れることが嫌だ」
そういった気持ちの方が強くありました。

入院した小児病棟には、産まれて間もない子から大学生まで、 幅広い年齢層の人たちがいました。
始めは全く馴染めず、自分のベッドに引きこもりで、家に帰りたいと毎日のように泣いていました。

ある日、隣のベッドにいた中学生が「一緒にゲームをしよう」と誘ってくれたのをきっかけに、
少しずつその世界に馴染んでいきました。 抗がん剤治療は辛いものでしたが、入院生活は楽しくなっていきました。

本編はこちら

推進メンバー

うめちゃん

吉田由美子

NPO法人サクセスみらい科学機構
事務局長

平田研

一般社団法人スキップ・イニシアチブ
理事

間中健介

NPO法人サクセスみらい科学機構 理事
慶應義塾大学SFC研究所 上席所員

村田章吾

一般社団法人スキップ・イニシアチブ
理事

間中健介

NPO法人サクセスみらい科学機構 理事
慶應義塾大学SFC研究所 上席所員

SKIPを支援する

ご自由にお決めいただいた金額を月々の自動振替によって継続的にご協力いただく募金プログラムです。継続的なご寄付により、長期的な視野で子どもたちを支援します。

よくあるご質問

  • Q
    寄付は何に使われるのですか?
    A
    薬剤や治療法の開発、こどもの難病患者の治療環境改善のための取り組みに使われています。
  • Q
    私たちにできることは何がありますか?
    A
    難病に向き合っている若い人たちを応援することはもちろんのこと、テクノロジー・医科学・政策によって若い人たちの治療環境改善に取り組んでいる人たちを応援すること、です。
  • Q
    なぜ大人のがんではなく、子どものがんに取り組むのですか?
    A
    若い世代の難病では、成人の疾患に比べて、医科学の進歩が行き届かず、社会的な資源も集まっていません。少子高齢化のなかで未来社会を築くために、私たちは、若い世代の治療環境改善により多くの資源と関心が向けられるべきであると考えています。
  • Q
    なぜ大人のがんではなく、子どものがんに取り組むのですか?
    A
    若い世代の難病では、成人の疾患に比べて、医科学の進歩が行き届かず、社会的な資源も集まっていません。少子高齢化のなかで未来社会を築くために、私たちは、若い世代の治療環境改善により多くの資源と関心が向けられるべきであると考えています。

プロジェクトオーナー

NPO法人サクセスみらい科学機構
一般社団法人スキップ・イニシアチブ

事務局(NPO法人サクセスみらい科学機構 内)
info@nposuccess.jp